アカツクシガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカツクシガモ
アカツクシガモ
アカツクシガモ(オス繁殖羽)
Tadorna ferruginea
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ツクシガモ属 Tadorna
: アカツクシガモ T. ferruginea
学名
Tadorna ferruginea (Pallas, 1764)
和名
アカツクシガモ
英名
Ruddy shelduck

アカツクシガモ(赤筑紫鴨[1]Tadorna ferruginea) は、動物界脊索動物門鳥綱カモ目カモ科ツクシガモ属に分類される鳥類。

分布[編集]

ユーラシア大陸中部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸南部、中華人民共和国、朝鮮半島などへ南下し越冬する[2][3]。日本では冬季に越冬のためまれに飛来(冬鳥)する[2][4][a 2]

形態[編集]

全長63-66センチメートル[2]。翼長オス36.5-38.7センチメートル、メス34-35.5センチメートル[3]。翼開張121-145センチメートル[2]。全身の羽衣は橙色や橙赤色、橙褐色、赤褐色で[a 2]、頭部は淡色[2][3][4]。雨覆は白い[1][2][4]。風切羽は黒く[a 2]、次列風切の光沢(翼鏡)は緑色[2][4]

嘴や後肢は黒い[2][4][a 2]

幼鳥は上面の羽衣が灰褐色[4]。繁殖期のオスは頸部に黒い首輪状の斑紋が入る[2][3][4][a 2]

生態[編集]

河川湖沼干潟などに生息する[4][a 2]

繁殖形態は卵生。地面に空いた穴や岩の隙間などに巣を作り、8-12個の卵を産む[3]。抱卵期間は27-29日[3]

保全状態評価[編集]

情報不足(DD)環境省レッドリスト[a 2]

Status jenv DD.png

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、227頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、114頁。
  3. ^ a b c d e f 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、38頁。
  4. ^ a b c d e f g h 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、98頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「アカツクシガモ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類