ワイルド・スピード MAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワイルド・スピード MAX
Fast & Furious
Fast-furious-logo-fast-furious.png
監督 ジャスティン・リン
脚本 クリス・モーガン
原作 キャラクター創造
ゲイリー・スコット・トンプソン
製作 ヴィン・ディーゼル
ニール・H・モーリッツ
マイケル・フォトレル
製作総指揮 アマンダ・ルイス
サマンサ・ヴィンセント
出演者 ポール・ウォーカー
ヴィン・ディーゼル
ミシェル・ロドリゲス
ジョーダナ・ブリュースター
ジョン・オーティス
ラズ・アロンソ
ガル・ガドット
音楽 ブライアン・タイラー
撮影 アミール・モクリ
編集 フレッド・ラスキン
クリスチャン・ワグナー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年4月3日
日本の旗 2009年10月9日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[1]
興行収入 $363,164,265[1]
9億5000万円[2] 日本の旗
前作 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
次作 ワイルド・スピード MEGA MAX
テンプレートを表示

ワイルド・スピード MAX』( - マックス、原題: Fast & Furious)は、2009年アメリカ合衆国の映画ワイルド・スピードシリーズ第4作で、ストリートレースを題材にしたカーアクション映画

1作目の主演コンビであるポール・ウォーカーヴィン・ディーゼルが復帰。前作までと比較するとレースや車を中心とした演出はやや抑えられており、カーチェイスアクションとしての演出が色濃くなっている。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスからの逃亡を果たしドミニカを拠点にガソリン運搬車を襲撃する強盗チームのリーダーを務めていたドミニク・トレットであったが、警察の捜査の手は彼にジワジワと伸びてきていた。仲間のガレージが捜索されたことを知ったドミニクは恋人のレティ・オルティスを始めハン・ソウルオーらにチームの解散を告げ、特にレティに危害が及ぶことを恐れ黙って彼女の元を去ってしまう。パナマに逃れていたドミニクであったが、妹のミア・トレットからレティが殺されたことを知らされる。レティを見送るためにロスに帰還したドミニクは、レティの死亡現場を訪れ道路に残ったニトロ原料とタイヤ痕をもとに違法改造車を特定し、犯人への復讐を誓うのであった。

一方、ブライアン・オコナーマイアミでの活躍によってFBI入りを果たし、再びロスで職務を果たす日々を過ごしていた。ある日、アルトゥーロ・ブラガが率いる麻薬密輸組織の捜査を進めていく中で、ドミニクが国境を越えて戻って来た事を知る。ミアとの思わぬ再会もあって複雑な思いを胸に捜査を続ける中、組織の運び屋としてとある違法改造車の存在に辿り着く。車の所有者を追うブライアンだったが、そこで同じ人物に辿り着いていたドミニクと鉢合わせる。しかし、立場の違いから、二人は手を組むこと無く別々に組織の大元を追うことになる。

ある日、ブライアンは逮捕したブラガの運び屋の紹介で、ブラガの右腕であるレイモン・カンポスが主催する運び屋のオーディションを兼ねたストリートレースに潜入する。そこで、同じく組織への潜入を目論みレースに乗り込んだドミニクと再会する。最終的にドミニクとの一騎討ちとなったレースに破れるブライアンだったが、FBIの権力を利用して他の運び屋を拘留し、代理の運び屋となることに成功。レースに勝利したドミニクと再びタッグを組み、組織の殲滅とレティの復讐を果たすため、ブラガの運び屋として組織に潜入する。

メキシコでの輸送を終えた2人だったが、輸送団を取り仕切るブラガの部下フェニックス・カルデロンの言動を不審に思ったドミニクは、カルデロンに対し運び屋として雇っていたレティを殺したことを追及する。カルデロンは運び屋を輸送を終えるごとに殺害していたのであった。車を爆破し麻薬を積んだ組織の車でその場から逃走したブライアンとドミニクは、車をFBIの押収車輌保管所に隠して身を隠しミアとともに3人で食卓を囲む。団欒の雰囲気の中、ドミニクはブライアンの保持品の中にレティの携帯電話を見つけてしまう。ブライアンがレティを潜入捜査に巻き込んでいたことに激怒したドミニクだったが、ブライアンはレティがドミニクの前科を帳消しにすることを条件に自らFBIに協力し運び屋として組織に潜入していたことを明かす。ドミニクはカンポスに対して、奪った麻薬を引き渡す代わり、ブラガ本人に金銭を持って来させるよう要求する。

ブライアンからドミニクの無罪放免を条件に計画を聞いたFBIが受け渡し場所を取り囲む中、遂にブラガ本人が2人の前に姿を現す。2人はその人物がブラガ本人であることを疑うが、FBIではようやくブラガの指紋認証作業が終了しブラガの正体が判明。その連絡を受けたマイケル・スタジアック警部は人相の確認を待たずに独断で突入を命じる。部隊がブラガを謳う人物の確保に向かう中、人相確認の結果、その人物がブラガではないことばかりか、ブラガの部下を語っていたカンポスこそがブラガ本人であることが判明。FBI突入の混乱に乗じて逃走するブラガをブライアンは見送ることしかできなかった。

FBIはブラガはもちろんドミニクの確保にも失敗し、ブライアンのチームはその責任を取る形で捜査から外される。ブラガの部下ジゼル・ヤシャールからブラガの居場所を聞き出したドミニクは、ブライアンとともにメキシコを訪れる。教会に忍び込んだ2人はブラガを捕らえて逃走、ブラガの部下たちとのカーチェイスに挑む。麻薬輸送にも使用したトンネルでのチェイスの果て、カルデロンを轢き殺しブラガの捕縛に成功する。

ブラガとともに確保されたドミニクに対して、裁判所はブラガ逮捕における貢献があるにも関わらず懲役25年の実刑判決を言い渡す。他の受刑者らとともに護送車で刑務所へ送られるドミニクであったが、やがてその護送車をブライアン、ミアらの車が取り囲む。

登場人物[編集]

ドミニク・トレット(愛称:ドム)
主人公で、超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。アメリカでトラック強盗犯のリーダーを努めていた過去を持つ。
ロスでブライアンに助けられた後各地を転々としており、ドミニカでガソリン輸送車を強奪しては売りさばく日々を送っていた。しかし、警察の捜査の手は迫っており、レティの為にと彼女を置いて姿を眩ませるが、やがてレティ死亡の知らせを受けてアメリカに戻り復讐を誓う。
ブライアン・オコナー(愛称:ブライアン)
もう1人の主人公で、元ロス市警の白人青年。確かな運転技術を持つが、ドミニクからはまだ子供扱いされている。
マイアミでの功績によりFBIからのスカウトで警官として復帰。麻薬密売の大物であるブラガを逮捕する為に奔走する最中で、ドミニクと5年ぶりの再会を果たすこととなる。
FBIでは過去の経緯からいまいち信頼されておらず、窮屈な組織体系に不満を募らせる。
レティ・オルティス(愛称:レティ)
ドミニクの恋人。ドムと共にガソリン輸送車の強奪をしながらも、ドムと一緒に居られる事に幸せを感じながら日々を過ごしていた。しかし、彼女の幸せを望むドムは一人で姿を眩ませてしまう。
ドミニクが姿を消した後、密かにブライアンに接触し、ドミニクの無罪と引き換えに麻薬密売組織に運び屋として潜入するが殺害されてしまう。
ミア・トレット(愛称:ミア)
ドミニクの妹。事情聴取の為に訪れたFBIでブライアンと再会。過去の裏切りからブライアンを必要以上に避けるものの、まだブライアンに対する想いは消えておらず、次第にギクシャクしていたブライアンとドミニクの間を取り持つだけでなく、ブライアンへの想いも再び取り戻していく。
ハン・ソウルオー
ドミニカでドミニクと共にガソリン強奪をしていた仲間。いつも何かしらのスナック菓子を食べている[3]
ドミニクに警察の捜査が迫っていると警告を促し、足を洗う事を勧める。
テゴ・レオ
ドミニカでドミニクと共にガソリン強奪をしていた仲間。相棒であるサントスとは常にスペイン語で罵り合っている。
リコ・サントス
ドミニカでドミニクと共にガソリン強奪をしていた仲間。相棒であるレオとは常にスペイン語で罵り合っている。
アルトゥーロ・ブラガ
麻薬密売組織のボス。一切人前に姿を現さない謎の人物。
レイモン・カンポス
麻薬密売組織の一員でブラガの右腕。ブラガに代わって組織の全てを取り仕切る。唯一、ブラガに直接接触出来る人物である為、ブライアン達FBIが逮捕に躍起になっている。麻薬密輸の為に腕のたつ輸送用のドライバーを選別するレースを不定期に開催している。
ブライアンの活躍による採取された指紋から、ブラガ本人であることが判明する。
フェニックス・カルデロン
ブラガの部下で、麻薬輸送のドライバー達をまとめる黒人。ドライバーてしての腕も高い。
輸送が済んだドライバーを使い捨てにしており、仕事が済んだ後はその場で撃ち殺している。レティを殺した張本人。
ジゼル・ヤシャール
ブラガの部下で秘書のような役割を担う。カンポスの代わりにドライバーたちに指示を出す。ドミニクを誘惑したものの、復讐に燃えるドムには通用しなかった。
終盤にブラガに見捨てられ殺されそうになるが、ドムに救われた事で助けられた礼に南米に逃げたブラガの情報を提供する。
マイケル・スタジアック捜査官
FBI捜査官。ブライアンと同じチームで捜査に挑んでいるが、ブライアンとは馬が合わず信頼していない。
ブラガとの受け渡し現場では、ブラガの人相確認を待たずブライアンの指示を無視して独断で突入を開始し計画の失敗を招いた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
劇場公開版 テレビ朝日
ドミニク・トレット ヴィン・ディーゼル 楠大典 大塚明夫
ブライアン・オコナー ポール・ウォーカー 高橋広樹 藤原啓治
レティ・オルティス ミシェル・ロドリゲス 甲斐田裕子 本田貴子
ミア・トレット ジョーダナ・ブリュースター 園崎未恵 魏涼子
レイモン・カンポス
(アルトゥーロ・ブラガ)
ジョン・オーティス 後藤哲夫 若本規夫
フェニックス・カルデロン ラズ・アロンソ 咲野俊介 山野井仁
ジゼル・ヤシャール ガル・ガドット 藤井リナ 東條加那子
ペニング捜査官 ジャック・コンリー 小川真司
マイケル・スタジアック捜査官 シェー・ウィガム 丸山壮史 檀臣幸
トリン捜査官 ライザ・ラピラ 田中晶子 林真里花
テゴ・レオ テゴ・カルデロン ピストン西沢 隈本吉成
リコ・サントス ドン・オマール 吉村昌広 西凜太朗
ハン サン・カン 三戸崇史 平田広明
カーラ・マーサ ミーシャ・ミッシェル 平野夏那子
ドワイト・ミューラー グレッグ・サイプス
デビット・パク ロン・ユアン
ブラガの影武者 ロバート・ミアノ
翻訳 岡田壯平 松崎広幸 古瀬由紀子
  • 劇場公開版 - DVDBD収録
その他吹き替え:小池唯高瀬右光赤城進魚建小松史法天田益男石住昭彦星野充昭仲野裕遠藤純一ふくまつ進紗斉藤次郎東城光志藤本敦子榊原奈緒子
その他吹き替え:中村浩太郎板倉光隆武田華佐藤美一飯島肇内田岳志江藤博樹徳本恭敏鶴岡聡をはり万造間宮康弘

地上波放送履歴[編集]

回数 テレビ局 番組名 放送日 放送時間 放送分数 吹き替え版 視聴率
初回 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2011年10月2日 21:00~22:54 114分 テレビ朝日版 10.9%
2回 2012年10月21日 22:00~24:10 130分 5.6%

登場車両[編集]

ビュイック・グランドナショナル GNX 1987年式
ドミニクが冒頭で使用、ボディカラーは黒。ガソリン輸送強奪に登場。
フォード・RS200 1986年式
冒頭のレースに登場。ボディカラーは白。後述のカローラGT-Sとバトル。その他、FBIの押収品として別車両が写真のみ登場。
クライスラープリムス・ロードランナー 1970年式
レティが使用、ボディカラーは灰色。囮捜査途中にフェニックスの攻撃で大破する。
ポンティアック・ソルスティス
ボディカラーは黒。レティの葬式に登場。
フォード・トリノ 1972年式
フェニックスが使用。ボディカラーは緑。
シボレー・シェベル SS 1970年式
ドミニクが前半で使用。最初ボディカラーは赤だったが、レース用に灰色に塗り替える。後に仕事の途中に危険を感じ、爆破した。
シボレー・カマロ SS 1969年式
ドワイトが使用、ボディカラーは赤。
フォード・マスタング GT "Tjaarda" 2007年式
運び屋の一人が使用、ボディカラーは黄色。仕事の途中に危険を感じたドミニクによって爆破されている。Tom Tjaardaという人物がデザインしたチューニングカー。
ハマー・H1 2002年式
ブライアンとドミニクが仕事途中に麻薬組織から奪い、逃走する際に使用。
クライスラーダッジ・チャージャー 1970年式
ドミニクが後半で使用、ボディカラーは艶消しブラック。実は初代に登場したチャージャーと同一である事を思わせるシーンがある。ラストシーンではドミニクの判断でトンネル内で大破したものの、後にブライアンが使用(おそらく修理して復活したと思われる)。
シボレー・カマロ 1971年式
麻薬組織の一員が使用するが、ドミニクがラストのカーチェイス中に一瞬に乗り換える。ボディカラーは艶消しグリーン。
ポンティアック・ファイヤーバード Trans Am 1978年式
レオとサントスが使用、ボディカラーは黒。ラストシーンで登場。
トヨタ・カローラGT-S AE86 1984年式
冒頭のレースに登場。ボディカラーは銀黒ツートン。上述のRS200とバトル。
マツダ・RX-7 FC3S 1986年式
ボディカラーは赤紫、レティの葬式に登場。
ホンダ・シビック EG6 1995年式
ボディカラーは黄色、レティの葬式に登場。また、写真だけだが、FBIの押収品としても多数登場
ホンダ・シビック EP3
写真のみ。FBIの押収品として緑と赤の個体が登場。
日産・シルビア S15 2000年式
デビット・パクが使用、ボディカラーはシルバー。C-WESTエアロ装着。劇中では240SXと呼ばれている。また、写真だけだが、FBIの押収品としても多数登場。
日産・スカイラインGT-R BNR34 1999年式
ボディカラーは青。ブライアンがレースに参加するため、FBIの押収品より自らチューンして使用していたが、仕事の途中に危険を感じたドミニクによって爆破されている。この車について備考にて後述。また、ボンネットにGT-Rのロゴが貼られた白、選ばれなかった黄色もFBIの押収品の一台として登場。
日産・スカイラインGT-R BCNR33
FBIの押収品として写真のみの登場。白と金の個体が確認されている。
日産・GT-R 2009年式
ボディカラーは赤。FBIの押収品の一台として登場。
日産・240SX(シルビア S14) 1997年式
麻薬組織による、最後の運び屋を決めるストリート・レースの参加者が使用、ボディカラーは銀色。途中でフォード・エクスプローラーにクラッシュ。
インフィニティ・G35 2003年式
運び屋の一人が使用、ボディカラーはオレンジ。仕事の途中に危険を感じたドミニクによって爆破されている。こちらもFBIの押収品として多数登場。
スバル・インプレッサ WRX STI 2009年式
ドミニクが車を爆破した代わりに、FBIの押収品としてあったのをブライアンに譲った。ボディカラーは銀/黒。ラストシーンでフェニックスの攻撃で大破。
その他、GD系インプレッサ(年式不明。丸目であるところから2000年~2002年までの個体と推測される)が1台、FBIの押収品として登場。
日産・350Z
麻薬組織の一員が使用、ボディカラーは赤/黒。トンネル内でクラッシュ。また、写真だけだが、FBIの押収車両としても多数登場。その際何故か1台(ボディカラーは黒/銀)全く同じ車が2台登録されている。
マツダ・RX-8 2004年式
麻薬組織の一員が使用、ボディカラーは白。トンネル内で爆風に巻き込まれる。こちらも別車両が、写真のみFBIの押収品で登場している。
アキュラ・NSX 2003年式
ミアが使用、ボディカラーは黒。ホンダのエンブレムが付けられているが、左ハンドル仕様は存在しないのでJDM仕様と思われる。また、ボディカラーが青のがレティの葬式に登場。
テックアート・GTスポーツ 2007年式
ジゼルが使用、ボディカラーは白。
BMW・540i E39 2001年式
麻薬組織による、最後の運び屋を決めるストリート・レースの参加者が使用、ボディカラーは黒/オレンジ。ドミニクをクラッシュさせようとするがかわされ、陸橋から落下しクラッシュ。
ランボルギーニ・LM002 年式不明
麻薬の大物「ブラガ」が乗る車両で車列の先頭を走る。ボディカラーは黒。

備考[編集]

  • NISSAN スカイラインGT-R BNR34が登場するアクション撮影には、RB25DET型を搭載する「25GT-t」をベースとして製作したレプリカ車両が使われた。これは実際のGT-Rはアメリカ国内においては8万ドルもする為である(DVDの特典映像より)。
  • しかし、本物のスカイラインGT-R BNR34も登場していた。これは実際に走行してクラッシュをしたのはER34を使用したが、グリーンスクリーンの撮影の為にZ-tuneのエアロを組んだGT-Rを用意して撮影に使ったイーストベア製のボンネットやR-tuneのエアロやレイズのアルミに組み直して使用していた。(DVDの特典映像の一部に登場や文は米自動車雑誌より)
  • 俳優のドライブシーンの多くが、グリーンスクリーンでの合成撮影である。ハリウッドでは、俳優は各種の制約がある為に危険なシーンは全てスタントマンが行う。(DVDの特典映像より)
  • 本作ではワイルドスピードのシリーズではあまり使われないSUBARUの車両が主に後半でよく使われている。

カメオ出演[編集]

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』から、サン・カン演じるハンが出演している。アーティスト、リル・ウェインT-ペインイグジビットT.I.などもカメオ出演している。

Blu-ray/DVD[編集]

本国アメリカでは、7月28日DVDBlu-ray Discが発売。日本では2010年2月17日ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンよりBlu-ray Disc/DVDの2フォーマットをリリース。

なお、本DVDのPR番組として『ワイルド・スピード 東MAXのカスタム男塾』が放送された。出演は東貴博Take2)、ドロンズ石本いとうあさこ他。

  • Blu-ray
    • ワイルド・スピードMAX(GNXF-1038)
  • DVD
    • ワイルド・スピードMAX(GNBF-1388)

脚注[編集]

  1. ^ a b Fast & Furious (2009)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年11月10日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 110頁
  3. ^ 次作にて、ジゼル曰く「禁煙のために口が寂しいから」と言われている。また、前作でも同様の描写があった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]