コツメカワウソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コツメカワウソ
コツメカワウソ
コツメカワウソ Aonyx cinerea
保全状況評価[a 1][a 2]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : カワウソ亜科 Lutrinae
: ツメナシカワウソ属 Aonyx
: コツメカワウソ A. cinerea
学名
Aonyx cinerea (Illiger, 1815)
和名
コツメカワウソ
英名
Asian short-clawed otter
Oriental short-clawed otter
Small-clawed otter
コツメカワウソの分布地域

コツメカワウソ(小爪川獺 、Aonyx cinerea)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)イタチ科ツメナシカワウソ属に分類される食肉類。

分布[編集]

インドインドネシアスマトラ島ボルネオ島)、カンボジアタイ中華人民共和国南部、ネパールバングラデシュフィリピンパラワン島)、ブータンベトナムマレーシアミャンマーラオス[1][2][a 2]

  • A. c. nirnai

インド南部[2][a 2]

形態[編集]

体長41-64cm[1][2]。尾長25-35cm[1][2]体重2.7-5.4kg[2]。背面の毛衣は灰褐色や薄黒褐色で、喉は白や灰白色の体毛で被われる[1][2]

指趾には非常に小型の爪がある[1][2]。指趾先端の関節まで水掻きがある[1][2]

分類[編集]

  • Aonyx cinerea cinerea (Illiger, 1815)
  • Aonyx cinerea concolor Rafinesque, 1832
  • Aonyx cinerea nirnai Pocock, 1940

生態[編集]

河川の周辺などに生息する[2]。家族群を形成し生活する[2]。12種類以上の鳴き声を使い分けていると考えられている[2]

食性は動物食で、魚類カエル甲殻類貝類などを食べる[2]

繁殖形態は胎生。周年繁殖し[1]、24-30日の間隔をおいて3日発情する[2]。妊娠期間は60-64日[1][2]。1回に1-6頭の幼獣を産み[1]、年に2回繁殖することもある[2]。授乳期間は2か月半から3か月[2]。幼獣は生後40日で開眼し、生後9週間で泳げるようになる[2]

人間との関係[編集]

マレーシアでは飼いならされた本種が漁業に利用されることもある[2]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、140、143頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、56頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ a b c The IUCN Red List of Threatened Species
    • Hussain, S.A. & de Silva, P.K. 2008. Aonyx cinerea. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.1.

関連項目[編集]