那須どうぶつ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
那須どうぶつ王国
那須どうぶつ王国入口(2009年11月撮影)
施設情報
管理運営 那須高原リゾート開発
面積 約430,000m2[1]
開園 1998年4月[2]
所在地 329-3223
栃木県那須郡那須町大島1042-1
位置 北緯37度7分44秒
東経140度2分13秒
公式サイト 那須どうぶつ王国
テンプレートを表示

那須どうぶつ王国(なすどうぶつおうこく、Nasu Animal Kingdom)は、栃木県那須郡那須町にあるテーマパーク形態の動物園である。

概要[編集]

那須地域のテーマパークとしては後発となる1998年4月にマウントジーンズスキーリゾート那須を経営する丸紅と那須町ら出資する第三セクターの株式会社那須高原リゾート開発によって開国。日帰り入浴施設#那須五峰の湯」を併設している。同スキー場の補完施設を兼ねており、駐車場は共用で王国内にスキー客用の仮眠室が置かれている。

福島県白河市と接する栃木県北端の那須五峰(那須高原)の東京ドーム約10倍の敷地に、アーケード型の「王国タウン」と、牧場形態の「王国ファーム(冬季閉鎖)」に分かれて500頭以上の動物を飼育している。[3]

主に草食動物や小型動物、鳥類などを飼育・展示しているのが特徴。開園以来ライオンクマゴリラといった猛獣は長らく展示されていなかったが、2018年3月24日に全天候型屋内施設「WET LAND」がオープンした際、初めての猛獣としてジャガーが展示されることになった。

他には身近な動物に触れ合える「レンタル犬」、「ふれあいドッグパーク」、「キャットハウス」などのコーナーのほか、関東有数の広さ[4][5]を公称するドッグランもある。旅行ガイドブックでは、那須高原の主要な観光施設として紹介されている[6]

もともとは丸紅の新規事業として、ムツゴロウ動物王国を展開していた畑正憲監修のもと[1][7][8]イヌネコの展示を主体とした「人間と動物の自然な関係」を掲げるテーマパーク[7][1][9] [2] として開国。開国当初は関東広域圏でCMが出稿されていた。

2005年9月に丸紅が中期事業計画により那須のレジャー事業のリストラを決定[10]マウントジーンズスキーリゾート那須を丸紅子会社の第三セクターである株式会社ハンターマウンテン塩原へ譲渡(翌年同社を東急不動産へ売却)し、当王国のみ保有することにとなった那須高原リゾート開発の丸紅持株分を移動動物園を展開する兵庫県神崎町に本社をおく有限会社アニマルエスコートサービスへ2006年4月に譲渡した。

親会社の異動に伴い畑正憲との関係を絶ってからは、カピバラなどの小動物やオットセイなどの水棲動物の展示を始めたり[9]、近接の福島県でCMを出稿し東北地方からの集客を図るなどリニューアルしている。また、2014年には経営破たんした神戸花鳥園の施設を親会社が買収し、姉妹施設となる神戸どうぶつ王国を開業している。

近隣には設立母体が同じマウントジーンズスキーリゾート那須のほか、那須アルパカ牧場那須サファリパーク那須ワールドモンキーパークといった動物園那須フラワーパーク那須平成の森といった自然園がある。

飼育動物[編集]

王国タウン[編集]

カピバラの湯[編集]

保全の森[編集]

ビントロングハウス[編集]

レッサーハウス[編集]

ペンギンビレッジ[編集]

アクアステージ[編集]

ふれあいうさぎ王国[編集]

カピバラの森[編集]

熱帯の森[編集]

WET LAND[編集]

王国ファーム[編集]

ふれあいどうぶつ広場[編集]

猛禽の森[編集]

ホースコーナー[編集]

ヒツジファーム[編集]

ウォーターフォールコーナー[編集]

アルパカの丘[編集]

ジングルファーム[編集]

カンガルーファーム[編集]

イベント[編集]

バードパフォーマンスショー。

この他、季節や動物によって特別イベントが組まれる事もある。

  • バードパフォーマンスショー
  • ニュージーランドファームショー
  • アクアステージ
  • ザ・キャッツ
  • ザ・ドッグ
  • レッサートーク

施設情報[編集]

営業時間
  • 平日は10時から16時30分、休日・GW夏休みは9時から17時
  • 冬季営業は10時から16時
敷地内にあるレストランなどの施設とは営業時間が異なるので要注意。
  • 休園日:毎週水曜日
料金

公式サイト>総合案内>入場料金 を参照

カピバラの湯[編集]

  • 温泉名:NAP温泉
  • 泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
  • 営業時間:14時から17時30分(季節により異なる)
  • 入浴料金:大人1,200円、子供600円(どうぶつ王国入国者は半額となる) 
  • 露天風呂は東日本大震災で被災したため、再開時期未定の長期休止となっている。

所在地[編集]

アクセス[編集]

詳細は 公式サイトのアクセスマップ 参照。
詳細は 公式サイトの送迎バス情報 参照。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『那須・日光 01年夏版』 スターツ出版〈近場の楽園〉、2001年8月8日、24頁。ISBN 4-88381-271-5
  2. ^ a b 町のあゆみ”. 那須町公式ホームページ. 那須町 (2008年). 2010年4月26日閲覧。
  3. ^ 施設案内”. 那須どうぶつ王国 (2008年). 2010年4月27日閲覧。
  4. ^ 『見たい・知りたい・遊びたい とちぎ探検隊 市町村ガイドブック 2004年度版』 下野新聞社2004年4月27日、25頁。ISBN 4-88286-238-7
  5. ^ 日本最大級のドッグランOPEN”. 那須どうぶつ王国. 2010年4月27日閲覧。
  6. ^ 「那須三大テーマパーク 人気モノに会いに行こう」『日光・那須 '10』 昭文社〈まっぷるマガジン〉、2009年4月15日、94-95頁。ISBN 978-4-398-26412-1
  7. ^ a b 『日光・那須 2001-02年版』 昭文社〈まっぷるマガジン〉、2001年4月15日、108頁。ISBN 4-398-22948-5
  8. ^ 『歩いて・遊んで・感じて・止まって 那須レジャーガイド』 下野新聞社、2002年4月20日、初版。ISBN 4-88286-121-6
  9. ^ a b 小暮祥子 (2006年5月26日). “今春リニューアルオープンで様々な種類の動物達が仲間入り!「那須どうぶつ王国」”. All About 子供と自然体験!那須のおすすめレジャー. オールアバウト. pp. p2. 2010年4月26日閲覧。
  10. ^ “レジャー関連事業を譲渡する件” (プレスリリース), 丸紅, (2005年9月22日), http://www.marubeni.co.jp/news/2005/050922_a.html 2010年4月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]