群馬サファリパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
群馬サファリパーク
White tiger2.jpg
施設情報
愛称 野生の王国 群馬サファリパーク
面積 36万平方メートル
頭数 約1,000頭羽
種数 約100種
開園 1979年5月1日
所在地 370-2321
群馬県富岡市岡本1番地
公式サイト www.safari.co.jp
テンプレートを表示

地理院地図 Googleマップ 群馬サファリパーク

鳥類の飛行ショー

群馬サファリパーク(ぐんまサファリパーク)は、群馬県富岡市岡本1番地にある動物園である。

沿革[編集]

日本国内5番目の1979年5月1日にオープンした東日本では初の本格的サファリパーク

1986年5月5日には、日本で初めてアフリカゾウの繁殖に成功し、タンゴ(雄)というゾウが誕生した。ホワイトタイガーがいる。

動物以外にもジェットコースターなどのテーマパークがある。タマンサファリインドネシアと姉妹園提携している。 運営は、群馬サファリワールド株式会社。 マイケル・ジャクソンも1988年12月のBad World Tour日本公演来日中に訪れたことがある。

施設[編集]

アフリカアジアアメリカなどの大陸から集めた約100種1000頭羽の動物が広大な敷地で本来の生態系に近い姿で生活し、動物たちの観察ができるサファリパーク自家用車レンタカー、レインジャーカーツアー、サファリバス、エサやり体験バスなどに乗って野生溢れるようなサファリ気分が味わえる。草食・肉食動物に餌を与えられるエサやり体験バスは、動物たちの顔や口が目の前に迫って大迫力である。車でサファリゾーンに入園する時は係員からガイドラジオがレンタルされ、車でサファリゾーンに進む時、ゾーンごとにその場にいる動物の情報がガイドラジオで流れてくる。またイベントではネコ科獣舎見学、モグモグタイム、フライングショー、ナイトサファリツアーなども行われている。毎年、イベントホールにはインドネシアの動物を中心にインドネシアフェスティバルを開催している。

園内[編集]

ホワイトタイガー
  • サファリゾーン
    • アフリカゾーン
    • アメリカゾーン
    • 日本ゾーン
    • ウォーキングサファリゾーン
    • アジアゾーン
    • トラゾーン
    • ライオンゾーン
  • アミューズメントゾーン(遊園地)
    • パノラマモノレール
    • 40m観覧車
    • 洞窟探検
    • ジェットコースター
    • サファリ列車
    • ハイスクリュータワー
    • スワンカップ
    • フアフア
    • ドラゴン
    • メリーゴーランド
    • スカイバルーン
    • ゲームコーナー
  • バードパーク
  • リトルファーム
  • イベントホール
  • 売店ペット&ファーム
  • 売店 マルシェ
  • レストラン サバンナ

主な飼育動物一覧[編集]

シマウマとアフリカスイギュウ
アフリカゾーン
アメリカゾーン
日本ゾーン
ウォーキングサファリゾーン

フラミンゴ池

ロバ舎

ハリネズミ舎

ミーアキャット舎

小動物舎

サル舎

ハクビシン舎

どうぶつふれあいコーナー

ネコ科獣舎

ワイルドキャッツワールド

ハイラックス舎

カピバラ舎

ダチョウ舎

エミュー舎

マーラ舎

ラマ舎

シカ舎

ヤギ舎

ウサギ広場

オオカミの森・オオカミ繁殖センター

アジアゾーン
トラゾーン
ライオンゾーン
  • ライオン
バードパーク
リトルファーム
イベントホール
非展示

過去の展示[編集]

営業時間[編集]

  • 3月1日‐10月31日(午前9:30‐午後4:00)
  • 11月1日‐2月末日(午前9:30‐午後3:30)
  • 休日:水曜日(特別期間は除き、また水曜日が祝日の場合は営業する)

交通[編集]

上信越自動車道富岡ICより5k

死亡事故[編集]

  • 1990年8月24日 - 朝の開園前に象舎からゾウを出す作業をしていた飼育係の男性(21歳)がオスのアフリカゾウ(推定25歳、体重約6500kg)の鼻に巻かれて死亡。頭や胸の骨を折り即死であった。オープン以来初の死亡事故。[1]
  • 1997年8月2日 - 園内を走行中に乳児が泣いてむずがったため、60代の祖母が別の車に乗っていた母親に孫を渡そうと車を降りたところをベンガルトラに襲われ、助けようとした祖父も別のトラに襲われる事故があった。祖父母は共に死亡したが、孫は従業員が救助し無事だった。
  • 2016年8月16日 - 軽自動車で巡回していた女性従業員(46歳)がオスのツキノワグマ(5歳、体長約170cm、体重約110kg)に襲われ死亡。自動車の窓は開いており鉄製のパイプ格子1本が壊れていた。[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞(1990年8月24日夕刊、8月25日朝刊)
  2. ^ 産経新聞2016年8月16日http://www.sankei.com/affairs/news/160816/afr1608160018-n1.html
  3. ^ “群馬サファリ クマに襲われ従業員死亡…巡回車内で”. 毎日新聞. (2016年8月16日). http://mainichi.jp/articles/20160817/k00/00m/040/070000c 2016年9月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度13分32.7秒 東経138度53分6.7秒 / 北緯36.225750度 東経138.885194度 / 36.225750; 138.885194