本郷インターチェンジ (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本郷インターチェンジ
東名高速名古屋ICと出入口を共有する
東名高速名古屋ICと出入口を共有する
所属路線 名古屋第二環状自動車道支線
IC番号 5-2
料金所番号 06-132(入口)[1]
06-219(出口)[1]
本線標識の表記 名古屋出口 本郷
起点からの距離 0.5[2]km(名古屋IC[2]起点)
名古屋IC (0.5km)
(0.9km) 上社JCT
接続する一般道 愛知県道60号名古屋長久手線東山通
供用開始日 1993年12月3日[2]
通行台数 x台/日
所在地 465-0045
愛知県名古屋市名東区姫若町1
本郷インターチェンジ (愛知県)の位置(愛知県内)
本郷インターチェンジ (愛知県)
本郷インターチェンジ (愛知県)の位置(名古屋市内)
本郷インターチェンジ (愛知県)
備考 上社JCT方面出入口のみのハーフIC
テンプレートを表示

本郷インターチェンジ(ほんごうインターチェンジ)は、愛知県名古屋市名東区にある名古屋第二環状自動車道支線のインターチェンジである[2]

概要[編集]

上社JCT方面への入口と同方面からの出口のみを持つハーフインターチェンジである[3]。このことから、当ICは長久手方面からのみ出入り出来る。名古屋市街(星ヶ丘)方面から名古屋第二環状自動車道を利用する場合、隣りの上社ICまたは上社南ICを利用する。 

本郷ICはダブルトランペット型東名高速道路名古屋IC[4]に割り込む形で敷設されており、構造上、名古屋ICの長久手方面側出入口は本郷IC出入口と共有している[3]

名二環の名古屋ICは東名高速との乗継専用であり、一般道路とは接続しない[5][注釈 1]。このため、上社JCTからの交通は名古屋ICで一般道に流出することは不可能であり、流出にあたっては本郷ICを利用する。上述通り、本郷ICの出入口は東名高速名古屋IC長久手方面出入口と共有するため、本郷ICにおける流出入は東名高速名古屋ICにおける流出入と同様の意味を持っている。

歴史[編集]

1993年12月開設当初のIC番号は1番とされたが[6][注釈 2]、現在は5-2番となっている。

年表[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

2レーン2ゲートのトールゲート

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情により変更される場合がある[9]

入口[編集]

  • レーン数 : 2[9]
    • ETC/一般 : 1
    • 一般 : 1

[編集]

名古屋第二環状自動車道支線
(21)名古屋IC - (5-2)本郷IC - (5-1)上社JCT

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 東名名古屋ICは一般道との連絡は可。
  2. ^ 隣の上社ICは現行の6番。

出典[編集]

  1. ^ a b ETC利用可能エリアと料金所番号(中部・北陸)” (日本語). NEXCO東日本. 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c d イカロス出版 2011, pp. 34 - 35.
  3. ^ a b 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 21.
  4. ^ 池上雅夫 1969, pp. 94 - 97.
  5. ^ “名古屋の空から 都会に輝く天の川 名古屋インター”. 中日新聞朝刊: p. 14. (2011年10月3日) 
  6. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 480.
  7. ^ “東名阪と東名直結 東西結ぶ新動脈開通”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1993年12月3日) 
  8. ^ “名二環開通 302号も同時開通”. 中日新聞朝刊: p. 23. (2011年3月21日) 
  9. ^ a b 料金所ナビまっぷ 東名阪道・名二環・伊勢道・紀勢道 (PDF)” (日本語). NEXCO中日本. 2017年4月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 『東名阪自動車道 名古屋・勝川間工事誌』 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所、1995年3月 
  • 池上雅夫 『東名高速道路』 中央公論社中公新書188〉、1969年5月25日 
  • イカロス出版 『東名高速をゆく』 イカロス出版〈イカロスMOOK〉、2011年9月30日ISBN 978-4-86320-484-3

関連項目[編集]