馬堀海岸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
馬堀海岸駅
馬堀海岸駅(2006年11月撮影)
馬堀海岸駅(2006年11月撮影)
まぼりかいがん - Maborikaigan
KK62 京急大津 (1.1km)
(1.3km) 浦賀 KK64
所在地 神奈川県横須賀市馬堀町3-20-1
駅番号 KK63
所属事業者 Keikyu logo small.svg 京浜急行電鉄
所属路線 KK 本線
キロ程 54.2km(品川起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
9,791人/日
-2014年-
開業年月日 1930年昭和5年)4月1日
テンプレートを表示
ホーム(2008/11/20)

馬堀海岸駅(まぼりかいがんえき)は、神奈川県横須賀市馬堀町三丁目にある、京浜急行電鉄本線である。駅番号KK63

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で有人駅。

立地する地形の関係で改札口はホーム下にある。1986年以前は下りホームの大津方に改札と駅舎があり、上りホームへは構内踏切を経由する構造であった。駅舎移転後も階段と当時の駅舎の床スラブの一部が残っている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KK 本線 下り 浦賀方面
2 上り 金沢文庫横浜品川新橋方面

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗降人員は9,791人であり[1]、京急線全72駅中56位。近年は減少傾向であり、2014年度に乗降客数が1万人を割った。

近年の1日平均乗降人員と乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
出典
1995年(平成07年) 6,719 [* 1]
1998年(平成10年) 6,032 [* 2]
1999年(平成11年) 5,808 [* 3]
2000年(平成12年) 5,777 [* 3]
2001年(平成13年) 5,636 [* 4]
2002年(平成14年) 11,360 5,598 [* 5]
2003年(平成15年) 11,558 5,636 [* 6]
2004年(平成16年) 11,143 5,428 [* 7]
2005年(平成17年) 11,054 5,398 [* 8]
2006年(平成18年) 11,035 5,383 [* 9]
2007年(平成19年) 11,063 5,371 [* 10]
2008年(平成20年) 10,814 5,261 [* 11]
2009年(平成21年) 10,417 5,074 [* 12]
2010年(平成22年) 10,169 4,950 [* 13]
2011年(平成23年) 10,102 4,909 [* 14]
2012年(平成24年) 10,044 4,886 [* 15]
2013年(平成25年) 10,030 4,873 [* 16]
2014年(平成26年) 9,791

駅周辺[編集]

駅名は駅近くの海岸の名前に由来する。当駅の北側は埋め立てにより西武不動産が開発した新興住宅地となっているが、昭和30年代まで、駅の北側はすぐ海水浴場となっていた。馬堀という名前に関しては、いくつかの伝承が残されている。水を求めて倒れていた僧の前に白馬が現れ、岩の近くを掘ったところ清水が湧き出したという。その泉は、今でも馬堀小学校そばに馬頭観音と共に奉られている。

バス路線[編集]

バスターミナルは整備されていないが、駅前に「馬堀海岸」バス停、駅の裏手徒歩3分ほど、県道208号上に「矢ノ津坂」バス停がある。発着路線の詳細は湘南京急バス堀内営業所を参照。

馬堀海岸
観音崎線 - 観音崎・防衛大学校方面、堀内・横須賀中央駅横須賀駅方面
立野団地循環 - 立野団地方面
矢ノ津坂
観音崎線(浦賀駅発着系統) - 浦賀駅・鴨居・観音崎方面、堀内・横須賀駅方面

歴史[編集]

隣の駅[編集]

Keikyu logo small.svg 京浜急行電鉄
KK 本線
特急(金沢文庫駅以北は快特)・特急・普通
京急大津駅 (KK62) - 馬堀海岸駅 (KK63) - 浦賀駅 (KK64)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

神奈川県県勢要覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]