あすたむらんど徳島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳島県立あすたむらんど
ふれあい公園
ASUTAMULAND TOKUSHIMA.JPG
入口付近
所在地
徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22
座標 北緯34度9分8.2秒 東経134度26分27.8秒 / 北緯34.152278度 東経134.441056度 / 34.152278; 134.441056座標: 北緯34度9分8.2秒 東経134度26分27.8秒 / 北緯34.152278度 東経134.441056度 / 34.152278; 134.441056
面積 24ha
開園 2001年7月1日
運営者 徳島県(指定管理者:株式会社ネオビエント[1]
設備・遊具 子ども科学館、プラネタリウム、体験工房、四季彩館、吉野川めぐり 冒険の国、ウェルカムガーデン、風車の丘、芝生広場、ジャンボパラソル 、くつろぎ館
駐車場 大型バス28台・普通車約1,300台

北緯34度9分8.2秒
東経134度26分27.8秒

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 徳島県立あすたむらんど
子ども科学館
ASUTAMULAND TOKUSHIMA-Kagakukan.JPG
徳島県子ども科学館
あすたむらんど徳島の位置(徳島県内)
あすたむらんど徳島
あすたむらんど徳島の位置
施設情報
正式名称 徳島県立あすたむらんど子ども科学館[2]
専門分野 自然科学
事業主体 徳島県
管理運営 株式会社ネオビエント(指定管理者
開館 2001年7月1日
プロジェクト:GLAM

あすたむらんど徳島(あすたむらんどとくしま)は、徳島県板野郡板野町にある、子ども向けの科学教育をテーマとした徳島県立の科学館及び公園である。正式名称は、徳島県立あすたむらんど[2]。2001年7月1日にオープンした[3][4]。管理・運営は指定管理者制度により、株式会社ネオビエントが行っている。

主な施設[編集]

施設の詳細や展示テーマの詳細は、公式サイトなどを参照。[5]

  • 子ども科学館 - 「科学技術と自然環境の調和」をテーマとし、3つのテーマに沿った展示がなされている。展示物は、直接触ったり操作を可能とするなどの工夫がなされている。
  • プラネタリウム - ドーム直径は20m。また、投影機は「世界一の明るさ」を標榜している。
  • 吉野川めぐり - 屋外に設置されているウォータースライダー
  • 四季彩館 - 万華鏡映像の上映を行う「カレイドシアター」などがある。
  • 体験工房 - 工作教室などを行う施設。
  • 冒険の国 - 水を用いた大規模な遊具などが約30種類設置されている。
  • 探検の国 - 森をテーマとした施設群。遊歩道のほか遊具を設置した「わくわく原っぱ」などがある。
  • 風車の丘 - フランスにある博物館「バス・セーヌ エコミュゼ」にあるものをイメージして建設された風車を設置している。また、展望台からは吉野川を見ることができる。
  • くつろぎ館 - 売店およびレストランなどがある。

利用情報[編集]

  • 所在地 : 徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22
  • 開園時間 : 9時30分から17時(7,8月は18時)まで。 ※四季彩館・吉野川めぐり・子ども科学館の最終入場(利用)は閉園30分前まで。
  • 休園日 : 水曜日(祝日の場合は翌日) ※8月12日から15日までは休園しない。
  • 利用料 : 一部有料。

交通[編集]

[6]

脚注[編集]

  1. ^ 公の施設の指定管理者について
  2. ^ a b 徳島県立あすたむらんどの設置及び管理に関する条例”. 2016年10月21日閲覧。
  3. ^ おはようとくしま 事業費230億円「あすたむらんど」オープン近づく”. 四国放送 (2001年5月24日). 2009年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月23日閲覧。
  4. ^ あすたむらんど徳島 空間通信
  5. ^ 公式サイト内「施設の案内」より。(2011年3月13日閲覧)
  6. ^ 公式サイト内「交通案内」より。(2011年3月13日閲覧)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]