アクションベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アクションベースは、バンダイより販売されているプラモデル用のスタンド(組み立てキット)である。 多くのガンプラに対応する他、同社が販売するキャラクタープラモデルに対応する。

特徴[編集]

主にガンプラなどのバンダイ製キャラクタープラモデルに対応した組み立て式のスタンド。アクションベース発売後のバンダイ製プラモデルの多くはアクションベースに対応している。数種類の接続パーツにより、多くのキットに対応可能であり、高さ、角度の細かな調節が可能。特別仕様のものを除き、同じ種類のアクションベースは連結可能。さらにアクションベース4と5はベース部分に共通パーツを使用しており相互に連結可能。

アクションベース1・3・4はガンプラの標準的な1/100サイズ(全高18cm程度)、アクションベース2・5は標準的な1/144サイズ(全高13cm程度)にそれぞれ適している。サイズ差を気にしなければ大は小を兼ね、アクションベース1・3・4は1/144サイズにも十分対応する。

発売に至る経緯[編集]

2005年5月発売の「SEED HG グフイグナイテッド(ハイネ・ヴェステンフルス専用機)」に簡易なスタンド(ランナーには「ベース1 (BA1)」と刻印)が付属。劇中のポーズや飛行状態でディスプレイでき、その後のSEED HGやHGUCの一部商品にも付属し、商品もそれに対応するようになっていた。「ベース1」は近年発売のHGキット全般(股間の接続穴が丸いもの)にも対応する。HGUCでは「アッシマー」と「ガブスレイ」に専用のディスプレイスタンドが付属し、その後のHGUCの一部商品(接続穴が長方形のもの)が対応するようになっていた。

2005年7月発売の「1/100 デスティニーガンダム」の初回特典として「マスターグレード ウイングガンダムゼロ(エンドレスワルツ版)」に付属していたディスプレイスタンド(ランナーに「ベース2 (BA2)」と刻印を追加)と専用接続パーツが封入された。この初回特典の封入は「1/100 ストライクフリーダムガンダム」と「1/100 インフィニットジャスティスガンダム」(後者は専用接続パーツ無しでディスプレイスタンドを使用可能)でも行われた。

2006年6月に発売された「1/100 レジェンドガンダム」の初回限定特典の「スペシャル台座」(ランナーには「ベース3 (BA3)」の刻印)は多数のパーツにより可動部分が多く、高さや角度の細かな調節が可能なものであった。2006年11月、「スペシャル台座」に汎用の接続パーツを加え「アクションベース1」として発売された。

2007年6月には「アクションベース2」が発売された(ランナーには「ベース4 (BA4)」の刻印)。

「アクションベース」発売以降も、その商品専用のディスプレイスタンドや「ベース1」が付属している新商品も発売されている。

2010年8月の「キャラホビ2010」において限定販売された「HG ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクション+スペシャルアクションベース」及び「HG アイズガンダム タイプ ダーク+スペシャルアクションベース」付属の「スペシャルアクションベース」は、2011年3月にシート等を加え「アクションベース3」として発売された(ランナーには (BA8) の刻印)。

2017年12月、アクションベース4およびアクションベース5が発売された。ネジ止めがなくなり組み立てにドライバー不要となった。

商品一覧[編集]

アクションベース1[編集]

製品記載の対応モデル
SD BB戦士、1/144スケールモデル、HG、1/100スケールモデル、MG、RE/100、R3、マクロスF(専用)
その他対応モデル
ガンプラ(U.C. HARD GRAPH)、コードギアス、ヱヴァンゲリヲン新劇場版、超時空要塞マクロス、メカニックコレクション、デジモンリブート、宇宙戦艦ヤマト2199、装甲騎兵ボトムズ(ラウンドムーバー)、マクロスΔ
  • アクションベース1 ブラック(2006年11月)
  • アクションベース1 グレー(2007年2月)
  • アクションベース1 ホワイト(2007年3月)
  • アクションベース1 シャア・アズナブルカラー(2007年5月)
  • アクションベース1 クリア(2007年10月)
  • アクションベース1 スパークル クリアグリーン(2008年8月)
  • アクションベース1 ソレスタルビーイングVer.(2008年12月) - 専用台座
  • アクションベース1 シナンジュVer.(2009年1月)
  • アクションベース1 ユニコーンガンダムVer.(2009年1月)
  • アクションベース1 マクロスF(フロンティア)S.M.S Ver. (2009年2月) - 専用台座
  • アクションベース1 機動戦士ガンダム連邦軍Ver.(2009年4月) - 専用台座[1]
  • アクションベース1 機動戦士ガンダムジオン軍Ver.(2009年4月) - 専用台座[1]

アクションベース2[編集]

製品記載の対応モデル
HG、1/144スケールモデル、SD BB戦士、FG、RG
その他対応モデル
ガンプラ(AG)、EXモデル、コードギアス、ワンピース 偉大なる船コレクション、ダンボール戦機、Figure-rise 6、ノブナガ・ザ・フール、マジンボーン、STAR WARS、フィギュアライズスタンダード、フィギュアライズメカニクス
  • アクションベース2 ブラック(2007年6月)
  • アクションベース2 グレー(2007年7月)
  • アクションベース2 アクアブルー(2007年8月)
  • アクションベース2 スパークル クリアグリーン(2008年2月)
  • アクションベース2 スパークル クリアレッド(2008年4月)

アクションベース3[編集]

  • アクションベース3 ブラック(2011年3月)

アクションベース4[編集]

製品記載の対応モデル
1/100スケールモデル、MG、RE/100、1/144スケールモデル、HG、RG
  • アクションベース4 ブラック(2017年12月)
  • アクションベース4 クリア(2017年12月)

アクションベース5[編集]

製品記載の対応モデル
1/144スケールモデル、HG、RG、1/100スケールモデル、MG、RE/100
  • アクションベース5 ブラック(2017年12月)
  • アクションベース5 クリア(2017年12月)

限定モデル[編集]

  • アクションベース1 シルバー(2007年)
    ショップ限定プレゼント品。以後のキャンペーンの景品等にも採用。
  • アクションベース1 メタリックグレー(2008年)
    ショップ限定プレゼント品。以後のキャンペーンの景品等にも採用。
  • アクションベース2 ジオンカラー(2008年)
    アクションベース2ジオンカラー ゲットキャンペーン当選品。以後のキャンペーンの景品等にも採用。
  • アクションベース1 機動戦士ガンダム連邦軍Ver. ゴールドメッキVer.(2011年3月)
  • アクションベース1 機動戦士ガンダムジオン軍Ver. ゴールドメッキVer.(2011年3月)
  • アクションベース3 スモーククリアVer.(2011年3月)
    以上3点、クラブMG ポイントサービス景品。
  • アクションベース3 ガンメタリック Ver.(2011年)
    プロショップコンテスト景品。
  • アクションベース3 メモリアルクリアVer.(2014年10月)
    ガンダムユニコーン ガンプラ×Blu-ray・DVD連動キャンペーン当選品。
  • MG ガンダムアストレイブルーフレームD用 ドラグーンフォーメーションベース(2014年11月)
    アクションベース1(ネイビークリア)とアーム類のセット。プレミアムバンダイ限定販売。

ガンダムベース限定[編集]

  • アクションベース1 [ブルー](2017年8月)
  • アクションベース2 [ブルー](2017年8月)
  • アクションベース4 [トリコロールカラー](2018年4月)
  • アクションベース5 [ユニコーンカラー](2018年4月)
ガンダムベース限定景品
  • アクションベース1 機動戦士ガンダム 連邦軍Ver.[メタリック](2017年)

その他のモデル[編集]

  • スペシャル台座(乳白色)(2006年6月)
    1/100 レジェンドガンダムの初回生産分に初回限定特典として付属。
  • アクションベース1 限定色(クリアブルー)(2006年12月)
    MG ストライクフリーダムガンダム フルバーストモードに付属。
  • ディスプレイ台座(クリアブルー)(2008年7月)
    MGファーストガンダムキャンペーンで販売のMG「ジム」「ガンキャノン」にアクションベース1の台座部分のみ付属。
  • ディスプレイ台座(クリアグリーン)(2008年7月)
    MGファーストガンダムキャンペーンで販売のMG「シャア専用ザク Ver.2.0」「MS-06J ザク Ver.2.0」「グフ」「ドム」「シャア専用ズゴック」「ズゴック」「アッガイ」「ギャン」にアクションベース1の台座部分のみ付属。
  • アクションベース1 ソレスタルビーイングVer. 限定色(クリアグリーン)(2008年12月)
    1/100 ダブルオーライザーに付属。
  • アクションベース2 限定色(ブルー)(2009年10月)
    MG ガンダムアストレイブルーフレームセカンドリバイに付属。タクティカルアームズIIのディスプレイ用に一部パーツを新造。
  • アクションベース2 限定色(レッド)(2010年2月)
    MG ガンダムアストレイレッドフレーム改に付属。「MG ガンダムアストレイブルーフレームセカンドリバイ」付属の物の色違い。
  • HG ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクション+スペシャルアクションベース(2010年8月)
  • HG アイズガンダム タイプ ダーク+スペシャルアクションベース(2010年8月)
    以上2点、スペシャルアクションベースがセット。「キャラホビ2010」にて限定販売。
  • MG ダブルオークアンタ(2010年11月)
    アクションベース2ブラックが付属。バスターソード/バスターライフルのディスプレイ用に一部パーツを新造。
  • HG フォーエバーガンダム GPB-Dカラー ミシマ・サキver.+アクションベース3 ブルー
  • HG ビギニング30ガンダム GPB-Jカラー クリアIFSver.+アクションベース3 レッド
    以上2点、アクションベース3のスペシャルカラー版がセット。「キャラホビ2011」にて限定販売。
  • RG デスティニーガンダム用 拡張エフェクトユニット"光の翼"(2013年5月)
  • RG ストライクフリーダムガンダム用 拡張エフェクトユニット"天空の翼"(2013年11月)
    以上2点、アクションベース2ブラックスモーククリアが付属。プレミアムバンダイ限定販売。

周辺商品[編集]

ライトニングベース[編集]

アクションベース1と連結可能。

  • ライトニングベース プレートタイプ レッドVer.(2009年12月)
  • ライトニングベース プレートタイプ グリーンVer.(2009年12月)
  • ライトニングベース プレートタイプ ブルーVer.(2009年12月)

フィギュアライズバスト[編集]

ガンダム、マクロスΔなど、一部モデルはアクションベース1、2と連結可能。

ガンプラについての詳細は「ガンプラの一覧#フィギュアライズバスト」を参照。

関連商品[編集]

  • エイジデバイスプラモデル(2011年)
    ガンダムAGE』劇中アイテムのプラモデル。パーツの組み換えによって「デバイスベース」として簡易的なアクションベースのように使うことができる。
    グレー成型のものとクリアverが次世代ワールドホビーフェアをはじめとするイベント限定でそれぞれ配布された。
  • ゼータガンダムヘッドディスプレイ(2012年11月)
    ガンダムエース』2013年1月号の付録。RG Ζガンダムの発売に合わせたもので、1/48の胸像風のものに接続アームが付いている。
  • HGBC GPベース(2013年11月)
    ガンダムビルドファイターズ』劇中アイテムのプラモデル。パーツの組み換えによって簡易的なアクションベースのように使えるほか、MG向けLEDユニットの組み込みやトライエイジカードの収納にも対応している。
  • キャラスタンドプレート(2015年 - )
    機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の組み立て式商品で六角形の台座にキャラクターが描かれている。スタンドパーツが付属し、HGサイズのガンプラと一緒に飾ることができる。

情報源[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b アーム部分の一部パーツを新造・差し替え。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]