ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラブライブ!シリーズ > ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
ジャンル アイドル学園青春音楽
アニメ
原作 矢立肇
原案 公野櫻子
監督 河村智之
シリーズ構成 田中仁
キャラクターデザイン 横田拓己
音楽 遠藤ナオキ
アニメーション制作 サンライズ
製作 2020 プロジェクトラブライブ!
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2020年10月 -
インターネットラジオ:ラブライブ!虹ヶ咲学園
〜お昼休み放送室〜
愛称 がさらじ
配信期間 2018年6月21日 - 2020年2月6日
配信サイト HiBiKi Radio Station
配信日 隔週木曜日
配信形式 ストリーミング
パーソナリティ 久保田未夢楠木ともり田中ちえ美
日替わりメンバー
提供
  • 2013プロジェクトラブライブ!
  • 2017プロジェクトラブライブ!
  • サンシャイン!!
  • KLabGames
  • サンライズ
  • ブシロード
インターネットラジオ:ラブライブ!虹ヶ咲学園
〜おはよう放送室〜
愛称 がさらじ
配信期間 2020年2月20日 -
配信サイト HiBiKi Radio Station
配信日 隔週木曜日
配信形式 ストリーミング
パーソナリティ 前田佳織里鬼頭明里楠木ともり
提供
  • プロジェクトラブライブ!
  • 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
  • KLabGames
  • サンライズ
  • ブシロード
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』(ラブライブ!にじがさきがくえんスクールアイドルどうこうかい)は、KADOKAWAアスキー・メディアワークスブランド)、ランティスバンダイナムコアーツ)、サンライズの3社によるプロジェクト「ラブライブ!シリーズ」の第3作[注釈 1]

概要[編集]

架空の学校・虹ヶ咲学園を舞台に活動するスクールアイドルたち「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」(ニジガク)を主人公としたシリーズ第3作。原案は引き続き公野櫻子が担当しているが、テレビアニメの主要スタッフは全面交代している[1]他、ノベルの担当も公野ではなく犬井楡となっている。

元々は2017年3月末に発表された『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』の4周年記念プロジェクト「パーフェクトドリームプロジェクト(PDP)」の一環でスクールアイドル「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」が生まれ、アプリゲーム『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』の前哨として展開していたが、同作はあくまでラブライブ!シリーズのオールスター作品であり、ニジガクの単独作品ではなかった。

2017年から2018年にかけては、雑誌ではなくウェブ上のゲームメディア「ファミ通App」「電撃オンライン」、そしてスクフェス公式サイトの3媒体での連載を行なっていた。一方で、過去の作品のようなPV付シングルなどは製作されず、アルバムのみ、PVはフルCGの「TOKIMEKI Runners」のみであった。2019年9月、発表から2年余りを経て、『スクスタ』がリリースされた。

その後、2019年12月14日及び15日に開催された1stライブ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 First Live “with You”」にてニジガク単独のテレビアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の製作が発表され、これを機に同じタイトルで、『スクスタ』に依らない単独展開が始まった。2020年7月には、テレビアニメ版のスタッフによる、初のアニメーションPV付シングル「無敵級*ビリーバー」をリリース。同年10月よりテレビアニメが放送となった。

過去2作同様に実在の地域を舞台としており、本作は東京都江東区を中心とした舞台に選ばれ、同好会のメンバーが通う虹ヶ咲学園のモデルは東京国際展示場となっている。

また、シリーズ初の試みとして、グループとしての名前はなくメンバー全員がソロアイドルとして個人活動していることや[注釈 2]、プロジェクト発表時点に公開された9人から新たに1人加わり、メンバー総数が10人であることが挙げられる。

ストーリー[編集]

東京・お台場にある、自由な校風と専攻の多様さで人気の高校「虹ヶ咲学園」。各分野で活躍する人材が集まる中、「スクールアイドル同好会」に所属するメンバーもNo.1スクールアイドルを目指しながら時には仲間となり、時にはライバルとして日々活動している。

登場人物[編集]

主に基礎設定、複数のメディアで共通する設定を記述する。各メディア固有の設定は別途記述する。特記ない限り、付記された声優はテレビアニメにおける担当を指す。

虹ヶ咲学園[編集]

東京都江東区のお台場にあるかなり広大な学校、専攻の多様さの他にも部活動に力を入れており、いくつかの部活は全国大会に出場するほどの強豪校でもある。制服では夏服はスカートの色が黒にブラウスが水色となり、他に指定のベストが存在するが主要メンバーは様々な色のカーディガンやベスト、パーカーを着用しており、冬服は黒色ブレザーの下に白のブラウス、スカートは白にグレーのラインが入ったものを着用している。リボンはリボンタイのものを使用しており、1年生が山吹色でリボンの端が緑。2年生が赤色でリボンの端が青。3年生が緑でリボンの端がオレンジとなり、夏服時にはそれを淡い色合いにしたものになっている。 また、中等部と高等部が存在し、全校生徒にタブレットを配給している。 過去のラブライブ!シリーズ作品の舞台となった国立音ノ木坂学院及び浦の星女学院と異なり、廃校の危機に瀕してはいない。

校舎モデルは「東京国際展示場」である。

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会[編集]

全メディアに登場。本作の主人公グループ。

虹ヶ咲学園に存在する部活のひとつ。基本的にグループではなく個人で活動しており、No.1スクールアイドルという夢を目指して、時にライバルとして、時に仲間として活動中している。例外的に2人や3人、4人のユニットとして活動するときもあるが[注釈 3]、現時点では漫画「にじよん 〜ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 よんこま〜」以外では明確な模写はない。

グループ活動が主であるμ'sAqoursと異なり、アイドル活動に必要な作業(衣装制作、作詞作曲、振り付け考案など)において明確な役割分担をしておらず、各々が自分の活動に必要な作業をすべて担当している。ただしメンバーごとに得意・不得意があるため、他のメンバーに意見を求めることはある。

『スクスタ』では主人公である「あなた」がμ'sとAqoursの合同ライブに感銘して同好会を訪れるが、そこに居たのは中須かすみ1人だけであり、5人[注釈 4]いた部員がいなくなったために生徒会長である中川菜々に部員が10人集まらなければ廃部を宣告するという所から始まる。「あなた」が音楽科所属であることから、メンバーの持ち歌は基本的に「あなた」が作曲することが多い。本項では物語開始時点で同好会に所属していた5人を便宜上「初期メンバー」と表記する。

テレビアニメでは、せつ菜のソロライブを見てスクールアイドルに興味を持った侑と歩夢が同好会を訪れるが、菜々から同好会が廃部になったことを告げられ、それでも独自に活動を始めるところから始まる。「あなた」=高咲侑が普通科所属であり、また侑の入部前から持ち歌(「CHASE!」)が存在すること、楽曲製作の描写のないうちに楽曲が披露されていることから、作曲を誰が行なっているかは不明。『スクスタ』と異なり、一度廃部となっているため、廃部した同好会を便宜上「初代」と表記する。

各メンバーの血液型、身長、スリーサイズ、誕生日、ライブカラーは虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会#メンバー基本データ一覧の項に記述。「スクフェス」とは『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』を、「電撃版」「ファミ通App版」「スクフェス版」とは『スクスタ』のプロジェクト内で展開した漫画版を指す。

あなた
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の一員であり、ファン(読者)の代替存在。『スクスタ』のキャッチコピーが「あなたと叶える物語」であるため、便宜上こう呼ばれる。
上原歩夢の幼馴染であり、彼女がスクールアイドル活動を始めるきっかけとなった。それ以外の設定はメディアごとで異なり、メディアによっては名前や性別も不明。
高咲 侑(たかさき ゆう)
声 - 矢野妃菜喜
テレビアニメ版および小説版の主人公。
高校2年生。普通科に所属[注釈 5]。アニメにおいての「あなた」。上原歩夢の幼馴染でありスクールアイドルが大好き。「ときめき(ときめく、ときめかない)」で物事を評価するところがあり、ときめきのない高校生活を送る中、せつ菜のライブを見てスクールアイドルにときめき、歩夢の誘いでスクールアイドル活動に関わるようになるが、あくまでサポートであり、スクールアイドルになるつもりはない。
歩夢によれば笑いに関しては赤ちゃんレベルとのことで、愛のダジャレ連発にはお腹を抱えて笑い転げるほど。
名前は公募企画によって決められた。詳細は#「あなた」の名前を教えて! TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」What’s “your name”?を参照。
『スクスタ』における「あなた」
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS#虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会を参照。
上原 歩夢(うえはら あゆむ)
声 - 大西亜玖璃
高校2年生。一人称は「私」。セミショートヘアの横髪を団子状に編んでおり、左側頭部に花のヘアピン、耳には蝶リボンの形をしたピアスをつけている。同級生と下級生メンバーを「ちゃん」付け、上級生メンバーを「さん」付けで呼ぶ。
何に対しても真面目に取り組む努力家であり、ファンを喜ばせるための努力は惜しまない。心を落ち着かせる時はゆっくり深呼吸をする。
スクスタ
大切な親友である「あなた」から「スクールアイドルをしませんか」と誘われ、スクールアイドル同好会に入部した。何の取り柄もない地味な自分がスクールアイドルをしているのは「あなた」のためであると歩夢自身も思っていたが、「あなた」との喧嘩をきっかけにアイドル活動から一時離れたことにより、自身の想いとしてスクールアイドル活動が好きであることに気づく。またキズナエピソードでは、自分を卑下するような発言が多かったが、ファンの気持ちを素直に受け止め、前向きに自分の魅力を捉えるようになった。
にじよん
「コツコツ系スクールアイドル」という肩書。
ファミ通版
主人公。かなり砕けた性格をしており、かすみにも負けず劣らずの腹黒い一面も見られる。普段は真面目だが、スイッチが入ると突拍子もないボケを連発する癖があり、他の二人からツッコまれている。自己紹介で失敗した時にとっさに小島よしおのモノマネをしたことがある。しかしこれらの所業は悪霊が憑依していたことで行っていたようであり、通りすがりの巫女さんに除霊してもらった後は過度な行動はほとんどしなくなった。サスケというヘビを飼っており、サスケはぬいぐるみとしてグッズ化された他、アニメやMVにも登場している。また、政府から火星への有人飛行のメンバーに抜擢され、火星に向かうことになった。このエピソードが非常に強い印象を残したためか、歩夢のコールアンドレスポンスは宇宙から帰還する内容となっている。
アニメ
普通科に所属。ピンクやフリルなどが好きだが、そういうものを使う年齢ではないと使用を避けていた。だが侑がスクールアイドルを好きになったことをきっかけに、その気持ちを彼女に打ち明け、スクールアイドル活動を始める。1話で侑から「あゆぴょん」とふざけて呼ばれ、2話でかすみから「アイドルらしい自己紹介」として「あゆぴょん」と名乗ることを強要されたことから、そう呼ばれることがトラウマとなり、4話にて愛から「あゆぴょん」に呼ばれると「『ぴょん』はやめて」と怯えて耳を塞いでしまった。
中須 かすみ(なかす かすみ)
声 - 相良茉優
高校1年生。普通科に所属。一人称は「かすみ」または「かすみん」。セミショートヘアに、星形のヘアピンをつけている。「かすかす」「かす子」と呼ばれることがあるが、それらは自身では可愛くないと思っているために嫌がり、「かすみん」と訂正している。一方で、同級生メンバーを名前の最初2文字に「子」を付けた「○○子」というあだ名で呼び、上級生メンバーを「先輩」付けで呼んでいる。
スクールアイドルへの想いは人一倍強く、世界で一番自分が可愛いと思っている。その想いが強すぎるゆえに他のメンバーにイタズラをしかける腹黒い一面があるが、大抵失敗している。コッペパンを作るのが得意であり日課。勉強は苦手で、各メディアでその描写が見られる。
スクスタ
同好会の初期メンバーの一人で、諸事情で他のメンバーが来なくなってしまったため、廃部の危機からたった一人で部室を守っていた。
誰よりも「かわいい」を追求しており、これに関しては負けず嫌いで誰にも譲りたくないとしている。歩夢や愛のファンクラブが作られたことを期に自らも「マジカル☆かすみんキャッスル」を結成。愛の提案でファンのことを「キャス民」と呼んでいる。結成当初は思うように会員数が伸びなかったが、ファンに向けた「ワンダーランド」の披露やコッペパンを交えた交流、そしてこれまで自身が明かさなかった素顔という一面を新曲「Margaret」と共にさらけ出すことで、ついにファンクラブ入会数が増え始めた。
にじよん
「腹黒系スクールアイドル」という肩書だったが後に「小悪魔系」となった。イタズラが特に好きだが、殆どの場合は自分に返ってきたり困惑する展開になる、逆に相手に喜ばれるなどの結果で終わる。
電撃版
主人公。ことあるごとに怪文書を送ったり、コッペパンを仕込んだりといたずらを仕掛けようするが、大抵は失敗して自らにバチが当たることが多い。
アニメ
『スクスタ』と違い、制服着用時に髪飾りをつけていない(ただし、練習着着用時の三角形のヘアピンは『スクスタ』と共通)。
初代同好会メンバーの一人。せつ菜、しずく、彼方、エマと同好会を結成するが、「大好き」「情熱」を優先するせつ菜と衝突、なし崩しで活動休止になってしまったうちに、同好会が廃部になってしまう。それを生徒会の横暴と考え、自分一人で同好会を存続させようとしたところに侑・歩夢と出会う。アイドル活動を始めたばかりの歩夢に先輩アイドルとして指導するが、意図せずにせつ菜と同じようなことを言っていることに気づき、思い悩む。それを侑に打ち明けたところ、「目指す方向性が同じでなくてもいい」と言われ、他者に自分のやり方を強いるのではなく、自分が自分のやりたいことをやればいいと思い直す。
桜坂 しずく(おうさか しずく)
声 - 前田佳織里
高校1年生。国際交流学科に所属。一人称は「私」。後ろでまとめたロングヘアに赤いリボンを付けており、練習着では黄色いリボンをつけている。メンバーを「さん」付けで呼んでいる。
元々、2013年に『スクフェス』の転入生の一人として登場したキャラクターで、ゲーム内の人気投票により、本作にも登場することとなったが、別人という設定。
虹ヶ咲学園に編入してきたばかりで演劇部と掛け持ち。演劇部の先輩からの誘いもあって、芝居の稽古になればいいとスクールアイドル同好会に入部した。演劇への情熱は強く、一度語りだすと止まらなくなる。愛犬「オフィーリア」の話になると饒舌になる親バカぶりを見せている。運動神経はあるが、球技は苦手としている。
スクフェス
青藍高校から音ノ木坂学院に転入した転入生の一人。
スクフェス版
主人公。自由な行動が多い彼方とエマに対するツッコミ役。
青藍高校から虹ヶ咲学園に転入。入学間もなく学校を変えていることがネタにされている。
にじよん
「後輩系スクールアイドル」という肩書。
スクスタ
同好会の初期メンバーの一人。演劇部での活動が忙しくなったため、同好会に顔を出すことができず、そのため同好会をやめたと誤解された。
アニメ
初代同好会メンバーの一人。同好会が廃部になってしまったことに戸惑いを感じながらも、演劇部の活動もあり、復活には寄与できなかったが、復活後は再入部し、スクールアイドルを続ける。発声は練習でコーチを務められるほどに特化している。
朝香 果林(あさか かりん)
声 - 久保田未夢
高校3年生。ライフデザイン学科に所属し、デザイン関連を専攻している。地方出身で、学園の寮に住んでいる。一人称は「私」。高校生とは思えないほどの抜群のルックスとプロポーションの持ち主で、胸元にはオリオン座の三連星に似た3つのホクロがある。同級生メンバーと2年生メンバーを敬称略、1年生メンバーを「ちゃん」付けで呼んでいる。
性格も情熱的で大人びており、セクシーかつ色香を匂わせる言動で他のメンバーを戸惑わせることもある。一方で、可愛い物好き、負けず嫌い、勉強が苦手、方向音痴といった一面もある。
将来はモデルになることを目指しており、現在も雑誌の読者モデルもしているため美容やストレッチなどの知識もあり、他のスクールアイドルに指南することもある。洋服のコーディネートが得意で、他のメンバーの衣装デザインを手伝うこともある。
スクスタ
「あなた」に誘われ、セクシーな衣装を自由に着ることを条件に同好会に入った。過去に読者モデルの活動において、熱が入り過ぎてトラブルとなったため、アイドル活動においてもSNSやファンクラブというものを敬遠していたが、「あなた」の説得で改めて開始し、成功する。メインストーリーにて絵里と対決したことから、彼女をライバル視している節がある。
にじよん
「セクシーお姉さん系スクールアイドル」という肩書。下級生二人のまとめ役というポジション。
アニメ
『スクスタ』における色香を匂わせる言動や先輩らしい面倒見の良い振る舞いはなく、物静かでクールかつ、他者に対して冷酷とも取れる発言をしつつも本心は相手のことを思っているというキャタクターに変更されている。
エマの転入当初からの友人として、廃部となったスクールアイドル同好会の復活に協力しその中でスクールアイドルに興味を持つも、入部に関しては雑誌モデルの仕事上断っている。そんな心情を悟ったエマの説得によりスクールアイドル同好会へ入部した。9話では、自身を含めたニジガクメンバーが遥と姫乃に音楽フェスイベント「ダイバーフェス」に招かれるも、時間の都合上一人しか出演できないことからメンバーが互いに遠慮し合っていることを指摘。その意見で思い直したメンバーたちとの合議の結果、自身が代表として出演することになるが、バックステージで緊張してしまった。だが「ライバルだが、同時に励まし合える仲間である」というニジガクメンバーの声かけにより緊張を払拭し、ステージを成功させた。
宮下 愛(みやした あい)
声 - 村上奈津実
高校2年生。一人称は「アタシ」または「愛さん」。メンバーに対しては、歩夢、果林、しずくは敬称略で、果林を呼ぶ時の表記が「カリン」となる、せつ菜を「せっつー」、彼方を「カナちゃん」、エマを「エマっち」、かすみを「かすみん」、璃奈を「りなりー」、栞子を「しおってぃー」と呼んでおり、特に璃奈とは親しい関係にある。
セミショートヘアの髪に白い花の髪飾りをつけ、制服のリボンの首元を緩めに結ぶ、派手な私服とギャル系を思わせる見た目とは裏腹に、人情味にあふれた面倒見のいい性格の持ち主で、コミュニケーション能力も高く、勉学の成績もよく運動もこなす。おばあちゃん子であり、その影響もあってぬか漬けが好物。ダジャレが得意であり、ことあるごとに「ダジャレ100連発」をしようとする。スクスタとアニメでは、実家は門前仲町でもんじゃ焼き屋「もんじゃ みやした」を営む。
スクスタ
実家では自身も従業員として手伝う事もある。おばあちゃん譲りの和食派で料理もでき、近所の「川本美里」という病弱な女性を小さい頃から姉のように慕っており、彼女を励ますためにダジャレを身に付けた。バレンタインデーとは縁がなくホワイトデーにプレゼントを貰ったことがない、雷が苦手でおへそを隠すなど意外な面も併せ持つ。
様々なことを「楽しむ」ために決まった部へ所属することは控えていたが、歩夢の勧誘と「あなた」の強い説得で、スクールアイドルの楽しさを自ら見出していくこととなり、初ソロライブをきっかけに更なる楽しみを求めてゆく。その中で姉・美里や「あなた」のサポート等もあって、ファンクラブ「愛トモ」が誕生しファンのために「友&愛」を作曲してライブを開催。美里が通う病院にも馴染んでいたことから患者を元気づけるため新曲「楽しいの天才」を病院で披露し、自身の目指すスクールアイドル像は「みんなを元気にしてあげること」であると確信した。
璃奈のために璃奈ちゃんボードのアイデアを考え出すなど彼女の助けも行う。
実家のもんじゃ焼き店のモデルとなった老舗もんじゃ焼き店「三久」は、ファンの活動で後発的に公式が聖地巡礼地と認定している[2]
にじよん
「ガチギャル系スクールアイドル」という肩書だったが後に「スマイル系」となった。3人の中では比較的常識人であり、歩夢のボケに対してツッコミを入れている。こちらでも雷は苦手。
アニメ
『スクスタ』と異なり、三つ編みや髪飾りがなく、ポニーテールの位置が高い。
情報処理学科に所属。侑を「ゆうゆ」と呼ぶ。元々スクールアイドルに興味は無かったが、第3話終盤のせつ菜のライブを観ていた人々の観戦に触発されその後すぐに璃奈と共にスクールアイドル同好会に入部。復活したばかりのスクールアイドル同好会が引き続き抱えていた方向性の問題について自身が「楽しさ」を求めたいと発したことから他の部員も納得。部員各々の趣向がバラバラであることからも入部時点で見抜いており、ソロライブという選択肢について初代同好会メンバーが悩む中で、自らもソロを行うにあたりこれまでに経験のない自分一人だけの正解について悩むが、エマとの会話を介し「自分も誰かも楽しめること」という答えに行きつく。その後、レインボー公園にて歌唱、公園にいた子供や親たちの歓声を受けながら、メンバーのソロライブへの不安を断ち切った。また、璃奈がライブの練習をする中で率先して彼女のサポートをしている。
多くの体育会系部活動で助っ人をしていることから「部室棟のヒーロー」として有名な他、学校で孤立していた璃奈に話しかけ瞬時に関係を築いて以降は親交が深い。
近江 彼方(このえ かなた)
声 - 鬼頭明里
高校3年生。ライフデザイン学科に所属、専攻内容は主に料理。一人称は「彼方ちゃん」。他のメンバーのことも「ちゃん」付けで呼んでいる。制服のリボンの首元を緩めに結び、更にリボンの下の部分の左右の長さが違い、模様のある向かって右側のリボンが長い。
元々、2013年に『スクフェス』の転入生の一人として登場したキャラクターで、ゲーム内の人気投票により、本作にも登場することとなったが、別人という設定。
遥(はるか)という妹がおり、妹に褒められるためにスクールアイドル同好会に入部した。常に眠そうにしており、保健委員だからという理由で、場所を問わず寝てしまうことが多く、枕を携行していることが多い。
スクフェス
妹の遥とともに、東雲学院から音ノ木坂学院に転入した転入生の一人。
スクフェス版
いつでもどこでも布団にくるまっている。
東雲学院から虹ヶ咲学園に転入。東雲に通う妹が大好き、かつ高校3年生であるのに学校を変えていることがネタにされている。
スクスタ
特待生であり、これによる学費免除で家計に貢献している。学校では寝ていることが多いが、帰宅すると特待生を維持するため勉強に励んでいる。家庭でも料理をしており、東雲学院に通う遥に毎日弁当を持たせているが、自立を決意した遥に、ある日を境に弁当を断られてしまいショックに陥ったことも。
にじよん
「甘えん坊お姉さん系スクールアイドル」という肩書。1年生のしずくに世話をされることがあり、彼女の愛犬である「オフィーリア」に間違われたことも。こちらでも居眠りすることが多い。
アニメ
眠そうにしている理由が『スクスタ』の設定に加え家計を助ける理由でアルバイトも掛け持ちしているという設定が追加された。
初代同好会のメンバーの一人。同好会が廃部になってしまったことに戸惑いを感じながらも、復活には寄与できなかったが、復活後は再入部し、スクールアイドルを続ける。
身体が硬い方で長座体前屈では殆ど倒すことができずにいた。
優木 せつ菜(ゆうき せつな)
声 - 楠木ともり
高校2年生。普通科に所属。一人称は「私」。メンバーを「さん」付けで呼び、相手の年齢に関わらず丁寧語で話す。
他校からも期待のスクールアイドルとして注目されており、あまりの多忙ゆえに「校内で彼女を目撃したものはいない」と噂されている。また、制服姿の全員集合イラストでも彼女だけ常にステージ衣装を着ているなど、謎の多い人物。アニメやゲームなどのサブカルチャーが好きな反面、家庭的な方面への能力が低く、料理は作る気はあるが壊滅的に下手であり、実際に食べた歩夢が意識を失うほどで、他のメンバーは無かった事にするかの様に誤魔化している。
スクスタ
その正体は、虹ヶ咲学園の生徒会長・中川 菜々(なかがわ なな)で、「優木 せつ菜」はスクールアイドル活動をするための芸名。学校内では「生徒会長モード」と「スクールアイドルモード」を切り替えており、「生徒会長モード」時はメガネをかけて髪の毛を三つ編みの姿、「スクールアイドルモード」時はコンタクトレンズを使って長い髪を下ろしており、同好会メンバーもせつ菜と生徒会長が同一人物であることに気付いていなかった。虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の初期メンバー5人のうちの1人で、彼女の強い思いから部内の雰囲気に軋轢が生じ、それに耐えられなくなったせつ菜が同好会を去ってしまったことで、廃部寸前に陥る原因となってしまった。その後、歩夢の親友の強い思いに感銘を受けて生徒会長として同好会の再建を託し、それが果たされると自ら正体を明かし、9人目のメンバーとして再び同好会に加入した。
にじよん
「????系スクールアイドル」という肩書。一点の曇りもない素直な性格で、二人を大切な親友だと思っている。かすみのいたずらにも素直に付き合っているが、内容によってはツッコミを入れることもある。
アニメ
こちらのメディアでも、正体は生徒会長の中川菜々。かすみ、しずく、彼方、エマとともに同好会を作るが、全国大会「ラブライブ!」に向けて「大好き」を伝えることを優先するあまり、「可愛い」を信条とするかすみと衝突し、自身の「大好き」がメンバーの「大好き」を否定してしまっていることに気づき、グループお披露目ライブに一人でパフォーマンスしたあと、退部した。その後、生徒会長・中川菜々として同好会を廃部扱いにするが、果林によって菜々=せつ菜だと看破される。侑・歩夢の入部により同好会が再出発するも、自らが加われば再び衝突を招いてしまうと関わらないつもりでいたが、侑の説得で再入部する。
エマ・ヴェルデ (Emma Verde)
声 - 指出毬亜
スイスからの留学生であり転校生。高校3年生。国際交流学科に所属。学園の寮に住んでいる。一人称は「私」。メンバーを「ちゃん」付けで呼んでいる。「チャオ」や「ボーノ」など日本人にとってはイタリア語として馴染み深いフレーズを使う。
元々、2013年に『スクフェス』の転入生の一人として登場したキャラクターで、ゲーム内の人気投票により、本作にも登場することとなったが、別人という設定。
幼少期をスイスの大自然に囲まれて育ったこともあり、山や森といった自然のものを愛している。趣味も温泉、森林浴、川遊びと、自然と戯れることが大好きで、特に地元にいるヤギのネーヴェを溺愛する。好物はパンの耳で、本人曰く「日本のパンの耳、ふかふかでとってもボーノ」であるとの事。スイスで弟や妹の世話をしていた事から、メンバーを優しく褒める、同じく寮に住んでいる果林を朝起こしたり部屋の片付けをするなど、世話焼きで母親的な一面があり、メンバーから「エママ」と呼ばれる事がある。
スクフェス
Y.G.国際学院から音ノ木坂学院に転入した転入生の一人。登場当初の名前は「エマ」のみだったが、担当声優発表時にフルネームが公開され、それ以降はスクフェス内のカードもフルネームでの表記に変更された。
スクフェス版
Y.G.国際学院から虹ヶ咲学園に転入。元々スイスから来たという設定も相まって、高校生活のうちに何度も学校を変えていることがネタにされている。
スクスタ
初期メンバー5人のうちの1人で、スイスに一時帰国していたため、同好会をやめたと誤解された。元々、スイスにいた頃にスクールアイドルの動画を見て、自身もスクールアイドルになりたいと思い、日本へ来た。キズナエピソードでは、憧れのスクールアイドルの後輩である夏川マイから、彼女が先輩から受け継いだ(エマ自身がスイスにいた頃に聞いた)曲「哀温ノ詩」を持ち歌として使うことを認められる。
にじよん
「純粋系スクールアイドル」という肩書。日本語に疎く、ネット用語の変な言葉を覚える、せつ菜からは漫画やアニメのセリフ、愛からはダジャレ混じりの妙な日本語を教わる。自身もダジャレを言うことはできる。メンバーを膝枕で寝かせることが多い。
アニメ
『スクスタ』を含めた他のメディアでは鼻のあたりにあるそばかすが、アニメでは頬あたりにある。
初代同好会のメンバーの一人。同好会が廃部になってしまったことに戸惑いを感じ、転入時からの親友である果林に相談し、同好会復活のきっかけの一つを作る。復活後は、変わらず部員として入部する。同好会のサポートをしてくれる果林を幾度も同好会に勧誘するが断られてしまう。彼女がスクールアイドルに興味を持っていることに気づくと、彼女の前で歌唱をすることで同好会への入部を後押しし、結果的に果林は自らの意志で同好会に入部した。
天王寺 璃奈(てんのうじ りな)
声 - 田中ちえ美
高校1年生。情報処理学科に所属。一人称は「私」。中等部から進学してきた。オリジナルのアプリを作るなど、機械やITに強い。同級生メンバーを「ちゃん」付け、上級生メンバーを「さん」付けで呼んでいる。
感情を表情に出すのを苦手としており、愛と一緒に作った「璃奈ちゃんボード」と呼ばれるボードで常に顔を隠し、様々な表情が描かれたボードを切り替えることでコミュニケーションを行っている[注釈 6]。このため、ポケットには常にボードに表情を描くためのペン(髪の色と同じ色のもの)を入れている。また、ライブ時は電光モニターが付いたヘッドセット「オートエモーションコンバート璃奈ちゃんボード」を着用している。その素顔は一切不明だが、いつかは素顔を見せてコミュニケーションをしたいと思っている[注釈 7]
にじよん
「顔出しNG系スクールアイドル」という肩書。歩夢と仲が良く、ことあるごとに意気投合している。顔出しNGのインパクトが強いためか、他のメンバーに「璃奈ちゃんボード」を使われてモノマネされたことがある。
スクスタ
「あなた」と出会った時点で、既に「璃奈ちゃんボード」を使用している。
愛と関わることが多く、璃奈ちゃんボードも愛が考案したもので、昼食を一緒にとることも多い。その一方で両親は共働きで璃奈と接することがほとんどなく、家庭内での寂しさから感情を表に出すことができなくなってしまった。
様々な機能を持つ最新式ネコ型ロボット「アラン」を所有している他、機械に強く様々な道具・アプリを作れたり修理することができる。
アニメ
常に顔を隠している『スクスタ』と違い、1話の物語開始時から素顔を出して行動し、璃奈ちゃんボードを使い始めた後もほとんど顔を出している。
幼い頃から素顔では感情を表すことを苦手としている[注釈 8]。それ故にクラスメイトと上手く接することができなかった中で、初めて出会った愛が隔たりなく自身に対して親密に接してくれたことで、一緒に遊びにいくような関係となった。家はマンション。学園内で愛と共に猫の「はんぺん」の世話をしている。せつ菜のソロライブを観た愛がスクールアイドルを始めてみたいと発言したことを受け、自身もスクールアイドルの道へ踏み込むことを決意した。自分のライブをしたいと思い同好会の仲間と共に練習を重ねていくが、自分の感情を顔に出せないことを自覚すると登校を拒否し自宅に籠ってしまう。しかし、自身をよく知る愛や同好会の仲間が欠点を肯定してくれたことで立ち直り、ライブは成功を収めた。
パソコン関係に強く、同好会ではPVや宣伝映像の加工を引き受けている。一方、身体はかなり硬めで上半身を前方へ倒すことができないが、愛の助言を期に徐々に身体が柔らかくなっている。
三船 栞子(みふね しおりこ)
声 - 小泉萌香(スクスタ)
高校1年生。『スクスタ』やボイスドラマ以外での登場がないため、詳細は「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS#虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」を参照。

虹ヶ咲学園の関係者[編集]

演劇部部長
声 - 小山百代
テレビアニメに登場。
高校3年生。しずくが所属している演劇部の部長。しずくに対して容赦なく駄目出しする。
テレビアニメ8話では仮面を付けたしずくに扮していた。
色葉(いろは)、今日子(きょうこ)、浅希(あさき)
声 - 若井友希(色葉)、桑原由気(今日子)、川井田夏海(浅希)
テレビアニメに登場。
璃奈たちの同級生かつ友人達。黒髪で眼鏡の女子が色葉、右の髪をくくった茶髪のサイドテールの女子が今日子、黄土色のロングヘアで長身の女子が浅希。
璃奈がスクールアイドル活動をしていることを知り、応援する。
はんぺん
声 - 麦穂あんな
スクスタ、テレビアニメに登場。
学園内に棲みつく白猫。
アニメでは愛と璃奈が保護している。菜々に捕獲されかけるが、2人の説得により「生徒会お散歩役員」に就任する形で学園内での保護が認められた。
なお、声優の麦穂はアニメ第1作ではアルパカ役、第2作ではしいたけ(主人公家が飼育する犬)役と動物役で出演している。

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の親族[編集]

近江 遥(このえ はるか)
声 - 本渡楓
スクフェス、スクスタ、テレビアニメに登場。
彼方の妹。
東雲学院に在籍している高校1年生。姉の妹好き同様彼女も姉好きであり、彼女もスクールアイドルである。
スクフェス
東雲学院から音ノ木坂学院に転入した転入生の一人。姉の彼方も一緒に転入している。
スクスタ
彼方のキズナエピソードで登場。後にメインストーリーにも登場した。
彼方が特待生維持のために夜遅くまで勉強しながら朝早くに姉妹2人分のお弁当も作っていることに気づき、姉の負担を減らすべく自立を決意しお弁当は自分で用意すると言うが、すれ違いから逆に彼方がショックを受けてしまうが後に和解する。
ちなみに『スクスタ』に限りスクールアイドルであるという明確な模写がない。
アニメ
第7話以降に登場。東雲学院の生徒でありスクールアイドル部に所属、侑曰く「東雲学院で注目度No.1のスクールアイドル」でありネットで「期待の1年生」と言われているとのこと。彼方がスクールアイドル以外にも家庭での家事やアルバイト、そして奨学金のための勉強と無茶をしていることから学校で倒れているのではないかと思い見学と装い姉の視察に行くも、練習後のお茶会で寝てしまった姉を心配し、「自分のことより姉がやりたいことを全力でやってほしい」との思いでスクールアイドルを辞めて姉の負担を減らそうとすることを決意するが、彼方も同じ理由でスクールアイドルを辞めてほしくないとすれ違いを起こしてしまう。しかし、彼方自身も考えてることは同じだと気づき姉妹で家庭を支え合おうという提案と彼女自身が妹がスクールアイドルをするのも夢の一つだと語り、スクールアイドルを辞めることを撤回した。第9話では、姫乃とともにニジガクメンバーを音楽フェスイベント「ダイバーフェス」に出演者として誘い、自身も東雲のメンバーとともにステージに立った。

東雲学院[編集]

スクフェス、テレビアニメに登場。

スクフェスでは、転入生として登場する9人のスクールアイドルが元々通っていた学校として、名前のみ登場する。

テレビアニメでは、東京都内にある学校として、第7話から登場。スクールアイドル部が存在し、前述の9人のうち彼方を除く8人が所属、劇中のゲーマーズでグッズが販売されるほどの人気がある。劇中には全員が登場するが、本項では台詞のある3人のみ記載する。他の5人についてはラブライブ! スクールアイドルフェスティバル#東雲学院(しののめがくいん)を参照。

近江 遥(このえ はるか)
#虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の親族を参照。
クリスティーナ (Christina)
声 - 石見舞菜香
イタリア・トレント出身の修道女。
テレビアニメ
スクールアイドル部に所属するスクールアイドルの一人。
支倉 かさね(はせくら かさね)
声 - 千本木彩花
衣装作りが好きだが、服を着る側になるという新境地開拓のためにスクールアイドルとなった。
テレビアニメ
スクールアイドル部に所属するスクールアイドルの一人。

藤黄学園[編集]

スクフェス、テレビアニメに登場。

スクフェスでは、転入生として登場する9人のスクールアイドルが元々通っていた学校として、名前のみ登場する。

テレビアニメでは、生徒が複数の回に登場。スクールアイドル部が存在し、前述の9人が所属、劇中のゲーマーズにてグッズが販売されているほどの人気がある。本項では前述の9人の内、台詞のある2人のみ記載する。他の7人についてはラブライブ! スクールアイドルフェスティバル#藤黄学園(とうおうがくえん)を参照。

紫藤 美咲(しどう みさき)
声 - 本宮佳奈
ビリヤード好きの女の子。
テレビアニメ
スクールアイドル部に所属するスクールアイドルの一人。第8話にて、姫乃とともに演劇イベントを見に来た生徒の一人として登場。第9話にも登場し、姫乃や他のメンバーと共にステージに立つ。
綾小路 姫乃(あやのこうじ ひめの)
声 - 日岡なつみ
華道部との掛け持ちでアイドル活動をしている。写真撮影が好き。
テレビアニメ
スクールアイドル部に所属するスクールアイドルの一人。第5話にて、同じ部の白瀬小雪とともにスクールアイドル雑誌の表紙に登場。第8話にて、美咲とともに演劇イベントを見に来た生徒の一人として登場。第9話では音楽フェスイベント「ダイバーフェス」に、前話におけるしずくの演劇を見たことをきっかけにニジガクメンバーを誘ったが、その真の理由はモデル時代から好きだった果林のパフォーマンスを見たかったためだった。

読者参加企画[編集]

過去のラブライブ!シリーズ作品と同様に、公募・投票企画を多数実施している。本作は雑誌(電撃G's magazine・ラブライブ!デイズ)が主媒体ではなく、各企画もウェブでの告知・投稿・発表が主となるが、便宜上「読者参加」と表記する。

ユニット[編集]

本作品に登場するスクールアイドルグループ・ユニットのうち、各2人、3人、4人で構成されるユニット「DiverDiva(ダイバーディーヴァ)」「A・ZU・NA(アズナ)」「QU4RTZ(クオーツ)」のユニット名は、いずれもユーザーからの公募で決定されている他、ユニットのメンバー構成は製作側が提示した9つの構成案から、、ユーザーによる投票で最多得票のものが選ばれている(下表参照)。各グループ・ユニットのメンバー構成や発表楽曲は、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」を参照。

ユニット名 グループ(ユニット)名考案者 ユニット名決定時期 ユニット名募集時期 選出方法 メンバー構成投票時期
DiverDiva 非公開 2019年6月28日[3] 一次選考:2019年5月1日 - 締切日不明[4]
二次選考:2019年6月1日 - 10日[5]
一次選考:G's編集部による選考
二次選考:ファン投票
一次選考:2019年2月1日 - 3月1日[6]
二次選考:2019年3月30日 - 4月15日[7]
A・ZU・NA 非公開
QU4RTZ 非公開

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 マンスリーランキング[編集]

虹ヶ咲の特徴として、毎月「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 マンスリーランキング」と称した投票企画が実施されていた。1〜3位に選ばれたキャラクターは、以下のご褒美が与えられる[8]

2017年7月度 - 2017年12月度
メンバーからのスペシャルメッセージが掲載される
2018年1月度 - 2018年12月度
描き下ろしの4コマ漫画が公式サイトに掲載される
2019年1月度 - 2019年12月度
メンバーからのスペシャルメッセージ(1位はボイス付き)が掲載される
  • 企画展開上の、ヒロインのポジションなどについて、表形式で述べる。空欄は発表なし。なお企画開催時に未登場及び未所属の三船栞子については、投票対象外であった。
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 マンスリーランキング
ヒロイン 上原歩夢 中須かすみ 桜坂しずく 朝香果林 宮下愛 近江彼方 優木せつ菜 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈
2017年7月度[9] 4位 3位 6位 5位 9位 8位 2位 7位 1位
2017年8月度[10] 6位 7位 3位 8位 9位 4位 1位 5位 2位
2017年9月度[11] 6位 4位 3位 5位 7位 9位 1位 8位 2位
2017年10月度[12] 9位 4位 5位 1位 7位 6位 2位 8位 3位
2017年11月度[13] 8位 4位 6位 2位 5位 3位 1位 9位 7位
2017年12月度[14] 8位 4位 6位 1位 5位 3位 2位 7位 9位
2018年1月度[15] 8位 6位 3位 2位 7位 5位 4位 9位 1位
2018年2月度[16] 6位 4位 8位 1位 3位 5位 2位 7位 9位
2018年3月度[17] 6位 3位 7位 1位 4位 5位 2位 8位 9位
2018年4月度[18] 7位 3位 8位 1位 5位 6位 2位 4位 9位
2018年5月度[19] 6位 2位 8位 3位 5位 4位 1位 7位 9位
2018年6月度[20] 5位 4位 6位 2位 7位 3位 1位 8位 9位
2018年7月度[21] 6位 7位 9位 2位 4位 1位 3位 8位 5位
2018年8月度[22] 6位 4位 5位 2位 8位 1位 3位 9位 7位
2018年9月度[23] 5位 4位 6位 3位 7位 2位 1位 8位 9位
2018年10月度[24] 5位 1位 6位 7位 9位 4位 3位 8位 2位
2018年11月度[25] 4位 3位 6位 2位 9位 5位 7位 8位 1位
2018年12月度[26] 5位 6位 7位 3位 2位 8位 1位 4位 9位
2019年1月度[27] 5位 6位 7位 3位 4位 8位 2位 1位 9位
2019年2月度[28] 1位 7位 6位 3位 4位 9位 2位 5位 8位
2019年3月度[29] 5位 6位 1位 3位 4位 8位 2位 7位 9位
2019年4月度[30] 4位 5位 7位 3位 1位 9位 2位 6位 8位
2019年5月度[31] 7位 6位 8位 2位 4位 5位 1位 9位 3位
2019年6月度[32] 2位 4位 7位 3位 5位 6位 1位 9位 8位
2019年7月度[33] 4位 6位 9位 3位 7位 2位 1位 5位 8位
2019年8月度[34] 4位 6位 5位 3位 7位 2位 1位 8位 9位
2019年9月度[35] 3位 6位 5位 4位 9位 1位 2位 8位 7位
2019年10月度[36] 5位 4位 2位 3位 8位 6位 7位 9位 1位
2019年11月度[37] 5位 3位 6位 4位 8位 7位 2位 1位 9位
2019年12月度(最終)[38] 1位 7位 4位 8位 6位 5位 2位 9位 3位
ヒロイン 上原歩夢 中須かすみ 桜坂しずく 朝香果林 宮下愛 近江彼方 優木せつ菜 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈
年間MVP(2017年度)[39] 受賞
年間MVP(2018年度)[40] 受賞
年間MVP(2019年度)[41]         受賞   
ヒロイン 上原歩夢 中須かすみ 桜坂しずく 朝香果林 宮下愛 近江彼方 優木せつ菜 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈


虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 マンスリーアンケート[編集]

「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 マンスリーランキング」の後継として始まった企画。月ごとのテーマに印象が一番近い虹ヶ咲学園スクールアイドルを、投票で決める。結果は実施された月の翌々月に発売される「電撃G's magazine」の誌面で発表される。また、スクスタ公式サイトでは、選ばれたメンバーのスペシャルメッセージ&ボイスが配信される予定。

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 マンスリーアンケート
ヒロイン アンケートテーマ 上原歩夢 中須かすみ 桜坂しずく 朝香果林 宮下愛 近江彼方 優木せつ菜 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈 三船栞子
2020年1月度[42] エイプリルフールではだます方?だまされる方? 後者1位     前者1位       投票対象外
2020年2月度[43] 天使と悪魔、似合う衣装はどっち? 後者1位 前者1位
2020年3月度[44] 晴れ女、雨女?どっち? 後者1位 前者1位
2020年4月度[45] 遊びに行くなら海と山どっち? 前者1位 後者1位  
2020年5月度[46] 夏に遊びに行きそうなのは、お祭り?お化け屋敷? 前者1位 後者1位  
2020年6月度[47] 夏休みの宿題、コツコツやる派?まとめてやる派? 前者1位 後者1位  
2020年7月度[48] 運動部に所属したら、選手?マネージャー? 前者1位 後者1位  
2020年8月度[49] ハロウィンに仮装するなら、魔女?黒猫? 前者1位 後者1位
2020年9月度 焼き肉を食べるときは、焼きたい派?焼いてもらいたい派? 後者1位 前者1位
ヒロイン アンケートテーマ 上原歩夢 中須かすみ 桜坂しずく 朝香果林 宮下愛 近江彼方 優木せつ菜 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈 三船栞子

※「前者」は、テーマの前者内容、「後者」は、テーマの後者内容を指す

その他の投票企画[編集]

その他の投票企画
ヒロイン 上原歩夢 中須かすみ 桜坂しずく 朝香果林 宮下愛 近江彼方 優木せつ菜 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈 三船栞子
スクフェス5thアニバーサリーキャンペーンガール27人総選挙[50] 3位 1位 2位  投票対象外
ODAIBAゲーマーズ看板娘総選挙[51] 1位
新曲を歌えるのは1人だけ!?アニメーションPV付きシングル総選挙[52] 3位 1位 2位
セガスタッフイメージガール決定戦[53] 2位 3位 1位
お願い!スクールアイドル同好会 ニジガク部活動投票[54] SF研究部 魔法少女
研究部
演劇部 映画部 アナログゲーム
制作部
漫画研究部 ライトノベル
研究部
アニメーション
研究部
ゲーム部 投票対象外につき
無所属
ヒロイン 上原歩夢 中須かすみ 桜坂しずく 朝香果林 宮下愛 近江彼方 優木せつ菜 エマ・ヴェルデ 天王寺璃奈 三船栞子

みんなで決める!虹ヶ咲学園校章デザインコンテスト[編集]

本作および『スクスタ』で使用される虹ヶ咲学園の校章を決める公募企画。2017年10月16日から同月30日まで一次選考、11月7日から同月21日まで最終選考(投票)を実施し、12月11日に「to-no」による案が採用された[55]

「あなた」の名前を教えて! TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」What’s “your name”?[編集]

本作のテレビアニメ版に登場する「あなた」の名前を決める公募企画。2020年1月29日に「あなた」の容姿が公開され、翌日読者参加投票が開始[56]、同年3月16日から始まった決選投票[57]の結果、「高咲 侑(たかさき ゆう)」に決定した。[58]

結果発表時、投稿者名は「桜田フジさん他」となっており、全員は明かされていなかったが、テレビアニメ版のエンドクレジットにて「いぬい」「けいどら」「桜田フジ」「フリワン」の4名の名前が「“あなたの名前”推薦」として掲載されている。

漫画[編集]

下記の漫画がKADOKAWAから発刊されている。『スクスタ』関連の漫画についてはラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS#漫画を参照。

にじよん〜ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 よんこま〜[編集]

『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』や『電撃G's magazine』の公式サイトに連載されていた4コマ漫画の書籍本。作画はミヤコヒト。シーズン1と2に加え、各誌に掲載された出張版や単行本限定の4コマが収録されている。

現在はYoutubeチャンネル「ラブライブ!シリーズ公式チャンネル」にて毎週火曜日にシーズン3が投稿されている。

書誌情報[編集]

  • 矢立肇(原作)・公野櫻子(原案)・ミヤコヒト(漫画) にじよん 〜ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 よんこま〜
    1. 2020年7月15日発売、ISBN 978-4-04-913341-7

アニメPV[編集]

テレビアニメ版のスタッフによるPVを列挙する。

  1. 無敵級*ビリーバー
  2. 未来ハーモニー

テレビアニメ[編集]

2020年10月よりTOKYO MXほかにて放送中[59]

PDP開始時にニジガクを主役としたアニメの制作は決まっておらず[60]、キャストがテレビアニメ化を知らされたのは2019年夏であったという[61]

キャラクターとしてのニジガクがソロ活動をしているスクールアイドルたちであることから、9話までは各メンバーを一人ずつピックアップした内容となっており、そのすべてにおいてソロの楽曲を用いたアニメーションPVパートが存在する[注釈 9]。また一部主要人物がゲーム『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』において初登場したことから、同ゲームで初登場し、これまでアニメーション作品には登場してこなかった転入生がゲストキャラクターとして登場している。

スタッフ[編集]

前述のとおり、主要スタッフは『無印』『サンシャイン!!』に関わっていない、シリーズ初参加の者がほとんどを占めており、過去作品で主要スタッフだった京極尚彦室田雄平はゲスト的に関わっていることがクレジットから確認できる。

  • 原作 - 矢立肇[1]
  • 原案 - 公野櫻子[1]
  • 監督 - 河村智之[1]
  • シリーズ構成 - 田中仁[1]
  • オリジナルキャラクターデザイン - KLabGames
  • キャラクターデザイン - 横田拓己
  • デザインワークス - めばち
  • 美術監督 - 西倉力
  • セットデザイン - 片岡一巳
  • 色彩設計 - 赤間三佐子
  • CGディレクター - 飯沼佑樹
  • 撮影監督 - 杉山大樹
  • 編集 - 小口理菜
  • 音響監督 - 長崎行男
  • 音楽プロデューサー - 武沢由佳子
  • 音楽 - 遠藤ナオキ[1]
  • 音楽制作 - ランティス、サンライズミュージック
  • 企画プロデューサー - 若林悠紀
  • プロデューサー - 大塚大、小田誠
  • アニメーション制作 - サンライズ[1]
  • 製作 - 2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(サンライズ、バンダイナムコアーツブシロードKADOKAWA

主題歌[編集]

オープニング・エンディング[編集]

オープニングテーマおよびエンディングテーマは虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会が担当する[62]。歌唱メンバーは上原歩夢(大西亜玖璃)、中須かすみ(相良茉優)、桜坂しずく(前田佳織里)、朝香果林(久保田未夢)、宮下愛(村上奈津実)、近江彼方(鬼頭明里)、優木せつ菜(楠木ともり)、エマ・ヴェルデ(指出毬亜)、天王寺璃奈(田中ちえ美)。

虹色Passions!
オープニングテーマ。第2話から使用。作詞はAyaka Miyake、作曲・編曲はKeisuke Koyama。
NEO SKY, NEO MAP!
エンディングテーマ。作詞は畑亜貴、作曲は小高光太郎UiNA、編曲は小高光太郎、谷ナオキ。

挿入歌[編集]

CHASE!
第1話で使用。作詞・作曲は鈴木エレカJOE、編曲はtasuku、歌は優木せつ菜(楠木ともり)。
「Dream with You」
第1話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲・編曲はmitsuyuki miyakeCarlos K.、歌は上原歩夢(大西亜玖璃)。
「Poppin' Up!」
第2話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲はクボナオキ、編曲は縄田寿志、歌は中須かすみ(相良茉優)。
「DIVE!」
第3話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲はMOMIKEN、編曲はtasuku、歌は優木せつ菜(楠木ともり)。
「サイコーハート」
第4話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲・編曲はPASSiON KiNG、歌は宮下愛(村上奈津実)。
「La Bella Patria」
第5話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲・編曲は齊藤庸介、歌はエマ・ヴェルデ(指出毬亜)。
「ツナガルコネクト」
第6話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲はDECO*27、編曲はポリスピカデリー、歌は天王寺璃奈(田中ちえ美)。
「Butterfly」
第7話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲・編曲はEm.me、歌は近江彼方(鬼頭明里)。
「Solitude Rain」
第8話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲は鈴木エレカとJOE、編曲はJOE、歌は桜坂しずく(前田佳織里)。
「VIVID WORLD」
第9話で使用。作詞はAyaka Miyake、作曲はLuis Ogata、編曲はTeddyLoid、歌は朝香果林(久保田未夢)。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 ダンスパート 総作画監督 放送日
絵コンテ 演出 作画監督
第1話はじまりのトキメキ 田中仁河村智之ほりうちゆうや
  • 尾尻進矢
  • 粕川みゆき
  • 菅野智之
-
  • 横田拓己
  • 冨岡寛
  • 横田拓己
  • 冨岡寛
  • 吉岡毅
2020年
10月3日
第2話Cutest♡ガール 河原龍太
  • 水野辰哉
  • 徳田夢之介
水野辰哉
  • 横田拓己
  • 吉岡寛
  • 渡邊敬介
10月10日
第3話大好きを叫ぶ 長友孝和
  • 神谷美也子
  • ハンミンギ
  • 吉山隆士
京極尚彦吉山隆士
  • 横田拓己
  • 冨岡寛
  • 吉岡毅
10月17日
第4話未知なるミチ 堀部周
  • 市原圭子
  • 鎌田均
  • 冨吉幸希
ほりゆちゆうや
  • 市原圭子
  • 冨吉幸希
  • 横田拓己
  • 渡邊敬介
10月24日
第5話今しかできないことを 伊藤睦美長友孝和横手颯太
  • 鐘文山
  • 山内尚樹
飯沼佑樹ほりゆちゆうや尾尻進矢
  • 横田拓己
  • 冨岡寛
  • 渡邊敬介
10月31日
第6話笑顔のカタチ(〃>▿<〃) 田中仁京極尚彦ほりうちゆうや
  • 石川慎亮
  • 加藤明日美
  • 栗原裕明
京極尚彦栗原裕明
  • 横田拓己
  • 冨岡寛
  • 吉岡毅
  • 渡邊敬介
11月7日
第7話ハルカカナタ 平林佐和子河原龍太尾上皓紀
  • 市原圭子
  • 水野辰哉
  • 伊藤幸
  • 森淳
  • 井元一彰
中山直哉 
  • 横田拓己
  • 吉岡毅
  • 渡邊敬介
11月14日
第8話しずく、モノクローム 大内珠帆長友孝和
  • 菅野智之
  • 北島勇樹
  • チョウ
  • ハンミンギ
  • 吉山隆士
ほりうちゆうや尾上皓紀尾尻進矢
  • 横田拓己
  • 冨岡寛
  • 吉岡毅
  • 渡邊敬介
11月21日
第9話仲間でライバル 田中仁ほりうちゆうや
  • 井元一彰
  • 粕川みゆき
  • 加藤明日美
  • 北島勇樹
  • 工藤ゆき
  • 合田真さ美
  • 後藤望
  • 冨吉幸希
  • 吉田雄一
京極尚彦ほりうちゆうや市原圭子
  • 横田拓己
  • 冨岡寛
  • 渡邊敬介
11月28日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[59]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [63] 備考
2020年10月3日 - 土曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都 リピート放送あり
土曜 23:30 - 日曜 0:00 KBS京都 京都府
サンテレビ 兵庫県
2020年10月5日 - 月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2020年10月7日 - 水曜 1:35 - 2:05(火曜深夜) テレビ北海道 北海道
テレビ愛知 愛知県
水曜 1:59 - 2:29(火曜深夜) 静岡朝日テレビ 静岡県
水曜 2:35 - 3:05(火曜深夜) TVQ九州放送 福岡県
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[59]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2020年10月3日 土曜 22:30 - 23:00
土曜 23:00 更新

BD[編集]

発売日[64] 収録話 規格品番
1 2020年12月24日予定 第1話 BCXA-1590
2 2021年1月27日予定 第2話 - 第3話 BCXA-1591
3 2021年2月25日予定 第4話 - 第5話 BCXA-1592
4 2021年3月26日予定 第6話 - 第7話 BCXA-1593
5 2021年4月27日予定 第8話 - 第9話 BCXA-1594
6 2021年5月26日予定 第10話 - 第11話 BCXA-1595
7 2021年6月25日予定 第12話 - 第13話 BCXA-1596

音楽映像商品情報[編集]

詳細は「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会#作品」を参照

ゲーム[編集]

コンピューターゲーム[編集]

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
ブシロードのスマートフォン向けアプリケーションゲーム「ブシモ」の1つとして配信されたリズム & アドベンチャー。
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS
ブシロードのスマートフォン向けアプリケーションゲーム「ブシモ」の1つとして配信されたリズムアクションRPG。

小説 [編集]

素顔のフォトエッセイシリーズ[編集]

ニジガクメンバーの一人称で綴られる短編集。1巻当たりに3人のメンバーによる短編が1編ずつ収録されており、フォトエッセイの名の通り、写真風のフルカラーイラストが挿絵となっている。各章の末尾には語り手であるメンバーを含めた複数名による短い対談「ニジガクチャット」と、語り手メンバーによるメモ書き風イラストが掲載されている。また、テレビアニメ版をベースにしており、登場する「あなた」の名前は高咲侑となっている。

キャラクターの一人称の短編集という点では『ラブライブ!』のSchool idol diaryシリーズに近いが、著者が原案者の公野櫻子ではなく犬井楡となっており、判型もB5サイズと大きくなっている。

矢立肇(原作)、公野櫻子(原案)、犬井楡(テキスト)、KADOKAWA アスキー・メディアワークス

  1. 『Rainbow Days ~かすみ・愛・せつ菜~』、2020年11月30日発行、ISBN 978-4-04-913573-2

コラボレーション[編集]

お台場の各企業及び自治体[編集]

  • ODAIBAゲーマーズ - 2019年10月2日の開店時より本作とのオフィシャルタイアップを実施。看板娘総選挙にて選ばれた優木せつ菜が看板娘となっている。
  • ダイバーシティ東京 プラザ - テレビアニメで背景として登場したことをきっかけに、以下のキャンペーンを実施[65]
    • ダイバーシティ東京 プラザ キャンペーンガール総選挙
    • オリジナルポストカードプレゼントキャンペーン
    • フードコート内など各箇所に装飾

その他のコラボ[編集]

  • セガ エンタテインメント - 天王寺璃奈が3代目セガスタッフイメージガールに就任。今後、コラボレーション企画が行われる予定である。

歴史[編集]

2017年3月30日
『スクフェス』の4周年記念プロジェクト「パーフェクトドリームプロジェクト(PDP)」が発表。同時にプロジェクトに伴って登場する3人のキャラクターのシルエットを公開[66]
2017年4月17日
上記3人が、『スクフェス』での第3回転入生総選挙における上位3名の桜坂しずく、エマ・ヴェルデ[注釈 10]、近江彼方であることを発表[67]
2017年4月28日
追加メンバー6人のシルエットが公開[68]
2017年5月18日
シルエット状態だった残り6人のイラストと名前を発表[69]
2017年6月12日
9人のプロフィール及び意気込みコメントを公開、彼女たちが「虹ヶ咲学園」に所属するスクールアイドルであることを発表[70]
2017年9月21日
「東京ゲームショウ」のブシロードブースにて行われた「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 新情報発表会ステージ」で担当声優9人を発表。
2018年11月21日
1stアルバム『TOKIMEKI Runners』発売。
2019年9月26日
ゲーム『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』リリース。
2019年10月2日
2ndアルバム『Love U my friends』発売。
2019年12月14日、15日
ライブイベント『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 First Live “with You”』開催。本作のテレビアニメ化を発表[71]
2020年2月12日
ユニットシングル「SUPER NOVA」「Dream Land! Dream World!」「Sing & Smile!!」発売。
2020年8月3日
『スクスタ』のサブキャラクターとして登場した三船栞子がメンバー入りすることを発表。
2020年9月2日
3rdアルバム『Just Believe!!!』発売。
2020年9月12日、13日
ライブイベント『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2nd LIVE! Brand New Story / Back to the TOKIMEKI』開催。本作のテレビアニメの放送時期を発表。
2020年10月3日
テレビアニメ版放送開始。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

ユニットメンバー

注釈[編集]

  1. ^ ラブライブ!スーパースター!!』を第4作とした場合のカウント。
  2. ^ ただしメンバー全員で歌う楽曲も存在する。
  3. ^ 発表時に所属していなかった三船栞子は除く。
  4. ^ 桜坂しずく、中須かすみ、優木せつ菜、近江彼方、エマ・ヴェルデの5人。
  5. ^ 『スクスタ』の「あなた」は音楽科に所属。
  6. ^ なお、1stシングル『無敵級*ビリーバー』収録の『未来ハーモニー 』のアニメーションPVの作中にはボードを切り替え/描き替えていないにも関わらず一瞬だけ表情が変わっているカットがある。
  7. ^ 『スクスタ』にて追加されたキズナエピソード12話で素顔を明かされている。
  8. ^ アニメではそのようになった経緯は明らかになっていない。
  9. ^ 無印』『サンシャイン!!』のPVパートは1クールあたり5~6個程度。
  10. ^ 当時はまだヴェルデの名前がなくエマのみであった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g キャスト&スタッフ”. 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」公式サイト. 2020年9月13日閲覧。
  2. ^ もんじゃ屋に相次いだ「謎予約」 いつの間にか「ラブライブ!」聖地に 店主の悲しみを埋めてくれたファン - ://withnews、2020年11月5日閲覧。
  3. ^ 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」3組のユニットの名前を大発表!!”. 電撃G's magazine.com (2019年6月28日). 2020年9月6日閲覧。
  4. ^ 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」ユニットの名前を募集! 本日より投票、開始!!”. 2020年9月6日閲覧。
  5. ^ 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」ユニット命名プロジェクト、決選投票開催!”. 2020年9月6日閲覧。
  6. ^ 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」のユニット組み合わせ投票の詳細を大公開!!”. 電撃G's magazine.com (2019年2月1日). 2020年9月6日閲覧。
  7. ^ 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」、ユニットマッチング投票の本選投票スタート!!”. 電撃G's magazine.com (2019年3月30日). 2020年9月6日閲覧。
  8. ^ 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 マンスリーランキング” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2017年8月1日閲覧。
  9. ^ 【PDP】「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会マンスリーランキング 2017年7月度」投票結果のお知らせ”. 2017年7月21日閲覧。
  10. ^ 【PDP】「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会マンスリーランキング 2017年8月度」投票結果のお知らせ”. 2017年8月25日閲覧。
  11. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2017年9月度ランキング結果”. 2017年10月10日閲覧。
  12. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2017年10月度ランキング結果”. 2017年11月10日閲覧。
  13. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2017年11月度ランキング結果”. 2017年12月10日閲覧。
  14. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2017年12月度ランキング結果”. 2018年1月10日閲覧。
  15. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年1月度ランキング結果”. 2018年2月24日閲覧。
  16. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年2月度ランキング結果”. 2018年3月28日閲覧。
  17. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年3月度ランキング結果”. 2018年4月21日閲覧。
  18. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年4月度ランキング結果”. 2018年5月28日閲覧。
  19. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年5月度ランキング結果”. 2018年6月21日閲覧。
  20. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年6月度ランキング結果”. 2018年7月19日閲覧。
  21. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年7月度ランキング結果”. 2018年8月16日閲覧。
  22. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年8月度ランキング結果”. 2018年9月20日閲覧。
  23. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年9月度ランキング結果”. 2018年10月18日閲覧。
  24. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年10月度ランキング結果”. 2018年11月20日閲覧。
  25. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年11月度ランキング結果”. 2018年12月20日閲覧。
  26. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年12月度ランキング結果”. 2019年1月31日閲覧。
  27. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年1月度ランキング結果”. 2019年2月20日閲覧。
  28. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年2月度ランキング結果”. 2019年3月18日閲覧。
  29. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年3月度ランキング結果”. 2019年4月16日閲覧。
  30. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年4月度ランキング結果”. 2019年5月14日閲覧。
  31. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年5月度ランキング結果”. 2019年6月17日閲覧。
  32. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年6月度ランキング結果”. 2019年7月10日閲覧。
  33. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年7月度ランキング結果”. 2019年8月7日閲覧。
  34. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年8月度ランキング結果”. 2019年9月10日閲覧。
  35. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ) » 2019年9月度ランキング結果”. 2019年10月10日閲覧。
  36. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ) » 2019年10月度ランキング結果”. 2019年11月13日閲覧。
  37. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ) » 2019年11月度ランキング結果”. 2019年12月18日閲覧。
  38. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ) » 2019年12月度ランキング結果”. 2020年1月15日閲覧。
  39. ^ 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会マンスリーランキング」年間MVPの発表&1月度投票開始のお知らせ!”. 2018年1月27日閲覧。
  40. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2018年 年間MVP”. 2019年1月31日閲覧。
  41. ^ ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) » 2019年 年間MVP”. 2020年1月15日閲覧。
  42. ^ 第1回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年2月24日閲覧。
  43. ^ 第2回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年3月18日閲覧。
  44. ^ 第3回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年4月10日閲覧。
  45. ^ 第4回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年8月12日閲覧。
  46. ^ 第5回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年8月12日閲覧。
  47. ^ 第6回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年8月12日閲覧。
  48. ^ 第7回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年8月12日閲覧。
  49. ^ 第8回” (日本語). ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ). 2020年8月12日閲覧。
  50. ^ スクフェス5thアニバーサリーキャンペーンガール27人総選挙_結果発表!!”. 2017年12月11日閲覧。
  51. ^ ラブライブ!シリーズ公式のツイート”. 2020年9月6日閲覧。
  52. ^ 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会新曲を歌えるのは1人だけ!?アニメーションPV付きシングル総選挙」結果発表!. 2020年9月6日閲覧。
  53. ^ セガスタッフイメージガール決定のお知らせ. 2020年9月6日閲覧。
  54. ^ お願い!スクールアイドル同好会 ニジガク部活動投票 結果発表. 2020年9月6日閲覧。
  55. ^ みんなで決める!虹ヶ咲学園校章デザインコンテスト_結果発表!! | ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)
  56. ^ 読者参加企画スタート! 「あなた」の名前を教えて! TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」What’s “your name”? 電撃G'sマガジン公式サイト
  57. ^ TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」みんなで選ぶ”あなた”の名前! 決選投票開始! 電撃G'sマガジン公式サイト
  58. ^ TVアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」に登場する”あなた”の名前候補12個を紹介♪ 電撃G'sマガジン公式サイト
  59. ^ a b c 放送&配信情報”. 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」公式サイト. 2020年9月25日閲覧。
  60. ^ 『LoveLive!Days 虹ヶ咲SPECIAL』「田中ちえ美 インタビュー」。
  61. ^ 『LoveLive!Days 虹ヶ咲SPECIAL』「指出毬亜 インタビュー」。
  62. ^ CD|音楽情報”. 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」公式サイト. 2020年10月3日閲覧。
  63. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  64. ^ Blu-ray情報”. 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」公式サイト. 2020年10月3日閲覧。
  65. ^ 『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』コラボ企画 ニジガク放課後キャンペーン ダイバーシティ東京プラザ(プレスリリース) 2020年11月10日
  66. ^ 『ラブライブ!スクフェス』新プロジェクト始動!ティザーサイトには3人の女の子のシルエットも?”. 2020年10月18日閲覧。
  67. ^ 『ラブライブ!スクフェス』発の新スクールアイドルは、桜坂しずく、近江彼方、エマの3人!”. 2020年10月18日閲覧。
  68. ^ 『ラブライブ!スクフェス』新たなスクールアイドルが6人も登場!?ティザーサイトに謎のシルエットが追加”. 2020年10月18日閲覧。
  69. ^ 『ラブライブ!スクフェス』”PDP”で誕生する新スクールアイドル6名のビジュアルが解禁!”. 2020年10月18日閲覧。
  70. ^ 【PR】20170612_「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」PERFECT Dream Project新情報発表”. 2020年9月6日閲覧。
  71. ^ 1stライブにて発表!!『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 』TVアニメ制作決定!!”. V-STORAGE. バンダイナムコアーツ (2019年12月15日). 2020年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]