雑色駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雑色駅
雑色駅(2016年8月11日)
雑色駅(2016年8月11日)
ぞうしき
Zōshiki
KK11 京急蒲田 (1.4km)
(1.2km) 六郷土手 KK19
所在地 東京都大田区仲六郷2-42-1
駅番号 KK18
所属事業者 Keikyu logo small.svg 京浜急行電鉄
所属路線 KK 本線
キロ程 9.4km(品川起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
30,678人/日
-2016年-
開業年月日 1901年明治34年)2月1日
テンプレートを表示
改札口(2016年8月11日)
ホーム(2016年8月11日)

雑色駅(ぞうしきえき)は、東京都大田区仲六郷二丁目にある、京浜急行電鉄本線である。駅番号KK18

歴史[編集]

駅名の由来は、開業当時の地名である雑色村による。「雑色」は鎌倉時代、宮中の雑役の役目をしていた嘗ての地名によるものだが、明治末期に六郷村(現在の仲六郷)に編入されたため、この地名は駅名に残るのみとなっている[1][2]

  • 1901年明治34年)2月1日 - 京浜電気鉄道の駅として六郷橋 - 官設大森間の開通と同時に開業する。
  • 1923年大正12年)4月1日 - 駅の位置を、道路上の停留所から新設軌道上に変更する。
  • 1979年昭和54年)7月 - ホーム有効長を4両編成分から6両編成分に延伸するとともに、構内踏切を廃止し地下道化する。
  • 2000年平成12年)12月 - 東京都の事業による「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」に着手する[3]
  • 2010年(平成22年)5月16日 - 上りホームを高架線へ切り替える[3][4]
  • 2012年(平成24年)10月21日 - 下りホームを高架線へ切り替える[3]
  • 2017年(平成29年)3月 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業完了[5]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。駅舎は下り線側にあり、方面ごとに改札が分かれていたが、2015年6月27日に駅舎を若干横浜寄りに移設の上改札が集約された。

連続立体交差事業が行われる前は上下線とも地上駅で、駅舎から上り線ホームへは地下道(以前は構内踏切)によって連絡していた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KK 本線 下り 横浜三浦海岸方面
2 上り Pictograms-nps-airport.svg 羽田空港国際線国内線品川方面

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員30,678人[6]普通のみが停車する京急線の駅では最も乗降人員が多い。

近年の1日平均乗車人員の推移は下表の通り。

年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員
出典
1992年 15,321 [* 1]
1993年 15,471 [* 2]
1994年 15,414 [* 3]
1995年 15,342 [* 4]
1996年 14,808 [* 5]
1997年 14,627 [* 6]
1998年 14,786 [* 7]
1999年 14,678 [* 8]
2000年 14,526 [* 9]
2001年 14,592 [* 10]
2002年 14,685 [* 11]
2003年 30,232 14,806 [* 12]
2004年 30,550 15,000 [* 13]
2005年 30,786 15,140 [* 14]
2006年 31,536 15,523 [* 15]
2007年 31,586 15,615 [* 16]
2008年 31,376 15,647 [* 17]
2009年 30,389 15,142 [* 18]
2010年 29,473 14,663 [* 19]
2011年 28,997 14,410 [* 20]
2012年 29,329 14,595 [* 21]
2013年 29,781 14,841 [* 22]
2014年 29,557 14,723 [* 23]
2015年 30,311 15,071 [* 24]
2016年 30,678

駅周辺[編集]

大田区六郷地域の拠点として、駅の東西両側に長く伸びた比較的大きな商店街を形成しているほか、駅の東側にオーケーストアの大型店がある。駅前は車通りは少なく、主に歩行者や自転車が通る道路となっており、バスやタクシー乗り場は駅前には存在しない。当駅周辺は低層の建物が多いが、少し離れた国道沿いやバス通り沿いには中・高層のマンションが立ち並んでいる。大田区の都市計画事業によって付属道路や駅前広場の整備が計画されているが[8]、現在、計画は進行していない状況である。

また、駅付近では連続立体交差事業と並行して行われる第一京浜の拡幅工事とそれに伴う用地買収の進展の影響で、第一京浜の西側と京急線の間にある地域において用地買収された空き店舗が増加しつつあるが、未だ営業している店舗も多いほか、事業認可がなされていないことから、その場所の一部が暫定的に将来の道路予定地として仮設駐車場駐輪場が設置されている。

東口[編集]

商店街
  • 雑色商店街
  • 水門通り商店街
公共・厚生施設
文教施設
主な商業施設・企業
  • オーケーストア 旧本社 ※ 2016年9月に横浜みなとみらいへ移転した。
    • オーケーストア DCジャンボサガン店 - DCはディスカウントセンターを意味する。
  • ザ・カナーンホテル
金融機関など
交通

西口[編集]

バス路線[編集]

最寄りのバス停は、徒歩3分の雑色駅通りでなる。以下の路線が乗り入れ、羽田京急バスが運行している。

路線の詳細は羽田京急バス東京営業所を参照
  • 蒲73 六郷橋大師橋下経由 羽田車庫 行き / 蒲田駅東口 行き
  • 蒲74 六郷神社・六郷橋 行き /蒲田駅東口 行き
  • 蒲75 六郷橋経由 大師橋下 行き / 蒲田駅東口 行き

なお、雑色商店街でのさくらまつり(3月の最終日曜)やサマーフェスティバル(8月の最終土曜・日曜)、および6月の六郷神社例大祭の際はバス通りが交通規制となるため、国道15号(第一京浜)へ迂回の上バス停も移設となる。

隣の駅[編集]

Keikyu logo small.svg 京浜急行電鉄
KK 本線
モーニング・ウィング号・京急ウィング号快特・快特(金沢文庫駅以南は特急)・特急・エアポート急行
通過
普通
京急蒲田駅 (KK11) - 雑色駅 (KK18) - 六郷土手駅 (KK19)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西潟正人 著『京急電鉄-街と駅の1世紀』彩流社、2013年(平成25年)1月24日初版 ISBN 4779117186
  2. ^ 京急電鉄-街と駅の1世紀 西潟正人
  3. ^ a b c 京急蒲田駅付近の上下線が全線高架化します! (PDF) (ニュースリリース) - 京浜急行電鉄(2012年7月17日付、同日閲覧)
  4. ^ 5月16日(日)ダイヤ改正を実施します - 京浜急行電鉄 2010年5月7日
  5. ^ 鉄道ピクトリアル』2017年8月号 (No.935) p192 - p197、電気車研究会
  6. ^ 京急グループ会社要覧 2017 - 2018 (PDF) - 33ページ
  7. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  8. ^ 雑色駅周辺地区”. 大田区 (2017年4月10日). 2017年10月9日閲覧。

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]