白い恋人パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白い恋人パーク
SHIROI KOIBITO PARK
Ishiya Chocolate Factory.jpg
白い恋人パーク
施設情報
前身 チョコレートファクトリー
テーマ お菓子
キャッチコピー おいしい、たのしい、なつかしい、スイーツ・ストーリー
事業主体 石屋製菓
管理運営 石屋商事[1]
開園 1995年6月4日[2]
所在地 063-0052
札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
位置 北緯43度05分19秒 東経141度16分18秒 / 北緯43.08861度 東経141.27167度 / 43.08861; 141.27167座標: 北緯43度05分19秒 東経141度16分18秒 / 北緯43.08861度 東経141.27167度 / 43.08861; 141.27167
公式サイト 白い恋人パーク
テンプレートを表示
白い恋人パークの位置(札幌市内)
白い恋人パーク
白い恋人パーク(札幌市)

白い恋人パーク(しろいこいびとパーク、: SHIROI KOIBITO PARK)は、札幌市西区にあるテーマパーク工場。「石屋製菓」の本社所在地[1]

概要[編集]

白い恋人」の製造ラインを見学することができるほか、お菓子作り体験工房、アンティーク・コレクションやチョコレートの歴史に関する展示、ミニ鉄道や「ガリバータウン」などのアトラクション、ローズガーデン、ショップやカフェレストランがある。また、「北海道コンサドーレ札幌」の専用練習場「宮の沢白い恋人サッカー場」、クラブ事務所やオフィシャルショップ「CONSA BASE」(コンサベース)が併設している。施設内では各種イベントを開催しており、『YOSAKOIソーラン祭り』の演舞会場となるほか、冬季にはイルミネーションを点灯している[3]

訪日外国人旅行などによる入場者数の増加に対応するため、「白い恋人」製造ラインなど施設の全面リニューアル工事を実施している[4]

沿革[編集]

  • 1995年平成07年):「チョコレートファクトリー」として開業。
  • 2000年(平成12年)
    • 8月:からくり時計塔開業[5]
    • 10月:「宮の沢白い恋人サッカー場」完成[6]
  • 2003年(平成15年):施設の総称を「白い恋人パーク」と改称。「チュダーハウス」オープン[7]
  • 2007年(平成19年):賞味期限延長・改ざん、大腸菌検出など一連の不祥事の影響により、一時閉鎖(翌年営業再開)[8][9]
  • 2010年(平成22年):4月28日 ミニSL「白い恋人鉄道」開業。
  • 2012年(平成24年):北海道内初となるキャンディ・アート専門店「キャンディ・ラボ」オープン[10]
  • 2014年(平成26年)10月19日:石屋商事がフィンランドの「サンタクロース村」を運営するロヴァニエミ地域開発と「業務協力に関する覚書」締結[11]
  • 2017年(平成29年)4月22日:「ガリバータウン」開業。
  • 2018年(平成30年)4月1日:リニューアル工事に伴い製造ライン見学・体験工房・チョコレートラウンジを休業。
  • 2019年(令和元年)7月12日:新製造ライン見学「チョコトピアハウス」「チョコトピアファクトリー」、飲食スペース・体験工房「チョコトピアマーケット」、チュダーハウス内売店「ショップ・ピカデリー」拡張リニューアルを開業[12]

施設[編集]

あんとるぽー館

  • カフェ・あんとるぽー
  • チケットカウンター
  • 白い恋人オリジナル缶受付カウンター
  • オーロラの泉

チョコレートファクトリー

  • 白い恋人製造ライン(リニューアル工事中)
  • お菓子作り体験工房(リニューアル工事中)
  • チョコレートラウンジ(リニューアル工事中)

中庭

  • 札幌からくり時計塔
  • ローズガーデン
  • ポップコーンショップ ブライトン
  • ソフトクリームハウス
  • ソフトクリームハウス 白樺駅店(冬季休業)
  • 白い恋人鉄道 白樺駅(冬期運休)

チュダーハウス

  • インフォメーションカウンター
  • ショップ・ピカデリー
  • テイクアウトコーナー
  • キャンディ・ラボ
  • 白い恋人オリジナル缶受付カウンター
  • スーベニアショップ・リバティー
  • カフェ・バトラーズワーフ
  • キッズタウン

宮の沢白い恋人サッカー場

  • サッカー場(収容人数3,000人)[13]
  • レストラン梟巣(おうるず)
  • ガリバータウン
  • ロンドンバス ガリバータウン店(冬季休業)

アクセス・駐車場[編集]

北海道道124号宮の沢北一条線北5条手稲通)沿いに位置している。札樽自動車道を利用する際は、小樽方面は札幌西IC、旭川・新千歳空港方面は新川ICが最寄ICとなる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 会社概要”. 石屋製菓. 2018年8月24日閲覧。
  2. ^ 白い恋人に会えるかな…*「チョコレートファクトリー」4日オープン*札幌”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1995年6月2日). 2018年8月24日閲覧。
  3. ^ キラキラとまるで遊園地のよう!白い恋人パーク・イルミネーション”. 北海道ファンマガジン (2016年1月26日). 2018年8月24日閲覧。
  4. ^ “「白い恋人パーク」コンテンツ全面リニューアル 〜第1弾として「CAFE BUTLERS WHARF」7/13(金)オープン〜” (PDF) (プレスリリース), 石屋製菓, (2018年7月11日), https://www.shiroikoibitopark.jp/info_pdf_post/infopdf_51.pdf 2018年8月24日閲覧。 
  5. ^ <時計台>ドーレ君も時報に一役”. フォト北海道(北海道新聞社). 2019年5月25日閲覧。
  6. ^ ヒストリー”. 北海道コンサドーレ札幌. 2018年8月16日閲覧。
  7. ^ 建物は中世英国風*石屋製菓“新名所”*12日に営業開始”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年9月10日). 2018年8月16日閲覧。
  8. ^ <記者の視点>石屋製菓不祥事*アジアの観光客も失望*北海道の印象悪化懸念”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年8月27日). 2018年8月24日閲覧。
  9. ^ “「白い恋人パーク」営業再開について” (PDF) (プレスリリース), 石屋製菓・石屋商事, (2008年1月23日), http://www.ishiya.co.jp/upd_file/news/79/news_file79.pdf 2018年8月17日閲覧。 
  10. ^ “キャンディ・アート専門店「Candy Labo」オープン” (PDF) (プレスリリース), 石屋製菓, (2012年4月10日), http://www.ishiya.co.jp/upd_file/news/275/news_file275.pdf 2018年8月24日閲覧。 
  11. ^ 「白い恋人パーク」がフィンランド「サンタクロース村」と協力協定を締結”. リアルエコノミー (2014年10月19日). 2018年8月24日閲覧。
  12. ^ 「札幌の人気観光施設「白い恋人パーク」が7月12日にリニューアルオープン」『月刊アミューズメント・ジャーナル 2019年7月号』第19巻第7号、アミューズメント・ジャーナル、 97頁。
  13. ^ 宮の沢白い恋人サッカー場”. 北海道コンサドーレ札幌. 2018年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]