ナムコ・ナンジャタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナンジャタウン(NAMJATOWN / NAMCO NAMJATOWN)は、アミューズメントスポット事業会社ナムコが運営する屋内型テーマパーク1996年7月6日東京池袋サンシャインシティに開園した。開園当初の正式名称は「ナムコ・ナンジャタウン」だったが、2013年7月の大幅リニューアルにより、正式名称を「ナンジャタウン」に変更している(詳細は後述)。

パークのテーマは「思い出とオドロキとトキメキの街」[1]。なお、開園当初のパークのテーマは「思い出とトキメキのテーマパーク」だった。

来歴[編集]

開園当初のナンジャタウンはディズニーランドのようなテーマ性の高い遊具やアトラクションを中心とした構成だった。

2001年10月23日にセガ(後のCAセガジョイポリス)が運営する東京ジョイポリスと“遊好姉妹都市”を締結した。

2002年7月19日にナンジャタウン内の「福袋七丁目商店街」に「池袋餃子スタジアム」がオープンして以降、ナンジャタウンはフードテーマパークとしての色彩を強めていった。ナンジャタウンを開園するにあたり設立されたプロジェクトチーム「チームナンジャ」は、フードテーマパークプロデュース集団としてナンジャタウン内で「アイスクリームシティ」「東京デザート共和国」等の企画を手がけたほか、各地に多くのテーマパークを送り出した。テーマパーク一覧については関連項目ナムコに詳述。

2005年7月15日には「りらくの森」という新しい業態(癒し、リラクゼーション)もオープンさせたが、2010年5月5日に営業終了した。

リニューアルのため、2013年1月15日から7月10日(発表当初は「2013年夏頃」)まで休園した。リニューアルに伴い、サンシャインシティワールドインポートマートビルの2階・3階と一部1階から、2階部分のみの1フロアに規模を縮小。正式名称を、従来の「ナムコ・ナンジャタウン」から「ナムコ」を外した「ナンジャタウン」に変更。3階部分および吹き抜け部分の2階と1階の一部はナムコ運営による新テーマパーク"J-WORLD TOKYO"に転換された。

2013年3月28日付のプレスリリースで、リニューアルオープン日が2013年7月11日に決まり、「福袋七丁目商店街」・「もののけ番外地」に加え、新街区「ドッキンガム広場」が新たにオープン、また デザート全般を扱ったフードテーマパーク「福袋デザート横丁」が「福袋七丁目商店街」にオープンすることが明らかになった。なお、既存の池袋餃子スタジアムもナンジャ餃子スタジアムとしてリニューアルされた。リニューアルに合わせて「ナンジャタウン」のロゴマークのデザインが変更され、2013年3月28日付のプレスリリースにて新しいロゴマークが発表された。

特徴[編集]

サンシャインシティ内のビルの1つであるワールドインポートマートの、それまで三越が入居していた2・3Fと1Fの一部を利用して開園した。既存の建物のテナントとして開業したので、天井高や床の強度、フロア内の柱などの制限により大型アトラクション装置などの設置は不可能だった。そのためアトラクションは「園内を回遊する」タイプの物が非常に多く、ただ歩くだけでも楽しいテーマ性の高い園内に、ゲーム性を付加している。園内は街区(がいく)と呼ばれるブロックに区切られ、それぞれに独自のカラーを持たせている。

夏休みなどを中心としたイベントなどが他のテーマパークに比べるかなり充実していることも特徴の一つである。最近では、漫画作品のコミック・単行本の発売記念やアニメ作品のテレビ放映開始・劇場公開作品(主にアニメ映画)の公開記念・DVD販売記念やゲームソフトの発売記念などのタイアップイベントを開催し、得意とするフードテーマパークでの期間限定メニューの販売も同時に行なっている、

また開園当初から現在まで、室内テーマパークとしてはリピーターが多いことも特徴である。これは上記のように年間を通して様々なイベントがあり常にパークの新鮮さを維持していることと、アトラクションやイベントの難易度が全体的に高く、いわゆる“はまりやすい”内容であることが考えられる。特にかつて存在した「スーパーナンジャビザ」はクリアすれば様々な特典が受けられるため利用者が多かったが、108つのスタンプを集めるのは思いのほか難しく、1回の入園ではすべて集めることが困難なため、リピーターを作る要因となった。

園内の用語として、従業員をナンジャリアン、来園客をフェスタリアンと呼び、挨拶や掛け声には「ナンジャラー!」が使われる。

マスコットキャラクター[編集]

三毛猫のナジャヴとそのガールフレンドのナジャミー。 また、2013年のリニューアルからはナジャヴのライバルとされ、新街区「ドッキンガム広場」を拠点とする謎の組織「モジャモジャ団」の団長のモジャヴが登場した。 各街区ではイメージに応じたコスチュームを身にまとったナジャヴ・ナジャミーのイラストを目にすることが出来るほか、ナジャヴ・ナジャミー・モジャヴが園内に登場して挨拶に廻る、キャラクターグリーティングが行われるほか、クリスマスや年越しカウントダウンイベントなどといったシーズンイベントを中心に、ナジャヴ・ナジャミー・モジャヴが出演するイベントなどが行われる。同園内にあるオフィシャルショップ「ナジャモジャマーケット」で3人のキャラクターが描かれたお土産を購入出来る。他には赤ちゃん猫のナンチッチや幸せを運ぶ青い鳥のハピル、お化けのもののけたまなど、数種類のキャラクターが存在する。

構成[編集]

ナンジャタウンは1フロア3街区とナンジャコアで構成されている。2013年7月11日のリニューアル時点での構成は以下の通り。

ナンジャコア 
ナンジャタウンの玄関口となるエリア。かつては中心部としてアトラクションが設置され、1Fにあったアトラクションエリア「ドレッサールーム」もナンジャコアに含まれていた。2013年のリニューアルにより1階と3階部分は消滅、2階部分はエントランス(入園ゲート)とインフォメーション、タウンガイド(園内地図案内板)、オフイシャルショップ「ナジャモジャマーケット」のみとなり、大幅にエリアが縮小した。
福袋七丁目商店街 
街区の一つ。昭和30年代の商店街を思わせるノスタルジックな雰囲気のエリア。後述のフードテーマパーク「ナンジャ餃子スタジアム」と「福袋デザート横丁」はこのエリアにある。ナンジャ餃子スタジアムの前身、池袋餃子スタジアムのオープン時に「福袋餃子自慢商店街」へ改称。2013年7月のリニューアルにより「福袋七丁目商店街」の名称に戻している。
もののけ番外地 
街区の一つ。和風ホラーエリア。イベント会場として使用されていたナンジャミュージアムがあった場所とゴースト13番街の一部を改装して1997年7月26日にオープンした。福袋七丁目の郊外にある「袋小路十三丁目」の神社学校などにゴースト13番街のゴーストたちがとり憑いたという設定。フェスタリアンに向けて「このエリアのアトラクションは恐怖やショックを体験していただくアトラクションです。ご心配な方はご遠慮ください。」と警告をしている。
ドッキンガム広場 
2013年7月11日のリニューアルオープンに合わせて登場した新街区。絵本のようなファンタジー世界をモチーフとしている。かつて「マカロニ広場」に存在した一部アトラクションはこちらに移設されている。

かつて存在した街区[編集]

2F[編集]

りらくの森
リラクゼーションをテーマとした、癒し系エリア。もののけ番外地の一部を改装して2005年7月15日にオープンし、2010年5月5日に営業を終了した。ここでは日本だけでなく、中国インドなど世界各国のセラピーを体験できた。りらくの森があった場所はのちに、イベントスペース(イベントホール)の「ナンジャアリーナ」に改装、主に期間限定イベントや、前述の映画公開記念・ゲーム販売記念・DVD販売記念のタイアップイベント関連などの期間限定アトラクションの開催場所として使用されていた。
ゴースト13番街
西洋風ホラーエリア。ナンダーバード軍と交戦中のゴースト軍のエリアとされ、ナンダーバードの地下にある下水道をイメージ。ナンジャタウンの街区では最も狭い。2013年のリニューアルにより消滅した。

3F[編集]

2013年1月まで存在したフロア。2013年におこなわれたフロア縮小を伴うリニューアルにより、3階にあった2つの街区と前述のナンジャコアの3階部分が消滅した。

マカロニ広場 
イタリアローマ、特に映画『ローマの休日』をモチーフとしたエリア。占いやおまじない、メリーゴーランドなど女性向けのアトラクションが多い。後述のフードテーマパーク「東京デザート共和国」はこのエリアにあった。
ナンダーバード 
アメリカの軍事基地風エリア。ゴースト軍との戦いに勝利し、基地全体がお祭り騒ぎの真っ最中という設定。後述のフードテーマパーク「アイスクリームシティ」はこのエリアにあった。

アトラクション[編集]

フードテーマパーク[編集]

ナンジャタウンのフードテーマパークとは一般のものとは異なり、アトラクションが主体だったテーマパーク内にそのテーマに沿った飲食施設を追加したという形になっている。これは、フードテーマパークを開始したきっかけが既存の施設の入場者数増加へのテコ入れであるという経緯による。現在フードテーマパークはナンジャ餃子スタジアム、福袋デザート横丁の2つがあり、それぞれのエリアのテーマに沿った飲食物が提供されている。

ナンジャ餃子スタジアム[編集]

2002年7月19日に「福袋七丁目商店街」エリアの一部を改装し、「池袋餃子スタジアム」がオープンした。同時に「福袋七丁目商店街」も「福袋餃子自慢商店街」に改称した。ノスタルジーを掻き立てる独特の雰囲気と、一度で日本全国の餃子を楽しめる運営スタイルがヒットし、集客力アップに大きく貢献した。初年度には218万人を集客している。それ以降ナンジャタウンは屋内型アミューズメント施設だけでなく、各種の食べ物を集めた総合フードテーマパークとしての色彩を濃くしていくこととなる。

2013年7月のナンジャタウンのリニューアルに伴い、「ナンジャ餃子スタジアム」に改称された。

架空の都市でありながら、2002年には宇都宮市と餃子姉妹都市提携を行っており、宇都宮市民は市民証(免許証や保険証など)をナンジャタウン入園窓口に提示すると、いつでも無料で入園できた(現在は終了)。

福袋デザート横丁[編集]

2013年7月11日に「福袋七丁目商店街」エリアの一部を改装しオープン。後述の「アイスクリームシティ」と「東京デザート共和国」の後継として、広くデザート全般を取り扱う事になった。

終了したフードテーマパーク[編集]

アイスクリームシティ[編集]

2003年7月18日に「ナンダーバード」エリアの一部を改装しオープン。メインとなる展示は日本各地から集められたご当地アイスクリームを味わうことのできるカップアイス博物館で、納豆手羽先など、一風変わった素材のアイスクリームを楽しむことが出来た。また、アルコール入りアイスクリームなど、大人ならではの楽しみもある。これらのアイスは持ち帰ることもでき、シティ中央に併設されている宅配便で送ることも可能だった。また、カップアイス博物館を取り囲むように設けられた各店舗では、日本だけでなくトルコアイス(ドンドゥルマ)やイタリアのアイスクリームを味わえた。さらに施設内には、日本国内でのアイスクリームの歴史や豆知識なども展示されていた。

2013年の休園を伴うリニューアル工事によるエリア縮小のため、2013年1月14日をもって終了した。

東京シュークリーム畑・東京デザート共和国[編集]

2004年7月23日に「マカロニ広場」エリアの一部を改装しオープン。当初はシュークリーム専門のテーマパーク「東京シュークリーム畑」で、2006年7月に「東京デザート共和国」に改名、広くデザート全般を取り扱う事になった。

当初の目玉はチームナンジャがこれまでの経験を生かし、全国各地から厳選した人気デザートの専門店および、シーズン毎にテーマを替え、期間限定で全国各地から100種類以上のデザートを取り寄せるデザートイベント会場の「デザートガーデン」。同会場は後に、「フェスタスクエア」と改名され期間限定のイベントに使用されていた。

2013年の休園を伴うリニューアル工事によるエリア縮小のため、2013年1月14日をもって終了した。

入園料[編集]

入園する場合には入園券またはパスポート(アトラクションフリーパス)が必要となる。パスポートには入園料が含まれている。アトラクションを体験する際には当日の入場日付が記載されているパスポートの提示かナンジャコインと呼ばれるメダルが必要となる。中学生以上のフェスタリアンは大人料金、4歳以上のフェスタリアンは子供料金となる。また3歳以下のフェスタリアンについては入園が無料となっている。一部のアトラクションではパスポートやナンジャコインで利用が出来ないものもある。詳しくはナムコ・ナンジャタウンのアトラクションを参照。

なお、2013年7月11日のリニューアルオープンに伴い、料金が一部改定され[2]、さらに、2014年4月の消費税の税率の変更に伴い、ナンジャエントリーチケットを除き料金が変更された。

通常入園券[編集]

ナンジャエントリー
入園だけを目的とするチケット。園内でアトラクションを体験するには、各アトラクションが設定している分の「ナンジャコイン」を購入する必要がある。また、一部のアトラクションではこの入園券を必要とする。
大人:500円/子供:300円
ナンジャパスポート
入園および園内のアトラクションを1日中楽しむことができる。
大人:3,300円/子供:2,600円
アフター3パスポート
15時以降の入園および園内のアトラクションを楽しむことが出来る。
大人:2,300円/子供:1,800円

以前は17時以降にナイトパスポートが発売されていたが、試験的に15時以降に繰り上げて発売した結果を受け、2015年10月から正式にアフター3パスポートの発売を開始した。

年間パスポート[編集]

ナンジャタウン年間パスポート
一年間、入園と園内のアトラクションが体験出来る。購入日より使うことが出来る。ナイトパスと同様、リニューアル以前から存在し、一旦販売を終了、価格改定し2013年10月1日から再発売された。また、2015年10月にも価格改定が行われた。大人では7回行けば元が取れる計算となる。
大人:23,000円/子供:15,000円

会員サービス[編集]

クラブ・ナンジャ
会員登録することで、パスポートの割引、ポイントやフェスタリアン称号の獲得、専用サイトでアトラクションの記録や写真が閲覧できるなどの限定特典が受けられる。
ナジャヴ倶楽部 CARD
オフィシャルクレジットカードサービス。オリエントコーポレーション(Oricoカード)と業務提携。入会するとパスポートが特別料金で購入できる。

事件・事故[編集]

  • 2005年7月21日の開園前、アトラクション「地獄旅館」で旅館内にある演出物の点検を行っていたナンジャリアンが、誤作動した装置に挟まれ意識不明の重体となる事故が発生した。その後、事故の原因を詳しく調べると共に安全確認をとるためにしばらく営業を見合わせ、2006年3月1日に営業を再開した。
  • 2011年3月12日、臨時休園した。当時の公式サイト上のお知らせでは「都合により」と記載されており、前日に起きた東北地方太平洋沖地震の影響か否かは不明。13日14日は開園時間を10:00から18:00までに短縮し営業を再開。15日から18日まで終日臨時閉園。
  • 2011年3月19日 - 21日は11:00から18:00までの短縮で再開園することになった。22日は終日休園をし、23日から28日の間は平日は11:00から18:00、土日祝日は10:00から18:00までの短縮開園。29日からは平日は11:00から18:00まで、土日祝日は10:00から20:00までの短縮開園に変更された。なお、現在は通常営業に戻っている。
    • 有効期限が2011年3月31日から同年6月29日までの前売り券・引換券・割引券は有効期限を同年6月30日まで延長する処置がとられた。また、2011年3月11日から2012年3月20日の間に有効期限を迎える期間チケット(年間パスポート・期間エントリーチケット)の有効期限を1ヶ月延長する処置がとられた。
    • なお、3月12日以降、期間パスポート・期間エントリー(期間入園)券の販売をしばらく見合わせた。2011年10月1日から年間パスポートチケットのみ販売を再開、その他の期間パスポート・期間エントリー(期間入園)券は販売を終了した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度43分43秒 東経139度43分12秒 / 北緯35.72861度 東経139.72000度 / 35.72861; 139.72000