弁当の呪い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

弁当の呪い(べんとうののろい)は、千葉ロッテマリーンズにおいて、選手の応援・記念弁当を販売するとその後、故障や成績不振などよからぬ事態が発生するというジンクスのことである[1]

概要[編集]

千葉駅などで駅弁を販売する万葉軒1996年、エースだった伊良部秀輝をモチーフとした「決め手はフォークだ!イラブ弁当」を発売して以降、千葉マリンスタジアムでは千葉ロッテの人気選手をモチーフにした弁当が発売されている。しかし「弁当が発売されると、モチーフとなった選手に何らかの不幸が降りかかる」といわれるようになった。 また、選手の間でも噂になり、福浦和也は「福浦弁当」を作る計画を拒否したとも言われている[2]

その後はファンの間から冷静な声も聞かれるようになっていたが、現在はまれにこの呪いが発生している。

弁当の一覧[編集]

該当者 弁当の名前 その後
伊良部秀輝 決め手はフォークだ!イラブ弁当[2] 球団とケンカ別れして、メジャーリーグへ移籍。
河本育之成本年秀 ダブルストッパー弁当[2] 両者とも故障で退団、他球団へ移籍。
フリオ・フランコ フランコフルト弁当[2] 不振で退団。
黒木知宏 ジョニー黒木弁当[2] 故障し長期のリハビリ。
石井浩郎 石井浩郎弁当[2] 発売直後に故障して退団。
小坂誠 小坂スチール弁当[2] 発売直後にゲッツー崩しのタックルを受け右足骨折。
ロバート・ローズ ローズ勝つ弁当[2] 発売企画中に帰国、退団。
ボビー・バレンタイン バレンタイン弁当[2] 発売決定後にチームが5連敗。0.5差でプレーオフ進出を逃す。
ベニー・アグバヤニ ベニーちゃんのロコモコランチボックス リニューアル発売直後に右ひざ半月板損傷。
李承燁 李承燁プルコギ牛丼弁当[2] シーズン後に退団し移籍。
アルフレド・デスパイネ デスパインいいね!丼 発売直後に右腰背筋挫傷で全治2週間。
荻野貴司 荻野選手大好き!!にんにくハラミ丼 発売直後に右手第二指基節骨骨折で全治2ヶ月。

弁当の呪いは他球団にも影響を及ぼすと言われ、2005年に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスを迎え撃つ開幕カードで「楽天ウエルカム弁当」を発売すると、楽天は0対26の歴史的大敗を喫した

また、交流戦でセ・リーグの対戦相手のウエルカム弁当を4種類発売すると、ロッテはその4球団に勝ち越した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「ボビーが開ける“パンドラの弁当箱”」夕刊フジ2004年5月1日付け記事
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『プロ野球〈呪い〉のハンドブック』 廣済堂出版、2014年2月、227頁。ISBN 978-4-331-80254-0

外部リンク[編集]