コンテンツにスキップ

アフリカゾウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アフリカゾウ
アフリカゾウ
アフリカゾウ Loxodonta africana
保全状況評価[1][2][3]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 長鼻目 Proboscidea
: ゾウ科 Elephantidae
: アフリカゾウ属 Loxodonta
: アフリカゾウ L. africana
学名
Loxodonta africana
(Blumenbach1797)[3]
シノニム

Elephas africana Blumenbach, 1797[3]

和名
アフリカゾウ[4][5][6]
英名
African bush elephant[3]

分布域

アフリカゾウ(阿弗利加象、Loxodonta africana)は、長鼻目ゾウ科アフリカゾウ属分類されるゾウ

以下の解説は、独立種とする説もあるマルミミゾウを本種に含む分類に従っている。

分布

[編集]

アフリカ西部、中部、南部にかけて生息している[7]

形態

[編集]

頭胴長(体長)6 - 7.5メートル[4][6]。尾長1 - 1.3メートル[6]。肩高3 - 3.9メートル[5]。最大体重10トンと、現生する陸棲動物では最大種[5]皮膚は分厚く、多くのがある[5]。皺の多い皮膚は、水浴びにより水分を蓄えるのにも適している[6]。皮膚の色彩は灰色[5]。老齢個体ではピンク色[4]

耳介は非常に大型で幅広く、放熱や体温調節などに役立つと考えられている[5]門歯(牙)は、雌雄共に発達する[5]オスでは最大350センチメートルに達する[5]。この牙は争いや、や木の根を食べるために土を掘る時に用いられる[5]。生後30年ほどのオスは、興奮すると側頭部から液体が分泌される(マスト)[6]の先端には、上下にそれぞれ1つずつ突起がある[6]

2014年に発表されたゲノム配列が決定している哺乳綱13種の嗅覚受容体の解析では、本種の嗅覚受容体の機能遺伝子数は1,948(比較対象として他種ではラット1,207、ウシ1,186、マウス1,130、ウマ1,066、イヌ811、ヒト396など)という解析結果が得られている[8]

出産直後の幼獣は肩高85 - 140センチメートル、体重90 - 135キログラム[5]

分類

[編集]

分子系統解析から、亜種マルミミゾウ(シンリンゾウ)を独立種として分割する説もある[5]。さらには第3の種の可能性として“West African Elephant”も提示されており、これによりアフリカゾウ属が3種に分割される可能性も示唆されている。2008年の時点でIUCNレッドリストではより広域での検証が必要であるとして扱いを保留し、マルミミゾウも亜種として本種に含めている[3]

Loxodonta africana africana (Blumenbach, 1797) サバンナゾウ[4][5] Savanna elephant[4]
前肢の蹄は4本、後肢の蹄は3本[4][5]
Loxodonta africana cyclotis Matschie, 1900 シンリンゾウ[5]、マルミミゾウ[4][5][6] Forest elephant[4]
頭部や耳介が丸みを帯びる[5]は細く直線的で下方に向かう[4][5]前肢は5本、後肢の蹄は4本[4][5]

生態

[編集]

サバンナ森林に生息する[4]。100 - 3,700平方キロメートルの行動圏内で生活する[5]。メスとその幼獣からなる少なくとも3 - 10頭の群れを形成する[5]群れが代を重ねることで数百から1,000頭に達する大規模な群れに発展することもあるが、通常は分散する[5]。群れでは、採食場や水場などの情報が共有・伝承される[5]。オスは生後12 - 16年で群れを離れ、単独もしくは若いオスのみの繋がりの緩い群れを形成し生活する[5]。幼獣のいる群れに危険が迫ると、成獣が幼獣の周囲を囲うようにして保護する[5]。水浴びを好み、泥浴びを行った上でに体を擦り付ける[5]

食性はほぼ植物食[5]、基亜種は、主にを食べる[4]。地域によっては、600種の植物を食べていた例もある[5]。1日あたり、100 - 300リットルの水を飲む[5]乾季が無くなった時は、干上がった川底などの地面を牙や前肢で掘って水を探す[6]

繁殖様式は胎生発情間隔は16週間[6]繁殖期になるとオス同士で発情したメスを巡って争う[5]。通常は地域で優位のオスが決まっておりそのオス以外は交尾を行わないが、マスト状態の興奮したオスは優位のオスに戦いを挑む[6]妊娠期間は22か月[4][5][6]。1回に1頭の幼獣を産む。出産間隔は4 - 9年[5]授乳期間は2 - 3年[6]。メスは生後10年で性成熟するが、生後15 - 18年で初産を迎える[5]寿命は60 - 80年[5]

人間との関係

[編集]

干ばつ民族紛争象牙目的の乱獲などにより生息数は減少した[4][5]。象牙の高騰化や、内乱や民族紛争によって自動小銃機関銃などの火器密猟者に渡ったことにより幼獣も含めた群れの虐殺が行われるなどの密猟の手口が悪質化している問題もある[4][5]ガンビアでは1913年に、ブルンジでは1970年代に、モーリタニアでは1980年代絶滅した[3]エスワティニでは1920年代に絶滅したが、1980年代から1990年代に再導入された[3]。一部地域では減少傾向にあるが地域によるものの1960 - 1980年代を底打ちに生息数は漸増傾向にあると推定され、2000年代には大半を占めるアフリカ大陸東部個体群や南部個体群では生息数は年あたり4%の上昇率で増加しているという報告例もある[3]1976年ガーナ個体群ワシントン条約附属書IIIに、1977年に附属書IIに、1990年からは附属書I(1997年ジンバブエナミビアボツワナ南アフリカ共和国の個体群はワシントン条約附属書II)に掲載されている[2]1995年における生息数は、35,490 - 49,985頭と推定されている[5]。1970年代における生息数は2,700,000頭、1980年における生息数は1,000,000頭、1988年における生息数は620,000頭と推定されている[5]1995年における生息数は約280,000頭が確認され、580,000頭と推定されている[5]

人間に慣れにくく、サーカス労役目的での飼育は困難である。仲間を殺されたときなど、直接人間を待ち伏せして殺したり、直接襲いかかるのが危険な場合は、人間が飼っている家畜(牛など)を殺すことが報告されている。

日本では2020年の時点でゾウ科単位で特定動物に指定されており、2019年6月には愛玩目的での飼育が禁止された(2020年6月に施行)[9]

牙の持たない個体

[編集]

前述のように、アフリカゾウは象牙目的の乱獲によって生息数を減らした。しかしながら、近年、牙を持たない個体の割合が増加している。モザンビーク内戦の影響で、モザンビークのゴロンゴーザ国立公園に生息するアフリカゾウのメスの51%は牙を持たない個体だったことが、判明した。また、タンザニアルアハ国立公園に生息するアフリカゾウのメスの35%も牙を持たない個体だった。牙を持っていると、乱獲者に狙われやすくなるため、牙を持たない個体が生物学的に優位な状況になり、その遺伝子を伝えていったと考えられている。また、ケニアでは牙がなくなってはいないものの、牙の大きさは小さくなっており、オスは通常の5分の1、メスは通常の3分の1しかなかった[10]。オスよりメスの方が牙を持たない個体が多いことの理由として、オスの場合、メスを巡る生存競争において不利になるからだと考えられている[10][11]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ共和国の個体群はワシントン条約附属書II

出典

[編集]
  1. ^ Appendices I, II and III (valid from 28 August 2020)<https://cites.org/eng> (downroad 09/24/2020)
  2. ^ a b UNEP (2020). Loxodonta africana. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (downroad 09/24/2020)
  3. ^ a b c d e f g h Blanc, J. 2008. Loxodonta africana. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T12392A3339343. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T12392A3339343.en. Downloaded on 24 September 2020.[リンク切れ]
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Richard F. W. Barnes 「ゾウ」犬塚則久訳『動物大百科 4 大型草食獣』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、8-16頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 小原秀雄 「アフリカゾウ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、36-40、154頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 祖谷勝紀 「最大の陸生動物」『動物たちの地球53 哺乳類II 5 ゾウ・サイ・シマウマほか』増井光子編著、朝日新聞社、1992年、132-137頁。
  7. ^ IUCN Red List of Threatened Species”. 2023年3月11日閲覧。
  8. ^ Yoshihito Niimura, Atsushi Matsui, Kazushige Touhara "Extreme expansion of the olfactory receptorgene repertoire in African elephantsand evolutionary dynamics of orthologousgene groups in 13 placental mammals," Genome Research, Volume 24, Number 9, Cold Spring Harbor Laboratory Press, 2014, Pages 1485 - 1496.
  9. ^ 特定動物リスト (動物の愛護と適切な管理)環境省・2020年9月24日に利用)
  10. ^ a b 牙のないゾウが増えている、原因は密猟”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2023年5月15日閲覧。
  11. ^ Darimont, Chris T.; Pelletier, Fanie (2021-10-22). “Of war, tusks, and genes” (英語). Science 374 (6566): 394–395. doi:10.1126/science.abm2980. ISSN 0036-8075. https://www.science.org/doi/10.1126/science.abm2980. 

関連項目

[編集]