トヨタ博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg トヨタ博物館
TOYOTA AUTOMOBILE MUSEUM
Toyota Automobile Museum 2013 September.jpg
トヨタ博物館の位置(愛知県内)
トヨタ博物館
トヨタ博物館の位置
施設情報
専門分野 自動車
館長 布垣直昭
事業主体 トヨタ自動車
建物設計 日建設計・トヨタ自動車
延床面積 クルマ館 11,000m2
文化館 8,250m2
開館 1989年(平成元年)4月
所在地 480-1118
愛知県長久手市横道41-100
位置 北緯35度10分21.74秒
東経137度3分28.98秒
外部リンク トヨタ博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

トヨタ博物館(トヨタはくぶつかん)は、愛知県長久手市にある自動車に関する博物館

概要[編集]

トヨタ自動車創立50周年記念事業の一環として、1989年(平成元年)4月に開館した。1993年度には本社ビルが第1回愛知まちなみ建築賞を受賞している。その後、1999年(平成11年)にトヨタ博物館開館10周年を記念して新館がオープンし、日本のモータリゼーションの歴史を人の暮らしと生活文化との関連で捉えた展示をしている[1]

トヨタ自動車の運営であるが、ガソリン自動車誕生から約100年間の自動車の歴史をテーマに、トヨタ車だけでなく19世紀末から20世紀にかけて製造された各国、各メーカーの自動車が体系的に展示されている。2019年4月17日には、開館30周年記念として「クルマ文化資料室」をオープンした[広報 1]。自動車に関連する物として明治時代人力車も展示されている。

本館2階の常設展示を変更してカール・ベンツが1886年(明治19年)に造った初のガソリン車など72台を展示し、2016年(平成28年)1月に新装開館した[2]

本館3階の常設展示を従来の国産車と欧米車に分けていた展示を1950年代から10年ごとに5つの年代別に変更し、2017年(平成29年)1月4日に新装開館した[2]

展示車両はほとんどが動態保存となっており、イベントの際には敷地内を自走することがある。館内には整備工場が設置されており、展示車両の整備は整備工場で行われる。

新館2階の企画展示室では、収蔵車展などの企画展が行われる[3]。また同2階の常設展示エリアは2019年(平成31年)4月17日に「クルマ文化資料室」に新装された。同時に館内の施設名も本館が「クルマ館」に、新館が「文化館」にそれぞれ変更された。

展示車以外にも車両収蔵庫に約70台ほど収容されており[広報 2]、春と秋に車両収蔵庫の見学ツアー(バックヤードツアー)が開催される[3]

常設展示実績のある主な自動車[編集]

本館館内
新館館内

現在の展示車両はトヨタ博物館 展示車リスト 50音順を参照

本館館内

交通アクセス[編集]

鉄道
リニモ芸大通駅下車 徒歩約5分
路線バス
名鉄バストヨタ博物館前下車 徒歩約5分
自動車
駐車場300台(無料)愛知県道60号名古屋長久手線沿い[6] 名古屋瀬戸道路長久手IC付近

その他[編集]

ミュージアムショップ

トヨタ博物館には館内にレストランがあるが、中でも「トヨタ博物館カレー」はおみやげとしても密かな人気を博している。ミュージアムショップで販売されているほか、一部のトヨタディーラーでは販促ノベルティとして配布している所もある。缶詰レトルトの2種があり、それぞれ2種類と6種類のバリエーションがある。通信販売も行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 竹内誠監修 『知識ゼロからの博物館入門』 幻冬舎 2010年 98ページ)
  2. ^ a b c d e f 宮本隆彦 (2017年1月6日). “トヨタ博物館、常設展示を刷新 世界の名車 歴史たどる”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 8 
  3. ^ a b 村松秀規 (2017年4月27日). “50周年 トヨタ2000GT特別展示 ボンドカーやアイデアスケッチも 長久手”. 『中日新聞』 (中日新聞社): p. 朝刊 なごや東版 14 
  4. ^ a b 渡辺健太 (2017年1月8日). “世界の車 年代順に一望 トヨタ博物館 常設展新装”. 『中日新聞』 (中日新聞社): p. 朝刊 なごや東版 18 
  5. ^ ベストカー『自動車誕生以来の歴史を約160台のクルマで見る トヨタ博物館』講談社、2017年10月26日。2018年6月7日閲覧。
  6. ^ 当館の北側、愛知県道233号岩作諸輪線との重複区間沿い。ただし駐車場は南側の愛知県道6号力石名古屋線(通称:グリーンロード)からのみ入れる。

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ トヨタ博物館 開館30周年/クルマ文化資料室オープン/移動は文化トヨタ博物館ホームページ(2019年4月24日閲覧)。
  2. ^ バックヤードツアー トヨタ博物館

参考文献[編集]

  • 竹内誠監修 『知識ゼロからの博物館入門』 幻冬舎

関連項目[編集]

外部リンク[編集]