一社駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一社駅
一社交差点北東にある1番出入口
一社交差点北東にある1番出入口
いっしゃ - Issha
H18 星ヶ丘 (1.3km)
(1.1km) 上社 H20
所在地 名古屋市名東区一社二丁目1
駅番号  H19 
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線[1]
キロ程 17.5km(高畑起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
13,502人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1969年昭和44年)4月1日[1]

一社駅(いっしゃえき)は、愛知県名古屋市名東区一社二丁目にある、名古屋市営地下鉄東山線である。駅番号はH19

東山線は、当駅の東側より地下を抜け、終点の藤が丘までは高架となる[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

一社駅東側より地上区間へ出る
奥の高架道路は名二環上社JCT

相対式2面2線ホームを持つ地下駅。出入口は2つ。当駅にはコンコースがなく、各出入口に改札がある。2番出入口にバスターミナルを併設する。各改札口とホームとは線路の下を通る通路で繋がっている。エレベーターは各ホームと南改札口(2番出入口)へ繋がっている。

名古屋駅栄駅など名古屋都心部から藤が丘方面行電車に乗り当駅で下車すると、地下ホームからエスカレーターを経てドラッグストアがある駅北口に出る。

のりば
1 Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線 藤が丘方面
2 Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線 名古屋高畑方面

駅周辺[編集]

周辺は、当駅の開業以降開発の進んだ住宅地である。県立高校の名門校として知られる千種高校は当駅が最寄駅となる。

一社駅自体はほぼ駅舎のみの建物であるため、駅北口に隣接する「ラウンドスポット一社ビル」が実質的な駅ビルとして機能している。[要出典]

食品や生活用品全般を扱うドラッグストアやコンビニ、ハンバーガーショップなどが駅北口前に集中しているため、通勤・通学帰りに立ち寄る買い物客で常時賑わっている。南口周辺には飲食店も多く、レンタルビデオ店も営業しているため夜間も活気がある地区である。[要出典]名古屋市営地下鉄東山線は当駅までが地下区間であり、東隣の上社駅からは高架駅となり、以後、終点の藤が丘駅まで地上を走る。

「平和が丘方面猪高車庫」行きの市営バスが駅構内バス乗り場から発車する。

駅周辺店舗・施設[編集]

バス路線[編集]

2番出入口に隣接した、「一社」バス停(バスターミナル)より発着している。発着する系統は以下のとおり。

名古屋市営バス
  • 幹一社1 一社 - 引山
  • 幹一社1 一社→猪子石原→一社
  • 幹一社1 一社→引山→一社
  • 名東巡回 星ヶ丘 - 一社 - 猪高車庫
  • 深夜1 栄 - 一社 - 藤が丘

利用状況[編集]

名古屋市統計年鑑によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。

  • 2004年度 13,827人
  • 2005年度 14,362人
  • 2006年度 14,252人
  • 2007年度 13,929人
  • 2008年度 14,041人
  • 2009年度 13,776人
  • 2010年度 13,853人

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 新修名古屋市史編集委員会 『新修名古屋市史 第7巻』 名古屋市、1998年3月31日。

隣の駅[編集]

名古屋市営地下鉄
Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線
星ヶ丘駅 (H18) - 一社駅 (H19) - 上社駅 (H20)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]