倉田英之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

倉田 英之(くらた ひでゆき、1968年7月9日[1] - )は、アニメ脚本家、小説家スタジオオルフェ所属。岡山県井原市出身[2]

初期は黒田洋介とコンビを組む事が多かった。制作体制への不満から『R.O.D -READ OR DIE-』を最後にアニメ脚本家からの引退を宣言していたが、『R.O.D -THE TV-』で復帰した。

作品には変人のだらしない日常描写が多い。本人はかなり年季の入ったオタクであり、古今東西問わず文学や映画への造詣が深い。

エピソード[編集]

  • 自らシリーズ構成・脚本を手掛けた『R.O.D -READ OR DIE-』のDVDには日本アニメでは初のオーディオコメンタリーが収録されており、監督の舛成孝二と共に出演している。その後も倉田が脚本を担当したアニメのDVDではほとんどの場合コメンタリーが収録されており、出演声優や制作スタッフ達の話が聴けるようになっている。しかし、肝心の内容は実写映画等のそれ(メイキングや裏話)とは大きく異なり単なる雑談である事が多い。この独特のスタイルは他の(倉田が関わっていない)アニメにも伝染している。
  • 『R.O.D』において原作イラスト、キャラクター原案を担当した羽音たらくは同じスタジオオルフェ所属であり、「たらく」を逆に読むと「くらた」になる事から、同一人物のペンネームなのではないかとの噂が一時期あった。これは後に『R.O.D -THE TV-』のオーディオコメンタリーで両者が同時に出演して直接否定している。
  • 武装錬金』の登場人物、「岡倉英之」のモデルになっている。これは作者の和月伸宏が2002年、アメリカでの「ANIME EXPO」に倉田と共に参加した際の縁である。なお、『R.O.D』の主要スタッフとして同時に参加した舛成孝二、石浜真史もそれぞれ「六舛孝二」「大浜真史」のモデルとなっており、三人のイニシャルを並べると「R.O.D」になる。
  • 2008年7月に、自身初のコラム集『倉本』が発売された。
  • アニメ会の『ヲタめし!』」の2008年9月9日更新分にゲスト出演し、同じ漫画単行本を多数買うとか自宅がグッズや蔵書で足の踏み場もない為、同じアパートの別の部屋を借りて所持品の多くを運び入れていると話す。
  • 自らシリーズ構成・脚本を手掛けた『かんなぎ』第5幕において、男子学生の役で声優として出演している。なお、同作品の監督である山本寛も同様の役で声優として出演している。
  • 大正野球娘。』のファンを公言しており、オトナアニメなどの雑誌等でも度々同作品を絶賛している。また『かみちゅ!』BD(ブルーレイディスク)のオーディオコメンタリーで出演した際に、「オトナアニメでR.O.DがBDで出るんでJ.C.STAFF特集に絡めて記事書いて下さいって言われたが、何一つ覚えてねえから大正野球娘。のことばっかり書いた(以上要旨)」と発言している。
  • 弟は集英社で『R.O.D』の担当編集をしている倉田雅弘。現在は糖尿病で通院している。単行本を買った漫画は買った順番に『ドラえもん』、『ブラック・ジャック』、『ゴーゴー悟空』。初めて読んだ小説は小学館が出していた少年少女文学全集ウェルズの『宇宙戦争[3]

主な執筆作品[編集]

※太字はシリーズ構成、特記のないものは脚本を担当。

主な著作[編集]

初のコラム集と書き下ろし長編

主な原作参加作品[編集]

その他の作品等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WEBアニメスタイル_特別企画 『かみちゅ!』倉田英之×舛成孝二インタビュー
  2. ^ R.O.D REHABILITATION|スーパーダッシュ文庫発メディアミックスコミック誌!!
  3. ^ 倉田英之×三上延 トークイベント生中継 - 2014/11/02 15:00開始 - ニコニコ生放送 1:00、3:00、20:00、28:00
  4. ^ 倉田英之×三上延 トークイベント生中継 - 2014/11/02 15:00開始 - ニコニコ生放送 43:00頃

外部リンク[編集]