西武造園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西武造園株式会社
SEIBU Landscape Co.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
171-0051
東京都豊島区長崎5-1-34
本店所在地 171-0022
東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
設立 1983年12月
業種 特定建設業
法人番号 2013301006241
事業内容 造園工事業、土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業、石工事業、電気工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、ほ装工事業、水道施設工事業
代表者 取締役社長 大嶋 聡
資本金 3億6千万円(2019年3月1日現在)
主要子会社 西武緑化管理株式会社
横浜緑地株式会社
外部リンク http://www.seibu-la.co.jp/
特記事項:国土交通大臣許可(特-28)第9692号

西武造園(株)一級建築士事務所
東京都知事登録第23718号

建設コンサルタント:登録建-30第5085号
テンプレートを表示

西武造園株式会社(せいぶぞうえん)は、東京都豊島区に本社を置く造園・緑化の企画・設計、施工、維持管理などを行う西武グループの企業。

概要[編集]

1983年(昭和58年)に西武不動産(現在の西武プロパティーズ)が造園部門を分離し設立された造園会社。石勝エクステリア京王グリーンサービス京成バラ園芸グリーンアンドアーツ阪神園芸京阪園芸などと同様に、鉄道系造園会社の一つである。

関東圏を中心として関西・近畿、中国、四国、九州、沖縄に事業所を展開している。

事業内容としては、造園空間の調査設計及び企画並びに施工・維持管理の業務、公園・ゴルフ場等の管理運営、緑化事業に関するコンサルタント業務、土木・造園緑化等資材の販売等。

主な実績[編集]

主に自社が所属している西武グループの企業(西武鉄道プリンスホテル等)からの事業請負が多い。施設周辺造園・緑化や壁面緑化等の主な実績は以下の通り。

その他、管理運営事業として、関東圏では国営昭和記念公園、国営武蔵丘陵森林公園、国営・都立東京臨海広域防災公園、都立狭山丘陵グループ等、関西圏では滋賀県営びわこ文化公園、大阪府営深北緑地等の管理運営に携わっている。

独自技術[編集]

壁面緑化の新しい工法としてリーフウォール工法(登録商標 第5451028号)[1]を2011年から始めている。これは自社で開発された独自技術で、主な特徴としては植物を植える基盤として必要だった容器と土を一切使用しないこと。その代わりにスポンジ状で多孔質の固化培土を基盤として使用し、金網で固定している。従来の土を使った工法は経年により土の流出や目詰まりを引き起こすことがあったり、均一な保水性が保てないことや基盤の高温化等により植物の健全に保つことが難しかったが、この新工法により著しい改善がみられるようになった。

また、環境教育プログラムとしてはち育(登録商標 第5662250号)[2]を2013年から実施している。管理運営を行う都市公園内でみつばちを飼育し、みつばちの特性を活かしたイベント等の開催や、採蜜したはちみつによる商品開発等による地域活性化を目指す事業である。

子会社[編集]

西武造園株式会社の地域戦略子会社として、西武緑化管理株式会社と横浜緑地株式会社がある。この3社を総称して「西武造園グループ」と表現する場合がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]