サファリパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
West Midland Safari Park(イングランド

サファリパークとは、バス等の車中から動物の生態を見せるサファリ形式の動物園

概要[編集]

広大な放飼場に大型動物猛獣放し飼いにし、バス乗用車を使って車中から動物を観覧する形式(サファリ形式)の動物園である[1]サファリの語源は「旅、旅行」を意味するアラビア語

園内専用の車(バス等)にのって観察するサファリパークと、自家用車をそのまま乗り入れできるサファリパークがある。いずれにしても特にライオントラクマヒヒ等の放飼場での観覧は、車のの完全な締め切りが必要である[1]

サファリパークでは動物の給餌設備のほか、病気負傷した動物を隔離するための隔離飼育場、災害時に動物を避難させるための動物追い込み設備等が必要とされている[1]。また、放飼場内で車が動かなくなった時のため、牽引車両などの救急用の作業車輌などを待機させる必要もある[1]

カンザスシティ動物園英語版アメリカ合衆国)のようにボートリフト(スカイサファリという)を利用するものもある[2]。また、ヘンリードーリー動物園英語版(アメリカ)のように、郊外に「ワイルドライフサファリ」というサファリパークを併設する例もあり、同園では敷地の一部を非公開とし絶滅危惧種飼育繁殖を行っている[2]

日本国内にある主なサファリパーク[編集]

日本最初のサファリパークは1975年宮崎県佐土原町(現宮崎市)にオープンした宮崎サファリパークだったが、1986年に閉園している。

日本国外の主なサファリパーク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 展示動物の飼養及び保管に関する基準の解説”. 環境省. 2022年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d 佐渡友陽一. “日米独の動物園経営組織に関する研究”. 帝京科学大学. 2022年1月16日閲覧。

関連項目[編集]