よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡支社(よしもとクリエイティブ・エージェンシーふくおかししゃ)は、持株会社である吉本興業傘下の芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションであるよしもとクリエイティブ・エージェンシーの福岡支社[1]福岡市天神ビブレホールイムズホールの両劇場をはじめとした各所でのライブ、福岡ローカルのTV・ラジオ放送出演その他の芸能事業を展開する。他にも大阪・東京や他の事務所のタレントの企画で九州地区で行われるものにも関わる。

漫才コント漫談その他のいわゆる“ネタ”ものを演じる芸人活動を中心とする者、レポーター・司会などのパーソナリティー活動を中心とする者、音楽活動を中心とするミュージシャンが所属する。年に1回のペースでオーディションが行われ所属タレントが選抜される。ほとんどの者が福岡県を中心とした九州各県出身者である。大阪・東京のNSC出身者もいる[2]

概歴[編集]

1989年に発足。初代の所長は当時明石家さんまのマネージャーだった吉田武司。事務所開き直後は福岡県博多区築港に当時存在した「博多温泉劇場」を借り、大阪吉本から未知やすえ大木こだま・ひびき今いくよ・くるよチャーリー浜らが度々出演していた。その後福岡市中央区舞鶴の雑居ビルに事務所を構え、その後博多区博多駅センタービル内「吉本111劇場」に移転したが、劇場閉鎖後現在は博多区中洲のツイン・Kビル内に事務所を置く。

事務所開設後、長らく常設劇場が無かったが1999年博多駅横の博多駅交通センタービルにて吉本111劇場(後に吉本ゴールデン劇場に改称)を運営した。同劇場が2003年に閉鎖された後はBUZZ(天神ACB地下)を経てビブレホールイムズホール(いずれも福岡市中央区)、博多リバレインホール多区)北区を主な舞台とする[3]

札幌吉本名古屋吉本(吉本東海)広島吉本などの地方事務所の中では所属芸人の数が一番多い。原則として新人は漫才・コントなどのネタ活動からタレント活動を始める。その後の展開はさまざまで、ネタ活動をメインとする者、福岡をはじめ九州各県のローカル放送で司会やレポーターなどのパーソナリティー活動にも携わる者などがいる。また、東京に進出し全国区での活動を目指す者もいる。地方事務所で唯一、M-1チャンピオン(パンクブーブー)とR-1チャンピオン(博多華丸)の両者を輩出する[4]

ライブ[編集]

定期ライブ[編集]

  • よしもと魂 in イムズ(毎月1回。イムズ)

ネタ活動メインの芸人でベテランと中堅に加え若手から選ばれた者がネタを披露する。ゲストとして大阪・東京吉本所属の全国区の若手・中堅芸人が客演する。ゲストを交えた大喜利など各種企画もある。定期企画としては同支社最大規模である。上演1時間半ほどである。

このライブのチケットは、置きチケットでも購入できる。発券されたうちの一定数がチケットサイトやプレイガイドよりも出演する芸人に優先的にくじ引きで配分される。各出演者はブログ・ツイッター・ミクシイなどを通じて持ち分のチケットの整理番号と置きチケットの受付を告知する。希望者は自分の好きな芸人などに申し込み承諾を得て当日受付で前売り価格でライブ当日チケットを受け取る。一桁台等の入手困難な良番を入手しやすい全国的にも珍しいライブである[5]。この方法は同事務所所属芸人メインの各種ライブでも採用されている。

  • ビブレDEよしもと~スタンダード~(毎月1回。ビブレ。2013年5月~)

前月のサバイバルライブ出演者から上位者が出場する。

  • ビブレDEよしもと~サバイバルライブ~(毎月1回。ビブレ)

[2013年4月から] 若手芸人がネタを上演する。観客投票で順位を決める。上位者は翌月のスタンダードに出場できる。 [2013年3月まで] 所属1、2年目の芸人がネタを上演する。観客投票で順位を決める。上位者は翌月のネタライブに出場できる。そこでの観客投票でネタライブに残るかここに戻るか決まる。ネタライブに3回連続出演するとレギュラーメンバーになる。

  • 漫才×漫才×漫才(毎月1回。ビブレ)

発起人レモンティーをはじめとした中堅・若手コンビの5組が漫才を3本ずつ披露。観客投票数でネタと演者の順位を決定する。上演1時間半ほど。

観客はあらかじめ配布されたネタリストから面白いと思ったものに○をつける(複数回答)。回収されたリストから各ネタへの投票ポイントを集計する。3ネタの総合ポイントで演者の総合順位が決まりその場で発表される。一位のコンビはギャラ総取り(五千円ほどらしい)。最下位のコンビが脱落する。新しく参入するコンビはその場でくじ引きで決定される(これにより、かつて脱落したコンビが再参戦することも可能)。隔月企画で始まったが2011年7月からは毎月開催。

もともとM-1グランプリ への準備企画として「M-1グランプリ2010への挑戦」という名称の企画が行われていた。2010年秋に「M-1グランプリ2011への挑戦」として2011年も継続することが決定したが、その数日後にM-1終了が発表され、その間の悪さや、あるはずのない大会のための企画、という無意味ぶりを、所属芸人たちに自虐的に笑いにされた(その後、予定通り2011年1月に開催)。2011年3月から現在の名称で開催されるようになった。

回(開催月) 1位 2位 3位 4位 5位(降格) 次回登場
第35回(14/3/17) スリーナイン ぶんぶん丸 レモンティー メタルラック バンカーショット もっこすファイヤー
第34回(14/2/17) メタルラック ぶんぶん丸 スリーナイン レモンティー グラスプ バンカーショット
第33回(14/1/27) メタルラック スリーナイン レモンティー ぶんぶん丸 ルームメイト グラスプ
第32回(13/12/17) スリーナイン ぶんぶん丸 メタルラック レモンティー アルクザルク ルームメイト
第31回(13/11/18) レモンティー スリーナイン ぶんぶん丸 メタルラック ハネマン アルクザルク
第30回(13/10/22) スリーナイン ぶんぶん丸 レモンティー メタルラック グラスプ ハネマン
第29回(13/9/18) スリーナイン グラスプ レモンティー メタルラック ヒラコウチ ぶんぶん丸
第28回(13/8/21) レモンティー スリーナイン グラスプ ヒラコウチ にわか メタルラック
第27回(13/7/31) スリーナイン レモンティー グラスプ ヒラコウチ ぶんぶん丸 にわか
第26回(13/6/18) レモンティー スリーナイン グラスプ ぶんぶん丸 スーパーワン ヒラコウチ[6]
第25回(13/5/29) レモンティー ぶんぶん丸 スリーナイン スーパーワン リバーシブル グラスプ
第24回(13/4/22) レモンティー スリーナイン ぶんぶん丸 スーパーワン アルクザルク リバーシブル
第23回(13/3/27) スリーナイン スーパーワン アルクザルク リバーシブル レモンティー、ぶんぶん丸[7]
第22回(13/2/12) ぶんぶん丸 スリーナイン アルクザルク スーパーワン トリテン ルームメイト
第21回(13/1/23) ぶんぶん丸 トリテン アルクザルク スリーナイン レモンティー スーパーワン
第20回(12/12/15)[8] トリテン スリーナイン、ぶんぶん丸、レモンティー リバーシブル アルクザルク
第19回(12/11/22) スリーナイン レモンティー ぶんぶん丸 リバーシブル ルームメイト トリテン
第18回(12/10/16) レモンティー ぶんぶん丸 スリーナイン ルームメイト メタルラック リバーシブル
第17回(12/9/12) ぶんぶん丸 レモンティー スリーナイン ルームメイト アルクザルク メタルラック
第16回(12/8/16) レモンティー スリーナイン ぶんぶん丸 アルクザルク にわか ルームメイト
第15回(12/7/18) ぶんぶん丸 レモンティー、スリーナイン、アルクザルク(同数) もっこすファイヤー にわか
第14回(12/6/14) スリーナイン ぶんぶん丸 レモンティー アルクザルク ルームメイト (住みます芸人枠)[9]
第13回(12/5/17) ルームメイト スリーナイン ぶんぶん丸 アルクザルク トリテン[10] レモンティー
第12回(12/4/20) スリーナイン レモンティー ぶんぶん丸 ルームメイト トリニティ アルクザルク
第11回(12/3/30) レモンティー ぶんぶん丸 スリーナイン ルームメイト アルクザルク トリニティ
第10回(12/2/15) ルームメイト レモンティー スリーナイン ぶんぶん丸 空中ズボン アルクザルク
第9回(12/1/23) レモンティー ルームメイト スリーナイン マイクロバス[11] 空中ズボン、ぶんぶん丸
第8回(11/12/16) スリーナイン ルームメイト レモンティー ぶんぶん丸 空中ズボン マイクロバス
第7回(11/11) レモンティー ルームメイト スリーナイン 空中ズボン マイクロバス ぶんぶん丸
第6回(11/10) ルームメイト スリーナイン レモンティー 空中ズボン アルクザルク マイクロバス
第4回(11/8) ルームメイト、スリーナイン(同数) レモンティー アルクザルク メガモッツ S&M
第3回(11/7) レモンティー ルームメイト スリーナイン アルクザルク ぶんぶん丸 もっこすファイヤーorメガモッツ
第2回(11/5) ぶんぶん丸 スリーナイン ルームメイト レモンティー 空中ズボン アルクザルク
第1回(11/3) ぶんぶん丸 ルームメイト レモンティー 空中ズボン トリテン スリーナイン

単独ライブ[編集]

  • ヒラコウチ・ひとつ屋根の下合同単独ライブ~ヒラコウチ単独ライブ「ソロコウチ」・ひとつ屋根の下単独ライブ「新築祝い」(14/1/13 あるあるYY)メガモッツ、安藤陸
  • スリーナイン/脱 (13/12/28 ビブレ) メタルラック
  • トリテン1Hソロライブトリツー (13/12/28 ビブレ)トリテン、にわか、大正丸、小中克則、ひとつ屋根の下
  • メガモッツの『1回目』(13/8/11 ビブレ)
  • レモンティー単独漫才ライブローカルスター(13/7/21,12/3/18,10/10/10 あじび)
  • どんぴしゃ単独ライブ『SATORI』(13/6/16 あじび)
  • トリテン1Hソロライブ『TORI~トリワン~』(13/5/18 ビブレ)
  • ルームメイト単独ライブ~101号室~(12/1/28 ビブレ)
  • パタパタママの福岡よしもとファイナル公演~上京のご挨拶と代えさせていただきます~(11/3/27 あじび)

各種企画[編集]

  • 空中キャンプ (14/2/14、13/8/16、/4/26、1/25ビブレ)空中ズボン、スリーナイン、ぶんぶん丸、メタルラック。(14/2/14)にわか。(13/8/16)スーパーワン。
  • F.I.O (14/2/2、13/10/27 ビブレ)どんぴしゃ、ヒラコウチ、トリテン、エッグボール、スリーナイン、にわか、メタルラック。(14/2/2)ブルーリバー(ワタナベエンターテインメント)、アルクザルク。(13/10/27)フーシャオ飯店、グラスプ。
  • コンバット満・パンクブーブー哲夫のギリギリ!(14/1/28)
  • よしもと住みます芸人新春初笑いライブin鹿児島(14/1/5 コミスタ10)ビューティーメーカー、ちきんなんばん、フーシャオ飯店、Party
  • 新春!新ネタライブ!(14/1/5 あじび)どんぴしゃ、メガモッツ、チーモンチョーチュウ(ゲスト)、レモンティー、空中ズボン、ルームメイト、トリテン、スリーナイン、ぶんぶん丸
  • ルームメイトと空中ズボン (13/10/27 ビブレ) 井上大輔、大脇睦、中島丈次、藤岡佑将
  • おないどし (13/10/18ビブレ)中島丈次、井上大輔、スリーナイン、山田直樹
  • ゲスの極み。 (13/9/7ビブレ)レモンティー、ルームメイト、スリーナイン、メタルラック、斉藤たくみ、スーパーワン、田丸潤
  • ウチゲバっ! (13/8/28ビブレ)石原ヨシオカ、ヤスコウチナオヤ、中野泰秀、ちきんなんばん、田口恭平、山崎貴史、水沼翔平、マサル、柴藤義希、ホンダマサユキ
  • インカ帝国展よしもと爆笑ライブ「笑う!博物館」 (13/8/25、/7/27 福岡市博物館)
  • テン×ドン (13/8/24あじび)どんぴしゃ、トリテン
  • おつまみトーク (13/7/15ビブレ)ケン坊田中、赤峯康一他
  • しゃにむに (13/5/26、3/8ビブレ)スリーナイン、ぶんぶん丸
  • メガモッツの『ソナエルライブ』 (13/5/18ビブレ)エッグボール、リバーシブル、スーパーワン、グラスプ
  • 吉本新喜劇福岡版&バラエティー

(12/10/7二部公演。あるあるYY劇場)[新喜劇]中條健一、若井みどり(吉本新喜劇)。コンバット満、寿一実、ヤマドゥ、阿部哲陽、中川どっぺる、大脇睦、林悦未、金田昇太、藤敏孝。森本華織(ノーメイク)。[ネタ]つばさ・きよし(大阪)。メガモッツ。ジャルジャル(一部、東京)。小川恵夢(一部)。ルームメイト、マイクロバス(二部)。

(12/8/30イムズ)[新喜劇]中條健一、末成由美(吉本新喜劇)。寿一実、ケン坊田中、ヤマドゥ、阿部哲陽、中川どっぺる、大脇睦、林悦未、金田昇太、藤敏孝。森本華織(ノーメイク)。[ネタ]2丁拳銃(東京)。メガモッツ、小川恵夢

  • 福岡よしもと21期ライブ「若気のいたり」(12/8/24ビブレ,4/29あじび)スリーナイン、ぶんぶん丸、エッグボール、アルクザルク、林悦未
  • スーパーライブスペシャル(12/7/21 ビブレ)平川高志、ルームメイト、小川恵夢、メタルラック、にわか
  • トークライブ『じょじ会』(12/7/6、5/6 ビブレ)中川どっぺる、服部佑紀、田口恭平、林悦未、藤敏孝
  • トリテンpresents美男軍団VS野獣軍団(12/3/25、11/12/10 ビブレ)トリテン他
  • 1minuteトーナメント~同時にやります地方よしもとin福岡~(11/12/30)ビブレ 機動戦士リウンズ他
  • コントライブスペシャル(11/11 ビブレ)平川高志、空中ズボン、機動戦士リウンズ、小川恵夢、エッグボール
  • 機動戦士リウンズのよかもん連合軍(11/8、4 あじび)機動戦士リウンズ他
  • 15の夜(11/7 BUZZ)野良レンジャー、ルームメイト、空中ズボン
  • S&Mとトリテンの3本勝負!!(11/6 ビブレ)
  • 田中企画(11/6、3 ビブレ)ケン坊田中他

営業系[編集]

  • 万葉の湯お笑い道場 博多の温泉施設内のステージで開催。温泉入場者無料。

過去の定期ライブなど[編集]

  • ビブレDEよしもと~enjoyライブ~(毎月1回。ビブレ。2013年3月まで)

レモンティーメガモッツ)をはじめ、中堅・若手の5、6組がネタを披露。大喜利、トーク、ゲーム等のバラエティーもある。上演1時間半ほど。

  • ビブレDEよしもと~ネタライブ~(毎月1回。ビブレ。2013年3月まで)

ネタ活動メインのほぼ全芸人がネタのみを披露する基本的なライブである。2日にかけて行われる。各芸人に対する観客投票が実施される。上演1時間ほど。

  • レモンティー達と○○○

レモンティーが“大阪・東京に行くと疎外感を味わうのでメジャー芸人の友達がほしい”という自虐的な自己認識からはじまった。ゲストである全国区の若手・中堅芸人を招き漫才、トーク、企画ものなど披露。定期企画として始まったが2012年8月の回で中断したままである。

その他[編集]

  • たまたま福岡で別件の仕事をしていた有名吉本芸人が空き時間に地元ライブ企画にサプライズ出演することがある。

主なタレント[編集]

あなたの街に住みますプロジェクト(2011年4月~)

福岡よしもと出身の芸人[編集]

東京吉本で活動[編集]

吉本興業以外で活動[編集]

その他[編集]

福岡よしもと関連のタレント中心で構成された番組[編集]

1999年当時、130Rの二人が福岡にマンションを借り毎週出演していた。しかし、この番組の為に人気番組だった「吉本超合金」を打ち切った事でファンからの苦情・抗議が殺到した為に、番組は4ヶ月という短命で終了した。
  • ふとっぱら(TNC)
  • しんや君(TNC)
  • バクタレ!(FBS)

脚注[編集]

  1. ^ 2007年9月30日までは「吉本興業福岡事務所」。「福岡よしもと」、「福吉」とも呼ばれる。
  2. ^ ひのひかり智は大阪校22期。ちきんなんばんの佐藤は東京校11期。
  3. ^ 1990年代前半には直方市に「もち吉花月」を建設するプランがあったが(もち吉との共同運営で、敷地内に千人規模の花月劇場、吉本新喜劇も常設する予定だった)、バブル崩壊やその他事情により頓挫。
  4. ^ ただし、いずれの受賞も福岡在籍時ではなく、東京吉本移転後(パンクブーブーについては福岡吉本を辞めた後東京吉本で再雇用)である。
  5. ^ 東京やその他では、チケットサイトやプレイガイドが優先され残った前売り券が置きチケット用という配分が多い。
  6. ^ ヤマドゥの指名による
  7. ^ ルーメイトとぶんぶん丸が休演、リバーシブル代演。リバーシブルが降格。次回は、抽選選出のレモンティーと当初出演予定(?)のぶんぶん丸が登場。
  8. ^ あじびホールで開催
  9. ^ もっこすファイヤーorビューティーメーカーor野良レンジャーorちきんなんばんの中から1組。
  10. ^ 休演のレモンティーの代演。
  11. ^ マイクロバスは出演4組中最下位で降格。ぶんぶん丸は欠場で自動降格、次回出場者候補枠に入る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]