ワイルド・スピード MAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・スピード MAX
Fast & Furious
監督 ジャスティン・リン
脚本 クリス・モーガン
原作 キャラクター創造
ゲイリー・スコット・トンプソン
製作 ヴィン・ディーゼル
ニール・H・モーリッツ
マイケル・フォトレル
製作総指揮 アマンダ・ルイス
サマンサ・ヴィンセント
出演者 ヴィン・ディーゼル
ポール・ウォーカー
ミシェル・ロドリゲス
ジョーダナ・ブリュースター
ジョン・オーティス
ラズ・アロンソ
ガル・ガドット
音楽 ブライアン・テイラー
撮影 アミール・モクリ
編集 フレッド・ラスキン
クリスチャン・ワグナー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年4月3日
日本の旗 2009年10月9日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[1]
興行収入 $353,241,873[1]
前作 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
次作 ワイルド・スピード MEGA MAX
テンプレートを表示

ワイルド・スピード MAX』(原題: Fast & Furious)は、2009年アメリカ合衆国の映画

監督は前作に引き続き『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のジャスティン・リン。キャストは1作目『ワイルド・スピード』の主要キャスト、ポール・ウォーカーヴィン・ディーゼルが復帰し、1作目のコンビが復活。シリーズの時間軸は、1作目→2作目→4作目(本作)→5作目→6作目→3作目の順となっている。

ストーリー[編集]

ドミニクは南米でガソリン運搬車を強奪するグループのリーダーを務めていたが、警察の捜査の手は彼にジワジワと伸びてきていた。それを感じ取った彼は仲間に解散を促し、一緒にいればレティを危険な目に遭わせることに悩み、黙って彼女の元を去ってしまう。その後、ドミニクは妹のミアから「レティが殺された」という衝撃的な報せにより、ある男への復讐のために危険を承知で再びアメリカへ舞い戻るのだった。

一方、ブライアンはマイアミでの活躍によってFBI入りを果たし、職務を果たす日々を過ごしていた。彼はとある麻薬密輸組織の捜査をしていたが、ドミニクが国境を越えて戻って来た事を知る。ブライアンにはその理由がわかっていた。複雑な思いを胸に彼は捜査を続けるが、その先で計らずもドミニクと再会することになる。追っている相手が同じだったのである。

しかし、以前の経緯と立場の違いから、二人は手を組むこと無く別々に相手を追い始め、そして麻薬組織のボスが仕切るストリート・レースにそれぞれ参加する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
DVD テレビ朝日
ドミニク・トレット ヴィン・ディーゼル 楠大典 大塚明夫
ブライアン・オコナー ポール・ウォーカー 高橋広樹 藤原啓治
レティ・オルティス ミシェル・ロドリゲス 甲斐田裕子 本田貴子
ミア・トレット ジョーダナ・ブリュースター 園崎未恵 魏涼子
カンポス(=アルトゥーロ・ブラガ) ジョン・オーティス 後藤哲夫 若本規夫
フェニックス ラズ・アロンソ 咲野俊介 山野井仁
ジゼル ガル・ガドット 藤井リナ 東條加那子
ペニング捜査官 ジャック・コンリー 小川真司
マイケル・スタジアック捜査官 シェー・ウィガム 丸山壮史 檀臣幸
トリン捜査官 リザ・ラビラ 林真里花
テゴ・レオ テゴ・カルデロン ピストン西沢 隈本吉成
リコ・サントス ドン・オマール 吉村昌広 西凜太朗
ハン・ルー サン・カン 平田広明
カーラ・マーサ ミーシャ・ミッシェル
ドワイト グレッグ・サイプス
デビット・パク ロン・ユアン

その他の出演声優:平野夏那子中村浩太郎板倉光隆武田華佐藤美一飯島肇内田岳志江藤博樹徳本恭敏鶴岡聡をはり万造間宮康弘

登場車両[編集]

アメリカ車[編集]

ビュイック・グランドナショナル GNX 1987年式
ドミニクが冒頭で使用、ボディカラーは黒。ガソリン輸送強奪に登場。
フォード・RS200 1986年式
冒頭のレースに登場。ボディカラーは白。後述のカローラGT-Sとバトル。
クライスラープリムス・ロードランナー 1970年式
レティが使用、ボディカラーは灰色。囮捜査途中にフェニックスの攻撃で大破する。
ポンティアック・ソルスティス
ボディカラーは黒。レティの葬式に登場。
フォード・トリノ 1972年式
フェニックスが使用。ボディカラーは緑。
シボレー・シェベル SS 1970年式
ドミニクが前半で使用。最初ボディカラーは赤だったが、レース用に灰色に塗り替える。後に仕事の途中に危険を感じ、爆破した。
シボレー・カマロ SS 1969年式
ドワイトが使用、ボディカラーは赤。
フォード・マスタング GT "Tjaarda" 2007年式
運び屋の一人が使用、ボディカラーは黄色。仕事の途中に危険を感じたドミニクによって爆破されている。Tom Tjaardaという人物がデザインしたチューニングカー。
ハマー・H1 2002年式
ブライアンとドミニクが仕事途中に麻薬組織から奪い、逃走する際に使用。
クライスラーダッジ・チャージャー 1970年式
ドミニクが後半で使用、ボディカラーは艶消しブラック。実は初代に登場したチャージャーと同一である事を思わせるシーンがある。ラストシーンではドミニクの判断でトンネル内で大破したものの、後にブライアンが使用(おそらく修理して復活したと思われる)。
シボレー・カマロ 1971年式
麻薬組織の一員が使用するが、ドミニクがラストのカーチェイス中に一瞬に乗り換える。ボディカラーは艶消しグリーン。
ポンティアック・ファイヤーバード Trans Am 1978年式
レオとサントスが使用、ボディカラーは黒。ラストシーンで登場。

日本車[編集]

トヨタ・カローラGT-S AE86 1984年式
冒頭のレースに登場。ボディカラーは白黒ツートン。上述のRS200とバトル。フロントバンパーを見る限り、JDM仕様と思われる。
マツダ・RX-7 FC3S 1986年式
ボディカラーは赤紫、レティの葬式に登場。
ホンダ・シビック EG6 1995年式
ボディカラーは黄色、レティの葬式に登場。
日産・シルビア S15 2000年式
デビット・パクが使用、ボディカラーはシルバー。C-WESTエアロ装着。
日産・スカイラインGT-R BNR34 1999年式
ボディカラーは青。ブライアンがレースに参加するため、FBIの押収品より自らチューンして使用していたが、仕事の途中に危険を感じたドミニクによって爆破されている。この車について備考にて後述。また、ボンネットにGT-Rのロゴが貼られた白もFBIの押収品の一台として登場。
日産・GT-R 2009年式
ボディカラーは赤。FBIの押収品の一台として登場。
日産・240SX(シルビア S14) 1997年式
麻薬組織による、最後の運び屋を決めるストリート・レースの参加者が使用、ボディカラーは銀色。途中でフォード・エクスプローラーにクラッシュ。
インフィニティ・G35 2003年式
運び屋の一人が使用、ボディカラーはオレンジ。仕事の途中に危険を感じたドミニクによって爆破されている。
スバル・インプレッサ WRX STI 2009年式
ドミニクが車を爆破した代わりに、FBIの押収品としてあったのをブライアンに譲った。ボディカラーは銀/黒。ラストシーンでフェニックスの攻撃で大破。
日産・350Z
麻薬組織の一員が使用、ボディカラーは赤/黒。トンネル内でクラッシュ。
マツダ・RX-8 2004年式
麻薬組織の一員が使用、ボディカラーは白。トンネル内で爆風に巻き込まれる。
アキュラ・NSX 2003年式
ミアが使用、ボディカラーは黒。ホンダのエンブレムが付けられているが、左ハンドル仕様は存在しないのでJDM仕様と思われる。また、ボディカラーが青のがレティの葬式に登場。

欧州車[編集]

テックアート・GTスポーツ 2007年式
ジゼルが使用、ボディカラーは白。
BMW・540i E39 2001年式
麻薬組織による、最後の運び屋を決めるストリート・レースの参加者が使用、ボディカラーは黒/オレンジ。ドミニクをクラッシュさせようとするがかわされ、陸橋から落下しクラッシュ。

備考[編集]

  • NISSAN スカイラインGT-R BNR34が登場する撮影には、RB25DET型を搭載する「25GT-t」をベースとして製作したレプリカ車両が使われた。これは実際のGT-Rはアメリカ国内においては8万ドルもする為である(DVDの特典映像より)。実際に劇中でフロントバンパーの違いで見分けることができる。(リアにはGT-Rエンブレムがついているが、フロントは25GT-tのままになっている)
  • 俳優のドライブシーンの多くが、グリーンスクリーンでの合成撮影である。ハリウッドでは、俳優は各種の制約がある為に危険なシーンは全てスタントマンが行う。(DVDの特典映像より)
  • 本作ではワイルドスピードのシリーズではあまり使われないSUBARUの車両が主に後半でよく使われている。

カメオ出演[編集]

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』からは、サン・カン演じるハンが出演している。そして有名なアーティスト、リル・ウェインT-ペインイグジビットT.I.などもカメオ出演(俳優や歌手、監督、時には政治家やスポーツ選手などがゲストとしてほんの短い時間、映画やドラマ、舞台に出演する事)している。

Blu-ray/DVD[編集]

本国アメリカでは、7月28日DVDBlu-ray Discが発売。日本では2010年2月17日ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンよりBlu-ray Disc/DVDの2フォーマットをリリース。

なお、本DVDのPR番組として『ワイルド・スピード 東MAXのカスタム男塾』が放送された。出演は東貴博Take2)、ドロンズ石本いとうあさこ他。

  • Blu-ray
    • ワイルド・スピードMAX(GNXF-1038)
  • DVD
    • ワイルド・スピードMAX(GNBF-1388)

脚注[編集]

  1. ^ a b Fast & Furious (2009)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]