レッサーパンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レッサーパンダ
レッサーパンダ
レッサーパンダ Ailurus fulgens
保全状況評価[1][2][3]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ型亜目 Caniformia
下目 : Arctoidea
小目 : Mustelida
上科 : イタチ上科 Musteroidea
: レッサーパンダ科
Ailuridae Gray, 1843[4]
: レッサーパンダ属
Ailurus F. Cuvier, 1825[4]
: レッサーパンダ A. fulgens
学名
Ailurus fulgens F. Cuvier, 1825[4][5]
和名
レッサーパンダ[6][7][8]
英名
Lesser panda[6][8]
Red panda[3][5][6][8]

分布域

レッサーパンダAilurus fulgens)は、食肉目レッサーパンダ科レッサーパンダ属に分類される食肉類。本種のみでレッサーパンダ属を構成する。別名アカパンダ[6]

分布[編集]

インド北東部、中華人民共和国四川省西部)、ネパールブータンミャンマー北部[3]ラオスでの報告例はあるが、確実性に乏しいとされる[3]甘粛省貴州省青海省陝西省では絶滅したと考えられている[3]

形態[編集]

体長50 - 63.5センチメートル[6]。尾長28 - 48.5センチメートル[6]体重3 - 6キログラム[6]。全身は長く柔らかい体毛で被われ、足裏も体毛で被われる[5][6]。背面は赤褐色で、腹面や四肢・耳介外側は黒い[5][6][7]。鼻面や唇、頬、耳介の外縁は白い[5][6]。尾には淡褐色の帯模様が入る[5]

耳介はやや大型で三角形[5][6]。指趾の数は5本[5]。爪はやや引っ込めることができる[5][6]。前肢の種子骨が指状の突起に変化し、指と向かい合っているため物をつかむことができる[5]。肛門の周辺に臭腺(肛門腺)がある[5][6]

後破裂孔内に頸動脈が開く[9]。後口蓋孔は上顎口蓋縫合よりも後方にある[9]。歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上顎6本、下顎8本、大臼歯が上下4本で計38本[5]。裂肉歯内側に咬頭(錐)が2つあり、歯根が3本[9]。胸椎の数は13 - 14個、腰椎の数は4 - 6個、仙椎の数は3個[9]盲腸がない[5]

出産直後の幼獣は体長15センチメートル、体重100 - 130グラム[5]。全身は体毛で被われているが、眼は開いていない。乳頭の数は8個[5]

分類[編集]

属名Ailurusは「ネコ」、種小名fulgensは「光輝く」の意[8]



スカンク科Mephitidae




レッサーパンダ科Ailuridae




アライグマ科Procyonidae



イタチ科Musteridae





Sato et al.(2009)より核DNAの5遺伝子の塩基配列を決定し最大節約法・最尤法・ベイズ法全てで支持されたイタチ上科内の系統図[8]

形態の比較ではクマ科に近縁、アライグマ科に近縁、クマ科と鰭脚類からなる系統に近縁、イタチ上科Musteroidea内でも原始的とする説などがあった[8]。1980年代にはジャイアントパンダがクマ科に近縁とする説が主流だったこともあり、アイソザイムや染色体の解析からジャイアントパンダとの類縁性は否定される説が有力となった[8]。1980年代後半以降はミトコンドリアDNAの分子系統解析も行われることも増えたが、2000年代にかけても解析手法により結果は不安定だった。1990年代後半にはイタチ科とアライグマ科からなる単系統群に近縁であることが示唆され、2000年にはアライグマ科・イタチ科・スカンク科と本科でイタチ上科Musteloideaを形成する説が提唱されたが上科内の系統は不明なままであった[8]。複数の核DNAの分子系統解析では上科内ではスカンク科に次いで分岐した系統だと推定されている[8]

イタチ上科のレッサーパンダ科に分類されることとなった[10][11]

形態から以下の2亜種に分ける説があり[5]、亜種を独立種とする説もある[8]。一方で分子系統学的解析では亜種間で遺伝的差異はないとされる[8]

Ailurus fulgens fulgens F. Cuvier, 1825 ネパールレッサーパンダ[5]
インド北東部、ネパール、ブータン[5]

日本では、唯一熱川バナナワニ園で見られる

Ailurus fulgens styani Thomas, 1902 シセンレッサーパンダ[5]
中華人民共和国南部、ミャンマー北部[5]
基亜種より大型で、額が高い[5]。体色が濃色[5]日本の動物園で飼育されているほとんどはシセンレッサーパンダである[12][要検証 ]

生態[編集]

標高1,500 - 4,800メートルにある温帯・亜熱帯の森林や竹林に生息する[3]。インドのMeghalaya高原では標高700 - 1,400メートル(200メートルでの報告例もあり)の亜熱帯・熱帯の森林にも生息する[3]。樹上棲と考えられている[6]夜行性もしくは薄明薄暮性で昼間は休むが[5]、夏季には昼間も活動する[6]。縄張りを形成して生活すると考えられ、オスは臭腺による臭い付けや一定の場所に排便することで縄張りを主張する[7]

タケやタケノコを食べるが小型哺乳類、鳥類の卵、昆虫、動物の死骸、果実地衣類なども食べる[3][6][7]

繁殖様式は胎生。妊娠期間は90 - 150日だが、受精卵の着床が遅滞する期間が含まれる[5][6]。樹洞や岩の隙間などで1回に1 - 4頭(主に2頭)の幼獣を産む[5][6][7]。授乳期間は5か月[6][7]。18 - 20か月で性成熟する[6][7]。寿命は8 - 10年[5]。飼育下の寿命は17年6か月の例がある[6]

人間との関係[編集]

宅地開発や農地開発・薪採集のため森林伐採・単一種の植林・焼畑・放牧などによる生息地の破壊、毛皮・ペット目的の密猟や狩猟による混獲などにより生息数は減少している[3]。生息地に侵入した犬からの犬ジステンパーへの感染死も懸念されている[3]。1975年のワシントン条約発効時には附属書IIに、1995年からはワシントン条約附属書Iに掲載されている[2]。中華人民共和国での1994年における生息数は2,500頭、ネパールでの1994年における生息数は300頭、ミャンマーでは1994年には確認されていない、シッキム州での1999年における生息数は2,500頭以上と推定されている[6]

日本では1976年釧路市動物園で飼育下繁殖例がある[13]。1999年の時点で全世界の動物園で約800頭が飼育され、日本ではそのうち約200頭が動物園など約50園で飼育されている[14]日本の動物園で飼育されているほとんどはシセンレッサーパンダである[15][要検証 ]

名称[編集]

1915年が初版の字書『中華大字典』には「熊猫」の語が収録

初めはレッサーパンダは単に「パンダ」と呼ばれていたが、後にジャイアントパンダが発見されて有名になると、単に「パンダ」といった場合はジャイアントパンダの方を指すようになってしまった。このため、従来のパンダの方には「小さい方の」という意味の英語「レッサー」(lesser)を付けて、レッサーパンダと呼ぶようになった[16]。いわゆるレトロニムの例である。 現在は、レッサーは蔑称の意味があるので、英語ではなるべくレッドパンダを使うようにする動きがある。

中国語では、ジャイアントパンダのことを「大熊猫」(大熊貓 / 大熊猫dàxióngmāo; ターショォンマオ)と記すのに対し、レッサーパンダは「小熊猫」(小熊貓 / 小熊猫xiăoxióngmāo; シャオショォンマオ)と呼ばれる。「パンダ」同様本来「熊猫」はレッサーパンダを指す。

ジョルジュ・キュヴィエの弟であるフレデリック・キュヴィエは、レッサーパンダの標本を見て感動し、ラテン語で「炎色のネコ」という意味をもつ“Ailurus fulgens”という学名を付けた。

英語ではRed Panda以外にもWah(チベット語キツネを意味するwaに由来)やファイヤーフォックス(Firefox)など多数の別名がある。

ブーム[編集]

千葉市動物公園の「風太」
Lesser panda standing.jpg

もともと各地の動物園で人気者になりつつあったレッサーパンダだが、2005年5月、千葉市動物公園で飼育されているオスの「風太」(ふうた、報道などでは君付けされ風太くんと称される)が、30秒程度の間、後ろ足二本で直立する、と内外のマスコミで取り上げられ、話題となった。レッサーパンダは元来、周囲の様子をうかがうときに直立することがある。このニュースが話題になると、風太の祖父や母までも直立することがわかった。また、よこはま動物園ズーラシアの「デール」や佐世保市亜熱帯動植物園の「海」のように、二足で数歩歩く個体もいる。

これを機に、各地の動物園で、後ろ足で立つレッサーパンダが取り上げられ、「風太」がJTCMに起用されるなど、話題が過熱したため、旭山動物園北海道旭川市)や世界自然保護基金などから、商用目的でレッサーパンダへ過剰な負担をかけることへの疑問や懸念が表明された[17]。また、ブームの発端となった千葉市動物公園では、ラジオ番組の電話インタビュー[どこ?]において、「当初地方紙のみの記事であったはずが、いきなり全国的に取り上げられたため、その過熱ぶりに困惑気味であった」と語っている。二足で歩くズーラシアのデールについてもバッシングがあったが、その内容は「無理やり芸を仕込んでいる」という誤解に基づくものであった。

ブーム下においては、直立したレッサーパンダの縫いぐるみなどのグッズが多数商品化され、ハピネットの『動物大百科』のソフビ人形は直立形態を前提に造形され、エポック社からは『レッサーパンダが立ちました』という名のフィギュア(カプセルトイ)が商品化された。ただし、二本足で直立という状態は、基本的にレッサーパンダにとっては頻繁に行う行動ではない。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed[リンク切れ] 16/9/2017)
  2. ^ a b UNEP (2017). Ailurus fulgens. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 16/9/2017)
  3. ^ a b c d e f g h i j Glatston, A., Wei, F., Than Zaw & Sherpa, A. 2015. Ailurus fulgens. (errata version published in 2017) The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T714A110023718. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-4.RLTS.T714A45195924.en. Downloaded on 16 September 2017.
  4. ^ a b c W. Christopher Wozencraft, "Ailuridae". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Volume 1, Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, p. 628.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 中里竜二 「パンダ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、67-68頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 小原秀雄 「レッサーパンダ(アカパンダ)」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、24-25、145頁。
  7. ^ a b c d e f g James K. Russel 「その他のアライグマ科」渡辺弘之訳『動物大百科 1 食肉類』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社1986年、120-121頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k 佐藤淳、Wolsan Mieczyslaw 「レッサーパンダ(Ailurus fulgens)の進化的由来」『哺乳類科学』第52巻 1号、日本哺乳類学会、2012年、23-40頁
  9. ^ a b c d 今泉吉典 「食肉目総覧」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、14-15頁。
  10. ^ Whence the Red Panda
  11. ^ Salesa MJ et al. (2005). Evidence of a false thumb in a fossil carnivore clarifies the evolution of pandas. Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Dec 30
  12. ^ 動物園と水族館電子図鑑”. 2013年8月20日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ 板山聖子・志村良治 「レッサーパンダ科の誕生」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、182-185頁。
  14. ^ 鯖江市西山動物園ホームページ/レッサーパンダの歴史
  15. ^ 動物園と水族館電子図鑑”. 2013年8月20日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 「ボクが元祖!!」レッサーパンダ : 動物たちのヒミツ箱 : 初めてのこだわり : 新おとな総研”. YOMIURI ONLINE(読売新聞) (2011年6月22日). 2013年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月11日閲覧。
  17. ^ 過剰な負担かけないで レッサーパンダでWWF” (2005年6月8日). 2014年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月21日閲覧。

関連項目[編集]