わがオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉ロッテマリーンズ > わがオリオンズ

わがオリオンズ(毎日球団の歌)』(わがオリオンズ まいにちきゅうだんのうた)は、日本プロ野球チーム・毎日オリオンズ(1950年 - 1957年、現千葉ロッテマリーンズ)の球団歌。作詞・作曲は堀内敬三

毎日オリオンズが1958年大映ユニオンズと合併し、大毎オリオンズ(1958年 - 1963年)となって以降もそのまま引き継がれた。球団名はその後、東京オリオンズ(1964年 - 1968年)を経てロッテオリオンズ(1969年 - 1991年)となるが、本曲は特定の企業名や地名が歌詞に含まれていなかったことから、歌詞にほとんど手を加えること無く引き続き使用され、ロッテオリオンズとなった後に1番の「東天の花」が「ロッテの花」に、2番の「濃紺の文字」が「三つの星」に変更されたのみである。

しかし1978年郷伍郎作詞・作曲、小六禮次郎編曲の「ビバ! オリオンズ[1]が新応援歌として発表されて以降は演奏機会が激減。球団自体も1992年川崎球場から千葉マリンスタジアムへの本拠地移転に伴い球団名をオリオンズからマリーンズへ改称したため、本曲も球団歌としての役割を終えた。

脚注[編集]

  1. ^ B面は「ロッテ親衛隊のうた」(作詞:麻生香太郎、作曲:伊豆一彦、編曲:小六禮次郎)

関連項目[編集]