西角井正慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西角井 正慶(にしつのい まさよし、1900年5月22日[1] - 1971年1月22日[2])は、埼玉県生まれの国文学者民俗学者歌人としても著名で、見沼 冬男(みぬま ふゆお)のペンネームを持つ[2]折口信夫に師事し、折口信夫の五博士のうちの一人である。國學院大學教授。文学博士

西角井家は明治以前は代々、大宮氷川神社社家を務め、埼玉県大麻(おおぬさ)頒布事務所を務める名門であった[2]。父・正男は國學院大學卒業後、埼玉師範学校教諭、一時は町長も務め、さらに氷川神社禰宜から上総一宮玉前神社宮司になっていた[2]。母・佐登子は、國學院大學学長河野省三の姉[2]で、女子学習院では貞明皇后と同期であった。西角井正慶は、折口信夫より「よい星の下に生まれた人」といわれた。

略歴[編集]

1900年、埼玉県北足立郡大宮町高鼻(現・さいたま市大宮区)に生まれる。1918年、私立埼玉中学校(現・埼玉県立不動岡高等学校)卒業。1922年、國學院大學国文科卒業[2]

同年、埼玉県立浦和高等女学校(現・埼玉県立浦和第一女子高等学校)教諭となる[2]1926年、國學院大學神職養成部講師。1928年、國學院大學講師となり、1935年同大学教授。1954年から1958年まで文学部長。

1959年、国際宗教学会アジア・アフリカ・グループ日本委員会委員。1960年神道宗教学会会長。1965年折口博士記念古代研究所所長。

1948年、「日本芸能史に於ける鎮魂要素」により國學院大學から文学博士の学位を授与される[3]1967年紫綬褒章受章。

エピソード[編集]

  • 愛称は「角さん」。
  • 西角井は代々「正」の字を受け継いでいる。子供たちも、正大(長男)・正彦(次男)・正文(三男)である。ちなみに、長男の西角井正大実践女子大学教授として民俗芸能を教えた。立教大学教授・宗教学者の藤田富雄は女婿。
  • 大宮尋常小学校時代は泣き虫だったらしい。中学校時代は陸上短距離走の選手であった。
  • 民俗学や作歌を通じて折口信夫に可愛がられた。折口は西角井のためわざわざ東京女子高等学園の作歌の講師となり、後にその職を西角井に譲った。新任講師紹介の際、折口に褒められすぎて教壇から転がり落ち、女生徒たちから笑われたという。
  • 魚嫌いの肉好きで、特に生魚が苦手であった。神官にならなかったのも、神前に供える生魚で気分が悪くなるためである。ただしサンマ、塩鮭、くさやなどは口にした。晩年はマグロの赤身、鯛の刺身までは口に出来るようになった。
  • 家が茅舎であったためか、火の用心についてはうるさかった。
  • 折口の影響で「アララギ」に入会し、見沼冬男のペンネームで和歌を詠んでいる。ただし、大正7年(1918年)から大正10年(1921年)までが活動のピークで、戦争中に見沼冬男は自殺したことになり、戦後は戯れ歌しか作らなかった。ただ明治神宮の献詠歌撰者は戦後も長く務めた。

著書[編集]

  • 神楽研究』 壬生書院、1934年
  • 『神楽歌研究』 畝傍書房、1941年
  • 『村の遊び』 三国書房、1943年
  • 『祭祀概論』 神社新報社、1957年
  • 『年中行事事典』(編著) 東京堂出版、1958年
  • 『古代祭祀と文学』 中央公論社、1966年

参考文献[編集]

  • 長野甞一「学者評判記」『解釈と鑑賞』第29巻第14号 1964年12月号
  • 「西角井正慶先生略歴」『神道宗教』第65・66号 1972年1月
  • 大場磐雄「西角井正慶先生追悼 西角井正慶さんのみたまにささげる詞」『芸能』第13巻第2号 1971年2月
  • 阿部正路「西角井正慶」、『芸能』第31巻第10号、1989年、 24-26頁、 NAID 40000967004

脚注[編集]

  1. ^ 阿部正路 1989には、実際には同年5月10日に生まれた、とある。
  2. ^ a b c d e f g 阿部正路 1989
  3. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年3月2日閲覧。