横須賀美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 横須賀美術館
YOKOSUKA MUSEUM OF ART
Yokosuka Museum of Art 2009.jpg
施設情報
専門分野 総合
館長 大川原日出夫
事業主体 横須賀市
管理運営 横須賀市教育委員会美術館運営課
建物設計 山本理顕設計工場
延床面積 12.095m2
開館 2007年4月28日
所在地 239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
位置 北緯35度15分33.99秒 東経139度44分16.57秒 / 北緯35.2594417度 東経139.7379361度 / 35.2594417; 139.7379361座標: 北緯35度15分33.99秒 東経139度44分16.57秒 / 北緯35.2594417度 東経139.7379361度 / 35.2594417; 139.7379361
公式サイト http://www.yokosuka-moa.jp/
プロジェクト:GLAM
屋上広場

横須賀美術館(よこすかびじゅつかん)は、神奈川県横須賀市観音崎公園内にある美術館。横須賀市の市制100周年を記念し、2007年4月28日に開館した。別館として谷内六郎館が併設される。

利用情報[編集]

  • 入館料 - 所蔵品展 :(一般)310円 (高校・大学生・65歳以上)210円、中学生以下無料(市在住もしくは在学の高校生・障害者およびその介助人1人は無料)
  • 開館時間 - 10:00 - 18:00
  • 休館日 - 毎月第1月曜日(祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日

所在地[編集]

  • 〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地

アクセス[編集]

鉄道駅からは離れた場所に立地する。横須賀線横須賀駅京急本線横須賀中央駅馬堀海岸駅より湘南京急バス線が運転されており、「観音崎京急ホテル」バス停下車徒歩1分ほど。また京急線浦賀駅から観音崎行き終点下車、徒歩3分ほど。2007年9月30日までの土曜・休日には京急線汐入駅、浦賀駅より急行バスが設定されていた。

開館当時、三笠公園猿島から観音崎航路が運航されていた。

建築概要[編集]

  • 設計 - 山本理顕設計工場
  • 施工 - 鹿島建設横浜支店
  • 竣工 - 2006年
  • 構造 - 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造(地下2階、地上2階)
  • 敷地面積 - 約22,000m2
  • 建築面積 - 4,234.42m2
  • 延床面積 - 12,095.15m2

設計など[編集]

駅などから遠い立地条件のため、滞在型の施設としてレストランや建物自体を充実させる事を目指して設計された。設計者の山本理顕は初めて美術館を手掛けたが、仙台メディアテークなどに携わった小野田泰明も設計に協力している。

吹き抜けの展示ギャラリーは自然光を取り込むためにの内壁に穴が開けられ、塩害を防ぐためにガラスで包まれている。これにより、外観がガラスに覆われた特徴的な構造となっている。

谷内六郎館[編集]

谷内六郎は生前、横須賀市内にアトリエを構えるなどゆかりがあり、1998年に遺族が『週刊新潮』の表紙絵約1300点をはじめとする作品を横須賀市に寄贈。谷内六郎館で常設展示されている。当初、作品の保存管理などを助言する専門委員として遺族に報酬(月額22万8700円)が12年間支払われていたが、横須賀市の吉田雄人市長は財政難を理由に2010年度予算に計上せず契約を打ち切った。遺族は寄贈した作品の返還を求め提訴したが、横浜地方裁判所は原告の請求を棄却した[1]

参考文献[編集]

  • 『クローズアップ 横須賀美術館』 日経アーキテクチュア、 2007年8月13日号、P.66-76

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “横浜地裁 遺族側の請求を棄却 谷内氏作品返還訴訟で”. タウンニュース横須賀版. (2013年4月5日). http://www.townnews.co.jp/0501/2013/04/05/183134.html 2016年10月24日閲覧。 

外部リンク[編集]