愛知県道60号名古屋長久手線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
愛知県道60号標識
愛知県道60号名古屋長久手線
制定年 1965年
起点 名古屋市中村区名駅南
終点 長久手市岩作城の内
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
一部に農地が残りながらも市街化・宅地化が進んだ長久手市。沿線では土地区画整理事業に伴い字名地番の再編が行われた[1]。なお、正面の高架は愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)である。

愛知県道60号名古屋長久手線(あいちけんどう60ごう なごやながくてせん)は、名古屋市中村区長久手市を結ぶ愛知県主要地方道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

沿革[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

接続する道路 接続する場所 備考
愛知県道107号中川中村線(江川線) 中村区 名駅南一丁目 柳橋交差点 北緯35度10分5.3秒
東経136度53分23秒
名古屋市道江川線(江川線)
Japanese National Route Sign 0019.svg 国道19号伏見通 中区 一丁目 広小路伏見交差点 北緯35度10分5.6秒
東経136度53分51秒
地下鉄鶴舞線東山線伏見駅
Japanese National Route Sign 0022.svg 国道22号(伏見通)
大津通 栄三丁目 栄交差点 北緯35度10分8秒
東経136度54分24.9秒
久屋大通 広小路久屋西交差点・広小路久屋東交差点 北緯35度10分8.4秒
東経136度54分31.1秒
地下鉄東山線・名城線栄駅
名古屋市道堀田高岳線(空港線) 新栄町3丁目
新栄一丁目
東新町交差点 北緯35度10分9.8秒
東経136度54分52.5秒
Nagoya Urban Expwy Sign C1.svg 名古屋高速都心環状線 新栄一丁目 東新町入口 北緯35度10分6.9秒
東経136度54分53.1秒
Japanese National Route Sign 0153.svg 国道153号(葵町線) 新栄二丁目 広小路葵交差点 北緯35度10分11秒
東経136度55分9.7秒
名古屋市道名古屋環状線(環状線) 千種区 今池五丁目 今池交差点 北緯35度10分8.7秒
東経136度56分13.2秒
地下鉄東山線・桜通線今池駅
愛知県道30号関田名古屋線 末盛通2丁目 末盛通2丁目交差点 北緯35度9分57.5秒
東経136度57分26.5秒
愛知学院大学歯学部前
山手グリーンロード 末盛通5丁目
東山通1丁目
本山交差点 北緯35度9分49.8秒
東経136度57分48.9秒
地下鉄東山線・名城線本山駅
愛知県道217号岩藤名古屋線(名東本通) 星ヶ丘1丁目 星ヶ丘交差点 北緯35度9分45.5秒
東経136度59分9秒
地下鉄東山線星ヶ丘駅
Japanese National Route Sign 0302.svg 国道302号名古屋環状2号線 名東区 上社四丁目 北緯35度10分16.1秒
東経137度0分17.4秒
上社JCT北西交差点など4連絡路およびオーバーパス
C2 名古屋第二環状自動車道 上社JCT部分 接続は国道302号上の上社ICおよび上社南IC
愛知県道59号名古屋中環状線 社が丘一丁目 本郷交差点 北緯35度10分27.4秒
東経137度0分42.4秒
名二環高架下
愛知県道219号浅田名古屋線
E1 東名高速道路 姫若町 名古屋IC 北緯35度10分22.1秒
東経137度1分8秒
C2 名古屋第二環状自動車道 本郷IC 北緯35度10分28.1秒
東経137度0分54.9秒
愛知県道6号力石名古屋線 長久手市 杁ヶ池・杁ヶ池交差点 - 久保山・長久手郵便局前、岩作中根原・長久手インター北 - 岩作床寒・長久手インター交差点[注釈 2]で重複
愛知県道57号瀬戸大府東海線 先達・御富士交差点 - 岩作権代・長湫中池交差点で重複
愛知県道233号岩作諸輪線 岩作床寒 長久手IC北交差点 北緯35度10分25.1秒
東経137度3分42.2秒

路線の特色[編集]

名古屋市内の区間は中心部が広小路通、郊外部が覚王山通・末盛通・東山通と通称される名古屋のメインストリートの一つで、沿線にはオフィスビルや百貨店など商業施設が集積している[注釈 3]。千種区池下までは市道錦通が北側に並行している。中区の新栄町交差点 - 名東区の東名高速道路名古屋ICは片側3車線[注釈 4]、中村区の笹島交差点 - 新栄町交差点と名古屋IC - 長久手市の杁ヶ池交差点は片側2車線。長久手市内では、市内区間が愛知県道6号力石名古屋線と合わせて、グリーンロードと呼ばれている。

名古屋市名東区上社上社JCT交差点) - 長久手市岩作床寒(長久手インター交差点)の間を、最大1km程度の間隔を置いて、愛知県道6号力石名古屋線が並行している[注釈 5]

笹島交差点(中村区) - 名古屋インターチェンジ(名東区)の間で名古屋市営地下鉄東山線と並行しており、このうち覚王山駅から一社駅までが当線の地下に存在する。

当県道で広小路通 - 東山通 - グリーンロードと呼ばれる区間(笹島交差点 - 杁ヶ池交差点)は、名東区の本郷交差点 - 姫若交差点の東行を除いて電線が地中化されている。

名古屋市中心部と東名高速、さらに瀬戸市南部や豊田市方面とを結ぶメインルート[注釈 6]として交通量が非常に多く、特に名古屋市内では一日中慢性的な渋滞が発生している。加えて長久手市内の当県道は、イオンモール長久手愛・地球博記念公園(通称:モリコロパーク)、IKEA長久手[注釈 7]などに向かう車で、特に週末は渋滞する。

当県道は長久手市の杁ヶ池交差点を境に、性格が大きく変わる。起点の笹島交差点 - 杁ヶ池交差点は、先に述べた通り名古屋市中心部のメインストリートなのに加えて、名古屋市中心部 - 東名高速(名古屋インター) - 豊田市北部を結ぶ幹線道路としての役割があるため4 - 6車線となっているが、杁ヶ池交差点 - 長久手市中心部方面は一転して2車線となり、生活道路としての面も帯びてくる。とりわけ長久手市の御富士(おふじ)交差点より東は一部が市街化調整区域となっており、名古屋市内とは逆の光景が見られる。

周辺[編集]

名古屋市内の区間については広小路通東山通を参照。

別名[編集]

  • 広小路通(名古屋市中村区、中区、千種区)
  • 覚王山通(名古屋市千種区)
  • 末盛通(名古屋市千種区)
  • 東山通(名古屋市千種区、名東区、長久手市)
  • グリーンロード(長久手市、名古屋市名東区)[注釈 8]
  • 図書館通り(長久手市)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 図書館通り(杁ヶ池交差点 - 長湫仲田交差点)の上とはなみずき通りの地下にリニモを通す関係上、図書館通り(杁ヶ池交差点 - 長湫仲田交差点)とはなみずき通りを愛知県道に編入する必要があったため。それに伴い、グリーンロードの熊田交差点 - 杁ヶ池交差点が県道6号から当県道に変更され、図書館通り(杁ヶ池交差点 - 長湫仲田交差点)とはなみずき通りが県道6号に編入された。その結果、杁ヶ池交差点 - 長久手郵便局前交差点が当県道と県道6号の重複区間となった。
  2. ^ 長久手インター北 - 長久手インター交差点は、県道6号のごく短い支線。
  3. ^ 当県道の星ヶ丘交差点より東も、沿線に店舗が多く立ち並ぶが、これらはロードサイド店舗としての性格が強い(特にグリーンロードとも呼ばれる名古屋インターより東)。
  4. ^ ただし上社JCT交差点の前後は、陸橋2車線+地平1車線(いずれも片側)になる。
  5. ^ ただし重複区間である長久手市の杁ヶ池交差点 - 長久手郵便局前・長久手インター北 - 長久手インター交差点は含まない。なお、比較的短い間隔で並行しているため、名古屋市名東区照が丘や長久手市作田(1・2丁目)、城屋敷などでは両方の県道が通っている。
  6. ^ 一例として、東名ハイウェイバスの名古屋IC - 名古屋駅までのルートは、途中の千種駅前まで当県道を通る(千種駅前 - 名古屋駅は、一本北の錦通を経由)。
  7. ^ モリコロパークやIKEAがあるのは県道6号力石名古屋線(グリーンロード)沿いで、イオンモール長久手はグリーンロード沿いではあるものの、当県道からも近い。
  8. ^ 「グリーンロード」は、主に愛知県道6号力石名古屋線の有料区間(猿投グリーンロード)のことを指すが、名古屋インターより東の、豊田市方面へ向かう4車線の幹線道路(長久手市の「杁ヶ池」交差点より西は県道60号、東は同6号)も「グリーンロード」と呼ばれる。なお「グリーンロード」のうち、名古屋インター - 「大久田東」交差点の間は、名古屋市が制定した呼称である「東山通」とも呼ばれる。

出典[編集]

  1. ^ 長湫中部土地区画整理に伴う住所変更について”. 長久手市. 2018年6月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]