海老川兼武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海老川 兼武(えびかわ かねたけ、1973年12月28日[1] - )は日本メカニックデザイナー

経歴[ソースを編集]

1980年代のロボットアニメの影響で、メカニックデザイナーになりたいと考えるようになる[1]アマチュア時代には『月刊少年エース』(角川書店)で連載されていた漫画「機動戦士クロスボーン・ガンダム」のメカデザインコンテストに応募したデザインがエレゴレラとして採用されたことがある[2]

就職時期はPlayStationが発売されたころであり、ゲームの映像表現の幅が広がったという印象を受け、この分野でデザインの需要が伸びると考えて[2]ゲーム業界に入るために就職活動をしていた[1]。そんな中でアニメーション制作会社GONZOのアルバイト募集情報を見つける[1]。メカニックデザインの募集ではなかったが、総合的なデザインを学べると考えて入社する[1]。GONZOでの初仕事は、セガサターン用ゲーム『LUNAR ザ・シルバースター』のムービーのデジタルでの色塗りであった[2]

メカニックデザインの初仕事は1998年のOVA『青の6号[1]。2004年前後にGONZOを離れてフリーとなる[1]。独立後はモニターデザインも兼任していたが、モニターの仕事の収入がメカデザインを上回っていた時期があり、そのころはモニターだけでやっていこうとも考えていた[3]。だが『機動戦士ガンダム00』のメカデザインコンペが通ったことで、仕事の方向性が大きく変わることとなり、以降は「ガンダム」が仕事のメインとなる[3]

主な作品[ソースを編集]

アニメ[ソースを編集]

ゲーム[ソースを編集]

  • ダライアスバースト(2009年、オリジンシルバーホークを除く各シルバーホークのプレイヤーサイドメカデザイン、および一部のエネミーサイドメカデザイン)
    • ダライアスバースト アナザークロニクル(2010年、オリジンシルバーホーク、セカンドシルバーホーク、外伝シルバーホーク、ジェネシスシルバーホークを除く各シルバーホークのプレイヤーサイドメカデザイン、および一部のエネミーサイドメカデザイン)
    • ダライアスバースト セカンドプロローグ(2012年、オリジンシルバーホークを除く各シルバーホークのプレイヤーサイドメカデザイン、および一部のエネミーサイドメカデザイン)
    • ダライアスバースト クロニクルセイバーズ(2016年、オリジンシルバーホーク、セカンドシルバーホーク、外伝シルバーホーク、ジェネシスシルバーホークを除く各シルバーホークのプレイヤーサイドメカデザイン、および一部のエネミーサイドメカデザイン)

小説[ソースを編集]

漫画[ソースを編集]

デザイン集[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g 『海老川兼武デザインワークス』217頁。
  2. ^ a b c 『海老川兼武デザインワークス』218頁。
  3. ^ a b 『海老川兼武デザインワークス』221頁。

外部リンク[ソースを編集]