長野市茶臼山動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長野市茶臼山動物園
Nagano City Chausuyama Zoo
Chausuyamazoo.JPG
長野市茶臼山動物園南口入口
施設情報
専門分野 動物園
所有者 長野市
管理運営 社団法人長野市開発公社
面積 約15ヘクタール[1]
頭数 768頭[1]
種数 83種[1]
来園者数 年間230,610人(平成23年度)
開園 1983年(昭和58年)8月8日
所在地 388-8016
長野県長野市篠ノ井有旅570
位置 北緯36度35分12.2秒 東経138度6分55.6秒 / 北緯36.586722度 東経138.115444度 / 36.586722; 138.115444座標: 北緯36度35分12.2秒 東経138度6分55.6秒 / 北緯36.586722度 東経138.115444度 / 36.586722; 138.115444
アクセス 当該項目参照
公式サイト 茶臼山動物園
テンプレートを表示

北緯36度35分12.2秒
東経138度6分55.6秒

長野市茶臼山動物園(ながのしちゃうすやまどうぶつえん)は、長野県長野市篠ノ井茶臼山山麓にある動物園である。社団法人長野市開発公社が指定管理者として運営している。

概要[編集]

長野市南部篠ノ井の茶臼山公園内にある。1983年、長野市制施行80周年記念事業の一環として開園[2]。コンセプトは「森の中の動物園」[2]。放し飼い方式の動物展示(行動展示)を行う[2]レッサーパンダの日本最大の繁殖地で、「レッサーパンダの森」は2011年の日本経済新聞の「生態がよくわかる動物園」ランキングで日本3位となった[3]。休日には乗馬体験なども行われ[2]、また移動動物園も行う[2]

茶臼山公園内には本動物園のほか、恐竜公園、自然植物園、マレットゴルフ場が隣接している。

2008年、写真家でライターのやきそばかおるが『散策が楽しい動物園ベスト5』に選んだ。選考理由は、最寄り駅から園までの風景の良さと、園自体が山にあるための園から見下ろす景色の素晴らしさで、リンゴの実る10月が良いと紹介した[4]

近年は小型モノレールが園内に整備され、坂道移動の利便性が増した。

展示[編集]

レッサーパンダの森[編集]

「レッサーパンダの森」は、レッサーパンダの生息地である中国・四川省の森をイメージした行動展示生息環境展示)の施設を[5]大阪芸術大学若生謙二がデザインした[6]。若生は日本の動物園デザインの第一人者で、大阪の大阪市天王寺動物園の「アフリカサバンナ」や、横浜のズーラシアの「チンパンジーの森」も手がけ、レッサーパンダの森では信州の高冷地の風土を活かしていると、動物園ライターの森由民が伝えた[7]。レッサーパンダにとり樹上生活や適度な寒冷は重用であるが、それらを若生は独自のやり方で理論的・実践的に追究していると、森は紹介する[8]。「レッサーパンダの森」は2011年の日本経済新聞の「生態がよくわかる動物園」ランキングで日本3位となったが[3]、予算の低減化のため[6]、擬岩や擬木を一切使わずに植栽による造園を行い、風景の山並みに溶け込ませ、また室内では入場者の頭上をレッサーパンダが歩く工夫をし、「視覚的な配慮をした動物園」と評価されたことによる[3]

園は、レッサーパンダの日本一の飼育頭数や繁殖回数となっており[5]、2013年1月現在18頭飼育し[9]、また他園の繁殖にも協力し、例えば風太の嫁チィチィは茶臼山出身である[5]。園には、日本で2005年5月19日からの「レッサーパンダブーム」を引き起こした「風太」(ふうた:オス:千葉市動物公園)の子「風鈴」(2007年7月11日産:メス:母チィチィ)が飼育される[5]。園のレッサーパンダはよく立つため、2012年の中日新聞webではレッサーパンダの起立した姿の写真が掲載された[5]。日本のレッサーパンダブームについて、2005年に園は「こんなに話題になるのが不思議」としながらも、朝夕の餌の時間には飼育員が近づいただけでレッサーパンダが立っていることを明かした[10]。園ではおみやげに、レッサーパンダのぬいぐるみやたまごせんべいなどが販売される[5]。信越郵政局ではレッサーパンダ記念切手を2012年に販売した。

ホアホア(ハナチャン)[編集]

ホアホア(花花)は公募で「ハナチャン」と愛称が付けられる。1985年3月に長野市の友好都市である中国・石家荘市より推定2-3歳で搬入。生涯に15頭の仔を産み、茶臼山の頭数増加に貢献した。当時の日本最高齢記録の2000年10月8日まで生存した[11]。夫のオスはイーイ(誼誼)で、愛称は公募で「タケオ」。推定5~6歳でホアホアとともに石家荘市から搬入。1990年10月9日まで生存した。

アフリカ平原[編集]

キリンとシマウマが共生展示される[5]。2008年、日本最高齢のグラントシマウマ「クミコ」(メス)が26年11か月まで生存した[12]。クミコは1981年3月に鹿児島市の平川動物公園で生まれ、1983年8月の茶臼山開園前に移送され、生涯に7頭の仔を産んだ。優しい性格で他個体の世話役だったと共同通信が伝えた[12]

沿革[編集]

主な動物[編集]

など

施設[編集]

営業[編集]

開園時間
3月1日11月末:午前9:30 - 午後4:30
12月1日2月末:午前10:00 - 午後4:00
休園日
12月1日~2月末日までの毎週月曜日(休日に当たる場合はその翌日)及び12月29日~12月31日
入園料(括弧内は30名以上の団体の場合)
大人:500円(450円)
小中学生:100円(80円)

アクセス[編集]

  • 鉄道:最寄駅はJRしなの鉄道篠ノ井駅。タクシーで15分。
  • バス:JRしなの鉄道篠ノ井駅西口から地域循環コミュニティバス 茶臼山動物園線(Zooぐる)運行。中学生以上の大人 \150 / 小学生 \80 駅西口から動物園北口まで10分、南口まで15分。
  • 駐車場:あり。料金は無料。

ゆるキャラ[編集]

レッサーパンダを模した「茶太郎くん」というゆるキャラがおり、身長197cmと公表されている。

遊園地論[編集]

長野市中心部には、入場料無料の城山動物園が姉妹施設(分園)として運営されているが、2011年の長野市長によると、採算性は城山のほうが良いとし[17]、この差は遊園地にあると分析し[17]、住民に対して遊園地の建設を提案している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 茶臼山動物園について|茶臼山動物園平成28年12月末現在 2017-7-9閲覧
  2. ^ a b c d e 長野市茶臼山動物園「森の中の動物園」長野市観光サイト N-smile 2013-2-7閲覧
  3. ^ a b c 生態がよくわかる動物園 何でもランキング2011/4/23 4:00 日本経済新聞 2013-2-7閲覧
  4. ^ 賢者の五択 第二回『動物チラリズム』のやきそばかおるさんに選んでいただく「散策が楽しい動物園ベスト5」2008年2月20日 16:26 スゴブロ(ライター岡部敬史のブログ) 2013-2-14閲覧
  5. ^ a b c d e f g かわいいあのコに癒される 動物に会いに行こう♪ -part1- 茶臼山動物園特集 中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)2012.5月特集 2013-2-7閲覧
  6. ^ a b c 長野市茶臼山動物園に「レッサーパンダの森」をつくる (PDF) 若生謙二 大阪芸術大学 2013-2-7閲覧
  7. ^ ランドスケープ・イリュージョン 動物園取材ノート2011年2月1日 9:21PM 動物園ライター・森由民の公式ブログ 2013-2-8閲覧
  8. ^ 「気分は四川3_1」 動物園取材ノート2011年1月25日 4:40PM 動物園ライター・森由民の公式ブログ 2013-2-8閲覧
  9. ^ 双子のレッサーパンダ2組、にぎやか動物園 社会2013年1月24日11時08分 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013-2-9閲覧
  10. ^ マナーを守って、楽しくウォッチング! レッサーパンダを見に行こう!更新日:2005年06月01日 別当律子 All About 子供と遊ぶ・学ぶ関連情報 2013-2-7閲覧
  11. ^ レッサーパンダ家系図 茶臼山動物園レッサーパンダの部屋 茶臼山動物園 どちらも2013-2-9閲覧
  12. ^ a b 国内最高齢のシマウマ死ぬ 長野市茶臼山動物園 2008/03/12 10:37 共同通信 2013-2-9閲覧
  13. ^ 毎日新聞 2010年7月31日朝刊 社会面
  14. ^ 茶臼山動物園にモノレール建設開始 来年4月めどに開業2012年11月20日 信濃毎日新聞 信毎web 2013-2-7閲覧
  15. ^ ライチョウ亜種の繁殖に成功 長野の動物園、国内4園目 地域2012年9月6日00時43分 朝日新聞デジタル 2013-2-8閲覧
  16. ^ ライチョウ亜種のひな、肺炎で死ぬ 長野・茶臼山動物園 地域2012年9月25日00時50分 朝日新聞デジタル 2013-2-8閲覧
  17. ^ a b c 1.茶臼山動物園への遊園地併設について 篠ノ井信里地区市民会議 高見澤都市整備部長掲載日:2011年10月1日更新 長野市ホームページ 2013-2-7閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]