西鉄ライオンズの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉西武ライオンズ > 西鉄ライオンズの歌

西鉄ライオンズの歌』(にしてつライオンズのうた)は、プロ野球・埼玉西武ライオンズの前身にあたる西鉄ライオンズの球団歌。作詞・サトウハチロー、作曲・藤山一郎で、1951年に発表された。

歌唱は1958年に西鉄が日本シリーズ3連覇を達成した際の主力選手である稲尾和久豊田泰光らによるものが有名である。

解説[編集]

1949年末の2リーグ分裂により誕生したパシフィック・リーグに加盟していた西鉄クリッパース(1950年結成)と同じく福岡市を本拠としていたセントラル・リーグ西日本パイレーツ(同年結成)が1951年に合併し、西鉄ライオンズとなったことを記念して戦前にライオン軍(2リーグ分裂後は松竹ロビンスとなり、1953年大洋ホエールズと合併)の冠スポンサーをしていたライオン歯磨が楽曲を提供。1951年7月29日大阪球場で発表会が行われた。

歌詞は1番で「九州全土」、3番で「阿蘇のけむり」「筑紫の海」「薩摩日向の草木」と、北は福岡から南は鹿児島(薩摩)まで九州全域の地名を交えて西鉄が九州で唯一のプロ野球チームとなったことを強く意識した内容となっている。

1958年前年の日本シリーズ優勝を記念して、RKB毎日放送のラジオAスタジオに西鉄の主力選手が大挙出演して、この歌の公開レコーディングが行われた。特に2番は豊田泰光がソロで歌唱している[1]

その後、西日本鉄道1972年のシーズンを最後に球団経営から撤退し太平洋クラブ(福岡野球株式会社)に球団名が変更されたことから、球団歌も「君こそライオンズ」(歌:西郷輝彦)に変更され、クラウンライター時代の1978年まで使用されていた。現在の球団歌は、埼玉県に本拠地を移転した1979年に制定された「地平を駈ける獅子を見た」(歌:松崎しげる)である。

なお、「西鉄ライオンズの歌」は2011年2012年ライオンズ・クラシックのラッキー7(7回裏の攻撃)において西武ドームに流れている。

関連項目[編集]

  • 甦れ! 俺の西鉄ライオンズ - ライオンズの低迷を危惧するファンの姿勢を描いた1978年の作品。発表後、埼玉県への移転が決定し、移転反対の心情と結び付けられた。
  • 阪急ブレーブス応援歌 - 「西鉄ライオンズの歌」と同様、作詞・サトウハチロー、作曲・藤山一郎のコンビにより製作された。

外部リンク[編集]

  1. ^ 西鉄ライオンズの伝説・ファンに愛された球団歌(西日本鉄道)
先代:
-
西鉄クリッパース→西鉄ライオンズ球団歌
初代: 西鉄ライオンズの歌
(1951年 - 1972年)
次代:
君こそライオンズ
(1973年 - 1978年)
惚れたぜライオンズ/ぼくらの憧れライオンズ
(1975-1978年)