AMNESIA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AMNESIA
ジャンル 恋愛アドベンチャー
ゲーム
ゲームジャンル 女性向け恋愛AVG
対応機種 PlayStation Portable
PlayStation Vita
Microsoft Windows
iOSAndroidGREE
開発元 デザインファクトリー
発売元 アイディアファクトリー
キャラクターデザイン 花邑まい
メディア PSP : UMD
Windows : Steam
プレイ人数 1人
発売日 ゲームソフト
2011年8月18日
2012年3月15日(LATER)
2013年4月18日(CROWD)
2013年12月19日(V Edition)
2014年5月22日(World)
2014年10月16日
(LATER×CROWD V Edition)
2015年8月(Memories)
ゲームアプリ
2013年2月8日
2013年12月3日(LATER)
2013年12月6日(for GREE)
レイティング CEROC(15才以上対象)
アニメ
原作 アイディアファクトリー
監督 大橋誉志光
シリーズ構成 待田堂子
キャラクターデザイン 吉川真帆
音楽 出羽良彰
アニメーション制作 ブレインズ・ベース
製作 「AMNESIA」製作委員会
放送局 放送局参照
放送期間 2013年1月 - 3月
話数 全12話 + OVA
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト コンピュータゲームアニメ
ポータル ゲームアニメ

AMNESIA』(アムネシア)は、アイディアファクトリーオトメイト)より2011年8月18日に発売されたPlayStation PortablePlayStation Vita乙女ゲームファンディスクとして、2012年3月15日に『AMNESIA LATER』(アムネシア・レイター)が、2013年4月18日に『AMNESIA CROWD』(アムネシア・クラウド)が、2014年5月22日に『AMNESIA World』(アムネシア・ワールド)がそれぞれ発売された。モバイル向けとして2013年2月8日App StoreGoogle Playで『アムネシア for iOS & Android』、2013年12月6日スマートフォンGREEで『AMNESIA for GREE』が配信されている。2013年12月19日に第1作のPS Vita移植版『AMNESIA V Edition』(アムネシア ブイ エディション)が発売された。2014年10月16日にファンディスクのPS Vita移植版『AMNESIA LATER×CROWD V Edition』(アムネシア レイター×クラウド ブイ エディション)が発売された。また、海外向けにAMNESIA V EditionMicrosoft Windows版、『Amnesia: Memories』(アムネシア・メモリーズ)が2015年8月に発売される予定[1]。2013年1月から3月までテレビアニメが放送された。なお、タイトルロゴは「S」だけ反転している。

あらすじ[編集]

とある架空世界の、とある架空の国の、とある架空の街での物語。

それは8月1日のこと。 朝、目覚めた主人公は、突如として8月1日以前の記憶を『全て』失ってしまっていた……。 自分がどのような人生を送ってきたかも、周囲の人間関係もまっさら白紙の状態。

そんな彼女の目の前に現れたのは、自身を『精霊』と名乗るオリオンという少年だった。 オリオンの導きにより、記憶を取り戻すために奮闘することになる主人公。 まずは自分の日常生活から探っていこうとした矢先、彼女のものであるらしい携帯電話が着信を告げる。

――液晶画面に表示されたのは、やはり『知らない』名前だった――

名前も顔も知らない、主人公の『恋人』であるらしい『彼』との出会い。 誰を信用するべきか不明な状況で、相手に記憶喪失を悟られないよう行動する主人公。 それにより物語は複雑に絡み合っていく。

『彼』との思い出を持たない主人公は、この日から新たな恋物語を紡ぐことになる――。


世界観[編集]

並行世界に攻略キャラクターごとの世界(ハートの世界、クローバーの世界等)が存在している。基本的なキャラクター設定は共通しているが、世界によってキャラクター同士の人間関係が異なっている。太字は世界ごとの主軸となる人物。

アニメ版は#アニメ世界観を参照。

ハートの世界
シン - 幼なじみ兼恋人
イッキ - 旅行先で会った大学生
ケント - 旅行先で会った大学院生
トーマ - 幼なじみ
スペードの世界
シン - バイト先の先輩
イッキ - バイト先の先輩兼恋人
ケント - イッキの親友
トーマ - 義理の兄
クローバーの世界
シン - トーマの弟
イッキ - ケントの親友
ケント - 恋人兼主人公、サワ、ミネ達の元講師
トーマ - シンの兄
ダイヤの世界
シン - 幼なじみ
イッキ - バイト先の同僚
ケント - イッキの親友
トーマ - 幼なじみ兼偽恋人
ジョーカーの世界
シン - 幼なじみ、バイト先の同僚
イッキ - バイトの先輩
ケント - バイトの先輩
トーマ - 幼なじみ、バイト先の同僚
ウキョウ - この世界での重要人物

登場人物[編集]

主要人物[編集]

主人公(名前入力必須・デフォルト名なし)
- 名塚佳織(テレビアニメ版のみ)
心理学科の大学1年生。精霊のオリオンが彼女の精神にぶつかり、記憶喪失になってしまった。オリオンと共に記憶を取り戻そうとする。また彼から「記憶喪失になったことは隔離されかねないので、決して口外せず隠し通すように」と忠告される。しかし記憶がなくなり、自分の名前や以前の自分の性格・言動さえも分からなくなったため、常におどおどとした態度や敬語口調で接するため、周囲の人間に疑られつつも交流を深めてゆく。
シン(無愛想で一途なハート)
声 - 柿原徹也
17歳。高校3年生。予備校に通っている。11月30日生まれの射手座。A型。179cm。家族構成:父・母
主人公よりも年下だが誰に対しても無愛想で、少々ツンデレ気質。好物はメロンソーダと甘い卵焼き。嫌いな食べ物はセロリ。また犬が好き。
主人公とトーマとは幼馴染み。洞察力が高く、年上二人よりもしっかりした所もあり、甘やかすことを許さないスパルタ。
子供の頃に父親が殺人を犯し、そのことで周囲に迫害されたことから、年に不似合いな程冷めた性格をしている。しかし実際は人の賑わう場所が好きで寂しがり屋。自らが想いを寄せる主人公との家族関係を打破したいために、色々と強引にことを運ぼうとする。
カードゲームが趣味でよくトーマと一緒に対戦する。陸上部の中距離リレー走者をしていた。
イッキ(女性を惑わす魅惑のスペード)
声 - 谷山紀章
22歳。経済学科会計学の大学4年生。6月1日生まれの双子座。AB型。182cm。
好きな食べ物は家庭料理全般で特に揚げ出し豆腐が好き。嫌いな食べ物は肉の脂身。
目があった異性は誰でも恋をしている気分にさせてしまうという特殊な目を持つ。そのため外では常にサングラスをかけている。
リカとは中学からの同級生で、自分の体質に興味を持つケントとは親友。また特殊体質により多数の女性に惚れられており、ファンクラブもできている。
バイトの先輩で主人公のお試し彼氏。女性関係にだらしない所から主人公に「自惚れないで」と怒鳴られる。特異体質の所為にして誠実な男女交際を諦め、刹那的な享楽を楽しむが本当は誰よりも“真実の愛”に憧れていた。
趣味はダーツビリヤードテーブルテニス、ケントの数学パズルで、女の子と遊んでるうちに趣味になった。過去にテニス部に所属していたが、現在はビリヤード部。19歳の妹がいる。
ケント(クールで合理的なクローバー)
声 - 石田彰
25歳。数学科ドクターコースの大学院生で秀才。合理的な考え方をする。9月23日生まれの天秤座。B型。190cm。家族構成:父・母
好きな食べ物はミネストローネで、嫌いな食べ物はカニ、栗。
イッキに難易度の高い数学パズルの問題を渡して勝負をしては楽しんでいる。また理屈だけで語れない周囲の人間を観察することもある。
冷たくて機械的な台詞から主人公と対立してしまう。無自覚に主人公に恋をしていたが、それに気付いても素直になれずに嫌味な物言いをしてしまう恋愛初心者。
趣味は数学パズルの作成、観察。 部活は何も入っていなかった。
トーマ(慈愛と狂気のダイヤ)
声 - 日野聡
19歳。大学2年生。4月12日生まれの牡羊座。B型。181cm。家族構成:父・母
どの世界でも主人公とシンの兄のような存在であるが、主人公を守るための手段は選ばない。
人当たりは良いが扱いづらいタイプで、心底信用した相手にも本音は中々見せない。「主人公とシンなしでは生きられない」と言うくらい二人を大切に思っている。しかし年頃のシンからはウザイなど言われ兄離れを寂しく思っている。
主人公の記憶喪失に気付かないフリをしながらも、イッキのファンクラブからの嫌がらせから守るために「自分が彼氏だ」と嘘をつく。また常に主人公を守りたいと思っており、そのためなら手段は選ばず、主人公への想いが強すぎるあまり精神が不安定になり、常軌を逸した行動に出ることもある。
趣味はバスケットボールサイクリングインターネットテレビゲーム読書料理と多趣味。部活遍歴はサッカー部、放送部、弓道部、新聞部と何個も掛け持ちしていた。好きな動物は人間
好きな食べ物は辛いもの全般で、嫌いな食べ物は生の果物全般。
ウキョウ(謎に満ちたジョーカー)
声 - 宮田幸季
24歳。3月3日生まれの魚座。O型。185cm。
本業はカメラマンで、写真を撮ることが好き。中性的で綺麗な顔立ちをしている。ちなみに「冥土の羊」の常連客。
主人公と対の関係にあるため、同じ世界で互い的に生き続けることが出来ず、主人公と同じ世界にいるとウキョウか主人公が世界に殺されてしまう。ニールと同化してその力を借りて、主人公を助けるため様々な世界を巡っている。
様々な世界で何度も自分が死ぬ苦痛を味わった結果、裏の人格の殺人鬼が生まれてしまった。その際に裏の人格が出る時は目の周りに黒い隈が現れる。サバイバルナイフに近い武器を所持している。裏ウキョウは表ウキョウと直接会話が可能だが、表ウキョウは裏ウキョウが表に出ているときの記憶がない。
転々と様々な国に渡っているが、日本語以外は話せず、計算も苦手。判断基準が「死ぬかどうか」のため痛みや刺激物に対する反応が鈍い。
AMNESIAでは彼のルートまで攻略してやっと全ての謎が解ける本作のキーパーソン
表ウキョウの趣味は変な柄のパンツ集め、みつあみの練習、人と話すこと。裏ウキョウの趣味は掃除、洗濯、人と話すこと。部活遍歴はトライアスロン同好会、チアリーディング部、フラダンス部、サッカー部、ラクロス部、アメフト部、カバティ部、ダンス部、美術部、乗馬部、弁論部(その他15の部活に在籍)。

その他の人物[編集]

オリオン
声 - 五十嵐裕美
主人公のパートナーとなる精霊。外見年齢は10歳くらい。主人公の記憶が無くなった原因が自分にあると思っているため、記憶を取り戻す手伝いをする。姿は主人公以外には見えない。
元気で明るい性格である。記憶を取り戻すことも大切だが、それ以上に主人公が幸せに生きていけることを優先している心優しい面を持つ。
サワ
声 - 森谷里美
主人公の親友で同い年。賑やかでお喋りだが、親切で優しく頼りになる。おちょこちょいでよく寝坊をしてバイトに遅刻しそうになる。
ミネ
声 - 阿久津加菜
主人公の1つ年下で高校3年生。恋敵には素っ気無い態度だが、違うとわかると人懐っこい面を見せる。
ワカ
声 - 高橋英則
主人公達のバイト先である「冥土の羊」の店長。鬼軍曹、オネエ、無口、アサシン、若など、彼のみ世界ごとに全く性格が違う。
リカ
声 - 吉田聖子
度派手な洋服をいつも着ている女性。イッキの同級生でファンクラブ会長であり、イッキに仇なす者は容赦なく排除しようとする。スペードの世界では1人がイッキを独り占めしないように付き合う期間が3ヶ月の取り決めを作り、毎日イッキとの過ごした時間を詳らかに綴った日報の提出を義務付けている。ダイヤの世界ではメンバーの行き過ぎた行動がイッキに知られ彼女共々主人公に対し謝罪した。ジョーカーの世界のみ主人公の親友。
イッキのファンクラブのメンバー
声 - 鳴海杏子飯塚麻結丸塚香奈
主人公に対し冷たく態度をとる女性達。場合によっては容赦なく陰湿な虐めを行うこともある。特に青い髪の女性は高圧的でリーダー的な存在。ダイヤの世界では主人公を虐める彼女達にトーマから恨まれていたが、後に彼女の過激な行動はイッキやリカに知られ主人公に対し謝罪することになる。
ルカ
声 - 細谷佳正
ニール
声 - 吉田聖子
オリオンや精霊の創造主。人の願いを叶えることで力を得ている。生きている主人公に会いたいと思うウキョウの願いを叶えるためにウキョウと同化し、様々な世界を移動している。
アニメでは主人公が死ぬことに耐えられなくなったウキョウの苦悩を感じ取ったニールは応急処置として、主人公を他の世界へ飛ばしたが、主人公の精神体だけで飛ばすのが精一杯だったため力のコントロールを失ってしまい、結果主人公は様々な世界を巡ることとなった。終盤で主人公がウキョウの願いを叶えたおかげで力を取り戻し主人公の記憶を戻した。姿は天空に輝く光の精神体その者で、言葉を話す際にはオリオンを通じ会話する。

関連商品[編集]

CD[編集]

ドラマCD
  • 「AMNESIA」ドラマCD 〜冥土の国のアムネシア〜(2011年9月28日)
  • 「AMNESIA」ドラマCD 〜AMNESIA OF THE DEAD〜(2012年4月18日)
キャラクターCD
  • アムネシア キャラクターCD シン&トーマ(2012年7月4日)
  • アムネシア キャラクターCD イッキ&ケント(2012年8月1日)
  • アムネシア キャラクターCD ウキョウ&オリオン(2012年9月5日)
  • AMNESIA CROWD キャラクターCD シン&トーマ(2013年6月26日)
  • AMNESIA CROWD キャラクターCD イッキ&ケント(2013年7月31日)
  • AMNESIA CROWD キャラクターCD ウキョウ&オリオン(2013年8月28日)
TVアニメ
  • 「AMNESIA」ドラマCD ~嵐の山荘にて~(2013年2月27日)
  • 「AMNESIA」 ドラマCD ~ひとつ隣のアムネシア~(2013年4月24日)
音楽CD
  • AMNESIA オリジナルサウンドトラック(2011年8月24日)
  • AMNESIA SONG COLLECTION 「Remember」(2012年5月23日)
  • AMNESIA CROWD サウンドトラック PLUS (2013年4月24日)

書籍[編集]

  • アムネシア公式ビジュアルファンブック(2011年9月30日)
  • AMNESIA コミックアンソロジー(2012年1月25日)
  • オトメイトマガジン- アムネシア ストーリーブック 上巻・下巻(2012年3月31日)
  • アムネシア 名言集 - CD付き(2012年4月20日)
  • アムネシア レイター 名言集 - CD付き(2012年6月)
  • アムネシア レイター 公式ビジュアルファンブック(2012年7月2日)
  • B's-LOG COMICS「AMNESIA 1st part」(2012年9月1日)
  • B's-LOG COMICS「AMNESIA 2nd part」(2012年11月1日)
  • B's-LOG COMICS「AMNESIA LATER」(2013年3月1日)
  • B's-LOG COMICS「AMNESIA JOKER」(2013年6月1日)
  • B's-LOG COMICS「AMNESIA CROWD」(2013年7月1日)
  • 小説「AMNESIA SHIN Ver.」(2013年5月27日)

アプリ[編集]

主題歌[編集]

AMNESIA
オープニングテーマ「AWAKE UPPER REGION Ver」
作詞・作曲・歌 - 砂月 / 編曲 - 万葉
エンディングテーマ「SYMPATHY」
作詞・作曲・歌 - 砂月 / 編曲 - Shinri Fukui
AMNESIA LATER
オープニングテーマ「始まりの記憶
作詞 - rino / 作曲・編曲 - 安瀬聖 / 歌 - 織田かおり
エンディングテーマ「永遠の一秒」
作詞 - rino / 作曲 - 増谷賢 / 編曲 - 戸田章世 / 歌 - 織田かおり
AMNESIA CROWD
オープニングテーマ「暁のバタフライ
作詞 - rino / 作曲・編曲 - 東タカゴー / 歌 - 織田かおり
エンディングテーマ「君と愛になる」
作詞・作曲 - rino / 編曲 - chokix
エンディングテーマ「君と一緒に」
作詞・作曲 - rino / 編曲 - chokix / 歌 - mao
AMNESIA V Edition
オープニングテーマ「Reverberation」
作詞 - rino / 作曲・編曲 - MANYO / 歌 - 織田かおり
エンディングテーマ「深愛なる物語」
作詞 - rino / 作曲・編曲 - MANYO / 歌 - 織田かおり

テレビアニメ[編集]

2013年1月から3月まで、TOKYO MXほかにて放送された。

スタッフ[編集]

主題歌(アニメ)[編集]

オープニングテーマ「Zoetrope
作詞・歌 - やなぎなぎ / 作曲・編曲 - 齋藤真也
第12話では未使用。
エンディングテーマ
Recall」(第1話 - 第11話)
作詞 - 川田まみ / 作曲・編曲 - 井内舞子 / 歌 - Ray
星々の渡り鳥」(第12話、OVA)
作詞・歌 - やなぎなぎ / 作曲・編曲 - 齋藤真也

各話リスト[編集]

話数 絵コンテ 演出 作画監督
I 大橋誉志光 小坂春女 吉川真帆
II 本橋秀之
III 今掛勇
大橋誉志光
江副仁美 たむらかずひこ
IV 今掛勇 松本健太郎
V 松尾衡 島崎奈々子 小林利充
VI 吉田りさこ たむらかずひこ、廣實愛
VII 後藤圭二 菅原静貴 保戸木知恵、重本和佳子
松本健太郎
VIII 今掛勇 城所聖明 郷津春奈、沓沢洋子
山田裕子
IX 江副仁美 たむらかずひこ、廣實愛
熊田明子
X 今掛勇
大橋誉志光
ふじいたかふみ 松本健太郎、保戸木知恵
廣實愛、たむらかずひこ
吉川真帆
XI 大橋誉志光 吉田りさこ たむらかずひこ、松岡秀明
廣實愛、郷津春奈
XII 大橋誉志光 吉川真帆、松本健太郎
たむらかずひこ、廣實愛
XIII[2] 大橋誉志光 松本マサユキ 吉川真帆、松岡秀明

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本全域 AT-X 2013年1月7日 - 3月25日 月曜 23:30 - 24:00 アニメ専門CS放送 製作委員会参加
リピート放送あり
東京都 TOKYO MX 2013年1月8日 - 3月26日 火曜 24:30 - 25:00 独立局
兵庫県 サンテレビ 火曜 24:35 - 25:05
京都府 KBS京都 火曜 25:00 - 25:30
神奈川県 tvk 火曜 25:30 - 26:00
愛知県 テレビ愛知 火曜 25:35 - 26:05 テレビ東京系列
日本全域 BS11 2013年1月9日 - 3月27日 水曜 24:00 - 24:30 BS放送 ANIME+
GyaO! 水曜 25:00 更新 ネット配信 最新話1週間無料
ニコニコ生放送 水曜 25:00 - 25:30 無料配信
ニコニコチャンネル 水曜 25:30 更新 最新話1週間無料
バンダイチャンネル 2013年1月10日 - 3月28日 木曜 12:00 更新
ShowTime
ビデオマーケット 2013年1月16日 - 4月3日 水曜 25:00 更新
アニメイトTV 2013年1月22日 - 4月9日 火曜 12:00 更新

アニメ世界観[編集]

原作ゲーム版とテレビアニメ版の設定が異なっている場合がある。

最初の世界
ハートの世界に来る前の世界で、主人公が記憶喪失直後オリオンと出会う。
シン - 幼なじみ、バイト先の同僚
イッキ - バイトの先輩
ケント - バイトの先輩
トーマ - 幼なじみ、バイト先の同僚
サワ - バイト先の同僚
ミネ - バイト先の後輩
ハートの世界
シン - 幼なじみ兼恋人
イッキ - 本人未登場、旅行先で会った大学生
ケント - 本人未登場、旅行先で会った大学院生
トーマ - 幼なじみ、バイト先の同僚
サワ - バイト先の同僚
ミネ - バイト先の後輩
スペードの世界
イッキ - バイト先の先輩兼恋人
ケント - イッキの親友
サワ - 主人公の親友、冥土の羊の客
ミネ - バイト先の後輩
クローバーの世界
ケント - 恋人
サワ - バイト先の同僚
ダイヤの世界
シン - 幼なじみ
イッキ - バイト先の先輩、トーマの親友
トーマ - 幼なじみ兼偽恋人、冥土の羊の元従業員
サワ - バイト先の同僚
ジョーカーの世界
シン - バイト先の同僚
イッキ - バイト先の先輩
ケント - バイト先の先輩
トーマ - バイト先の同僚
サワ - バイト先の同僚
ミネ - バイト先の後輩
ウキョウ - 恋人、ワカの友人

Blu-ray / DVD[編集]

巻数 発売日 収録話 規格品番
BD初回版 BD通常版 DVD初回版 DVD通常版
1 2013年3月27日 第1話 - 第2話 GNXA-1501 GNXA-1511 GNBA-2081 GNBA-2091
2 2013年4月24日 第3話 - 第4話 GNXA-1502 GNXA-1512 GNBA-2082 GNBA-2092
3 2013年5月29日 第5話 - 第6話 GNXA-1503 GNXA-1513 GNBA-2083 GNBA-2093
4 2013年6月26日 第7話 - 第8話 GNXA-1504 GNXA-1514 GNBA-2084 GNBA-2094
5 2013年7月31日 第9話 - 第10話 GNXA-1505 GNXA-1515 GNBA-2085 GNBA-2095
6 2013年9月25日 第11話 - 第12話 GNXA-1506 GNXA-1516 GNBA-2086 GNBA-2096

関連項目[編集]

  • パウリ効果 作中で主人公がパウリ効果を持っているように言われたことから、主人公の名前の設定されていない不便さもあって、ファンの一部からパウリちゃんのニックネームで呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ AMNESIA™: MEMORIES BRINGS THE LOVE TO PLAYSTATION®VITA AND STEAM THIS AUGUST! (PDF)”. Idea Factory International (2015年4月16日). 2015年8月2日閲覧。
  2. ^ アニメイト限定全巻連動購入特典DVD収録。エピソード「1日目 ダーツDAY」「2日目 プラネタリウムDAY」「3日目 アニマルDAY」「4日目 着ぐるみDAY」「5日目 メガネDAY」「最終日 サプライズDAY」

外部リンク[編集]