日本のメディア芸術100選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本のメディア芸術100選」(にほんのメディアげいじゅつ100せん)とは、文化庁メディア芸術祭10周年を記念し、アンケートをもとに日本を代表するアートからエンターテインメントまで横断する、日本のメディア芸術(メディアアート)を体系化する試みである。

選出されたメディア芸術は2007年1月21日から2月4日までの間、国立新美術館にて開催の「文化庁メディア芸術祭10周年企画展 日本の表現力」で紹介された。

実施方法[編集]

2006年7月13日 - 8月31日の50日間に実施され、以下の2つの方法によりアンケートデータの収集を行なった。

一般
ウェブサイト「文化庁メディア芸術プラザ」内に「文化庁メディア芸術祭10周年アンケート 日本のメディア芸術100選」コーナーを設置し、アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の4部門それぞれに回答〈Webアンケート・エントリー方式〉。
専門家
メディア芸術に関わる専門家(文化庁メディア芸術祭歴代受賞者・同歴代審査員を含むアーティスト・編集者評論家など)約400名にアンケート票を郵送し、回答後、同じく郵送(またはFAX)にて回収。

実施内容[編集]

「アート部門」「エンターテインメント部門」「アニメーション部門」「マンガ部門」の4部門それぞれについて作品リスト(回答選択肢)を提示し、最大10作品を選択。リスト以外にメディア芸術100選にふさわしいと思われる作品があった場合は、自由回答欄において作品名・作者名を記述。

100選[編集]

分野毎に50音順。

アート部門[編集]

エンターテインメント部門[編集]

アニメ部門[編集]

マンガ部門[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原文ママ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]