アカハナグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アカハナグマ
アカハナグマ
アカハナグマ Nasua nasua
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: アライグマ科 Procyonidae
: ハナグマ属 Nasua
: アカハナグマ N. nasua
学名
Nasua nasua (Linnaeus1766)[2]
シノニム[3]

Viverra nasua Linnaeus, 1766

和名
アカハナグマ[4][5]
英名
Brown-nosed coati[2]
Ring-tailed coati[5]
South American coati[3]
Southern coati[5]
South American Coati area.png
分布域。これに加え、アンデスの西側からも数個体の報告がある。

アカハナグマ (Nasua nasua) は、食肉目アライグマ科ハナグマ属に分類される哺乳類。南米に分布する。体重2–7.2 kg、全長85–113 cmになるが、全長の半分は尾が占める[6]。体色は個体差が大きく、尾の縞模様は薄れることもある。だが吻部は白くならず、この点で中米に分布するハナジロハナグマと区別できる[6]

分布[編集]

南米の熱帯から亜熱帯域に広く生息する。分布域は主にアンデス山脈より東の低地で(一部、標高2500mで見られる地域もある)北はコロンビアガイアナから、南はウルグアイ・北部アルゼンチンまで。南米の国家ではチリにのみ自然分布しない[1][6]ロビンソン・クルーソー島に移入されている[1]

アンデス西部での分布域については多少の混乱があるが[7]、エクアドルの西部、コロンビアの北部と西部から本種の記録がある[8][9]ハナジロハナグマは、南米では唯一、コロンビア北西部、パナマとの国境に近いウラバ湾からの記録があるのみである[8][9]ヤマハナグマ属 Nasuella は本種より体が小さく、より標高の高い地域に分布するが、その分布域は本種と大きく重なっている[10]

形態[編集]

頭胴長(体長)41 - 67センチメートル[4]、尾長32 - 69センチメートル[4]、肩高30センチメートル[4]、体重オス4 - 5.6キログラム・メス3.5 - 4.5キログラム[5]。顔面や吻は暗色で、目の上下や頬に白斑がある[5]

生態[編集]

橙赤色の個体。体色は個体差が大きい[6]

森林に生息する[4]昼行性で、地上・樹上双方で生活する[11]雑食性で、主に果実無脊椎動物・他の小動物・鳥の卵などを食べる。果実を求めて高木に登る、吻で地面を掘る、石を裏返す、鉤爪で倒木を裂くなどの様々な方法で餌を探す[11]

メスは"bands"と呼ばれる15-30匹の大きな群れを作るが[11][12]、成獣のオスは繁殖期を除いて単独で生活する[4]。生態が異なるために、かつてはオスは別の種だと思われ、現在も用いられるcoatimundiという別名が付けられた[2][4]。雌雄共に縄張りは持たないため、生活圏は重なることもある[12]

群れの個体は、小さく鼻を鳴らすことでコミュニケーションをとる。警戒音はこれとは違い、大きな唸り声やクリック音である。警戒音を聞いた個体は木に登り、その後落下して逃げ散る[11]。天敵としてはキツネジャガージャガランディイヌ・人間などがある[13]

木の上で眠ることが多い[11]

野生での寿命は7年程度だが、飼育下では14年ほど生きる[12]。長期飼育として17年8か月の生存記録がある[5]

繁殖[編集]

メスは果実が熟する時期に、全個体同時に発情する。メスは複数のオスと交尾し、77日の妊娠期間の後[12]、2-4匹の仔を産む。仔は樹上に作った巣に入れられ、4–6週育てられる。メスはこの間、群れを離れる[11][12]。メスは自身の生まれた群れに残る傾向があるが、オスは3年ほどで群れから出る[12]

分類[編集]

Wozencraft (2005) では13亜種が認められている[3]

Nasua nasua nasua (Linnaeus, 1766)
ブラジル(ペルナンブーコ州)[5]
Nasua nasua aricana Vieira, 1945
ブラジル(マットグロッソ州)[5]
Nasua nasua boliviensis Cabrera, 1956
ボリビア(コチャバンバ県)[5]
Nasua nasua candace Thomas, 1912
コロンビア(アンティオキア県)[5]
Nasua nasua cinerascens Lönnberg, 1921
アルゼンチン(チャコ州)[5]
Nasua nasua dorsalis Gray, 1866
エクアドル、ペルー[5]
Nasua nasua manium Thomas, 1912
エクアドル(グアヤキル)[5]
Nasua nasua molaris Merriam, 1902[要検証]
メキシコ(コリマ州)[5]
このタクソンは本来シロバナアナグマの亜種Nasua narica molaris Merriam, 1902として分類されており[14]、Wozencraft (2005) でも本種とシロバナアナグマで重複している[3]
Nasua nasua montana Tschundi, 1844
ペルー[5]
Nasua nasua quichua Thomas, 1912
エクアドル(アスアイ県)[5]
Nasua nasua solitaria Schinz, 1823
ブラジル(エスピリトサント州)[5]
Nasua nasua spadicea Olfers, 1818
パラグアイ[2]
Nasua nasua vittata Tschudi, 1844
ガイアナ内陸部[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Emmons, L. & Helgen, K. 2016. Nasua nasua. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T41684A45216227. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T41684A45216227.en. Accessed on 16 October 2022.
  2. ^ a b c d Matthew E. Gompper and Denise M. Decker, “Nasua nasua,” Mammalian Species, No. 580, American Society of Mammalogists, 1998, Pages 1–9.
  3. ^ a b c d Wozencraft, W.C. (2005). "Order Carnivora". In Wilson, D.E.; Reeder, D.M (eds.). Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. pp. 532–628. ISBN 978-0-8018-8221-0. OCLC 62265494
  4. ^ a b c d e f g Pat Morris and Amy-Jane Beer 箸、鈴木聡 訳「アカハナグマ」、本川雅治 監訳『知られざる動物の世界 8 小型肉食獣のなかま』朝倉書店、2013年、22-23頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 中里竜二「アライグマ科の分類」、今泉吉典 監修『世界の動物 分類と飼育 2(食肉目)』東京動物園協会、1991年、58-66頁。
  6. ^ a b c d Kays, R. (2009). South American Coati (Nasua nasua), pp. 526-528 in: Wilson, D. E., and R. A. Mittermeier, eds. (2009). Handbook of the Mammals of the World. Vol. 1, Carnivores. ISBN 978-84-96553-49-1
  7. ^ Eisenberg, J., and K. H. Redford (1999). Mammals of the Neotropcs: The Central Neotropics. Vol. 3, p. 288. ISBN 0-226-19541-4
  8. ^ a b Decker, D. M. (1991). Systematics Of The Coatis, Genus Nasua (Mammalia, Procyonidae) Archived 2014年10月6日, at the Wayback Machine.. Proceedings of The Biological Society of Washington 104: 370-386
  9. ^ a b Guzman-Lenis, A. R. (2004). Preliminary Review of the Procyonidae in Colombia. Archived 2014年4月26日, at the Wayback Machine. Acta Biológica Colombiana 9(1): 69-76
  10. ^ Helgen, K. M., R. Kays, L. E. Helgen, M. T. N. Tsuchiya-Jerep, C. M. Pinto, K. P. Koepfli, E. Eizirik, and J. E. Maldonado (2009). Taxonomic boundaries and geographic distributions revealed by an integrative systematic overview of the mountain coatis, Nasuella (Carnivora: Procyonidae). Small Carnivore Conservation. 41: 65–74.
  11. ^ a b c d e f Emmons, Louise (1997). Neotropical Rainforest Mammals, A Field Guide, 2nd Edition. pp. 153–154. ISBN 0-226-20721-8 
  12. ^ a b c d e f BBC Ring-tailed Coati”. 2009年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月2日閲覧。
  13. ^ Southern Coati”. 2008年7月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月2日閲覧。
  14. ^ Matthew E. Gompper, Nasua narica, Mammalian Species, No. 487, American Society of Mammalogists, 1995, Pages 1–10.

外部リンク[編集]