やわらか戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

やわらか戦車』(やわらかせんしゃ)とはラレコ制作のAdobe Flashによるアニメである。またはその作品で登場するキャラクター

概要[編集]

ライブドアと協力してプロモーション戦略立案や版権管理を行うファンワークスがライブドアネットアニメ(ネトアニ)での連載として企画した。戦車であるにもかかわらず体が柔らかく臆病な謎の兵器「やわらか戦車」とその仲間たちが巻き起こすシュールな出来事を描いたコメディアニメである。略称は「やわ戦」。

企画当初は「かわいい動物モノのアニメで」との打診だったが、作者はそれに反して以前描きかけて放置していた「やわらか戦車」を提出。結局これが採用された。徹底した広告戦略により、徐々に有名になった。

ガソリンスタンドにあった「やわらか洗車」(柔らかい布で洗うから車の塗装を傷めない)という看板を見て「『やわらか戦車』があったら面白いだろうな」とひらめいたらしい。

2006年、ファンワークスは『やわらか戦車』の商品化を企画。50社以上の申し出があった中から10社あまりの企業と「やわらか戦車連合軍」を結成し、玩具、雑貨、映像、書籍など多岐にわたるジャンルで商品を企画、発売している。同一ジャンルの商品を複数の会社にライセンス供与していること、またネット発のキャラクターとしては作者1人による制作で版権処理が容易であることなどから新しい形のキャラクタービジネスの試金石と見られており、毎日放送の『VOICE』、テレビ東京系の『ワールドビジネスサテライト』でも取り上げられた。また、商品化企画と前後してメディアにも露出するようになり、『王様のブランチ』や『くるくるドカン〜新しい波を探して〜』にも登場した。また、テーマ曲がナムコ音楽ゲーム太鼓の達人シリーズ』に収録されており、この作品で『やわらか戦車』を知った人も多い。

しかしながらネットを中心としたムーブメントという性格上、実質的な購買意欲に直結しているかどうかを疑問視する声は大きく、売り上げ10億円を目標としているが厳しいのではないかとの見方もある。『やわらか戦車』に限らず、ネット先行型のビジネスモデルはメディア側と消費者との距離が(いい意味でも悪い意味でも)近いために、ユーザの声を聞き分けるメディア側の裁量が今後の展開を左右するといえる。少なくとも懸命な売り込みの成果が上がっているとは言い難いのが現状である。

一部のキャラの声を除く脚本・作画・音楽・声の出演は全てラレコ1人で制作している(後述のやわらかジェーン、波打ち際戦車ーズ、74式戦子の声はラレコの妻であるkaolip(カオリップ〉が担当している)。2011年11月までに53話まで公開された(最近では月1回の頻度で新作が配信されていた)。また、2007年9月21日にファンワークスによってYouTube日本語版上に「やわらか戦車チャンネル」が開設された(現在はネットアニメチャンネルに改称されている)[1]

最近では尖閣諸島事件をバックストーリーとした時事ネタを扱ったエピソードも制作された。

2011年11月末をもって「くわがたツマミ」と共に更新を終了。公式サイトは閉鎖された。

受賞など[編集]

いずれも2006年。

  • 第11回アニメーション神戸(作品賞ネットワーク部門)
  • AMDアワード(Best Visual Designer賞)
  • 日本のメディア芸術100選(エンターテイメント部門1位)
  • Web of the Year 2006(話題賞第2位)


登場人物(戦車・兵器含む)[編集]

やわらか戦車以外の登場人物の括弧内の話数は初登場時のもの。

やわらか戦車
本編のメインキャスト
兵器でありながら武装されておらず、戦闘にも消極的な謎の「戦車」。
白っぽい饅頭のようなのような柔らかい部分に顔がついており、左右に足にも手にもなるキャタピラが付いている。全高20㎝(第47話で判明)だが、たこ焼き機のくぼみにすっぽり収まるほどの小さな戦車も確認されており、かなりの個体差がある模様。胃袋は頭頂部にある(第48話)。
ラレコによると通常の「戦車」の定義に当て嵌まらないにもかかわらず戦車としているのは「戦わない」であるためだとしている。しかし、第10話でやわらかベイベに銃撃されてもゆれるだけなので高い耐貫通能力があると思われ、また、輸送機から落下して地面に墜落してもそのまま跳ね上がって帰って来るほどの弾力性を持つ。
さらに人間だったら複雑骨折してしまうような状況下でも心を閉ざす(思考回路を切る)事で耐え切ってしまうなど、やわらかい分衝撃や圧力には割と強い面もある。然しながら生まれたての海亀より生存率が芳しくない。また気圧が低くなると膨張するなど、装甲は袋菓子レベル。極寒の地にさらされた時には釘を打てるほど硬化していた(第43話)
また何故かは不明だが人間に触れられると腐る、放置されるとカビが生える事があるとのこと(第1話)他には兵器間での識別コードの交換が出来たりする(第42話)。
ちなみに前進するときは、キャタピラは使わず人間と同じく、歩いて進む(ただしこの点は一定しておらず、キャタピラで前進する場面も存在する)
台や両ではなく匹として数えられ、主力戦車ではない模様(第47話)。
兄弟は少なくとも3万152男までいるらしく(第25話)、DVD2巻のオリジナルストーリーでは5万台もいる模様。90式先輩からは見分けがつかないが、技能テストの試験官など兄弟をある程度区別できる者も居るようだ。
兄者(あにじゃ)
最も登場数が多いやわらか戦車で、3万飛んで152人(第25話)兄弟長男。性別はオスでもメスでもなく「カス」である(第24話)。
90式先輩と鬼塚曹長には「ボーズ」と呼ばれている。座右の銘は『BIGな男になりて~な~』(第21話)。
3日に一度は子猫にさらわれ行方不明になる。さらに子猫にさらわれた先にジェーンという現地がいて、やわらかベイベという子供までいる(後述)
技能テストでは兄弟最下位だが、データの改竄によってトップに躍り出たことが裏目に出て空挺団に配属されてしまった(第29話)。その後は厳しい訓練を受けている模様。
必殺技は「兄者パンチ」と「兄者キック」だが、鬼塚曹長に「同じじゃねえか!」と殴られた(第34話)。
キャタピラを外すと、水に浮かびブイとして活躍する(第40話)他、釣り具の浮きとしても利用出来る(第41話)。
せっかく仲良くなったクロちゃんを飼おうとしているが、鬼塚曹長に反対されているのが悩み(第42話)。
兄弟の中で唯一89式5.56mm小銃の組み立てが出来なかったが、第47話で出来るようになった。
第47話でファナレル症候群の第一号になったことで防疫部隊に捕獲され、兄弟全員が施設に隔離される。
続く第48話では症状が治らない状態で空挺団に帰還。ファナレル症候群の特効薬(カーリングのストーンほどの大きさの錠剤)を無理やり岩田に飲まされたがその場で吐き出して埋めていたため症状が悪化。最終的に本体が36000km上空までファナれてしまい、衛星テレビ用の人工衛星と衝突してお星様になってしまった。
しかし第49話では何事もなかったかのように元に戻っており、キャタピラ後部に小型ジェットエンジンを搭載し動力飛行能力を獲得し非武装戦闘機として航空部隊に配備されていた。領空に接近する未確認機を退却させるために満面の笑顔で接近するが、ガン無視され続けたためにキレて唾液で警告射撃を実行、しかしロックオンされ追いかけまわされた揚句、機体の掃除をやらされた。
第50話では鬼塚曹長から貰った10円玉で未確認機に応戦した為にミサイル攻撃を受けた。
やわらかジェーン
第2話にて写真で登場し、その後第4話にて登場した兄者の「現地妻」。長い金髪とまつ毛を持っている。兄者との間に青いフードでおしゃぶりを咥えたベイビー(子供)がいて、基本的には親子川の字(ラレコ談)。
第16話では空爆されてしまうが一命を取り留め、ベイベのミルクを得るために乳牛を放牧するなどたくましい一面も。兄者やベイベに対して愛情を持って接し、常に笑顔を欠かさないが、第25話で「男の隠れ家」に篭ってしまった兄者のことを浮気をしたものと邪推し、笑顔のまま顔中に青筋を浮かべ、釘を打ち付けたバットを持って90式先輩とともに捜索に出たり、第38話で勝手に兄者の家に4泊も居座った鬼塚曹長に報復としておみやげに爆弾を持たせるなど、怒らせるとかなり怖いようだ。
悩みは移動すると自慢のブロンドが車輪に絡まってしまうこと。
やわらかベイビー(やわらかベイベ)[2]
兄者とジェーンの子供。「バーブー」としか喋れない。性別は長らく不明だったが、第24話でオスと判明する。
まだ赤ん坊で世間知らずのせいか、兄者の子供とは思えないほど前向きでたくましい。
次男・三男
兄者の弟にあたるやわらか戦車。外見は兄者と変わりない。話のメインになったことはほとんど無い。
第3話では兄者と次男が砲撃により吹っ飛ばされたため終始三男が主役になっていたこともある。
第6話では兄者と一緒にサマワに行っていた。また、第35話では三男が兄者の回想で登場し水虫が治ったことを喜んでいた。
子ネコ
3日に一度兄者を戦場より連れ出す(第1話)。兄者のいるところならたとえ砲弾飛び交う中であろうと現れては兄者をくわえてどこかへ連れ去っていく。
同じ柄の仲間が多数おり、何匹かは「タマ」という名前(第14話)。
90(きゅうまる)式先輩[3]
モデルは90式戦車。喋ることが出来る。基本的に世話焼きな性格で、ふがいないやわらか戦車に説教を垂れる。
一応兵器として仲間だとは思っているらしく、やわらか戦車達を見下したりはしない良き兄貴分。やわらか戦車と違い頑丈なのは「鍛えているから」らしい。
第3話では「兵器なんだから硬いのは当たり前」と三男に説教をしている。体が非常に重く、カナヅチである。
第14話以降、分隊長を務めている。90式戦車としての戦闘能力は作中でも強力な物として描かれている。
第19話では戦場の弁当売り74式戦子に一目惚れをする。
兄者が空挺団に配属されてからは出番がめっきり減ってしまったが、久々の登場となった第43話では北部戦線に配属されており、最近ヒーターの調子が悪くなったらしい。本人曰く左目(照準器)が見えないとやる気が出ない。
戦子
モデルは74式戦車だが、全身がピンク色になっている。戦場で弁当売りをしており、流れ弾を受けたとき90式先輩に助けられ彼に好意を持つ。
目が悪いため、いつも眼鏡をしているが、90式先輩と会うときは眼鏡を外し化粧を整えている。
退役前は北海道に勤務しており、毎年雪祭りにかり出されたため、雪像造りが得意。その能力はわずか12時間で城をいくつも造れるほど。
兄者の「男の隠れ家」の所在地を知る唯一のキャラクター。
ジミおじさん
空港の係員(第6話)。初登場時は兵器らしからぬ兄者たちをぞんざいに扱うだけの人物だったが、その後意外な形で再びやわらか戦車たちの前に現れる(第7,11,15,17,18,23,24,27,28話など)。服装は物語によっては警備員やエプロン姿、サンバ衣装などになっていたが第27話以降から空手の道着に統一された。モデルはジミ・ヘンドリックスと推測される。詐欺や犯罪まがいのものによく手を出しており職を転々としながら、マラカスで地道な努力を重ね(ジミ自身は「マラカスは自分の命ぞ、相棒ぞ」と語っている)、第18話では苦節20年を経て、NHK紅白歌合戦に出場した。
中学校は鬼塚曹長と同じ、二中出身(第31話)。北海道にジャニスという許嫁がおり、10年間連絡を取っていなかったが、兄者たち夫婦の様子を見て結婚を決心、曹長達と共に北海道に向かった(第32話)。しかし、ジャニスの愛の重さに耐えかねて救出に来た兄者と共に逃走、待機していた90式先輩らに砲撃指示を出すが何らかの原因で砲撃できず、家から飛び出してきたジャニスによって90式先輩の内部に引っ張り込まれてしまった(第33話)。
現在は丸く収まっており阿漕なキャッチセールスなどからも足を払い、正当な方法でお金を稼ぐようにもなった。しかし、始めはその正当なお金の稼ぎ方が解らなかったのか、兄者を始めとしたやわらか戦車隊を手玉にとり「内需拡大」をキャッチコピーとした宗教を作ってしまい、兄者たちからお金を巻き上げてしまった時期があった(第37話)。また、ジャニスを時折「ジャクリーヌ」や「ジェニファー」と言い間違える事があり、その都度兄者に突っ込まれている。第46話においてはジャニス本人の前でジェニファーと言ってしまい、ジャニスの手で闇の中に引きずり込まれる事態となってしまった。
ジャニス
ジミおじさんが北海道に残してきた許嫁でヤンデレ。別れてから10年も音沙汰のない状態であり、兄者やジェーンにはとっくに終わった恋だと思われていた。
しかし鬼塚曹長の計らいで訪れた北海道で、一行はその超越した愛(兄者曰く「基準値をはるかに超えている」)の姿を思い知らされることになる(第32話)。ジミおじさん曰く「非常にシャイ」で顔は一切出ていない(手や足だけ)。彼女の言葉は壁の文字で表されている。
また、ジャニスが出る話(第32話・第33話・第35話・第36話・第46話)はホラーといってもいいほど怖いと評判である。
現在は丸く収まっているが未だにジミおじさんとはまともに顔を合わせてないらしく、兄者の計らいで家の中の塗装を1日かけて白く塗り替えられるも「自身の趣味に合わない」という理由で一瞬で元の塗装に戻してしまった(第46話)。
冷蔵庫に変な物を入れたり、生肉や生きたままの鳩を丸々食べるなど明らかに人間だとは思えず「ジェニファー」と自分を呼び間違えたジミおじさんに対して怒り狂い闇の中に引きずり込むなど、人間であるかどうか以前に生きているのかどうかすら怪しい。
ハト
鬼塚曹長をパープル牧場に拉致した鳩胸のすごい(第35話)。鬼塚曹長や家を持って運ぶほどの脅威の脚力を持つ。
松戸博士
市街地に「松戸整形クリニック」を開業している人物。
やわらか戦車達の足周りをカスタマイズするだけでは無くボディー改造も得意とし、仕事は丁寧なのにも拘らず30分で終了させる凄腕の持ち主だが、ジミおじさんのアフロ(天パ)は改造できないらしい。
頭や目を機械化しヨダレをたらした風貌や、とり憑かれたような作業振りなどいかにも「マッドサイエンティスト」然とした姿である(名前も「松戸」→「マッド」というもじりか)。
兄者曰く「仕事は丁寧」「工作技術は折り紙つき」で、レーシングカー自転車の足回りに装換されたやわらか戦車に関しては間違いなくスペックアップさせている。
兄者に耳打ちをする所から会話は出来るようだが、セリフを話すことは無い。
クロちゃん
第40話にて隣国から本土への不法侵入を行った潜水艦
鬼塚曹長が兄者とともに制裁を下した際に帰巣回路を損傷、兄者が近くの海岸に誘導、回復するまで兄者が面倒を見ることになったが、そのまま懐いてしまい兄者に飼われていた。
しかし「せっかく領海から追い出したものをわざわざ本土にご案内する馬鹿」に鬼塚曹長は頭を抱えている。
その後、コスプレイベントで敵キャラ役をしていたため、少なくとも第一空挺団には公認されている模様(第44話)。
好物は餃子(第41、42話)で、陸上でも動ける(第42話)。
第一空挺団隊員
鬼塚曹長を隊長とする、軍隊きっての斬り込み部隊「第一空挺団」の隊員たち。下記に記述されるメガネと岩田を含む数名の隊員たちは第15話で既に登場しており、第29話の技能試験を経て兄者と共に配属された。
鬼塚曹長
兄者が配属された第一空挺団の曹長で、本名は鬼塚鬼男(第43話)。
スキンヘッドに日の丸の鉢巻を巻きつけ左目に傷があるといういかつい風貌で、パラシュート無しで輸送機から落ちても平気、泳ぎで違法漁船を追い掛け回す、槍で潜水艦を刺す、自分の降下でロシア軍機を撃墜しようとするなどの強靭な身体を持つ。
性格は猪突猛進かつ愛国的で、三角諸島に隣国の違法漁船が不法侵入してきた際には、「祖国への舐め腐った挑発行為は自分個人への宣戦布告」と見なし「お上の命令なんて待ってられるか」という理由から出動命令がなくとも、兄者を無理やり連れて出動する。
また、忘年会の王様ゲームで余興のつもりのはずが、本当に3番(兄者)を北部戦線に冷凍餃子と一緒に島流しした。以上の行動に兄者ら部下を平気で巻き添えにすることから、別名「歩く暴力装置」と呼ばれている。
しかし、その一方で部下とのスキンシップを大切にしており、奇遇を装って部下と休日を共にして、その様子を『あおぞら空挺団』と言う自身のブログにつづっている。そして、1日3食カップラーメンを食わなければ生きていけない。ジミおじさんとは同じ二中の出身で、最初こそ仲が悪かったが親友になっている。ジミおじさんを北海道まで送り、ジミおじさんの救出の為に体を張るといった男気あふれる一面を持っている。
初登場時は肌は白かったが第41話で日焼けした為、その後は黒い肌で登場するようになった。
最初は加害者の面が多かったがジャニス登場以降被害者の立場も目立つようになり、[4]兄者の家に勝手に4泊も泊まりジェーンの土産の時限爆弾にやられたこともあった。
第45話では「FなるFtasy」の主人公として登場。レベル1のくせにカンストを量産して一人で敵を全滅させるなど理不尽な戦闘能力を持つ。ラスボスに対峙した時も相手に手も足も出させないまま召喚魔術の連発で倒してしまった。
第50話では航空自衛隊指揮官を殴った上で航空部隊に配備された兄者を突如連行。10円玉でロシア軍機に応戦するよう命令し、自身もタコになって撃墜しようとするがロシア軍機の機首部にお尻が刺さってしまい、体表が紫になったままロシア軍機に連れ去られていった。
第52話では援軍として登場し、53話ではコンバットナイフで缶と格闘するも返り討ちに遭う。
メガネ(名前は第29話パソコンのユーザネームより)
当初は技能テストで兄者たちの能力を検査していたが、成績最下位の兄者のパソコンのデータ改竄と脅しによって第一空挺団に配属された兄者を怒りながら見送った。
後に彼もいつの間にか第一空挺団に配属された。
よくやわらか戦車印のiPadを持ち歩いていて、役に立つ情報を調べる。
田中
第31話で話に出てきた第一空挺団の隊員で、よく地雷を踏むらしい(鬼塚曰く「田中マジック」)。因みに既婚者。
岩田
第一空挺団の隊員。顔の上半分がヘルメットでズッぽリと隠れており、ヘルメットから僅かに見える半月型の片目としゃくれが特徴。語尾に「~ッス(または「ス」)」を付ける。
第39話では休日に鬼塚曹長と一緒に遊園地に行き観覧車に乗ったが、てっぺん位の所まで行ったところで強風により観覧車の動きが4時間停止した。
第44話ではコスプレイベントにサバイバルナイフを突きつけられて強制的に参加させられた。
第48話ではファナレル症候群に感染した兄者にアメリカンサイズ(カーリングのストーンほどの大きさ)の治療薬(錠剤)を与える役割を鬼塚に任命される。しかし、兄者は岩田が錠剤を投与し姿が見えなくなった直後に吐き出し地面に埋めていた為、症状が悪化。岩田の苦労が水の泡となり、兄者の本体が宇宙空間に飛んで行ってしまった事に責任感を抱いた。
中田
北部戦線の隊員で警戒陣地の機関銃手。任務中にしめ飾りを飾ろうとしたり、愚痴をこぼす反面、寒がっている兄者に90式先輩の中に入ることを勧め、入る際にコーヒーを渡すなど心やさしいところもある。
90式先輩のことをキューマルと呼び、狂犬と例える。また「国は、戦車の頭数を減らしたがっている」から引退して戦子と弁当屋をやることを進める(第43話)。
航空自衛隊指揮官
身長が鬼塚曹長の3分の1程しかない小柄で頭頂部に1本の毛を残した年配の男。なるべく他国と角を立たないようにする事を心情とし、兄者を含むやわらか戦車隊を航空自衛隊に引き入れようとしている。
兄者には未確認機に対して「作り笑い」による忠告で立ち退くように何度も言っているが、逆にナメられる結果になっている為、兄者からはぶつけようのない怒りの矛先を向けられている。
また、第50話では自身の平和的解決の姿勢に不満を抱いている鬼塚曹長に殴られた。
防疫隊員
ガスマスクに黒い服装をしている。
第47話でファナレル症候群に罹った兄者達を主力戦車から守るために1匹残らず捕獲した。
缶総理大臣(元総理大臣)
日本の総理大臣でモデルは菅直人内閣総理大臣。愛称は「ナオたん」「イラ缶」。粛々と何かをする。レアアースより餃子のほうがいい(レアアースは食べられないから)と思っている(第42話)。
第48話で再登場し、マイクを片手にダンスをしたり、白いタキシード姿でワインを片手に取材に応じる等、ハチャメチャなキャラになっている。
第51話では物語上議員から辞任、その後は缶のコスプレをして所々で空き缶を拾っている所を兄者に目撃される。しかし逃げ足がとても速く彼以外にその姿は見られていない。
第52話では砲撃されても軽傷(口から血を流す程度)であったり、空挺団の3人をあっさり倒してしまう戦闘能力がある。空挺団の隊員を倒した後、堪忍袋の緒が切れてしまい、銃を奪って廃ビルに立て篭もり、兄者を含む第一空挺団と銃撃戦を展開することとなった。
第53話では、鬼塚曹長を近接格闘で圧倒し、第一空挺団のみならず90式先輩率いる戦車隊を含む自衛隊の大部隊と交戦状態になる。90式先輩を素手で殴り飛ばす、戦闘ヘリを落とすなど鬼神のごとく暴れまくり、ついには撤退にまで追い込んだ。
話の最後に勝手に出撃したやわらかベイべの担いだミサイルが額に直撃し、それを止めに入った兄者もろとも爆発してしまい、そこから更新停止となる。
ちなみに、更新停止が入った当初は「缶ネタを出したために菅関係者の外部圧力で停止においこまれた」と推測したファンもいたが、作者自身は否定している。
由紀山鳩夫
闘神とたたえられていた人物。缶に倒された模様。モデルは鳩山由紀夫
劉報道官
隣国の報道官でモデルは仙谷由人。三角諸島の領土、領海を自国の物だと思っている。
クロちゃんが行方不明になったことを日本による攻撃と見なし、報復措置としてレアアースを全面禁輸し輸出分を全て冷凍餃子にして強制的に送りつけた(第42話)。
デビット・ファナレル
戦車特有の感染症「ファナレル症候群」を発見した博士。

兵装(?)[編集]

いずれも一切戦闘の役には立たない。

練り物キャノン
ちくわを頭に乗せただけ。お腹をすかせた中学生に食べられてしまう。
三文判キャノン
三文判を頭に乗せただけ。住民票を取ろうとしたが朱肉を忘れ、オヤジの湿った吐息をかけられる。初登場時(第5話)には、強気になったのか珍しく五式戦車と共に突撃して判を敵戦車(の残骸)に押している。
子育てキャノン
哺乳瓶を頭に乗せただけ。ベイベのために兄者が開発した。一応、実用性は確認済み。第10話で武器を持っているやわらかベイベの姿が確認されている。なおブログには子づくりキャノンも紹介された(さすがにモザイクで伏せられている)。

用語[編集]

やわらかチタン
本作に登場する架空の金属。やわらか戦車の装甲材。金属アレルギーの心配がない安心素材である。
やわらか戦車のみならず、背負わせミサイル用のミサイルの素材として使われることもある。柔軟性と引っ張り強度は異常に高いがプリンと同じくらいにやわらかく、パパのかかとほどにも固くない。
FなるFtasy
「エフナルエフタジー」と読む。第44、45話に登場する架空のゲーム。
ファイナルファンタジーシリーズのパロディであるが、レベル1で攻撃力が9999など、本物ではありえない描写が多い。
開発はSQUISHY SOFT。
ファナレル症候群
デビッド・ファナレル博士によって発見された、戦車特有の感染症。
発症するとファナレル効果によって戦車内部に強力な斥力が発生し、砲塔部と車体部がファナれてしまい本来の戦闘能力を発揮できなくなるという病気。
悪化するとどんどんファナれていき、最終的には宇宙空間へとボディだけが進出してしまう。なお、ファナれても「履帯はそのまま地上に残り感覚も繋がっている」という摩訶不思議な病気である。
兄者が最初のキャリアとなり、その後続々とやわらか戦車達が感染。防疫局によって捕獲されていった。
後に米軍より無毒化する薬を分けてもらったのだが、サイズがアメリカンサイズでとてもやわらか戦車に飲めるサイズではなかった。

地名[編集]

日本
現在の総理は不明だが、前総理は缶。現在の日本とは違いT-72AK-47を装備する軍隊と戦争しているものの隣国に対しては弱腰である。
柔原基地
兄者達第一空挺団がある基地。47話では基地のテントにいたやわらか戦車全員がファナレル症候群に感染する事態に。
伊豆諸島沖
国籍不明機の領空侵犯が絶えない。
三角諸島
他国の違法操業が絶えなく領土問題がある諸島。モデルは尖閣諸島
北部戦線
北海道周辺だと思われる地域で、ロシア軍らしき部隊との最前線。90式戦車らが配属されていた。
隣国
中国がモデルとみられる。

バージョン違い[編集]

上記兵装以外のもので以下のバージョンが確認されている。

絆創膏装備バージョン
蚊に刺されたバージョン(以上第1話)
落ち武者バージョン
まゆげバージョン(以上第2話)
七三式戦車(サラリーマンバージョン)
サモアバージョン
サマワバージョン(以上第6話)
軽トラの鍵バージョン(第34話)
ドラゴン戦車(孫悟空バージョン)(第7話)
下半身猫バージョン
ベイベ マーチングバージョン リーダー
ベイベ マーチングバージョン トランペット
ベイベ マーチングバージョン トロンボーン
ベイベ マーチングバージョン スーザフォン
ベイベ マーチングバージョン 大太鼓(以上第8話)
セイロ蒸しバージョン
戦場銘菓 兄者焼き(以上第9話)
ボクシングコーチバージョン(第11話にて)
ビーチのあの子バージョン(波打ち際戦車ーズPVにて)

登場兵器[編集]

登場した兵器のうち、登場人物の項目に入っていない物をここに挙げる。

陸上兵器・車両[編集]

五式戦車
初登場は第1話。架空の戦車であり、公式サイトによると「要所要所で戦う戦車」らしい。
名前は旧日本陸軍の五式中戦車のようだが、それに三式中戦車四式中戦車が混ざったような形をしている。主に初期の作品に登場しており、最近の作品には登場していない。
背景としての登場がほとんどだが、第8話には退役後に大喜利の座布団運び(正確には砲撃)の仕事をしていた「山田くん」という車両も登場している(兄者曰く「旧型戦車」らしい)。
90式戦車
第22話、33話などでは、90式先輩以外の車輌も登場している。
第53話では缶元総理に対し、90式先輩を含む5両が一斉砲撃を行うも全てかわされ、3両が砲身を地面に突き刺されるという惨めな姿を晒すこととなった。
T-72
初登場は第1話。基本的に敵役を務める。
第43話で敵対勢力に1輌配備されており、90式先輩が初弾で撃破した。
M1エイブラムス
初登場は第2話。最近は出番が無い。
第14話に破壊された物が登場。
第15話では08式スナイパーガンの試射時に標的とされた。
99式自走155mmりゅう弾砲
第2話に背景として登場。
73式中型トラック
初登場は第6話。移動手段として使われることが多い。
基本的には幌付きだが、第39話には幌無しの車輌も登場している。
軽装甲機動車
第6話に登場。サマワにて高機動車の先導をしている。
高機動車
第6話に登場。サマワにてテロリストの攻撃を受け破壊される。
サマワ急便トラック
第6話に登場。サマワで営業している運送会社「サマワ急便」のトラック。車種は三菱ふそう・キャンター。サマワ急便は佐川急便のパロディと思われる。
キュベルワーゲン
「波打ち際戦車ーズ」PVに登場。ビーチに行く兄者たちが乗っている。
戦闘兵器 (仮称)
第27話にて、ジミおじさんが松戸博士によって改造された姿。名称は第28話での兄者の台詞から。砲を一門と10連装のVLSを2基装備している。ジミおじさんの体を得た子ネコに破壊された。
キャタピラはやわらか戦車の物を流用しており、そのため最初はバックしか出来なかったが、第28話ではキャタピラを後ろ前に配列され前進も出来るようになった。
形状のモデルはパシナ形機関車と思われる。
また、第45話では本車が数か所、背景として使われている。
柔交バス
第38話に登場。柔原基地近辺で運行しているバス会社「柔交通」のボンネットバス。モデルはいすゞ・BX141と思われるが、形状がデフォルメされている他、後部はトヨタ・FB80に近い物になっている。
劇中では柔原基地行きの路線が登場した。兄者曰く「戦車たちが通勤や帰省によく利用している路線」だそうで、戦車割引も存在する。
混雑時には乗車率が1000%を超える事もしばしばあるようで、兄者たちは寿司ずめになった状態で思考回路を切断して対応している。
化学防護車
第47話でファナレル症候群に罹った兄者を回収した。
高所作業車
第48話で岩田が使用した。

航空兵器[編集]

Mi-24 ハインド
第1話に登場。兄者たちを襲う蚊の群れのバックを飛んでいる。
一式陸上攻撃機
第17話にトイレ中の兄者と90式先輩の脳内イメージとして登場。
C-1
第29話で初登場。第一空挺団の足として活躍する。
第32話でなぜか垂直着陸をしている。
AH-64D
第33、53話に登場。第33話ではジャニスの家を包囲する部隊の上空に展開している。
第53話では第一空挺団の援軍として缶元総理攻撃に出動するも、少なくとも2機が撃墜されている。
UH-60J
第48話で岩田がファナレル症候群に罹った兄者に薬を飲ませるために使用した。
第53話にも登場。缶元総理が暴れまわる街の上空を飛行している。
F-15J
第49話でIRST搭載型が2機登場。第50話にも登場している。
Su-27
第49、50話に登場。伊豆諸島沖を領空侵犯した。
兄者から「ロスケー!」「ピロシキ野郎」、鬼塚から「露助」と言うシーンがあるためロシア軍機と思われる。

船舶[編集]

巡視船
第40、41話に登場。隣国の漁船に衝突されていた。
第41話に登場した船の船名は「やわら」(モデルはびざん型巡視船)。

銃火器[編集]

89式5.56mm小銃
自衛隊の標準装備として第14話より頻繁に登場している。なぜか第一空挺団も固定銃底型を装備している。
9mm自動けん銃
第29話:技能テストで兄者が使用した。
第36話:ぱーぷる牧場に拉致された鬼塚曹長が所持。
第42話:クロちゃんをなぜ飼ってるか説明させるために鬼塚曹長が兄者に突きつけた。
第43話:凍った兄者を90式先輩から外す際に中田が使用した。
5.56mm機関銃MINIMI
自衛隊の標準装備として第14話より頻繁に登場している。
AK-47
第43話で敵対勢力が所持。
PP-19 Bizon
第6話では飛行機に乗り込もうとしたテロリストが所持。第10話ではベイベが兄者に対して発砲している。
RPG-7
第6話ではゲリラが高機動車に向けて発砲、破壊した。第10話ではベイベが兄者に対して発砲している。
M1911
第6話で、飛行機に乗り込もうとしたテロリストが所持。
08式スナイパーガン
目標をロックオンすれば目標の位置情報を瞬時に解析し、情報を受け取った軌道上の衛星から支援攻撃が行われる。
また、あたためモードにすれば数キロ先の昨日の晩御飯も即座に暖めることが可能。
キャンペーン期間中は、おしゃれなキャリングケース、インクジェットプリンター、1GBメモリーカードと一緒に支給された。
第22話では兄者が90式先輩の冷めた弁当を温めるために使用した。
84mm無反動砲
第52話で、空挺団隊員が缶元総理に向けて発砲。

ストーリー[編集]

時間 内容
第一話 約1分 本編のすべてがである通称歌モノ。ファンの歌うほとんどの曲が第一話。太鼓の達人では、第一話と第二話の歌詞を連続して使用している。
第二話 約1分30秒 歌モノ。小学生に生肉をもらったりされながら飼われているものが登場。また最後には重大なお知らせとしてブログ開設を報告している。
第三話 約2分 トリオコンビが解散(長男が最初に爆破され、次に次男が爆破された)。兄者のピーナッツアレルギーが発覚。90式先輩の長い話に退却する三男に「人の話は最後まで聞けー」と怒られた。やわらか戦車のお菓子(ラレコの母がホワイトチョコレートで作ったもの)を紹介している。
第四話 約1分40秒 兄者に家族がいることが判明。子育てキャノンが登場。パパ(兄者)は家族より先に逃げ最終的にはが破壊される。
第五話 約1分 歌モノ。三文判キャノンが登場。肝心なときに朱肉を忘れてしまい市役所のオヤジに吐息をかけられる。
第六話 約6分30秒 ちょっぴり長めの超大作。サモア行きのチケットとサマワ行きチケットを間違える。兄者は大した違いは無いというが全くの大誤算。飛行機は荷物室。
第七話 約5分 ジミおじさんが転職波動の講習会に行った兄者は必殺技、「まみむめ藻」を練習。講習と見せかけて壷やDVDなどの悪徳商法にひっかかる。
第八話 3分40秒 ベイベが中心の物語。野心的なベイベ。マーチ(通称乳マーチ)を奏でながらミルクをおねだり。赤ん坊に似つかわしくない野望を言いまくる。
第九話 1分8秒 歌モノ。兄者のおいしい調理法を紹介。たこ焼きサイズのものを確認。この回の番外編(+)で足(キャタピラ)をたためて赤くなると柿に似るということも判明した。
第十話 約4分30秒 兄者は帰宅するが武装したベイベと危険な遊びをすることに。棒倒しにミサイルを使うのはやめましょう。
第十一話 5分25秒 ジミおじさんがまたも転職ボクシングを始める。この回では兄者はジェーンと試合を観戦している。おやっさんというコーチのやわらか戦車が登場する。世界戦に挑む際マウスピースを忘れたジミおじさんは、コーチのやわらか戦車を…。
第十二話 6分16秒 天ぷら売りの戦車(マッチ売りの少女のパロディ)。90式先輩を怒らせて轢かれるも復活。一応感動系らしい。の中で寝ると風邪を引きますよ。
第十三話 約1分10秒 久しぶりの歌モノでご隠居編。兄者とジェーンの老後が描かれる。[5]
第十四話 約5分16秒 戦場で増援物資を待つ分隊長・90式先輩たちのもとに現れたのは、やわらか戦車隊。兄者は猫の扱いにくさを理由に犬派に乗り換えようとする。
第十五話 約5分 部隊長となったジミおじさんにより、新型兵器・08式スナイパーガンが支給されることになった。超強力で意外と家庭的であり更にオシャレなキャリングケース付きな兵器を欲しがるやわらか戦車たち。しかしやわらか戦車たちに支給されたのは…。
第十六話 5分11秒 戦場で見ていたベイベとジェーンの写真に穴が空いてしまう。危険予知した兄者は猫のタマに連れられてジェーンのもとに向かうがその先で見たものは…。
第十七話 5分9秒 トイレで用を足していた兄者と90式先輩、しかし紙がないことに気づくと…。
第十八話 4分51秒 大晦日の日。ジミおじさんの様子がおかしい、するとジミおじさんがキャンプから出て行ってしまいその行った先は…。
第十九話 4分53秒 90式先輩が弁当売りの戦車(74式戦子)に恋をする。
第二十話 7分16秒 やわらか戦車たちが90式先輩の恋を成功させようとメール作りに励むが…。
第二十一話 4分25秒 登山訓練に励む軍隊と90式戦車と兄者。兄者が気圧で巨大化することが判明。さらに大きくなると態度がでかくなることも…。
第二十二話 5分44秒 90式戦車が戦子に初メール。土曜日にデートすることになるが…。
第二十三話 4分38秒 兄者たちが訓練で休んでいるとき、海に落ちたベイベに兄者はタイヤをなげて助けたが、逆にタイヤの重さでおぼれてしまう。それを見たみんなは何とか助けようとするが…。[6]
第二十四話 5分13秒 ベイベ1歳の記念にミサイルを買いに来た兄者一家。しかし入った店は悪徳商法をしている店であった。はたして兄者は騙されずに買うことができるのか…。
第二十五話 6分7秒 90式先輩が明後日戦子にデートをするために兄者に貸した5万円を返そうとせまるが、兄者は「男の隠れ家」にいることが判明。さっそく探しにいくが…。
第二十六話 4分24秒 兄者たちの好き嫌いを直そうと90式先輩が突然富士山のふもと青木ヶ原樹海で訓練を行うことに。「食事は蛇、蟻など自然にあるものを食べる」という条件のなかで兄者たちは食べ物を確保することができるのか。
第二十七話 4分24秒 交通調査するジミおじさんの前を改造されたやわらか戦車たちが横切っていく。不審に思ったジミおじさんがやってくる方向にむかうと…。
第二十八話 5分22秒 27話の続き。むりやり兵器に改造させられた上に、猫に自分の体をとられて不機嫌なジミおじさん。猫から体をとり返そうと策を練るが…。
第二十九話 5分6秒 今日は技能テストの日。しかし、兄者の成績は兄弟の中で一番悪かった。そこで兄者は…。
第三十話 3分38秒 空挺団がC1からダイブで戦場に突入!しかし兄者は…。
第三十一話 4分54秒 休日、鬼塚曹長の買い物に付き合うことになった兄者だが、思わぬ事態に…。
第三十二話 6分06秒 ジミおじさんに愛人「ジャニス」がいたことが判明。鬼塚曹長の後押しで10年ぶりに北海道を訪ねるが…。
第三十三話 7分13秒 32話の続き。ジャニスに拉致されたジミおじさん救出の為に出撃した90式、一方の鬼塚曹長と兄者はジャニスの家に潜入するが、そこは余りにも異様な世界だった…。
第三十四話 5分15秒 兄者が普通自動車免許を持ってる事が判明。しかし、その余りに危険な運転で鬼塚曹長は兄者を教習することに…。
第三十五話 6分17秒 33話の続き。ジミおじさん救出失敗から数ヶ月後の兄者たち。そんな中、空挺団本部宛にパープル牧場から1つの小包が…。
第三十六話 7分10秒 35話の続き。兄者とのじゃんけんに負け、ハトにパープル牧場へ連れて行かれることになった鬼塚曹長。再び悪夢の家に入ってしまった鬼塚曹長の運命は…。
第三十七話 5分25秒 誤解が解けたことで、家ごと空挺団本部近くに引っ越し、新たなスタートを切ったジミおじさんとジャニス。その一方、いつものように戦場を駆け抜けていた兄者が戦場で見つけたのは、むしろで身を包み頭を丸坊主にしたジミおじさんだった・・・・。
第三十八話 5分23秒 貴重な休暇を鬼塚曹長にぶち壊しにされて怒り心頭のジェーン。それを尻目に兄者と共にバスで陽気に本部へ帰ろうとする鬼塚曹長には恐ろしい災難が待ち受けていたのだった…。
第三十九話 5分59秒 トラックに揺られながら移動する兄者と第一空挺団の隊員たち。トラックの荷台に乗る兄者と鬼塚曹長の部下たちは、ちょっとした事から鬼塚曹長との休暇での出来事を話し始める。
第四十話 6分22秒 ぐっすりと眠っっていた兄者が目を覚ました場所は、なんと大海原のど真ん中だった。しかもキャタピラが外され、頭には細長い旗が付けられていた。困惑している中、海中から蛸に偽装(本人が頑なに主張)した鬼塚曹長が現れ、自分たちが三角諸島にいることを教えられ…。
第四十一話 7分7秒 40話の続き。本土では中国漁船が日本の巡視船に衝突する映像が流出して大騒ぎになっている中、鬼塚曹長は大量の餃子とブイにされた兄者と釣竿を持ち、ゴムボートで三角諸島沖を走り回っていた…。
第四十二話 6分53秒 41話の続き。三角諸島での衝突事件で中国と日本の国交が悪化していく中、追い打ちを掛けるかのように中国の潜水艦が日本側の攻撃で行方不明になるという事件が発生。すっかり日に焼けた鬼塚曹長は、三角諸島で仕留めたあの潜水艦の事ではないかと危機感を抱いていた。
第四十三話 7分28秒 90式が久しぶりに登場。場所は極寒の北部戦線。敵軍の接近を警戒している中、現役引退を考え始めている90式の元に、餃子と一緒に冷凍配達された兄者がやってきた。
第四十四話 6分28秒 何かを考え込む鬼塚曹長。そして意を決したかのように兄者に空挺団の隊員1人1人を連れてくるように言ったのだが…。
第四十五話 7分55秒 まさかの44話の続編。鬼塚曹長をはじめとした第一空挺団の隊員たちが、コスプレ衣装でコスプレの元ネタ風に送る番外編。合言葉は「俺、TUEEE!!!」
第四十六話 7分6秒 ジミおじさんが久しぶりの登場。ジャニスと結婚して9ヶ月になったジミおじさん。しかし、結婚してから1度もジャニスの顔を見てないという事実を知った兄者は、2人の家の中の壁の塗装を塗り替えようと提案する。
第四十七話 5分50秒 身体測定で身長が1cm伸びていた事でたった一人再検査を受ける事となった兄者。空挺団での訓練の結果だと思い込んでいたが、翌朝自分の体がとんでもない事になってしまっていた。はたしてその原因とは…!?
第四十八話 7分00秒 47話の続き。病気の悪化でどんどんファナれる兄者、特効薬が支給されるが…。
第四十九話 5分47秒 領空に国籍不明機が侵入。角の立たない穏便な解決の実現の為、何故か空を飛ぶ兄者。防空識別圏に入る前に追い返す作戦とは…?!
第五十話 6分23秒 49話の続き。前回、兄者の懸命むなしく国際不明機を取り逃がしてしまったことに腹を立てた鬼塚曹長。ある日曹長は航空自衛隊指揮官を殴り倒して兄者を連行する。連行先のサウナ店で曹長は応戦手段としてとある物を兄者に渡すのだが…。
第五十一話 5分2秒 缶総理が辞任してから3ヵ月。兄者は訓練中に缶のコスプレ姿で缶拾いをしている元総理を目撃。それ以来よく目撃するようになるが、何故か兄者以外には気づかれない。彼の目的は一体何なのか…。
第五十二話 5分42秒 51話の続き。空挺団の部下達が缶元総理を攻撃。そのことに腹を立てた元総理は部下達をなぎ倒し、銃を取り上げ廃屋に立てこもった。偶然通りかかった兄者らで謝罪に向かうも結局銃撃戦に応じることに…。
第五十三話 6分55秒 最終話。52話の続き。鬼塚曹長が援軍として廃屋に突入するも、あっけなくやられてしまう。そこで兄者は急遽増援を要請することに…[7]。尚、この回で90式が10話ぶりの登場、ジェーンとベイベが15話ぶりの登場となる。
やわらかアトム
時間 内容
第一話 3分9秒 鉄腕アトムとのコラボレーション企画第一弾。町が破壊されているのにやわらかアトムは岸和田名物だんじり祭りと勘違い。お茶のマル式先輩(90式先輩)に「馬鹿さも10万馬力」と説教。アトム以外全員キャラクターがお茶の水博士。キャラかぶりに関してやわらかアトムは「せっかくのコラボ企画なんだから…」 
第二話 3分9秒 お茶を買いにいったアトムはコップがない、みたらし団子買ってきて、こんにゃくゼリー…とパシリにされる。小型ブースターによって数百キロ離れたコンビニへの買出しも難なくこなす。ドリームジェネレーターによって夢の中… 
第三話 4分37秒 新聞購読のセールスをする巨大ロボット(やわらかプルートゥ)の行く先はアトムの家。世界中の新聞がアトムの家には届いている。巨大ロボットは巨大洗剤「柔ック」をアトムの家に乗せ、新聞購読を迫る。
第四話 暫定版 約3分 妹防衛システムが作動し布団から出たアトムだったが戦う訳ではなく購読書にサインするだけだった。巨大ロボットが去ったあと、90式先輩に主砲で吹っ飛ばされて終わる。エンディングは存在しない。
第四話 完全版 約3分 第四話には完全版と未完成の暫定版が存在し、完全版は2008年1月17日に公開された。これは「公開に合わせて体裁を作った」との事(作者自身のブログより)。内容も洗剤をサービスされたり妹防衛システムが作動する点は同じだが、暫定版とは異なり巨大ロボット(やわらかプルートゥ)を分解したりするシーンが追加されたり購読書サインが「あにじゃ」から「アトム」に変更されている。今回で巨大ロボット編は終わりとのこと。
+1(DVD1巻収録)
DVD1巻にはインターネットで公開されている作品(第1~9話)の他に、このDVDでしか見ることのできない+1が存在する。やわらかトリオ奥久慈山間部に出かけるが消息不明に。酒を飲みすぎたやわらか戦車たちが一発芸とし「」のまねをした。その後寝てしまい民家に干された。

DVD版との異なる点[編集]

ネトアニで公開されているものとDVD版にはストーリーの違いはないのだが(第8話以外)各チャプターの最後にネトアニでは公開されていない映像が数秒間出ている。

第8話の違い
第8話はネトアニで公開されているものと細かい点が違う。後、ラレコブログ「やわらか戦線異状なし」でハードディスク内の第8話をうっかり消去してしまったためウェブ版と同じものを作り直したといっている。後にネトアニ側もDVD版に差し替えた。
ウェブ版とDVD版の違いは
  • ウェブ版にある最初の柔印がDVD版にない。
  • 「家建てたい」のタイミング
  • 「成長するにつれて…」の後、六本木ヒルズ六本木ヒルズ森タワーからお金などが消えていくタイミング。
  • 「それがやわらか戦車なのです」のときの兄者の輝き。
  • 山田君の話に入る際のタイミング。
  • DVD版の山田君の話中、ベイベの目の輝きが一部無い。
  • 山田君の話の終わるタイミング。
  • やわらかマーチ終了後、列を作って乳の順番を待っているとき「最後尾」の看板が追加。
など

コラボレーション企画[編集]

YouTubeの「やわらか戦車チャンネル」という企画において、以下のアーティストとコラボレーションを行っている。

やわらかアトム[編集]

2007年10月4日、鉄腕アトムとのコラボレーション作品、『やわらかアトム』が発表された。手塚プロダクションの公認を得ている。現在7話まで公開。

アトム
キャタピラ内部にジェットエンジンを備え、その推力を用いて飛行する。パシリにされるなど、やわらか戦車が基になっているだけあって頼りない。

尚、残るキャラクターは全てお茶の水博士となっている。

関連商品[編集]

  • 書籍 - 『やわらか戦車』(ラレコ、角川ザテレビジョン、2006年、ISBN 978-4048944786
  • DVD - 『やわらか戦車 The Legend of the Yawaraka Tank』、『やわらか戦車 ~YAWARAKA TANK2~』
  • CD - 『やわらか戦車 -Reworks-』 ラレコ作曲の「波打ち際戦車ーズ」(声はkaorip)やニポポ、トンガリキッズ、サエレキテル、オイリバーサミット、太郎、TheBERICH feat.ハテナ&クエスチョンズとコラボした曲が収録。またラレコの制作した「波打ち際戦車ーズ」、浜辺のライブはアップル社の提供するサービス、iTunesで配信されている。
  • ニンテンドーDS - 『タッチで退却! やわらか戦車』(2008年、サクセス)ジャンル:パズルゲーム
  • i-phone/i-pod touch互換アプリ - 「やわらか戦車すくい」(販売業者:LAMBDA FILM K.K 2010年3月26日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ YouTubeに「やわらか戦車チャンネル」開設(INTERNET Watch、2007年9月21日)。
  2. ^ 公式ポータルサイト上では「ベイビー」となっているが「ベイベ」と呼ばれることが多い。
  3. ^ 登場当初は作者が読み方を知らなかったため「きゅうじゅっしき」と呼ばれていた。
  4. ^ これは他のキャラクターたちにも言える。
  5. ^ 因みに、歌モノはこの回が最後。
  6. ^ この回ではラレコと奥さんがひたすらうがいでしゃべる練習をしたらしい。
  7. ^ 51-53話は当初、議員を辞職して暇を持て余した缶元総理がその類稀なる戦闘センスを認められて空挺団に入団し、以後、兄者達と行動を共にするというストーリーを制作するはずだったが、52話を作るあたりで、やわらか戦車の更新終了を打診されたことを受け、90式先輩も参戦しての大退却の話に変更したとブログ内で語っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]