バクチ・ダンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バクチ・ダンサー
DOESシングル
初出アルバム『下記参照
B面 僕たちの季節
リリース
ジャンル ロック
レーベル キューンレコード
作詞・作曲 氏原ワタル
プロデュース DOES
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン
  • 2010年4月度月間10位(オリコン)
  • 2010年5月度月間15位(オリコン)
  • 2010年度上半期32位(オリコン)
  • 2010年度年間76位(オリコン)
  • 登場回数19回(オリコン)
  • 4位ミュージックステーション
DOES シングル 年表
夜明け前/チョコレート
2010年
バクチ・ダンサー
(2010年)
ジャック・ナイフ
(2010年)
テンプレートを表示

バクチ・ダンサー」は、DOESの10作目のシングル2010年4月21日キューンレコードから発売された。

概要[編集]

前作から2ヶ月ぶりのリリース。ベスト・アルバム『SINGLES』先行シングルとなった。収録曲は2曲とも、アニメ映画『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』(2010年4月24日公開)のオープニング、エンディングにそれぞれ起用され、映画のために書き下ろされた。なお、『銀魂』のタイアップは今作で3度目であり、同バンド初の映画主題歌となった。

初回生産限定盤(銀魂盤)と通常盤の2形態で発売。初回盤は『銀魂』描き下ろしデジパックジャケットに加え、過去に同アニメのテーマソングとなった「修羅」、「曇天」の2曲も収録されている。また、通常盤にも初回仕様盤があり、『銀魂』描き下ろしアナザージャケットが封入されている。なお、銀魂盤は映画公開に合わせての発売だったため、映画との相乗効果もあり、完売する店が続出し、急遽アンコールプレスが行われることとなった。

初動売上は3万3164枚で自己最高初動売上を更新し、オリコンウィークリーチャートではDOESとしては初となる3週連続でTOP10入りした。2010年の年間チャートでは76位にランクインし、同バンド初の年間トップ100入りも果たした。

2015年1月現在、同バンドの最大のヒット曲であると同時に、『銀魂』のタイアップ曲でも最大のヒット曲となっている。

本作でテレビ朝日ミュージックステーション』に初出演した(2010年4月30日放送分)。演奏の最後では盛り上がった勢いで、ベースの赤塚がドラムセットの上に乗り、ボーカルの氏原がアンプを倒したという(放送ではカット)[1][2]

収録曲[編集]

初回仕様限定盤
  1. バクチ・ダンサー
  2. 僕たちの季節
    • ワーナー・ブラザース映画配給映画『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』エンディングテーマ
    • テレビ東京系アニメ『よりぬき銀魂さん』エンディングテーマ
    • カップリング曲だが、PVが制作されている。なお、PVに出てくるロボットの名前は「モノタリナイクン」と呼ばれている。
初回生産限定盤(銀魂盤)
  1. バクチ・ダンサー
  2. 僕たちの季節
  3. 曇天
    • テレビ東京系列放送『銀魂』第5期オープニングテーマ(100話 - 125話)
  4. 修羅
    • テレビ東京系列放送『銀魂』第5期エンディングテーマ(50話 - 62話)

収録アルバム[編集]

出典[編集]