大鯰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大鯰が描かれた鯰絵

大鯰(おおなまず)は、巨大なナマズの姿をした、日本伝説の生物。地下に棲み、身体を揺することで地震を引き起こすとされる。

古くは、地震を起こすのは日本列島の下に横たわる、あるいは日本列島を取り囲むだと言われていたが、江戸時代頃から、大鯰が主流になった。

鹿島神宮の祭神武甕槌大神は、大鯰を要石で押さえつけることで地震を鎮めるという。ただしこれは要石が鹿島神宮にあったことによる後代の見付で、武甕槌大神は本来は地震とも大鯰とも無関係である。

外部リンク[編集]