神無月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神無月(かんなづき、かみなしづき)は、日本における旧暦10月の異称である。今日では新暦10月の異称としても用いられる。

語源[編集]

「神無月」の語源は不詳である。有力な説として、神無月の「無・な」が「の」にあたる連体助詞「な」で「神の月」というものがあり、日本国語大辞典もこの説を採っている(後述)。

出雲大社に全国のが集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなるとという説は、中世以降の後付けで、出雲大社の御師が全国に広めた語源俗解である[1][2]高島俊男は、「「かみな月」の意味がわからなくなり、神さまがいないんだろうとこんな字をあてたのである。「大言海」は醸成月(かみなしづき)つまり新酒をつくる月の意だろうと言っている。これも憶測にすぎないが、神さまのいない月よりはマシだろう。」と評している[3]。なお、月名についての語源俗解の例としては、師走(12月)が有名である。

御師の活動がなかった沖縄県においても、旧暦10月にはどの土地でも行事や祭りを行わないため、神のいない月として「飽果十月」と呼ばれる[4]

日本国語大辞典は、語義の冒頭に、「「な」は「の」の意で、「神の月」すなわち、神祭りの月の意か。」とし、語源説として次の11説を列挙している[5]

  1. 諸神が出雲に集合し、他の地では神が不在になる月であるから〔奥義抄、名語記、日本釈名〕
  2. 諸社に祭りのない月であるからか〔徒然草、白石先生紳書〕
  3. 陰神崩御の月であるから〔世諺問答、類聚名物考〕
  4. カミナヅキ(雷無月)の意〔語意考、類聚名物考、年山紀聞〕
  5. カミナヅキ(上無月)の義〔和爾雅、類聚名物考、滑稽雑談、北窓瑣談、古今要覧稿〕
  6. カミナヅキ(神甞月)の義〔南留別志、黄昏随筆、和訓栞、日本古語大辞典=松岡静雄〕[6]
  7. 新穀で酒を醸すことから、カミナヅキ(醸成月)の義〔嚶々筆語、大言海〕
  8. カリネヅキ(刈稲月)の義〔兎園小説外集〕
  9. カはキハ(黄葉)の反。ミナは皆の意。黄葉皆月の義〔名語記〕
  10. ナにはナ(無)の意はない。神ノ月の意〔万葉集類林、東雅〕
  11. 一年を二つに分ける考え方があり、ミナヅキ(六月)に対していま一度のミナヅキ、すなわち年末に誓いミナヅキ、カミ(上)のミナヅキという意からカミナヅキと称された〔霜及び霜月=折口信夫〕

神在月[編集]

出雲に神々が集まるからという民間語源が元になって、出雲地方において、10月が神在月(あるいは神有月)と呼ばれるようになった。したがって、これも一種の民間語源である。

出雲[編集]

出雲では、出雲大社ほかいくつかの神社で旧暦10月に「神在月」の神事が行われる。

  • 旧暦10月10日の夜、記紀神話において国譲りが行われたとされる稲佐浜で、全国から参集する神々を迎える「神迎祭」が行われる。その後、旧暦10月11日から17日まで出雲大社で会議が行われるとして、その間「神在祭」が行われる。旧暦10月18日には、各地に帰る神々を見送る「神等去出祭」が出雲大社拝殿で行われる。出雲大社の荒垣内には、神々の宿舎となる「十九社」がある。この他、石見地方では多くの場合、この時期に多くの社中が神楽を舞う。
  • 日御碕神社(出雲市大社町)・朝山神社(出雲市朝山町)・万九千神社(出雲市斐川町)・神原神社(雲南市加茂町)・佐太神社(松江市鹿島町)・売豆紀神社(松江市雑賀町)・神魂神社(松江市大庭町)・多賀神社(松江市朝酌町)でも神在祭にまつわる神事が行われる。

諏訪大社[編集]

伝承によれば、かつて諏訪大社の祭神であった「諏訪明神」があまりにも大きな体であったため、それに驚いた出雲に集まった神々が、気遣って「諏訪明神に限っては、出雲にわざわざ出向かずとも良い」ということになり、神無月にも諏訪大社に神が有ることから神在月とされている。

鍵取明神[編集]

能登では、10月に神々が出雲に集っている間にも、宝達志水町志乎神社の神だけはこの地にとどまり能登を守護するという[7]。そのためこの神社は「鍵取明神」と呼ばれる。なお、志乎神社は素盞嗚尊大国主命建御名方神を祭神とするが、能登にとどまるのは建御名方神である。

飯綱山[編集]

長野県小諸市の飯縄山では、神無月に小諸や佐久地域の神々を出雲へ送る「神送り」を行った。また出雲から帰ってきた神々を迎える「神迎え」も盛大に挙行された。神送りや、神迎えの時に松明を燃やす伝統があった。その火により明治時代に火災が発生し、この行事は中断されたままになっている[8]

「神無」の解釈[編集]

平安時代には国土と諸神の母神である伊邪那美神の供養月なので行われるという記述がある。出雲大社に神が集まるのは、一般には縁結びの相談のためとされている。そのため、かつて佐渡には10月の縁談を避ける風習が、北九州では神が出雲に向かう日と帰ってくる日には未婚の男女がお籠りをする風習があった。

出雲に行くのは大国主神系の国津神だけであるという説や、天照大神を始めとする天津神も出雲に行くという説もあり、この考えと一致するような、「出雲に出向きはするが、対馬の天照神社の天照大神は、神無月に出雲に参集する諸神の最後に参上し、最初に退出する」と言う伝承もある。

出雲に祭神(さいじん)が出向いてしまっては、その地域を鎮護(ちんご)するものがいなくなるということから、「留守神」と呼ばれる留守番をする神も考え出されるようになった。一般に留守神には恵比須神が宛てられ、10月に恵比須を祀る恵比須講を行う地方もある。

鹿島神宮の祭神は、地震を起こす原因と考えられた「地中に棲む大鯰(おおなまず)」を、押さえつける「要石」を鎮護するものであり、過去に神無月に起きた大地震のいくつかは、鹿島の神が出雲に出向いて留守だったために起きたと伝承されている。

脚注[編集]

  1. ^ 神々が出雲大社に集まるためというのは、「奥儀抄」などに見える俗説(旺文社古語辞典、第8版、p.332、1994年)。
  2. ^ 神無月の字をあてるようになったのも、平安時代に入ってからだと考えられる。・・・カミナツキの意味については、新米を収穫して酒を造る月だから醸成月(かみなしづき)の意だとか、神嘗祭(かんなめのまつり)の行われる神嘗月から出ているとか諸説があるが、まだ決定できない(日常語語源辞典、p.80、東京堂出版、1992年)
  3. ^ 高島俊男、お言葉ですが・・・(7)漢字語源の筋ちがい、p.88、文藝春秋、2006年6月10日、第1刷、ISBN 4-16-759808-6
  4. ^ 『年中行事事典』 西角井正慶、東京堂出版、1958年5月23日、18頁。
  5. ^ 日本国語大辞典、第5巻、p.136、1976年5月1日発行、第1版第2刷、小学館
  6. ^ 大和田建樹 『謡曲通解』、1907年、156頁。
  7. ^ 小倉学藤島秀隆辺見じゅん 『日本の伝説12 加賀・能登の伝説』 角川書店1976年、81頁。
  8. ^ 『北佐久口碑伝説集北佐久編限定復刻版』長野県佐久市教育委員会全434中78P昭和53年11月15日発行