小樽市総合博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 小樽市総合博物館
Otaru city museum main entrance.jpg
小樽市総合博物館
小樽市総合博物館の位置(北海道内)
小樽市総合博物館
小樽市総合博物館の位置
施設情報
正式名称 小樽市総合博物館[1]
前身 小樽市博物館
小樽市青少年科学技術館
小樽交通記念館
専門分野 北海道の歴史や自然、交通、科学
事業主体 小樽市
管理運営 小樽市教育委員会
開館 2007年平成19年)7月14日
所在地 047-0041
北海道小樽市手宮1-3-6
位置 北緯43度12分40.8秒
東経141度0分5.3秒
座標: 北緯43度12分40.8秒 東経141度0分5.3秒
公式サイト 小樽市総合博物館
プロジェクト:GLAM

小樽市総合博物館(おたるしそうごうはくぶつかん)は、北海道小樽市手宮1丁目にある北海道の歴史自然鉄道をはじめとした交通科学などに関する展示を行う博物館である。

概要[編集]

2007年平成19年)7月14日小樽市博物館(おたるしはくぶつかん)と小樽市青少年科学技術館2006年12月閉館)の機能を統合し、手宮駅にあった第三セクター運営の小樽交通記念館(おたるこうつうきねんかん。2006年3月閉館)の施設を活用する形で発足したもので、旧小樽交通記念館の施設に事務機能を集約し、本館とした。なお、旧・小樽市博物館は運河館と改称された。

本館[編集]

本館手宮口
敷地内にある「北海道鉄道開通起点」碑

小樽市総合博物館は、1956年昭和31年)、色内にある旧日本郵船小樽支店を利用し設立された博物館である。設立当初は美術を含む人文・自然を対象とした博物館であった。

その後1962年(昭和37年)12月に、日本の鉄道開業85周年を記念して当時の日本国有鉄道が設置した北海道鉄道記念館を分館として運営を行った[2]

その後、鉄道記念館は1992年(平成4年)11月から一時閉館し、小樽市を事業主体として改装のうえ、1996年(平成8年)に展示範囲を海運や陸運にまで拡大して総合的な交通博物館として再オープン、小樽交通記念館に改称した。第三セクターの株式会社小樽交通記念館により運営されていたが、利用者の減少などのため2006年(平成18年)3月で閉館した。

小樽市博物館は2007年(平成19年)7月14日に、小樽市青少年科学技術館との機能統合にともない旧小樽交通記念館跡地に移転のうえ小樽市総合博物館と改称しオープンした。同年9月にはツール・ド・北海道2007の出発点となったほか、この年より小樽クラシックカー博覧会 in 小樽市総合博物館が開催されている。

施設は、北海道の鉄道発祥の地である旧手宮線・手宮駅の構内敷地5.8haを利用して設置されており、鉄道・科学・歴史館、蒸気機関車記念館、鉄道車輌保存館の3つの屋内施設の他、屋外展示場があり貴重な鉄道車両自動車などが保存展示されている。現存する日本最古の機関庫鉄道記念物である鉄道車輌保存館をはじめとして、道内に存在する準鉄道記念物12件のうち8件が、当館の所蔵である。

主な展示物[編集]

建造物[編集]

旧手宮機関庫
  • 旧手宮機関庫(鉄道車輌保存館):鉄道記念物、国の重要文化財
  • 手宮口転車台:旧小樽築港機関区転車台
  • 北海道鉄道開通起点標:準鉄道記念物

動態展示[編集]

静態展示[編集]

鉄道[編集]
蒸気機関車
ディーゼル機関車
電気機関車
気動車
客車
貨車
事業用車
過去の展示物
  • C62 3(1986年動態復元のため小樽築港機関区へ移動 現在はJR苗穂工場にて静態保存)
自動車[編集]

以下の車種からいずれかが入れ替え制で一般公開される。

過去の展示物
  • マツダ・787B(55号車予備車、2015年11月18日をもってマツダ本社へ返還[5]

運河館[編集]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 小樽市総合博物館運河館
Former Otaru Warehouse01n.jpg
運河館俯瞰
小樽市総合博物館の位置(北海道内)
小樽市総合博物館
小樽市総合博物館運河館の位置
施設情報
正式名称 小樽市総合博物館運河館[1]
事業主体 小樽市
管理運営 小樽市教育委員会
所在地
小樽市色内2丁目1-20
プロジェクト:GLAM

小樽運河近くに1890年から1894年にかけて建設された旧小樽倉庫(小樽市指定歴史的建造物)の建物3棟を館施設に用いて小樽市の歴史と自然環境に関する内容を展示・紹介している。第1展示室では「小樽の歴史―まちのあゆみを知る」としてアイヌ時代から近代までの小樽の歴史、第2展示室は「小樽の自然―その多様な姿を知る」として小樽に生息する動植物を中心として小樽の自然を展示する。

その他[編集]

  • 冬期間は本館の屋外の展示車両の大半が降雪対策としてブルーシートで覆われ、見学できない。
  • 旧小樽交通記念館開館時のイメージキャラクターに松本恵を起用した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 小樽市総合博物館条例 (PDF)”. 小樽市. 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ “北海道鉄道記念館開館”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1962年12月5日)
  3. ^ 『愛車 博物館に“納車” 小樽「石原裕次郎記念館」8月閉館 市「足跡残す」』 - 北海道新聞2017年5月24日夕刊
  4. ^ 裕次郎さんの愛車ロールスロイス 博物館で展示 - 小樽ジャーナル 2017年9月29日
  5. ^ 北海道)ルマン24時間優勝のマツダ車、小樽とお別れ”. 朝日新聞DIGITAL (2015年11月19日). 2015年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月28日閲覧。 - archive.is

関連項目[編集]

外部リンク[編集]