神戸市立農業公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神戸ワイナリー(農業公園)
Kobecity Agricultural Park No,8.JPG
施設の外観
施設情報
愛称 神戸ワイン城
テーマ ワインの醸造
事業主体 神戸市
管理運営 一般財団法人神戸みのりの公社
開園 1984年
所在地 651-2204
神戸市西区押部谷町高和1557-1
位置 北緯34度43分57秒
東経135度02分25秒
座標: 北緯34度43分57秒 東経135度02分25秒
公式サイト 神戸ワイナリー(農業公園)

神戸ワイナリー農業公園(こうべわいなりーのうぎょうこうえん)は、神戸市西区押部谷町にある農業公園

ワイン醸造に特化して「神戸ワイナリー農業公園(愛称:神戸ワイン城)」と称している。資金の半分近くを市が拠出し、一般財団法人神戸みのりの公社が受託経営をおこなっている。 ブドウの栽培からワインの醸造、さらに「神戸ワイン」のブランドで国内外に向け積極的に商品販売を行っている。

園外にも提携するブドウ園(北区大沢町、西区平野町)があり、契約農家からは公社が買い上げ、このワイナリーで年間400トン(通常の瓶サイズで約40万本)にもおよぶ良質ワインを生産・出荷している。市民の農業体験と憩いと安らぎの場の提供、神戸ワインを主体とする地場産業の育成、新しい観光資源の開発を目的として、全国の農業公園に先駆け1984年(昭和59年)開園し、年間30万を越える来園者を数える。

関連施設として同市六甲山牧場や海づり公園(須磨・平磯)があり、一般財団法人神戸みのりの公社が運営を行っている。

沿革[編集]

  • 1979年昭和54年) - 財団法人神戸市園芸振興基金協会設立および、ワイン用ぶどう試験栽培開始
  • 1980年(昭和55年) - 神戸市葡萄・果樹研究所設立および、用地造成開始
  • 1984年(昭和59年) - 神戸市立農業公園開園および、株式会社神戸ワイン設立
  • 1987年(昭和62年) - 農業公園入園者100万人達成
  • 1988年(昭和63年) - モンドセレクション受賞(以降、5年連続受賞)
  • 1991年平成 3年) - 朝日農業賞受賞
  • 1994年(平成 6年) - 営業推進本部設置および、ワイン原料用ぶどう収穫1,000トンを達成
  • 2000年(平成12年) - 財団法人神戸みのりの公社へ改称
  • 2004年(平成16年) - ワイン事業本部設置
  • 2006年(平成18年) - ワイナリーとして特化
  • 2013年(平成25年) - 一般財団法人へ移行。名称を「一般財団法人神戸みのりの公社」とする。
  • 2014年(平成26年) - 神戸ワイン・蔵出しシャルドネがジャパンワインチャレンジ2014で金賞・ベストバリューアワードW受賞。

施設概要[編集]

施設にあるブドウ畑

神戸市の行政区では最広域の北区と並び、開発が進んでいる西区の中心新興市街地に隣接した丘陵地帯にこの農業公園は位置する。ひときわ小高い丘に建つワイナリー(ワイン醸造所)を中心に、おおよそ200ha(60万坪)の敷地にブドウ畑の光景が広がる。

「ワイン城」と呼ばれる中心施設に入ると、ワインミュージアム・熟成庫見学コース・ワインショップなどが回廊に沿って欧風の雰囲気が漂うレンガ敷の中庭を取り囲む。中庭の一角には、コイ]の飼育されている水路がある。戸外では眼下に広がるブドウ畑を見渡しながら、バーベキューを楽しむこともできる。他に民具農具館・陶芸館などの施設がある。8-9月頃にはワインの収穫を見学できる。

所在地[編集]

神戸市西区押部谷町高和1557-1

開園時間[編集]

  • 午前9時 - 午後5時
  • 年末年始および2月に臨時休園日、それ以外は無休

アクセス[編集]

駐車場[編集]

  • 乗用車400台/大型バス20台
  • 入園料・駐車料とも無料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]