かみちゅ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かみちゅ!
ジャンル ファンタジーコメディ
アニメ
原作 ベサメムーチョ
監督 舛成孝二
脚本 倉田英之
キャラクターデザイン 千葉崇洋(原案:羽音たらく
アニメーション制作 ブレインズ・ベース
製作 アニプレックス
放送局 放送局参照
放送期間 2005年6月29日 - 9月28日
話数 全16話(TV未放送4話)
漫画
原作・原案など ベサメムーチョ
作画 鳴子ハナハル
出版社 メディアワークス
掲載誌 月刊コミック電撃大王
発表号 2005年6月号 - 2007年1月号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画
舞台のモデルとなった尾道市

かみちゅ!』は、テレビ朝日系列で2005年6月29日 - 9月28日まで放送された日本のテレビアニメ作品、およびそれを原作とする漫画作品。タイトルの『かみちゅ!』とは「様で学生!」(かみさまでちゅうがくせい)の意味である[1]

概要[編集]

広島県瀬戸内地方にある架空の港町「日の出町」(モデルは尾道市[2])を舞台に、ある日突然「神様」になってしまった女子中学生・一橋ゆりえと、その周りの人々の生活を描いている。

この作品での神様は神道における八百万の神の事であり、劇中にはゆりえ以外にも数多くの神様(付喪神妖怪〈荒ぶる神〉、貧乏神死神など)が登場する。ただし、ゆりえ以外の神様は神通力を持った一部の人しか見ることができない。神様達は神様の国という、神様だけが入ることのできる別世界を作り上げており、神無月には、全国の神様が集結して神様集会を開いている。

舞台設定は現代の日本に近い本作だが、作中の一般人は中学生が神様になったことを多少めずらしがりはするものの、事実として受け入れがたいものではないという描かれ方がされている。これは作者の意図したものである[3]

作中では直接語られてはいないが、時代背景は1980年代である[4]。なお、作中に登場する一部の店には、取材協力へのスペシャルサンクスとして、尾道市内に実在する店の名前が使われている。

平成17年度(第9回)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞[5]日本のメディア芸術100選アニメ部門に選出された。

登場人物[編集]

主な登場人物[編集]

一橋 ゆりえ(ひとつばし ゆりえ)
- MAKOBon-Bon Blanco
本作の主人公で、中学2年生。「神様」になったばかり。外見はごく普通の女の子であり、神通力の無い人間にも姿が見える。漫画版では、何の神様になるか決めていない。本人は自覚していないが、相当の格となる可能性を持っており、自分の名前を冠した台風を発生させたり、小型の雨雲を室内に出現させたりできるほどの神通力を持つ。神様になってからは、人々の願い事を叶えたり、町や神社の行事などに参加したりといった神様としての仕事と、中学生としての生活を両立させる毎日を送っている。神通力を使うと短期的に髪が著しく伸びるが、神通力を収めると元の長さに戻る。同級生の健児に思いを寄せているが、なかなかそのことを言い出せずにいる。
四条 光恵(しじょう みつえ)
声 - 峯香織
ゆりえのクラスメイトで、幼馴染。学年でも指折りの秀才で巨乳。落ち着いた性格で、祀やゆりえを見守り、しばしばブレーキ役となる。八島様や神様協会の会長など、普通の人間には見えない神様たちは、しばしば彼女の体を依代として普通の人間とコミュニケーションを取る。仲睦まじい男女を見ると、潤いが欲しいと零す。3人の弟がいる[6]
三枝 祀(さえぐさ まつり)
声 - 森永理科
ゆりえのクラスメイトで来福神社(漫画版では八島神社)の娘。活発な性格。ゆりえが神様となったことを聞きつけ、友人となった。八島様や他の神様を見ることができない(小さい頃は見えていた)。神社が貧乏であるため、いつもお金儲けのことを考えているが、家族に楽をさせたいという思いもある。自称、ゆりえのマネージャーで、ゆりえを来福神社の専属とし、祈祷料などを取ろうとした。八島様への供物に賞味期限ぎりぎりのものを供えても気に留めない。
三枝 みこ(さえぐさ みこ)
声 - 野中藍
祀の妹。来福神社で一番の神通力を持つ。内向的な性格。ゆりえの弟の章吉とはクラスメイトで、章吉と同じ弓道部に所属している。神通力により八島様を見ることができ、会話も自由にできる。八島様のことを少なからず想っている。
二宮 健児(にのみや けんじ)
声 - 宮崎一成
ゆりえたちのクラスメイト。書道部だが、部員は健児だけで、部室を取り上げられたために、学校の屋上を部室としている。熱中すると、周囲が見えなくなる。また非常にマイペースな性格で、恋愛事にも鈍い。そのため、ゆりえの好意には気づいていないが、次第にゆりえが気になる存在になっていく。
八島様(やしまさま)
声 - 岡野浩介
来福神社が奉る神様。青年の姿をしている。「田舎の神様」で終わるのが嫌で家出をしたが、ゆりえの説得により神社に戻る。ロックミュージックが趣味で、家出をした際にバンドを組もうとしたが、仲間が集まらなかった。本人は歌うことが自分の唯一の特技であると思っているが、光恵いわく「すごい音痴」。また、神様界のロックシンガー弁天様のファンで、追っかけをするほど。八島様を見ることができない一般人は、八島様がなげる白い羽を頭にさす事により会話が出来る。
タマ(♀)/貧乏神(びんぼうがみ、♂)
声 - 斎藤千和
一橋家で仔猫の頃から飼われている白い猫。家出をしたときに海に落ちたところを貧乏神に助けられたため、貧乏神が身体に入り込んでいる。貧乏神には地域の景気や運気を悪くする力があるが、普段はゆりえの神通力が相殺しているため、害はない。貧乏神が入り込んでからは、二足歩行などができるようになった。ゆりえと自由に会話ができるが、貧乏神が街にいることを知られないように、他の人には秘密にしている。
一橋 章吉(ひとつばし しょうきち)
声 - 津村まこと
ゆりえの弟。見た目はゆりえに似た小柄な少年だが、姉のゆりえよりもしっかりしているため、ゆりえより年上に見られる事もある。みこのクラスメイトで同じ弓道部に所属しており、彼女に好意を抱いている。
一橋 賢吉(ひとつばし けんきち)
声 - 星野充昭
ゆりえの父。写真が趣味で、若い頃はカメラマンも目指していたこともあったが、本人曰く「この町とこの町の人しか上手に撮れない」。現在は市役所に勤務する傍ら、趣味として町を撮り続けている。害のない「見てきたようなウソ話」をして妻の茜を喜ばせている。
一橋 茜(ひとつばし あかね)
声 - 伊藤美紀
ゆりえの母。賢吉と出会った場所は海だが、今も昔も泳ぎはさっぱりらしい。一見、物知りの夫を尊敬しており、太めの男性が好み。息子の章吉も太らせようとご飯を大盛りにしている。
イノ、シカ、チョウ
声 - 前田ゆきえ服部加奈子福圓美里
神様協会からゆりえの元に派遣された「お願い集配チーム“しやわせ”」を名乗る手のひらサイズの「神の使い」。イノはイノシシ、シカは鹿、チョウは蝶の姿をしている。ゆりえ宛のお願い事の管理・選別を担当している。名前はすべて、ゆりえが名付けたものである。チョウは女の子らしい活発さで、イノは積極的な言葉でゆりえをサポートする。シカは、しばしば余計なことを言ってその度に他の2人から突っ込まれている。

その他の登場人物[編集]

三枝 光雲(さえぐさ こううん)
声 - 岩尾万太郎
祀とみこの父。妻に数年前に先立たれてからは、男手一つで2人の娘を育ている。来福神社の神主だが、神主としての才能が全く無く、神社の経営も私財が差し押さえられるなど低迷していた。農業の資質があり、作る野菜はみこ曰く「美味しい」と好評。
能登 きよみ(のと きよみ)
声 - 広橋涼
ゆりえと同じ中学に通う中学1年生。健児に一目惚れしており、ゆりえのところに恋愛相談にやってくる。
弁天様(べんてんさま)
声 - 渡辺明乃
犬耳のパンク姿の神様。七福神でバンドを組んでおり、神様の中で大人気である。八島様もファンの一人。
犬和尚(いぬおしょう)
声 - 杉山紀彰
神様の世界にいる柴犬の姿をした和尚で八島様と親しい仲にある。尾道市のガイド犬の「ドビン」がモデルと思われる。

※以下は原作アニメにのみ登場。数字は、DVD版での話数。テレビ放送版では、タイラーとデイブは登場していない。

火星人ちゃん(かせいじんちゃん)
声 - 望月久代
出演:#4
ピンク色をした火星人で火星中学の生徒。火星探査機・バイキングを地球に返そうとやってきたが、地球に詳しくないため日本の国会議事堂に着陸してしまう。
総理大臣(そうりだいじん)
声 - 宝亀克寿
出演:#4、#9
くせ者の総理で合衆国の味方。火星人を巡って、ゆりえと対立するが、後に交流が続いている事から和解した模様。容姿は作中年代に合わせて中曽根康弘元総理に似せている。
タイラー・ニャーデン
声 - 古澤徹
出演:#8
ふらりと街にやってきて、猫達の楽園「キャットワールド」を作った猫。普通の猫のふりをしているが、その正体は猫又。ゆりえ・タマとタッグマッチをすることになる。
デイブ
声 - 稲田徹
出演:#8
タイラーとタッグを組んだ体重10キログラムの巨漢猫。
源さん(げんさん)
声 - 鈴木清信
出演:#9
大工で元大和の乗組員だった。健児が大工仕事や源さんの話に興味を持って、手伝いをする。
戦艦大和(せんかんやまと)
声 - 松本大
出演:#9
戦艦大和の魂。船体は九州の南の海に沈んだままだが、ゆりえが神様になった時に周辺海域の神も引き継いだことで、関わる事になる。
三つ葉丸(みつばまる)
声 - 小林由美子
出演:#9
漁船の姿をした物の怪。大和の魂をに戻してくれないか、とゆりえに頼みにやってきた。元気者でちょっと悪ガキっぽい。
西村 受(にしむら うかる)
声 - 甲斐田ゆき
出演:#10
ゆりえの同級生で、ゆりえが生徒会長に立候補したときのもう1人の立候補者で典型的な堅物。立場が悪くなると、すぐに謝る癖がある(コミック版では2コマ程度の登場をしている)。

テレビアニメ[編集]

2005年6月から10月までテレビ朝日系列で放送された。全12話(DVD収録話を合わせると全16話)。なお、第3話までは制作の遅れから、本来のオープニング映像とは異なる映像(前話の映像)を放送していた[7][8]

2008年10月から同年12月まで、TOKYO MX(土曜日22時~22時30分)でも再放送された。更に同局では2010年3月26日(金曜日23時~23時30分)にBlu-ray BOX 発売記念特別番組を放送(『R.O.D』と併せて)したのに引き続き、同年4月から6月にかけてセレクション放送を実施(水曜日24時~24時30分。実質的に2度目の再放送)。

さらに2011年1月 - 同年3月まで、NHK BS2でも放送された。

スタッフ[編集]

  • 原作 - ベサメムーチョ(落越友則、舛成孝二、倉田英之の合同ペンネーム[7]
  • 監督 - 舛成孝二
  • キャラクター原案 - 羽音たらく
  • キャラクターデザイン - 千葉崇洋
  • プロダクションデザイン - okama
  • 小物・メカデザイン - 小川浩
  • 美術 - 渋谷幸弘
  • 色彩設計 - 歌川律子
  • 撮影 - 月岡敦夫
  • 編集 - 坂本雅紀
  • 音楽 - 池頼広
  • 音響監督 - 菊田浩巳
  • 音響プロデューサー - 中野徹
  • プロデューサー - 落越友則、松田佐栄子(第1話〜第3話)、梶淳(第4話〜)
  • アニメーションプロデューサー - 佐藤由美
  • アニメーション制作 - ブレインズ・ベース
  • 製作 - ANIPLEX

主題歌[編集]

オープニングテーマ「晴れのちハレ!」
作詞 - Bee' / 作曲 - 上松範康 / 編曲 - 藤田淳平 / 歌 - 富田麻帆
エンディングテーマ「アイスキャンディー」
作詞 - Bee' / 作曲・編曲 - 藤田淳平 / 歌 - MAKO

各話リスト[編集]

DVD版にはテレビ未放映のエピソードが追加されており、テレビ版では「回」、DVD版では「話」と、話数の数え方を変えている[9]。また、放送されたエピソードにも、放送時間の都合でカットされたシーンがあり、これもDVDに収録されている[8]。なお、バンダイチャンネルPlayStation Storeにおける有料のオンライン配信版はテレビ放映版と同等である。

各話のサブタイトルはそれぞれ1980 - 1990年代の日本のアイドルが歌った曲のタイトルから取られている。歌手の項目内はその曲の歌手、年代の項目内はその曲が発表された年代。

回数
(TV)
話数
(DVD)
サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 サブタイトル曲の歌手
(年代)
DVD
収録巻
1 青春のいじわる 倉田英之 舛成孝二 舛成孝二
畑博之
千葉崇洋 菊池桃子 1984年 第1巻
2 神様お願い 高島大輔 薮野浩二 桃姫BAND 1993年[注 1]
3 そんなつもりじゃなかったのに こでらかつゆき 畑博之 大河原晴男 立見里歌 1987年 第2巻
4 地球の危機 こだま兼嗣 小坂春女 長町英樹 宍戸留美 1991年
5 ひとりぼっちは嫌い 島崎奈々子 さんぺい聖 しまだひであき 高橋美枝 1983年 第3巻
6 小さな決心 こでらかつゆき 高島大輔 大河原晴男 中山忍 1988年
7 太陽の恋人たち 浅野勝也 金子ひらく
千葉崇洋
林紀恵 1981年 第4巻
- 8 野生時代 うえだひでひと 畑博之 山下祐
鈴木大
工藤夕貴 1984年
8 9 時の河を越えて 小坂春女 しまだひであき うしろ髪ひかれ隊 1987年 第5巻
9 10 君に決定 こだま兼嗣 高島大輔 櫻井親良 田原俊彦 1981年
- 11 恋は行方不明 福田道生 畑博之 長町英樹
薮野浩二
南翔子 1984年 第6巻
10 12 ふしぎなぼうけん 山本泰一郎 長町英樹 真璃子 1989年
- 13 やりたい放題 こでらかつゆき 高島大輔 櫻井親良 斉藤満喜子 1988年 第7巻
11 14 夢色のメッセージ 山下祐 薮野浩二 西村知美 1986年
12 15 小さな一歩で 舛成孝二 千葉崇洋 CoCo 1993年 第8巻
- 16 ほらね、春が来た こでらかつゆき 舛成孝二 うしろ髪ひかれ隊 1988年

放送局[編集]

舞台となった尾道市では、2006年尾道ケーブルテレビで放送された。また、広島地区のみANN系列の広島ホームテレビではなくJNN系列の中国放送(RCC)で本放送終了後に不定期に放送された(テレビ放送分のみ。DVDのみ収録分は未放送)[要出典]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日 2005年6月28日 - 9月27日 火曜 26:40 - 27:10 テレビ朝日系列
近畿広域圏 朝日放送 2005年7月7日 - 10月6日 木曜 27:01 - 27:31 [注 2]
中京広域圏 メ〜テレ 2005年7月13日 - 10月5日 水曜 27:08 - 27:38
日本全域 AT-X 2005年10月24日 - 2006年1月9日 月曜 10:00 - 10:30 CS放送 リピート放送あり
NHK BS2 2011年1月9日 - 3月27日 日曜 23:00 - 23:25 BSデジタル放送 [注 3]

DVD・Blu-ray Disc[編集]

巻数 発売日 備考
かみちゅ! 1 2005年8月24日
  • 各巻2話収録
  • 初回特典:羽音たらく描き下ろし特製ピンナップ封入
  • DVD特典:全話オーディオコメンタリー収録
  • 千葉崇洋描き下ろしジャケット
  • カラーブックレット封入
  • スーパージュエルケース仕様
かみちゅ! 2 2005年9月28日
かみちゅ! 3 2005年10月26日
かみちゅ! 4 2005年11月23日
かみちゅ! 5 2005年12月21日
かみちゅ! 6 2006年1月25日
かみちゅ! 7 2006年2月22日
かみちゅ! 8 2006年3月29日
かみちゅ! Blu-ray BOX 2010年6月2日
  • 完全生産限定盤
  • Blu-ray Disc 3枚組(DISC1は6話、2・3は5話収録)
  • 描き下ろし三方背BOX・デジパック仕様
  • 特製ブックレット同梱
  • 映像特典(『宇宙ショーへようこそ』特別予告編)収録
  • 音声特典(新規録り下ろしオーディオコメンタリー)収録

音声コメンタリー出演者[編集]

話数 DVD BD
全話 倉田英之、舛成孝二
1話 ゲストなし MAKO、森永理科、峯香織
2話
3話 MAKO、森永理科、峯香織 斎藤千和
4話 名倉靖
5話 MAKO、伊藤美紀
6話 落越友則 MAKO、宮崎一成
7話 斎藤千和 森永理科、峯香織
8話 名倉靖、落越友則
9話 渋谷幸弘、okama、神宮司訓之
10話 森永理科、峯香織、宮崎一成
11話 野中藍 野中藍、森永理科
12話 アニメ大好きオタク芸人トークユニット アニメ会
国井咲也、サンキュータツオ、沖縄の比嘉)
名倉靖、落越友則
13話 菊田浩巳、田中秀実 野中藍、森永理科
14話 okama、横山朱子 斎藤千和
15話 名倉靖 MAKO、宮崎一成
16話 落越友則 名倉靖、落越友則

関連CD[編集]

漫画[編集]

月刊コミック電撃大王』(メディアワークス(当時))にて、2005年6月号から2007年1月号まで連載された。作画は鳴子ハナハル。全2巻。

アニメ版にはない独自の解釈や、オリジナルストーリーで構成されている。

  1. 第1巻(2006年1月27日発売・2006年2月15日初版発行)ISBN 978-4-8402-3319-4
  2. 第2巻(2007年3月27日発売・2007年4月15日初版発行)ISBN 978-4-8402-3787-1

電撃大王2006年7月号やオーディオコメンタリードラマCDの発売が話題になったが、「とらのあな」が2巻封入特典のイラストカードを通して急遽、発売中止の旨が伝えられた。その後後述の「かみちゅ! 大全ちゅー!」にシナリオが全編収録されている。

関連書籍[編集]

  • かみちゅ! 大全ちゅー!(ポストメディア編集部・編、一迅社、2011年5月20日発売 ISBN 9784758011785
    • キャラクター紹介や全話解説、舞台となった尾道の巡礼ガイド、各種設定資料、主要キャスト・スタッフのインタビューなどで構成。カバーイラストを千葉崇洋が、カバー下表紙イラストを鳴子ハナハルが、ピンナップイラストを羽音たらくが、それぞれ描き下ろしている。また第1話の絵コンテや、ボーナスコンテンツとしてドラマCDの未公開シナリオも収録している。

ラジオ番組[編集]

ラジオ番組『おまいり、かみちゅ!』がラジオ大阪で2005年5月から12月にかけて放送された。ラジオ大阪の放送時間は日曜日 23時00分 - 23時15分[10]。関東地区では当初TBSラジオで放送していたが、2005年10月からはNACK5にて毎週日曜日22時30分から放送された。パーソナリティMAKO森永理科峯香織が務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 原曲の発表は1968年。
  2. ^ 最終回は9月29日に放送予定だったが、阪神タイガースの優勝特番が組まれたため急遽1週遅れに変更された。
  3. ^ 初回は23:15 - 23:40。10-12回(最終回)は3月20日23:00 - 24:15の75分枠で3話連続放送。10回は3月13日に放送予定だったが東北地方太平洋沖地震の影響で翌週に延期。12回(最終回)は3月20日23:50 - 24:15に一度放送されたが、映像と音声の乱れが3箇所発生したため、改めて3月27日24:35 - 25:00に再放送された。

出典[編集]

  1. ^ 『かみちゅ!』倉田英之×舛成孝二インタビュー(1)”. Webアニメスタイル (2005年8月2日). 2007年12月21日閲覧。
  2. ^ 瀬戸内・坂の町 今度はアニメの舞台に”. 山陽日日新聞 (2004年9月25日). 2007年12月21日閲覧。
  3. ^ 『かみちゅ!』倉田英之×舛成孝二インタビュー(3)”. WEBアニメスタイル (2005年8月4日). 2009年8月14日閲覧。
  4. ^ “かみさま”はなんと中学生!? TVアニメ「かみちゅ!」キャストインタビュー”. ITmedia (2005年6月9日). 2007年12月21日閲覧。
    また、作中に登場する紙幣の五千円札に描かれているのが聖徳太子であり千円札が伊藤博文であること、ゆりえ宅のテレビが未だにリモコン式ではないこと、14話に登場する新聞の日付が1984年1月4日になっていることからも伺える。
  5. ^ 2005年 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 かみちゅ!”. 文化庁メディア芸術プラザ (2006年). 2013年10月25日閲覧。
  6. ^ 漫画版第13話より。
  7. ^ a b 『かみちゅ!』倉田英之×舛成孝二インタビュー(4)”. Webアニメスタイル (2005年8月4日). 2007年12月21日閲覧。
  8. ^ a b 『かみちゅ!』倉田英之×舛成孝二インタビュー(5)”. WEBアニメスタイル (2005年8月4日). 2007年12月21日閲覧。
  9. ^ 『かみちゅ!』ベサメムーチョ座談会”. かみちゅ! 公式サイト (2005年). 2007年12月21日閲覧。
  10. ^ ラジオ大阪 1314V-STATION 2005年春の改編情報”. ラジオ大阪 (2005年7月6日). 2005年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 火曜26:40枠
前番組 番組名 次番組
かみちゅ!
NHK BS2 衛星アニメ劇場 日曜 23:00 - 23:25枠
かみちゅ!
(廃枠)