この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

傳田真央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

傳田 真央
別名 MAO/d
生誕 (1980-03-29) 1980年3月29日(38歳)
出身地 日本の旗 日本長野県長野市
ジャンル R&B
職業 歌手作詞家作曲家編曲家
担当楽器 ピアノチェロ
活動期間 1999年 - 2002年
2006年 - 現在
レーベル マーキュリー・ミュージックエンタテインメント(2000年 - 2002年)
ユニバーサルJ(2009年 - 2012年)
playlist Zero(2012年 - )
共同作業者 FUJI[1]
亀田誠治[2]
Jeff Miyahara[3][4]
公式サイト Official Website

傳田 真央(でんだ まお、1980年3月29日 - )は、日本の女性歌手[5]長野県長野市出身。父はクラリネット奏者の傳田高廣。2006年から2007年にかけてはMAO/d名義で作品をリリース[6]

人物

クラリネット奏者の父とピアニストの母という音楽一家に一人娘として育ち、自身も幼少期からピアノとチェロを学んで絶対音感を持つ[5][7][8]LUNA SEAを見てクラシックとはまるで違うロックのコンサートに衝撃を受け、またメンバーの中に同じクラシック音楽の経験者SUGIZOがいたことで、自分と似たようなルーツの人間でも新しい音楽を作ることができるということに感動し、共感をおぼえる[7]。高校で結成したオルタナティヴ・ロックバンドでたまたまアカペラで歌ったシンディ・ローパーのカバー音源をライブハウスの人間がレコード会社に送ったことをきっかけにデビューが決まる[1][7]

ソングライターとして、デビュー以来、一貫してラブソングを作り続ける[8]。フェイバリットアーティストはマライア・キャリージャネット・ジャクソンホイットニー・ヒューストンマイケル・ジャクソン[1][9]

R&Bシンガーとしてデビューしたが、ライブでピアノやチェロを弾き始めたことにより演奏による旋律で自分の奏でたい和声も実現できるということに気付き、次第に音楽の方向性が変化していった[4]

来歴

1999年インディーズデビュー。

2000年1月19日、シングル「耳もとにいるよ・・・ 〜Ring the bells〜」でマーキュリー・ミュージックエンタテインメント[注 1]よりメジャーデビュー[5]

2002年GTSのアルバム『POP+underground』作品参加を最後にユニバーサルミュージックと所属事務所の契約を終了して活動を休止、表舞台から姿を消す[2]。以降はアンダーグラウンドロックバンドを結成し、都内のクラブを中心としてバンドのボーカルとして活動を行うも、すぐに活動を中止。その後、気になっていた音楽プロデューサー亀田誠治を紹介してもらい、2年半の期間を費やして一緒に作品を作っていく[2][6]

2006年11月22日、MAO/dとしてシングル「VERY LOVE -0.5℃」でインディーズから再デビュー[6]

2007年1月、東京と大阪でMAO/dとして初のライブを行う[2]

2008年、創作活動期間中にプロデューサーのJeff Miyaharaと出合い、楽曲制作を始める[6][3]

2009年、名義を傳田真央に戻して活動再開。3月18日にユニバーサル移籍&復帰第1弾となるシングル「Bitter Sweet」をリリース[10]。配信では異例のロングセールスとなり、着うたRクラブチャート上半期1位を記録[6]。この曲から楽曲制作において作詞作曲だけでなくピアノ演奏やアレンジにも携わるようになり、ピアノはほとんど自分で弾くようになる[5][9]

2012年、日本クラウンに移籍し、男性アーティストとのコラボ・ミニアルバム『MENZ Collaboration』をリリース[11]。SEAMO、SOFFet、CIMBA、TENN & KLUTCH from ET-KING、URATA NAOYA from AAA、末光篤と共演。

2015年より自身のピアノ弾き語りによるアコースティックライブシリーズ「DENDAKAI (傳田会)」をスタート[4][5][7]

2017年3月、約4年ぶりとなる5th アルバム『Love for Sale』をリリース。

ディスコグラフィー

シングル

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル
傳田真央名義
1st 2000年1月19日 耳もとにいるよ・・・ 〜Ring the bells〜 CD PHCL-20002 マーキュリー
2nd 2000年3月29日 あなたとふたりで 〜Be with me all day long〜 CD PHCL-20010
3rd 2000年6月28日 Masquerade CD PHCL-20020
4th 2000年11月22日 Happy Ever After/そして目が覚めたら・・・ 〜3 Little Nights〜 CD UMCK-5508 キティMME
5th 2001年6月27日 抱き寄せたDESTINY 〜Dream of Asia〜 CD UMCK-5530
6th 2001年11月21日 ONE LAST KiSS CD UMCK-5539
MAO/d名義
1st 2006年11月22日 VERY LOVE -0.5℃ CD AKCY-59000 LA'AMAOMAO
2nd 2007年2月7日 水の祈り -JOY- CD AKCY-59001
傳田真央名義
7th 2009年3月18日 Bitter Sweet CD UPCH-5580 UNIVERSAL J
8th 2009年7月1日 泣きたくなるけど CD UPCH-5598
9th 2009年11月25日 My Style CD UPCH-5633

配信限定シングル

  発売日 タイトル 備考
傳田真央名義
1st 2009年9月23日 耳もとにいるよ...〜Ring the bells REPRISE〜 セルフリメイク
2nd 2010年6月16日 じゃあね。
3rd 2010年8月18日 一番好きな人
4th 2010年9月22日 もう少し美人だったら
5th 2010年10月13日 好きって言わない
6th 2011年3月23日 恋して涙して

スタジオアルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
傳田真央名義
1st 2000年12月20日 Eternal Voice CD UMCK-4009 キティMME
2nd 2009年12月9日 I AM CD UPCH-9534<初回限定盤> UNIVERSAL J デジパック仕様
UPCH-1760<通常盤>
3rd 2010年10月20日 恋愛中毒 CD UPCH-1805
4th 2013年2月13日 セミダブル CD CRCP-40337 Playlist Zero
5th 2017年3月8日 Love for Sale CD CRCP-40499

ミニアルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
MAO/d名義
1st 2007年12月5日 COLORS OF LOVE CD AKCY-59002 LA'AMAOMAO
傳田真央名義
1st 2012年9月5日 MENZ Collaboration CD CRCP-40326 Playlist Zero

カバーアルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
傳田真央名義
1st 2001年12月19日 Diamond Kisses CD UMCK-4042 キティMME

ベストアルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
傳田真央名義
1st 2018年3月14日 Eternal Best 2000~2018 CD+DVD UPCY-7509 ユニバーサルミュージック

リミックスアルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
傳田真央名義
1st 2001年3月28日 MAO DENDA REMIXIES 1 CD UMCK-4027 キティMME 今井了介、DJ Take他が参加。

アナログ

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル
傳田真央名義
1st 1999年6月30日 あなたとふたりで/やさしい気持ち GMD-F003 メイン・ディッシュ

映像作品

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 2001年9月27日 Eternal Films HISTORY&CLIPS 1999~2001 VHS UMVK-1516 キティMME ビデオクリップのほかメイキング映像やレコーディング風景、ライブの模様などを収録した作品。
2001年10月17日 DVD UMBK-1516 ユニバーサルJ
2003年2月19日 DVD<期間限定特別価格盤> UMBK-9531

参加作品

シングル

コラボアーティスト 発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
ケツメイシ 2006年7月19日 男女6人夏物語 CD TFCC-89176 Toy's Factory フィーチャリングボーカル参加。
2012年7月11日 AVCD-48511 avex trax
SPHERE 2009年1月14日 君といたい feat. 傳田真央 CD+DVD<初回限定盤> UMCK-9255 UNIVERSAL SIGMA 傳田真央に名義を戻しての活動再開第一作目。
CD<通常盤> UMCK-5228

アルバム

タイアップ

曲名 タイアップ
あなたとふたりで 〜Be with me all day long〜 テレビ朝日系ドラマ『29歳の憂うつ パラダイスサーティー』エンディングテーマ
Masquerade TBS系『ワンダフル』2000年6月度テーマソング
毎日放送クヮンガクッ』2000年7月 - 9月度エンディングテーマ
Happy Ever After TBS系『CDTV』2000年12月度エンディングテーマ
VERY LOVE -0.5℃(MAO/d名義) テレビ朝日系ドラマ『アンナさんのおまめ』主題歌
水の祈り-JOY-(MAO/d名義) 関西テレビミュージャック』2007年2月度エンディングテーマ
L.O.F.〜LOVE or Friendship〜(MAO/d名義) テレビ朝日系『恋愛百景』エンディングテーマ2007年エンディングテーマ
Bitter Sweet テレビ朝日系『Future Tracks→R』2009年3月度FT→Rプレイリスト
晴れ時々雨 テレビ朝日系ドラマスペシャル『就活のムスメ』主題歌
My Style テレビ朝日系ドラマ『交渉人〜THE NEGOTIATOR〜』主題歌

出演

ラジオ

脚注

注釈

出典

  1. ^ a b c Special Archive (2000年12月20日). 傳田真央 『Eternal Voice』インタビュー. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/special/detail/235 2018年2月4日閲覧。 
  2. ^ a b c d Special Archive (2007年12月5日). MAO/d 『COLORS OF LOVE』 インタビュー. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/special/detail/234 2018年2月4日閲覧。 
  3. ^ a b Special Archive (2009年3月18日). 傳田真央 『Bitter Sweet』 インタビュー. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/special/detail/233 2018年2月4日閲覧。 
  4. ^ a b c Special Archive (2017年3月8日). 傳田真央『Love for Sale』インタビュー. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/special/detail/1860 2018年2月4日閲覧。 
  5. ^ a b c d e Profile”. 傳田真央 OFFICIAL SITE. 2018年2月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e 傳田真央:プロフィール”. hotexpress. 2018年2月4日閲覧。
  7. ^ a b c d 2017年3月21日放送 1:30 – 2:00 テレビ朝日 musicる TV musicる TV”. TVでた蔵. 富士ソフト (2017年3月21日). 2018年2月2日閲覧。
  8. ^ a b 2017年3月28日放送 1:30 – 2:00 テレビ朝日 musicる TV musicる TV”. TVでた蔵. 富士ソフト (2017年3月28日). 2018年2月2日閲覧。
  9. ^ a b Special Archive (2009年12月9日). 傳田真央 『I AM』インタビュー. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/special/detail/231 2018年2月4日閲覧。 
  10. ^ 傳田真央、復帰作でも魅惑のクリスタルボイス健在”. 音楽ナタリー (2009年1月28日). 2018年2月4日閲覧。
  11. ^ 傳田真央の記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2018年2月4日閲覧。

外部リンク