福岡県青少年科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 福岡県青少年科学館
FUKUOKA SCIENCE MUSEUM
Fukuoka Science Museum 20170203-2.jpg
科学館外観
福岡県青少年科学館の位置(福岡県内)
福岡県青少年科学館
福岡県青少年科学館の位置
施設情報
正式名称 福岡県青少年科学館
専門分野 科学
事業主体 福岡県
管理運営 (公財)福岡県教育文化奨学財団
建物設計 三島・梓・電通設計共同体
開館 1990年5月1日
所在地 830-0003
福岡県久留米市東櫛原町1713
位置 北緯33度19分5.1秒
東経130度31分42.1秒
座標: 北緯33度19分5.1秒 東経130度31分42.1秒
アクセス 西鉄久留米駅から徒歩約15分
外部リンク 福岡県青少年科学館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

福岡県青少年科学館(ふくおかけん・せいしょうねん・かがくかん、英語表記:FUKUOKA SCIENCE MUSEUM)は、福岡県久留米市東櫛原町にある県立の科学館。運営は、(公財)福岡県教育文化奨学財団。

展示[編集]

展示施設は地学、生命の進化、視覚実験、コンピュータ、生物のからだ、乗り物、物理、宇宙、その他オブジェの9ジャンルに分かれており、それぞれ十数点の常設展示物がある。また、時期によって特設展が開催されることもある。

大規模施設[編集]

放電実験ステージ
空気中に放電を行える高電圧の出力装置を備えた実験施設。絶縁体を使った放電の阻害やファラデーケージなどに関する実験を行う。
お絵かきロボット
産業用ロボットモートマンを使用した施設。ロボットの先端にあるフレームへ紙をはめ込み、台に固定されたペンの先へ紙をこすりつけるような形で絵をかく。
ダイナミックワーカー
吹き抜けに設置された巨大なコースをボールが転がりまわる力学実験施設。高いところからコースに放たれたボールがほとんど自力で長いコースを転がっていく。
かつては一旦転がりだしたボールがほとんど力を加えられずにコースを転がる施設だったが、90年代後半に改修されて一部人力でボールを動かす施設へと変わった。
中庭オブジェ
流れる水の力を使って動く不思議なオブジェ。中庭に設置されている。

利用案内[編集]

  • 所在地:〒830-0003 福岡県久留米市東櫛原町1713
  • 開館時間:平日9:30~16:30(入館は16:00まで)、土・日・祝:9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(休日の場合は翌日)、最終火曜日(3・7・8月は開館)、年末年始(12月28日~1月2日)
  • 入館料金
    • 展示 一般400円(300円)、児童・生徒200円(150円)
    • コスモシアター(プラネタリウム)一般600円(400円)、児童・生徒300円(200円)
      • 土曜日は、児童・生徒(高校生等以下)無料
      • カッコ内は団体割引、全体で30名様以上
      • 65歳以上は無料。
      • 障害者手帳所持者は条件により無料または割引措置となる。

交通アクセス[編集]

  • 西鉄久留米駅から徒歩約15分
  • 西鉄久留米駅から、西鉄バス久留米「ゆめタウン久留米/T・ジョイ行き」または23番「田主丸駅前行き」乗車約5分 青少年科学館前下車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]