いしかわ動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしかわ動物園
いしかわ動物園外観(入場口)
施設情報
専門分野 動物園
所有者 石川県
管理運営 一般財団法人 石川県県民ふれあい公社
園長 美馬秀夫
面積 約23ヘクタール
頭数 約4000点(他,魚類約3,000点)(2014年10月1日時点)
種数 180種(他,魚類50種)(2014年10月1日時点)
開園 1999年10月9日
所在地 923-1222
石川県能美市徳山町600番地
位置 北緯36度26分1.06秒 東経136度32分43.45秒 / 北緯36.4336278度 東経136.5454028度 / 36.4336278; 136.5454028座標: 北緯36度26分1.06秒 東経136度32分43.45秒 / 北緯36.4336278度 東経136.5454028度 / 36.4336278; 136.5454028
アクセス

北陸自動車道「小松インター」または「美川インター」または「白山インター」より車で約20分。 バス:金沢駅より約1時間、小松駅より約40分

いしかわ動物園サバンナの草原
公式サイト www.ishikawazoo.jp
テンプレートを表示

いしかわ動物園(いしかわどうぶつえん)は、石川県能美市にある動物園で、1999年(平成11年)10月に開園した。

概要[編集]

基本コンセプトは「楽しく、遊べ、学べる動物園」、3つのやさしさ(「動物にやさしい」、「環境にやさしい」、「人にやさしい」)。

園内の動物舎は、自然の地形を活かした中に植栽や岩、池などを配し、動物たち本来の生息環境に近い環境を再現している。また、動物が飛び越えられない幅の堀を巡らせる「モート方式」やガラス越しの観察により、従来のコンクリートや鉄格子で仕切った狭い動物舎では見られない動物たちの生態が間近に観察できるよう配慮している。

高齢者や身体障害者、車椅子等の利用者を考慮し、園路(約1.1km)は、勾配を4%以下にするとともに、階段部分にはスロープが設けてある。屋内観察通路の出入り口は自動ドアとするとともに、2階のレストランにはエレベーターが設置してある。園路や観察通路には、視覚障害者の歩行用に点字ブロックが設置されているとともに、各動物舎の前には、点字による案内板が掲げてある。

石川県が、一般財団法人石川県県民ふれあい公社」に管理・運営を委託している施設である。この公社はのとじま臨海公園水族館の管理・運営も担っている。

施設[編集]

動物展示施設[編集]

  • アシカ・アザラシたちのうみ
  • サルたちの森
  • イヌワシの谷
  • 小動物プロムナード
  • ネコたちの谷
  • オーストラリアの平原
  • 郷土の水辺・南米の森
  • ふれあいひろば
  • 水鳥たちの池
  • バードストリート
  • カメたちの広場
  • ライチョウの峰
  • ツルたちの水辺
  • アフリカの草原
  • ゾウの丘
  • カバの池
  • チンパンジーの丘
  • オランウータンの森

その他の施設[編集]

  • レストラン・ズーショップ
  • 動物学習センター
  • 大型休憩所
  • トキ飼育繁殖センター
  • メダカたちの池
  • ゆめつり橋

代表的な飼育動物[編集]

  • アシカ・アザラシたちのうみ
カリフォルニアアシカゴマフアザラシバイカルアザラシ
  • サルたちの森
コモンリスザルワオキツネザルブラッザグエノンシロテテナガザル
  • イヌワシの谷
イヌワシ
  • 小動物プロムナード
シセンレッサーパンダケープハイラックスマーラ
  • ネコたちの谷
ライオンベンガルトラヒョウアムールヒョウユキヒョウ
  • オーストラリアの平原
オオカンガルーアカクビワラビーエミュースッポンモドキ
  • 郷土の水辺
メダカカジカトミヨホトケドジョウなど
  • 南米の森
ワタボウシタマリンパカアカハナグマオニオオハシボアコンストリクターコビトカイマンなど
  • ふれあいひろば
マゼランペンギンカピバラウサギ など
  • 水鳥たちの池
アマサギゴイサギオシドリカルガモ など
  • バードストリート
オオタカウミネコマナヅルミミキジフクロウ など
  • カメたちの広場
アルダブラゾウガメワニガメケヅメリクガメヒョウモンガメインドホシガメ など
  • ライチョウの峰
スバールバルライチョウ
  • ツルたちの水辺
マナヅルタンチョウコウノトリ
  • アフリカの草原
アミメキリングレビーシマウマホオジロカンムリヅル
  • ゾウの丘
アジアゾウ
  • カバの池
コビトカバ
  • チンパンジーの丘
チンパンジー
  • オランウータンの森
ボルネオオランウータン
  • トキ里山館(2016年11月19日一般公開開始)
トキ

[1]

過去展示していた動物[編集]

  • 小動物プロムナード
アライグマ
  • ネコたちの谷
ピューマ
  • アフリカの平原
エランド
  • カバの池
カバ(かつて日本最高齢のカバであった「デカ」がいたが、2010年8月5日に58歳で死亡したため現在は見ることができない。「デカ」は、岡山の菓子メーカー、カバヤ食品の移動動物園で「カバ子」として1953年(昭和28年)から8年間に渡って日本全国を巡った。ドイツからの輸入時は推定1歳であった。)

動物園の取り組み[編集]

「エコ動物園」に向けて[編集]

「いしかわ動物園」は積極的に「エコ」に取り組んでいる動物園である。

  • ゴミの持ちかえり運動を実施
  • ペットボトルなどの回収箱を設置
  • 園内の調整池にたまった雨水を、動物舎やトイレの清掃・植栽の散水用として利用
  • 動物の糞やエサクズを、堆肥舎のプラントで有機肥料としてリサイクル
  • 太陽電池による時計や電気自動車の導入により省エネ化を図り、二酸化炭素の排出を抑制
  • 園内の随所に実のなる木を植栽するとともに、調整池をできるだけ自然の形に近づけるよう「ビオトープ」化を図り、野鳥や昆虫などの野生生物が住みやすい環境を整えている
  • 雨水を地下に浸透させるため、透水性舗装や透水性ブロックを使用

「教育係」の設置[編集]

「いしかわ動物園」は、「企画教育係」と呼ばれる職員を配置している。

通常の動物園では、入園者に対して動物園の概要や理念、仕事内容を紹介する職員は、動物の「飼育係」と兼務している。しかし、この「いしかわ動物園」では、このような業務を専門に担当する「企画教育係」が配置されている。

トキの分散飼育[編集]

いしかわ動物園では以前よりホオアカトキなどの近縁種の飼育に取り組んでおり、その飼育・繁殖の実績が評価され、多摩動物公園に続いて国内2ヶ所目の分散飼育地に選ばれた。2010年1月8日に、佐渡のトキ保護センターからオス2羽、メス2羽の合計4羽が到着。そのうち2羽はすでに繁殖経験のあるつがいである。以後毎年繁殖に成功している。一般には非公開のもとで飼育されているが、動物学習センターではライブ映像を公開している。 (2016年より、新施設による一般公開)

営業[編集]

  • 所在地:石川県能美市徳山町600番地
  • 駐車場:1300台収容(無料)
  • 入園料:大人830円、3歳以上中学生以下410円、3歳未満無料
  • 年間パスポート:大人2500円、子ども(3歳以上中学生以下)1200円、シニア(65歳以上)1600円
  • 開園時間:4月1日から10月31日 9時 - 17時、11月1日から3月31日 9時 - 16時30分 (入園は閉園30分前まで)
  • 休園日:毎週火曜日(祝日営業翌日休み) 春休み期間の火曜日および、夏休み期間中は無休、12月29日から1月1日までは休園
  • 毎月19日「県民育児の日」中学生以下無料(家族で来園した場合に適用)

交通[編集]

公共交通(バス)
自家用車等

歴史[編集]

民間施設として[編集]

1958年11月1日、金沢市卯辰山に松本観光株式会社が「金沢ヘルスセンター 」を開業、「金沢動物園」が開園した。 1963年8月、隣接地に「金沢水族館」を開業した。

「金沢ヘルスセンター」とは、この金沢動物園のほかにも、演劇場・映画館・小遊園地、さらには大浴場や宿泊施設があり、隣接する文部省指定の「金沢水族館」とともに、子どもから大人、老人まで楽しめる娯楽施設であった。しかし、入館者数の減少・施設の老朽化などにより1993年8月に石川県唯一の動物園は35年間の歴史の幕を下ろした。

公営施設として[編集]

石川県内唯一の動物園であること、当時から進んでいた「動物園の公営化」の流れなどを受け、石川県が施設全体を買収することとなった。1994年、ここに「県立いしかわ動物園」が誕生する。

「公営施設」として再出発を迎えた動物園ではあったが、施設の狭小、老朽化はひどく、築40年近くが経過していること、拡張しようにも新たな土地の確保が難しいことなどから、県は動物園全体の移転を検討し始めた。

1996年7月29日、新動物園建設予定地で起工式が行われ、新しい動物園の建設工事が本格化してきた。それと同時に、動物たちのおよそ30kmにも及ぶ「引越し」の準備も進められていった。

1999年5月20日から翌21日にかけて、金沢市から能美郡辰口町(現:能美市)へと、動物たちの移転作業が実施された。30kmにもおよぶ、動物たちにとってはかなりの長距離となる移動には、石川県警が全面協力し、パトカー・白バイによる先導、途中経路の全信号の青信号への操作(移動の迅速化を進めるため)が行われた。関係者の心配もあったが、移転作業は無事に完了した。

1999年10月9日、新しい動物園「いしかわ動物園」が、正式にオープンした。

年表[編集]

  • 1958年
    • 11月 金沢動物園(金沢ヘルスセンター)開園
  • 1963年
    • 8月 金沢水族館開館 
  • 1982年
    • 時期不詳 金沢サニーランドへ改称
  • 1993年
    • 8月31日 金沢動物園・金沢水族館閉鎖
    • 12月21日 財団法人いしかわ動物園設立
  • 1994年
    • 3月6日 (財)いしかわ動物園開園(金沢市卯辰山)
  • 1996年
    • 7月29日 新いしかわ動物園建設起工式(能美郡辰口町。現:能美市)
  • 1998年
    • 8月31日 (財)いしかわ動物園閉園(1994年3月6日までで、入園者56万5千人)
  • 1999年
    • 10月9日 新いしかわ動物園開園
  • 2000年 日本動物園水族館協会の総会開催
  • 2001年 エコ動物園として環境大臣表彰受賞
  • 2002年 ホクリクサンショウウオ日本動物園水族館協会「繁殖賞」を受賞
  • 2004年 ナイトズー開始
  • 2005年 お食事ガイド、ペンギンのお散歩タイムを開始
  • 2007年 石川県の県鳥イヌワシの公開 「なかよしハウス」がオープン
  • 2009年 「ネコたちの谷」がリニューアルオープン
  • 2010年 
    • 1月8日  トキの分散飼育開始
    • 8月5日  日本一の長寿カバ「デカ」が死亡
  • 2011年
    • 4月24日 「ライチョウの峰」がオープン スバールバルライチョウ公開
  • 2012年 アベサンショウウオで日本動物園水族館協会「繁殖賞」を受賞
    • 4月2日 コビトカバ来園 4月22日公開
  • 2013年
    • 3月8日 ユキヒョウ来園 4月27日公開
  • 2014年
    • 3月20日 コビトカイマン公開
    • 3月20日 「石ころ動物園」開園
    • 4月26日 アルダブラゾウガメ公開
    • 6月15日 入園者数500万人達成 
    • 8月1日~9月29日 お気に入り総選挙実施(1位レッサーパンダ2527票)
    • 10月23日 キオビヤドクガエル公開
  • 2015年
    • 3月20日 「ツルたちの水辺」オープン(コウノトリ、タンチョウ、マナヅル、3月7日混合展示試験開始)
    • 6月24日  アムールヒョウ来園 7月24日公開
    • 9月19日 「カメたちの広場」がオープン
    • 8月13日  フタユビナマケモノ公開
    • 10月23日 アルパカ公開
  • 2016年
    • 3月17日 シロフクロウ公開
    • 9月7日  オキナインコ公開
    • 9月13日 ファン感謝デーを初開催
    • 10月7日 モルモットの行進を開始
    • 11月19日 「トキ里山館」がオープン トキ公開
  • 2017年
    • 2月17日 エボシカメレオン公開
    • 8月ころ ホワイトタイガー公開予定

出典[編集]

  1. ^ 石川県いしかわ動物園公式ホームページ

外部リンク[編集]