ワイルド・スピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワイルド・スピード
The Fast and The Furious
監督 ロブ・コーエン
脚本 ゲイリー・スコット・トンプソン
エリック・バーグクィスト
デヴィッド・エアー
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン
製作 ニール・H・モリッツ
製作総指揮 ダグ・クレイボーン
ジョン・ポーグ
出演者 ポール・ウォーカー
ヴィン・ディーゼル
ミシェル・ロドリゲス
ジョーダナ・ブリュースター
音楽 BT
撮影 エリクソン・コア
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 オリジナル・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年6月22日
日本の旗 2001年10月20日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $38,000,000[1]
興行収入 $207,283,925[1]
4億5000万円[2] 日本の旗
次作 ワイルド・スピードX2
テンプレートを表示

ワイルド・スピード』(原題: The Fast and The Furious)は、2001年ポール・ウォーカーヴィン・ディーゼル出演、ロブ・コーエンが監督したカー映画。ロサンゼルスを舞台にドラッグレースゼロヨン)に熱中するストリート・レーサーたちを題材としたカーアクション映画である。当時のアメリカのストリート・レース文化にのっとり、スポーツコンパクトと呼ばれるカテゴリの日本車が数多く登場する。

2007年2月15日HD DVD版、2009年9月18日Blu-ray Disc版を発売。Blu-ray版は、本編の他にメイキングや未公開シーン、ミュージック・ビデオなどの特典映像を収録。

シリーズの時間軸は、1作目(本作)→2作目→4作目→5作目→6作目→3作目→7作目の順となっている。

あらすじ[編集]

高額貨物を乗せた輸送トラックが夜間に初代ホンダ・シビッククーペの改造車の集団の襲撃を受ける事件が多発するロサンゼルス

一人の白人・ブライアン=スピルナーはD32型三菱・エクリプスの改造車を走らせるもパワー不足に悩み、彼自身が働いているショップのオーナーであるハリーにNOSを寄越すよう頼むが、ハリーからは素人技術では暴発しかねないと釘を刺されてしまう。一方、ブライアンは店を経営しているミア=トレットに好意を寄せており彼女の店に寄り付くも、同じく彼女の好意を寄せるヴィンスに食って掛かられて喧嘩となり、仲裁に入ったミアの兄・ドミニクから警告を受けてしまう。

その日の夜、大金を賭けたストリートレースに於いてブライアンはドミニクに勝負を挑むも、真っすぐ走らせるにも難儀し、NOSを用いて一時は好位置につくがエンジンブローを起こしてしまう。それでもガッツを見せたことでブライアンは周囲から認められることとなるが、別の事件に掛かっていた警察が直後にストリートレースの場に現れ、ドミニクは窮地に陥るもブライアンが彼を助け出したことでその場を凌ぐことはできた。だがその過程で敵対している東洋系ギャングであるジョニー=トランの縄張りに入ってしまい、更にトラン一味の銃撃でエクリプスが炎上・爆発させられてしまう。しかしドミニクを救出しようとせずにドミニクの家で乱痴気騒ぎをしている仲間と違って自分が捕まる覚悟で助けに向かったブライアンに対しドミニクは敬意を示すこととなる。

翌日、ブライアンは警察に路上で職務質問の末に拘束される。実はブライアンは輸送トラック襲撃事件の潜入捜査のためにドミニクらに接触したおとり捜査官であるブライアン=オコナーであり、また上層部からはトラックの運転手が自衛手段の強化を図っていること、ドミニクがかつてレンチで人を殴った前科があることを聞かされることとなる。

それから後、ブライアンはドミニクのガレージにA80型トヨタ・スープラのガラクタを持ってくる。ドミニクらは最初こそ馬鹿にしたものの搭載しているエンジンの状態がよく改造の次第では好条件になることに気づくとともに、ドミニクは彼に同社の改造に加わることを許す。一方でブライアンとミアの中も徐々に親密となっていった。

ある日、ブライアンはハリーの店に来た客の注文している部品が襲撃事件に用いられたと思しき車両と合致することに気づき、その夜にその客のガレージに忍び込むが、脱出したところでヴィンスに昏倒させられた後に彼とドミニクに警官かと問い質されレース・ウォー参戦にあたって他勢力の車両を調べて回っていたと誤魔化す。それから彼らはトランのガレージに忍び込むことになるが、そこで襲撃の被害品を見つけるとともにトラン一味の残虐な拷問[3]を目の当たりにすることとなる。

その目撃情報をブライアンから伝えられた上層部はトラン一味を検挙しようとするもブライアンはどうも彼らの仕業とは思えない旨を述べるとともにドミニクに襲撃事件を起こせるとは思えないと述べる。そんなブライアンに対し、かつてドミニクがレンチで殴りつけた男の写真を上司は見せるのだった。

一方、ブライアンへの信頼を深めたドミニクは父親の形見である1970年式ダッジ・チャージャーを見せたのだった。そこでストックカーレースに参戦していた父親が同車で事故を起こし焼死したこと、事故死の原因である相手をその気はなかったもののレンチで殴りつけたことでプロのレースに参加する資格を失ったこと、ストリートレースが生き甲斐でその間だけは他の事を忘れ自由でいられることを話す。

その日の夜、ミアとの距離を縮めたブライアンは上層部からトラン一味の検挙の連絡を受け、翌日一味は次々と検挙される。だが一連の物品は正規で入手したものと分かり一味は保釈され、更に上層部は早合点で動いた責任をブライアンに押し付けてしまう。

やがてスープラの改造が完了し、フェラーリを相手に実力を見せつける。それからブライアンは前夜の一件で生まれた疑念をドミニクにぶつけるとレース・ウォーへの参加を提案され参加することとなる。そこでブライアンはドミニクの仲間であるジェシーが父親の4代目フォルクスワーゲン・ジェッタを賭けてトランと勝負することを知り止めるもジェシーは聞き入れず勝負して敗北、恐れをなして逃げてしまう。更にトランはドミニクが警察に通報したと思い込み、二人は取っ組み合いとなる。

その日の夜、ドミニクとミアが言い争うのを見掛けたブライアンはミアに自分が警官であることを白状したうえで、ミアへの想いは本当であること、トラックの運転手が自衛に手を出し始めたことでドミニク達の立場が危うくなることを告げて協力を仰ぐのだった。レティらが不安を抱く[4]中で襲撃が実行に移されるも不安が的中し、ショットガンを手にしたトラックの運転手の抵抗によってレティの搭乗する車両が横転、ヴィンスの腕にワイヤーが絡まって生命の危機に陥ってしまう。だがブライアンが現場に到着しミアと協力してヴィンスを救出するが、ドクターヘリを呼ぶ際の連絡の際にブライアンが警官であることがドミニクにばれることとなり距離が生まれてしまう。

その後ロサンゼルスに戻ったブライアンは、整備を終えたチャージャーを持ち出したドミニクと一触即発に陥る。そんな中で焦燥感に駆られたジェシーが戻ってくるが直後トラン一味が襲撃しジェシーは被弾してしまう。二人は連係プレーでトラン一味を追い、やがてブライアンの発砲でトランが倒れたことで抗争は終了する。

その後ドミニクを追いかけたブライアンは彼に追いつき、ドミニクが高校生の頃にゼロヨンレースを行った通りで勝負を行なう。二人は同時に踏切を同時に越えるも直後にドミニクのチャージャーがトレーラーにぶつかり大破したところで警察が近づいてくるのが聞こえると、ブライアンは職務よりも友情を優先しドミニクにスープラのキーを渡したのだった。

その後、ドミニクがバハ・カリフォルニア州にてシボレー・シェベルSSを駆ける様子が描かれ終了する。

登場人物[編集]

ブライアン・オコナー(愛称:ブライアン)搭乗車種:2代目エクリプス→JZA80スープラ
本作の主人公。ロス市警の警察官。トラック襲撃事件の犯人としてドミニク達に目をつけ、彼らを探るためにゼロヨンに参加してドミニクに近付く。
潜入の為にドミニク達に近付くが、次第に彼の人間性に惹かれていき、更にはドムの妹のミアを本気で愛するようになっていき、次第にドムを助けたいと苦悩する。
ドミニク・トレット(愛称:ドム)搭乗車種:FD3S RX-7→チャージャー
もう一人の主人公。ゼロヨンレースを取り仕切るだけでなく、自身もレーサーとしてトップクラスの実力を持つ。
家族の絆を人一倍大切にしており、恋人のレティや仲間のヴィンスはもちろん、特に妹のミアは大切にしている。
父親の遺した車を自宅の車庫に置いており、少しずつ整備をしていて、いつか走らせることを夢見ている。
レティ・オルティス(愛称:レティ)搭乗車種:S14 240SX
ドミニクの恋人。車の整備もお手のもので、自身の愛車を改造・整備をこなすだけでなく、レーサーとしての実力も高い。その実力は相手が男であっても正々堂々と戦ってあっさり勝てるほど。女だからとナメて挑んでくる奴に対しては、完膚なきまでに実力をみせつけて打ち負かす。
ドミニクに近づく女がいると嫉妬心まる出しの挑発で威嚇して追い払う。
ミア・トレット(愛称:ミア)
ドミニクの妹。店を経営しており、ドムたちの溜まり場のようになっている。いつも来るブライアンを密かに気に入っており、次第に打ち解けていく。
ヴィンス 搭乗車種:マキシマ
ドミニクの昔からの仲間。ミアに惚れていて、いきなり現れたブライアンに嫌悪感を抱いており、何かと突っかかる。更にはブライアンを警官でないかと警戒し、ドミニクにも警告している。
襲撃中に自衛したトラックの運転手の抵抗により生命に危機が及ぶ程度の重傷を負ってしまう。
ジェシー 搭乗車種:ジェッタ
ドミニクの仲間。父親が刑務所に服役している。気が小さく、集中力がないため、学校でもいじめられ退学になる。しかし、車に関する知識は誰よりも高く、独自のデザインやエンジンの整備図面を引くなどブライアンに「M.I.Tに入れる」とまで誉められる。その際、ADD(注意欠陥障害)を持っていることをブライアンにカミングアウトしている。
レースウォーではジョニー・トランと車の所有権を賭けてレースをするが敗北してしまい、恐怖心から逃げ出してしまう。その後ロサンゼルスに戻ってくるが、直後にトラン一味の銃撃に遭い被弾してしまう。
レオン 搭乗車種:BCNR33 GT-R
ジェシーと同じくドミニクの仲間。当初はヴィンス同様にブライアンが嫌いだったものの、ドミニクが彼を受け入れてからは仲間として認めるようになる。
主に警察無線の傍受を担当しており、レース中の警察の動きを無線で警戒している。
ハリー
ドミニクが出入りする店の店長。ドミニクが使っているという触れ込みからストリートレーサーがこぞって店に買いに来ている。
ドミニクのおかげで店が繁盛していることからドミニクには頭が上がらない。
タナー巡査部長
ブライアンの上司。ドミニクが犯人と決めつけた捜査で早急に逮捕しようとする。
エージェント・ビルキンス
FBI捜査官。ブライアンを潜入させたがまったく信用せず、ブライアンからの情報を待たずに勝手にジョニー一味を逮捕した挙げ句、空振りに終わった責任をブライアンに押し付ける。
ジョニー・トラン 搭乗車種:S2000
ドミニクと縄張り争い[5]をする東洋系ギャング。冷酷な性格で、自分たちのシマに間違って入ってきてしまったブライアンの車をマシンガンで破壊したほか、エンジンを売った男にエンジンオイルを飲ませる拷問を行なっている。DVDプレーヤー窃盗の容疑を掛けられて1度逮捕されるが、正規に買ったものとわかり釈放される。しかし、家族の前で逮捕される屈辱を味わったことからドミニクが垂れ込んだと思い、復讐に出るが最終的にブライアンに射殺される。
ランス・グエン
ジョニー・トランの従弟。常にジョニーと行動を共にし、終盤の復讐にもグループ内で唯一付き合う。そのことが裏目に出て、最終的にはバイクでブライアンのスープラを追走中にドムのチャージャーにぶつけられ大転倒してしまう。(生死不明)

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト テレビ朝日
ブライアン・オコナー ポール・ウォーカー 森川智之 堀内賢雄
ドミニク・トレット ヴィン・ディーゼル 内田直哉 菅田俊
レティ・オルティス ミシェル・ロドリゲス 喜田あゆ美 高山みなみ
ミア・トレット ジョーダナ・ブリュースター 幸田夏穂 井上喜久子
ジョニー・トラン リック・ユーン 中田和宏 池田秀一
ジェシー チャド・リンドバーグ 青木誠 鳥海勝美
レオン ジョニー・ストロング 樫井笙人 桐本琢也
ヴィンス マット・シュルツ 落合弘治 西凜太朗
タナー巡査部長 テッド・レヴィン 稲葉実 金尾哲夫
エドウィン ジャ・ルール 高木渉 三宅健太
エージェント・ビルキンス トム・バリー 宝亀克寿 藤本譲
ハリー ヴィト・ルギニス 西村知道 岡和男
ミューズ スタントン・ラトレッジ 小野健一 田中正彦
ヘクター ノエル・グーリーエミー 天田益男 斎藤志郎
テッド ボー・ホールデン 大川透 木村雅史
ラスタの男 デヴィッド・ダグラス 桐本琢也 二又一成
ランス・グエン レジー・リー 清水敏孝 室園丈裕
モニカ モニカ・タマヨ 斎藤恵理 恒松あゆみ
エドウィンの女 タミー・モニカ・ゲガミアン 込山順子
無線女#1 高森奈緒
カミーユ 荒井静香 七緒はるひ
女#2 山門久美
警備員#1 木村雅史
ヨガ 前田ゆきえ
マーヴィン 根津貴行
男(1) 奈良徹
男(2) ヤスヒロ
男(3) 堀越省之助
翻訳 戸田奈津子 岩佐幸子 松崎広幸

地上波放送履歴(ゴールデンのみ)[編集]

回数 テレビ局 番組名 放送日 放送時間 放送分数 吹き替え版 視聴率
初回 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2005年10月23日 21:00 - 22:54 114分 テレビ朝日版
2回 2006年9月17日
3回 テレビ東京 木曜洋画劇場 2008年5月29日
4回 TBS 水曜プレミア 2014年3月26日 6.2%

劇中に登場する主なマシン[編集]

日本車 TOYOTA

  • トヨタ・スープラ(1994年式 タルガトップ仕様) - オレンジメタリック。ドラッグレースに負けたブライアンがドミニクに譲るつもりだった三菱エクリプスが後述するようにジョニー・トランのグループに爆破されたため、代わりに用意したスクラップ同然だった車。スクラップ時は2JZ-GE(NA)エンジンだったが、ターボチューン化、ドミニクの工場で修理しさまざまなチューニングパーツを日本から取寄せ、完成させたブライアンのセカンドカー。
    完成させた直後に試乗し、ストリートでフェラーリF355GTSをぶっちぎるパフォーマンスをみせる。終盤で活躍したが、最終的に逃走するドミニクに渡し、借りを返した。
    エアロパーツはフロント・サイド・リアアンダーBOMEX製、ボンネットはTRDのものであり、リアウィングはAPR Performance製アルミウィング。映画のテクニカルアドバイザーであり、劇中のレース・ウォーのスターターも務めたクレイグ・リーバーマン所有の車両がモデル。

NISSAN

  • スカイラインGT-R(1995年式) - イエロー、レオンの車両。米国MOTOREX社が並行輸入していた個人車両がモデル。米国So-Cal社の手により、NOSシステムを搭載。
  • 日産・240SX(1997年式) - ピンクパープル、レティの車両。ViS Racing製 Stalkerタイプボディキット及び、AVS・モデル5を装着。
  • 日産・マキシマ(1999年式) - ブルー、ヴィンスの車両。ボルテック製スーパーチャージャー及びNOSシステム搭載。STILLEN社製ボディキットを装着。
    クレイグ・リーバーマンの妻、ジェニファー・リーバーマンの愛車であり、7万5000ドルをかけてチューニングされた車両。

HONDA

  • ホンダ・インテグラ - ターコイズの4ドアモデル、ViS Racing製ボディキット装着(日本仕様フロントに換装)がミアの車両。
    レッド、2ドアモデル、モモコルセ仕様のグラフィックがエドウィンの車両。エドウィンの車両はビル・コフィー所有の個人車両がモデル。
  • ホンダ・S2000 - ブラック、Veilside製ボディキット。ジョニー・トランの車両。米国のパーツメーカー、RO_JA社代表のRJ・デヴェラ所有の同車がモデル。
  • ホンダ・シビッククーペ - ブラック、ViS Racing製GT Bomberタイプボディキット及び、Streetglow製アンダーグロー装着。ドミニク一味がトレーラージャックに使用。ターボチューンが施されている。3台登場し物語中盤のその内、レティの車はトレーラーの体当たりを受け横転、ドミニクの車はエンジンをショットガンで銃撃され走行不能になる。
ホワイトボディにViS Racingのグラフィックを施し、同社製Xtreme GTタイプボディキットを装着した車両はRJ・デヴェラが序盤のストリートレースで所有。車内にPS2が搭載され、ストリートレース開始前にグランツーリスモをプレイしている。(使用している車種は三菱・GTO)。
  • ホンダ・シビック - ゴールド、Veilside製ボディキット装着、ヘクターの車両。モデルになった個人車両はD2仕様のグラフィックを施しており、Revell社製のミニカーなどではそのカラーリングが再現されている。
  • ホンダ・アコード - オレンジメタリック、Wings West製ボディキット。冒頭のストリートレース及びレースウォーで登場。ボンネットが取り払われ、ターボチューンを施したボンネットが常に見え、またハイドロ装着であることも劇中での車高調整から確認できる。
  • ホンダ・CBR900RR - (1996-1997年式)レッド。序盤でジョニー・トランが乗っていたバイク。
  • ホンダ・CR125R (1995〜1997年式のいずれか) - レッド。終盤でランスが乗っていたバイク。当初はジョニーの終盤に乗るバイクと同じカワサキ・KLR650の色違い車両で走行していたが、ジョニーのバイクに比べてより大きなジャンプをするスタントライディングがあるので、走行シーンの途中から車種が変更されている。KLR650と違和感なくシーンが繋がるように、フロントサスペンションが純正の倒立式フォークからKLR650と同じ正立式に変更されている。なお本来は2ストロークだがエンジン音もKLR650と同じ4ストロークの効果音が使用されている。

MAZDA

  • マツダ・RX-7(1993年式) - レッド、ドミニクの車両。出番は主に序盤で、その後はドミニクの家のガレージにてダッヂ・チャージャーを見ている時、レースウォーの時に見ることができる。Veilside製C2タイプボディキット及び、RE雨宮製スリークライトを装着。ApexUSA社員のキース・イモト所有の車両がモデル。

MITSUBISHI

  • 三菱・エクリプス(1995年式) - ネオングリーン、ブライアンの囮捜査のための車両。ViS Racing製品をベースにRobocarがカスタムしたオリジナルのボディキット及び、APR Performance製CT-IIウィングを装着。
    序盤のストリートレースでエンジンを破損し、その後トラン一味の手により銃撃され、炎がNOSのタンクに燃え移り爆発。ジョン・ラピッド所有の個人車両がモデル。

その他

  • ダッジ・チャージャー(B-body)(1969年式) - ブラック、ドミニク親子が共に改造した物で、父親がレースで事故死した後はガレージ内に置かれたままであった。
    終盤でドミニクが運転し、ブライアンのスープラと最後のレース中、セミトレーラーに前からぶつかり横転。
    1970年式と公開から数年後の書籍、及び続編では紹介されているが、実際は1969年式のボディをベースに1970年式のフロント周りを移植した車両。(公開当時のアメリカ車雑誌等で記述有)
  • シボレー・シェベルSS(1970年式) - レッド/ブラックストライプス。エンドクレジットの後、ドミニクがバハにいるところが見られ、4作目に繋がることを彷彿とさせる。
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ(日本名ヴェント:1995年式) - ホワイト。ジェシーの車両で正確には父親の車。Wings West製ボディキットを装着。
    トランのS2000とレースウォーでバトルしたのち終盤でトラン一味の銃撃でハチの巣となる。
  • ジオ・メトロ(スズキ・カルタスGM・GEOブランド仕様)-ホワイト。ピザ屋の配達車両。冒頭のストリートレースで監督のロブ・コーエンの運転により登場し、ストリートレーサーたちにより追い返される。
  • フェラーリ・F355GTS(1999年式) - ブラック、本作のプロデューサーのニール.H.モリッツの車。スープラとゼロヨンを行うも敗北してしまう。
  • フォード・F-150(1999年式) - レッド、ハリー(会社の車-ブライアンによって運転されている)の車。
  • ピータービルト・359 - 劇中に登場するトレーラー
  • ヤマハ・YZF-R1 (1998年式) - ブルー。序盤でランスが乗っていたバイク。
  • カワサキ・KLR650 - ブラック、レッド。終盤でジョニーとランスが乗っていたバイク。ジョニーがブラック、ランスがレッド。1987年の初期モデルから映画公開時を越える2007年まで、長らく外観の大幅な変更が無かったので年式は不明。より一層スタントライディングをし易いようにフロントフェンダー前半部の切断と、ヘッドライトカバーがデュアルパーパスとしてはやや大柄な純正のクォーターフェアリング風のものから、より小型なエンデューロレーサー風のものに変更されている。ランスのものは更にリアフェンダーがモトクロッサー風の曲率が緩く小型のものに変更されている。

主人公とその仲間たちの乗る車両のバイナルグラフィックスモータースポーツ関連用品のグラフィックデザイナーとして高名なアメリカ人、トロイ・リー氏とモダンイメージがデザインを手がけ、後に市販された。

楽曲[編集]

エンディングテーマ[編集]

日本公開版ではDABOの『レクサスグッチ』が採用されている。

続編[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The Fast and The Furious (2001)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年11月10日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 110頁
  3. ^ 劇中では日産・SR20エンジンを売った男に対してエンジンオイルを飲ませようとした後に足蹴にしていた。
  4. ^ ミアも不安を抱いており、そのことから言い争っていた。
  5. ^ ドミニクによれば、商売の交渉で揉めたことに加えて彼がジョニーの妹と関係を持ったのが原因とのこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]