ドミニク・トレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドミニク・トレットDominic Toretto)は、ワイルド・スピードシリーズの主人公。演じる俳優はヴィン・ディーゼル

人物[編集]

ワイルド・スピード』、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』、『ワイルド・スピード MAX』、『ワイルド・スピード MEGA MAX』、『ワイルド・スピード EURO MISSION』、『ワイルド・スピード SKY MISSION』、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(それぞれ以下「〇作目」と表記)の作品に登場。

ゼロヨンレースのカリスマ的存在。1作目においてはレーサーだった父が遺した1970年式ダッジ・チャージャーをいつもガレージに入れ、少しずつ整備していつか走らせる夢を持っていた。その後、同作の終盤で走らせブライアンの搭乗する1994年式トヨタ・スープラとのゼロヨンバトルの末にセミトレーラーと衝突して横転してしまうが、その後修理したようで4作目・5作目・7作目でも登場している。

家族や恋人のレティ(7作目以後は妻)を人一倍大切にしており、妹のミアや、ブライアンの息子ジャックのことも大切にしている。

1作目の序盤では1993年式マツダ・RX-7に乗っていた。以降はダッジ・チャージャーのB-bodyが愛車となっている[1]が、それ以外の車種も場合に応じて搭乗する。

脚注[編集]

  1. ^ 1・4・5・7作目は先述の父親の形見、6作目はチャージャーデイトナ、8作目はアイスチャージャー