芦ノ湖遊覧船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
芦ノ湖遊覧船(十国丸)

芦ノ湖遊覧船(あしのこゆうらんせん)は、神奈川県箱根町芦ノ湖上、箱根観光の旅客輸送を行なう船である。西武グループ伊豆箱根鉄道が運営し、ライオンズカラーの船が就航している。

概要[編集]

湖尻港から箱根園港、関所跡港、元箱根港までを結ぶまでを結ぶ航路のほか、湖尻港・箱根園港と関所跡港・元箱根港からそれぞれ湖上を周回して元の港に戻る周遊船も運航している。

九頭龍神社で月次祭が行われる毎月13日のみ、「九頭龍神社参拝船」が運航され、元箱根港から九頭龍神社(本宮)へ向かう[1]

芦ノ湖遊覧船が利用可能となるフリーパスには、伊豆箱根鉄道の「箱根旅助け」がある。販売箇所は小田原エリアの伊豆箱根の営業窓口と、全国の旅行代理店西武観光西武トラベル・伊豆箱根トラベルを含む)。

なお、2004年から西武鉄道各駅(池袋駅西武新宿駅小竹向原駅新桜台駅多摩川線各駅を除く)でも小田急電鉄の「箱根フリーパス」が販売されているようになったが、従来通り箱根海賊船のみが利用可能で、西武グループに属する芦ノ湖遊覧船は利用できず、割引対象にも含まれない。

歴史[編集]

  • 1911年7月 箱根遊船が設立され、芦ノ湖上の観光船事業を開始。
  • 1920年4月 箱根土地(現在のプリンスホテル)が箱根遊船を買収。芦ノ湖上の渡船組合を統合の上合併吸収し、芦ノ湖の観光船事業を独占。(1921年説あり)
  • 1938年4月 箱根遊船は駿豆鉄道に合併。社名が駿豆鉄道箱根遊船となる。
  • 1940年11月 社名を駿豆鉄道に変更。
  • 1957年6月 社名を伊豆箱根鉄道に変更。

遊覧船停泊港[編集]

湖尻港
伊豆箱根バス小田急箱根高速バス箱根登山バス(本数僅か)が発着する。箱根観光船桃源台港から徒歩数分。
箱根園港
伊豆箱根バス、箱根駒ヶ岳ロープウェー小田急箱根高速バスが発着。
関所跡港
伊豆箱根バス、箱根登山バスが発着し、箱根観光船箱根町港から徒歩3~5分。
元箱根港
伊豆箱根バス、箱根登山バスが発着。箱根観光船元箱根港とは異なり、両港間は徒歩3~5分。

就航船[編集]

  • 双胴船(定員700名)
    • あしのこ丸 - 214.00トン
    • はこね丸 - 265.00トン
    • 十国丸 - 337.00トン
  • 双胴船以外(周遊船などに就航)
    • 第二こま - 135.00トン(定員250名)
    • 神山 - 48.00トン(定員90名)

脚注[編集]

  1. ^ 「九頭龍神社参拝船のご案内」(芦ノ湖遊覧船ホームページ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]