コツメカワウソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コツメカワウソ
コツメカワウソ
コツメカワウソ Aonyx cinerea
保全状況評価[1][2][3]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : カワウソ亜科 Lutrinae
: ツメナシカワウソ属 Aonyx
: コツメカワウソ A. cinerea
学名
Aonyx cinerea (Illiger, 1815)[3][4]
シノニム

Lutra cinerea Illiger, 1815[3][5]

和名
コツメカワウソ[4][6]
英名
Asian short-clawed otter[4]
Asian small-clawed otter[3][5][6]
Oriental short-clawed otter[4][5]
Oriental small-clawed otter[3]
Small-clawed otter[3]

分布域

コツメカワウソ(Aonyx cinerea)は、哺乳綱食肉目イタチ科ツメナシカワウソ属に分類される食肉類。

分布[編集]

インドインドネシアジャワ島スマトラ島ボルネオ島)、カンボジアタイ王国中華人民共和国南部、ネパールバングラデシュフィリピンパラワン島)、ブータンベトナムマレーシアミャンマーラオス[5]シンガポール香港では絶滅したと考えられている[3][5]

模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はジャワ[5]

形態[編集]

体長41 - 64センチメートル[4][6]。尾長25 - 35センチメートル[4][6]体重2.7 - 5.4キログラム[4]。背面は灰褐色や薄黒褐色で、喉は白や灰白色[4][6]。種小名cinereusはラテン語で「灰」の意があるcinerに由来し、本種の毛色に由来する[5]

指趾には非常に小型の爪がある[4][6]。足幅は狭く、水掻きは指趾の最後の関節まで達する[4][6]

染色体数は2n=38[5]

分類[編集]

本種のみでAmblonyx属を構成する説もある[5]

ミトコンドリアDNAシトクロムbの分子系統推定では、ツメナシカワウソ類とは5,000,000年前に分岐したと推定されている[5]

以下の分類・分布は斉藤ら(1991)に従う[4]

Aonyx cinerea cinerea (Illiger, 1815)
インドネシア、ベトナム、マレーシア
Aonyx cinerea concolor (Rafinesque, 1832)
インド、ミャンマー。模式標本の産地はアッサム(インド北東部)[5]
Aonyx cinerea nirnai (Pocock, 1940)
インド南部

生態[編集]

標高2,000メートル以下にある河川や沼地・海岸・マングローブ林・水田などに生息する[5]。家族群を形成し生活する[4]。12種類以上の鳴き声を使い分けていると考えられている[4]

魚類爬虫類昆虫甲殻類貝類などを食べる[5]。同所的に分布するスマトラカワウソユーラシアカワウソと比較すると、本種は主に甲殻類を食べる(スマトラカワウソやユーラシアカワウソは主に魚類を食べる)[5]

繁殖様式は胎生。周年繁殖し[6]、24 - 30日の間隔をおいて3日発情する[4]。妊娠期間は60 - 64日[4][6]。1回に1 - 6頭の幼獣を産み[6]、年に2回繁殖することもある[4]。授乳期間は2か月半から3か月[4]。幼獣は生後40日で開眼し、生後9週間で泳げるようになる[4]。飼育下では寿命は15年に達することもある[5]

人間との関係[編集]

マレーシアでは飼いならされた本種が漁業に利用されることもある[4]


農地開発や森林伐採による生息地の破壊や水質汚濁およびそれらによる獲物の減少、毛皮用の狩猟などにより生息数は減少している[3]。生息地では保護の対象とされ後述するように国際的な商取引は規制されているが、密猟・密輸が横行していると考えられている[3]。1977年にカワウソ亜科単位でワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 02/08/2018)
  2. ^ a b UNEP (2018). Aonyx cinerea. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 02/08/2018)
  3. ^ a b c d e f g h i Wright, L., de Silva, P., Chan, B. & Reza Lubis, I. 2015. Aonyx cinereus. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T44166A21939068. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-2.RLTS.T44166A21939068.en. Downloaded on 27 June 2018.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 斉藤勝・伊東員義・細田孝久・西木秀人 「イタチ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2(食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、22-57頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Serge Lariviere, "Amblonyx cinereus," Mammalian Species, No. 720, American Society of Mammalogists, 2003, Pages 1-5.
  6. ^ a b c d e f g h i j Nicole Duplaix 「カワウソ」今泉吉晴訳『動物大百科 1 食肉類』 今泉吉典監修、D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、138-143頁。

関連項目[編集]