植田インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
植田インターチェンジ
Ueda IC20180715A.jpg
名古屋南JCT方面入口
インター入場後地下へ入る
所属路線 C2 名古屋第二環状自動車道
IC番号 3
料金所番号 06-128(第一・入口)[1]
06-129(第二・入口)[1]
06-214(第一・出口FF)[1]
06-215(第二・出口FF)[1]
本線標識の表記 植田
起点からの距離 11.5[2] km(名古屋南JCT起点)
鳴海IC (4.4 km)
(1.2 km) 高針JCT
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号
Japanese National Route Sign 0302.svg国道302号
供用開始日 2011年3月20日[2]
通行台数 x台/日
所在地 468-0004
愛知県名古屋市天白区梅が丘[3]
テンプレートを表示

植田インターチェンジ(うえだインターチェンジ)は、愛知県名古屋市天白区にある名古屋第二環状自動車道インターチェンジである[2]

概要[編集]

国道302号沿いに敷設され、交差する国道153号を挟む形で、南側に名古屋南JCT方面への入口と同方面からの出口が、北側および国道153号日進豊田方面側に上社JCT方面への入口と同方面からの出口が設けられている[4]。これ以外の国道153号と名二環の連絡は交差点と国道302号を介した連絡となる。

当該インターチェンジ(IC) は丘陵地帯に敷設され、地盤面より下に名二環本線が通過する[5]。そして丘陵部はIC付近のみであることから、ICの前後は地上区間となるうえに、IC北側1.2 km付近で高針ジャンクション(JCT) と接続することから[5][4]非常に複雑な路線構造となっている。特に当該ICが敷設された交差点は三層構造で、地上部が国道302号と国道153号の交差点、中間部(地下1階)が名二環本線、最下部(地下2階)が国道153号のアンダーパスである[4]。そして国道153号豊田方面と名二環上社方面を接続する連絡路が設けられ、地下1階で本線と接続する[4]

将来は名古屋豊田道路が接続し植田JCTが併設される計画がある[2]

歴史[編集]

1967年3月の都市計画決定では当時計画中の国道153号バイパスとは名古屋、豊田の両方向に直接乗り入れする構造だったが、1982年11月の都市計画変更で豊田方面のみに縮小された[6]

  • 1967年(昭和42年)3月17日 : 都市計画決定[7]
  • 1982年(昭和57年)11月5日 : 都市計画変更により国道153号の直接接続が両方向から豊田方面のみとなる[6]
  • 2011年(平成23年)3月20日 : 名古屋第二環状自動車道名古屋南JCT - 高針JCT間開通に伴い供用開始[8]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

北側トールゲートは地階に設けられた

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情により変更される場合がある[9]

第一料金所(名古屋南JCT方面入口)[編集]

  • レーン数:2[9]
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

第二料金所(上社JCT方面入口)[編集]

  • レーン数:2[9]
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

[編集]

C2 名古屋第二環状自動車道(名二環)
(2)鳴海IC - (3)植田IC - (4)高針JCT - (5)上社南IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d ETC利用可能エリアと料金所番号(中部・北陸)” (日本語). NEXCO東日本. 2015年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c d イカロス出版 2011, pp. 34 - 35.
  3. ^ http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_old/index.php?id=1807
  4. ^ a b c d e f g 牧正 2003, pp. 8-10.
  5. ^ a b 中原明徳・新宅昭文 2011, p. 66.
  6. ^ a b 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, pp. 395-397.
  7. ^ 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 1969, pp. 2-12.
  8. ^ “名二環開通 302号も同時開通”. 中日新聞朝刊: p. 23. (2011年3月21日) 
  9. ^ a b c 料金所ナビまっぷ 東名阪道・名二環・伊勢道・紀勢道 (PDF)” (日本語). NEXCO中日本. 2015年9月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 牧正「プロジェクト・ナウ 東名阪自動車道植田工事」『CE建設業界』第52巻第6号、日本土木協業協会 : 日本電力建設業協会、2003年6月、 8-10頁。
  • 中原明徳・新宅昭文「施設紹介 名二環の掘割部区間における新設料金所」『建築技術』第733巻、株式会社建築技術、2011年2月、 66-67頁。
  • 名古屋都市計画史編集実行委員会 『名古屋都市計画史II(昭和45年~平成12年度)上巻』 名古屋市 公益財団法人名古屋まちづくり公社、2017年12月。 
  • 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会による以下の3資料は3冊を1冊にまとめた合冊製本である(愛知県図書館蔵)。
    • 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 『名古屋環状2号線のあらまし』、1967年3月。 
    • 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 『名古屋環状2号線のあらまし 昭和44年6月』、1969年10月。 
    • 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 『名古屋環状2号線のあらまし 昭和45年5月』、1970年5月。 
  • イカロス出版 『東名高速をゆく』 イカロス出版〈イカロスMOOK〉、2011年9月30日。ISBN 978-4-86320-484-3 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]