姫路科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 姫路科学館
姫路科学館.jpg
姫路科学館
施設情報
正式名称 姫路科学館[1]
愛称 アトムの館
専門分野 総合科学・天文・ロボット
事業主体 姫路市
管理運営 姫路市教育委員会
開館 1993年
所在地 671-2222
兵庫県姫路市青山1470-15
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

姫路科学館(ひめじかがくかん)は兵庫県姫路市にある「地球・郷土の自然・科学・宇宙」の4つをテーマにした姫路市立の総合科学館。愛称は「アトムの館」で、1993年に開館した。直径27mドームスクリーンの日本最大級プラネタリウムがあることで知られる。

近隣には、天体観測施設をもつ科学系児童館「星の子館」、兵庫県立こどもの館自然観察の森などがある。設立当初は市内手柄山に建設された。

施設概要[編集]

  • 常設展示室1~3
  • 特別展示室
  • 講義室
  • プラネタリウム(300席) - 2013年3月16日改装。直径27m、世界第5位、国内4位のドームスクリーン型[2][3][4]
  • ミュージアムショップ
  • 喫茶室
  • 会議室
  • 実験室
  • 工作室

交通アクセス[編集]


主催行事[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度51分6.3秒 東経134度37分36.6秒