にしわき経緯度地球科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg にしわき経緯度地球科学館
テラ・ドーム1.jpg
にしわき経緯度地球科学館の位置(兵庫県内)
にしわき経緯度地球科学館
にしわき経緯度地球科学館の位置
施設情報
正式名称 にしわき経緯度地球科学館[1]
愛称 テラ・ドーム
専門分野 「地球・宇宙」をテーマにした科学館
事業主体 西脇市
管理運営 西脇市
開館 1992年
所在地 677-0039
日本の旗 日本 兵庫県西脇市上比延町334-2
位置 北緯35度0分0.0秒
東経134度59分55.8秒
外部リンク http://www.nishiwaki-cs.or.jp/terra/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

にしわき経緯度地球科学館(にしわきけいいどちきゅうかがくかん)は、兵庫県西脇市東経135度線日本標準時子午線)、北緯35度線の交点にある「地球・宇宙」をテーマにした西脇市立の科学館。愛称「テラ・ドーム」。1992年に開館した。

概要[編集]

口径81cm反射望遠鏡を設置しており、市民天文台としても活用されている。またその望遠鏡を使えば昼間でも星がみえる。また、天文台では係の人がについての説明をしてくれる。木、金、土曜には夜7時30分から一般公開しており、小学生以上一律200円で夜の星が見ることができる(曇りの場合を除く)。2011年からは土曜と休日の前日になる予定。

小学校の星の学習の時に予約をとればプラネタリウムで説明をうけながら学習できる施設。また出前講義もあり、夜に団体(20人以上)で申し込めば1人200円で出前天体観測会も受け付けてくれる場合がある。ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

施設概要[編集]

  • 展示スペース1〜3
  • 天文台
  • 映像ホール(デジタルプラネタリウム)

交通アクセス[編集]

周辺の名所・文化施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ にしわき経緯度地球科学館条例”. 2016年10月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]