名誉城主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名誉城主(めいよじょうしゅ)とは、主に日本城下町市町村あるいは観光施設等が観光や文化振興を企図し、シンボルキャラクターとして招致する人物の職名あるいは称号の一つ。一口城主とは異なる。

城郭のPRキャラクターとしての名誉城主[編集]

名誉城主は主に城下町が観光を軸とした地域振興・文化振興を図る際、そのシンボルとして迎える人物に託される職名呼称である。ただし、名誉城主が置かれる例は現存している城郭や実際の古城とは限らず、1991年平成3年)に岐阜県大垣市では永禄年間(1558年から1570年)に木下藤吉郎―後の豊臣秀吉によって築城された墨俣一夜城に因んで大垣城の一部を模した歴史資料館を設置し、元首相である竹下登を「名誉城主」として迎えたのをはじめ[1]2010年1月には愛知県清須市が「清須越四百年事業」で清洲城を復元した際、城のPR役としてフィギュアスケート選手織田信成を1年の任期で名誉城主を委嘱[2]2016年(平成28年)10月には落語家で城郭愛好家でもある春風亭昇太富山県砺波市から、現在は城址のみが残る増山城の名誉城主を委嘱されるなど、実際には復元した城郭で任命・委嘱する場合も多い[3]

遊興施設の名誉城主[編集]

また、遊興施設としては、群馬県吾妻郡高山村にある、大理石村ロックハート城俳優津川雅彦を名誉城主として迎えており、2004年平成16年)には津川がコレクションしているサンタクロース人形の展示を行うミュージアムが開設されたこともあるなど、同城のイベントにも貢献している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 築城年次は1561年(永禄4年)ないし1566年(永禄9年)に築城された可能性が高い。「初代城主だわなあ 岐阜・墨俣で竹下元首相(政界オムニバス)」『朝日新聞』1991年2月17日朝刊4頁参照。
  2. ^ 「清洲城名誉城主織田選手、清須訪問=愛知」『読売新聞』2010年4月4日中部朝刊名市内版31頁参照。
  3. ^ 砺波市ウェブサイト「春風亭昇太さんが名誉城主に!」参照。
  4. ^ 「陽気でかわいい人形 「世界ノサンタミュージアム」--高山村大理石村/群馬」『毎日新聞』2004年12月15日地方版/群馬24頁参照。

参考文献[編集]

  • 『朝日新聞』1991年2月17日朝刊
  • 『毎日新聞』2004年12月15日地方版/群馬
  • 『読売新聞』2010年4月4日中部朝刊名市内版
  • 砺波市ウェブサイト「春風亭昇太さんが名誉城主に!

関連項目[編集]