大理石村ロックハート城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大理石村ロックハート城
Marble Village Lockheart Castle, Lockheart Castle front exterior.jpg
施設情報
テーマ
キャッチコピー 甦るヨーロッパの古城
管理運営 株式会社サンポウ
面積 約10万m2
開園 1993年4月10日
所在地 群馬県吾妻郡高山村5583-1
位置 北緯36度37分51秒
東経138度59分17秒
公式サイト http://www.jrs-w.com/lock-heart/
ロックハート城内部のシャンデリアと階段
クライド川に架かる橋。かつてロックハート城が建っていた場所へと通じている。(英国・スコットランド)

大理石村ロックハート城(だいりせきむらロックハートじょう)は、日本群馬県吾妻郡高山村にあるテーマパークである。

概要[編集]

群馬県沼田市の石材会社である株式会社サンポウが運営する石のテーマパークであり、日本ロマンチック街道国道145号線沿いに立地する約10万平方メートルの敷地内には、移築されたロックハート城や石造りの教会などが中世[要出典]ヨーロッパの街並みを再現しており、NPO法人の地域活性化支援センターによる恋人の聖地の選定を受けている[1]

ロックハート城は、1829年イギリスで建設され、1987年から1993年まで6年かけて日本へ移築された城館である。ヨーロッパの城館を移築・復元したのは、日本で初めての試みである(詳細は「#ロックハート城」を参照)。

首都圏近郊にあり、中世[要出典]ヨーロッパの町並みが再現されていることから、ドラマのロケ地やライブ会場などとしても利用されている(詳細は「#ロケやイベントでの利用」を参照)。

ロックハート城[編集]

ロックハート城は、1829年に英国のウィリアム・ロックハート伯爵[要検証 ]スコットランドサウス・ラナークシャーのカールーク(Carluke)に建設した、約3200トンの砂岩からなる地上3階、地下1階のカントリー・ハウス北緯55度43分19.66秒西経003度53分28.31秒)である。英国における名称はミルトン・ロックハート・ハウス(Milton Lockhart House)であったが、日本ではロックハート城と呼ばれており、ロックハートのスペルは Lockhart から Lockheart に変更されている[2]

1987年に俳優の津川雅彦が、北海道・広尾町に計画していたレジャーランド「夢の王国サンタ愛ランド」の中核施設とすべく、私費でロックハート城を購入した。1988年4月から7ヶ月をかけて建物を解体し、重量約600トン、個数にして約4000個の石となったロックハート城は、30個のコンテナに詰め込まれた。このうち130.5トンの石が入った8個のコンテナは、シベリア鉄道を経由して日本へ運び込まれ、残りのコンテナは貨物船で直接英国から日本へ輸送された[3][4][5][6]

1988年12月13日シベリア鉄道などを経由して輸送された8個のコンテナが、苫小牧港を経て十勝港で初陸揚げされた。津川ら関係者と町民の合わせて約200人が岸壁に集まり、アドバルーンや五段雷の花火で石を歓迎し、コンテナはトラックで町営牧場へ運び込まれたものの、資金計画を巡って対立した町側から、レジャーランド計画の受け入れを拒否されたため、ロックハート城は宙に浮いてしまう[7][8]

1992年、総合石材業を営む沼田市の株式会社サンポウが、宙に浮いていたロックハート城を買い取り、同社が高山村に建設していたテーマパーク「大理石村」内で復元を実施した。15億円の費用と延べ15000人の人員を投じて行われた復元は、1993年4月6日に完了して、高さが塔部で20メートルになり、幅31.3メートル、奥行き22.3メートルで、建築面積1361平方メートルの建物が復元された[8][5]

なお津川は、ロックハート城の名誉城主に就任しており、津川が長年かけて収集した1100体以上のサンタクロースが、城内の「世界のサンタミュージアム」で年間を通して公開されている。

ロケやイベントでの利用[編集]

ロックハート城(画像上)と、GIRL NEXT DOORのライブでステージが設置された場所(右下)

中世[要出典]ヨーロッパの町並みを再現した大理石村は、結婚式会場やライブ会場、ドラマのロケ地などとして利用されている。

ロケ地としては、首都圏に近いヨーロッパの古城がある観光施設として口コミで広まり、ドラマやバラエティー番組、ミュージック・ビデオなどで利用されている。大理石村で撮影が行われ、2005年10月12日テレビ朝日系列で放送された「相棒」 Season 4 第1話 「閣下の城」においては、ロックハート城を買収して英国から日本へ運んだ津川雅彦が、自ら出演している[9]

ライブ会場としては、2009年6月8日に音楽ユニットのGIRL NEXT DOORが、イリュージョンを交えながら新曲である「Infinity」を披露する発売記念ライブを行っており、また「Infinity」を主題歌としているドラマの「アタシんちの男子」は、大理石村でロケを行った[10]

登場作品[編集]

テレビドラマ(ロケ地など)
ミュージック・ビデオ(ロケ地)
その他

主な施設[編集]

よみがえった石コロ達のミュージアム
  • ロックハート城
    • 世界のサンタミュージアム
    • 世界の城ライブラリー
    • テディの家
    • ジュエリーコレクション
    • ギャラリーショップ
  • よみがえった石コロ達のミュージアム
  • ストーンアカデミー
  • みちの世界
  • 恋人の泉
  • スプリングベル
  • セント・ローレンス教会
  • ストーンショップ
  • ハートバザール

利用情報[編集]

大理石村ロックハート城の入口
営業時間
9時〜17時(入場は16時30分まで)
入場料金
大人 1000円、中人(中学生・高校生) 800円、小人(4歳〜小学生) 500円
駐車場
500台(無料)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 恋人の聖地プロジェクト [二人のプロポーズにふさわしいデートスポットを!!もっと幸せになれる]-NPO法人地域活性化支援センター-
  2. ^ Site Record for Milton Lockhart House Details (英語)
  3. ^ 読売新聞 1987年9月9日 東京朝刊 『「幸福鉄道」作ろう! 旧国鉄広尾線に公園や英の古城… 津川雅彦さん呼びかけ』
  4. ^ 朝日新聞 1988年12月12日 東京夕刊 『サンタのお城、北海道・広尾町へ 津川雅彦さんが英で購入』
  5. ^ a b 日本工業新聞 1993年1月4日 『フロンティア’93:群馬県高山村にスコットランド古城復元が”急ピッチ”』
  6. ^ Scran - Masahiko Tsugawa buys Milton Lockhart House, 1987 当時の写真(英語)
  7. ^ 北海道新聞 1988年12月13日 夕刊全道 『古城を載せたコンテナ8個、十勝港に初陸揚げ。花火打ち上げ歓迎』
  8. ^ a b 読売新聞 1992年8月31日 東京朝刊 『「サンタの城」群馬で日の目 津川さんから買収成立』
  9. ^ 上毛新聞 2007年1月11日 『本番です 水谷・寺脇コンビ「相棒」 ロックハート城でロケ 高山』
  10. ^ デイリースポーツ 2009年6月9日 『GIRL NEXT DOOR 仰天イリュージョンライブ 新曲「Infinity」リリース記念』

外部リンク[編集]